@ookamiuo2さんのツイート
■2013年04月30日(火)17:45  お詫びと訂正
コミケ新刊委託
※十八歳未満閲覧禁止!!

とらのあな
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/09/22/040030092202.html

COMICZIN
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=14821

メロンブックス
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/list/?DA=cr_it&G=&ID=&M=counter-censorship&MK=&T=&TK=&AT=&AU=&CP=&CR%5B%5D=18&CR%5B%5D=15&CR%5B%5D=0&SQ=&EV=&PYear=&PMonth=&PDay=&LYear=&LMonth=&LDay=


今回のコミケで配布した新刊の奥付で
発行日の誤りがありました

(誤)2012年8月12日

(正)2012年12月31日

・・・はいコピペしてそのままにしていたミスです(;・∀・)

再販するほど数は出ないと思うので修正する機会も無く
この場を持ってお詫びと訂正とさせて頂きたいと思います

尚この記事は性質上しばらく上の方に来るようにしておきます
日付がおかしくなってるのはその為なのでご了承ください


■2013年04月23日(火)00:01  二号
20130422.jpg 640×1440 138K
壊してしまっていた初代LXU-OT2も無事復活したので
ほぼノーマル品に戻してみました
C2のみ裏のランドが剥がれたのでリード線の長い奴に交換
CapXonって見かけないので同容量のニチコンFW(FG?)に
ピー音対策とインダクタをシールドタイプに交換しています
あと一号が大きくなったので本来のコンパクトさを活かすために
できるだけ小さいケースに入れました
しかしジャックは標準タイプ
こうコンパクトになると持ち運びも出来そうだなぁ
持っていく所がありませんが!


こうして出来たLXU-OT2と手持ちの機材たちの音を比較するのに
ヘッドホンを頻繁に繋ぎ変えていたのですがその着脱によっても印象が補正されるし
流石に面倒になるしで簡易セレクタを作りました
常用ではなく比較の時だけ使うのでやっすい部品で構成
同一ソースを瞬時に切り替えて聴いたところ
改造品のLXU-OT2は広がりとか余韻や分離感は劣りますが
100倍以上高額な製品ともそう極端には変わらないような
オタ的にあまり嬉しくない結果が出てしまいました(;・∀・)
PCオデオは馬鹿みたいに金をかけなくても十分良い音が出ますので
オススメですよ

■2013年04月19日(金)07:41  できました〜
201304109.jpg 640×960 101K
シールを貼って蓋をして終わり

しかしシールがおもったより汚いなこれ…
写真で見るとモロに貼った位置が見えて残念な感じですが
実際に見てもこんな感じです
転写シールで貼って上からアクリルとか被せると良いのかなぁ
そこまではしたくないですが


あとジャンクになってた初代ですが
復旧作業の結果生き返りました
焦って追加で一台買う必要なかったな!!
けど良く治ったなーと言うレベルなので致し方なし


■2013年04月16日(火)08:20  LXU-OT2その後
20130416.jpg 1024×768 109K
前回の状態でケースに組み付けをしていると
ブ、ブ、ブ、ブ、と言う異常なノイズ(発振?)が出るようになったので
再びコンデンサを取っ替え引っ替えしたり
コイルを標準のものに戻したりとやってるうちに
ランドを3箇所剥がしてしまい更にリード線で導通を確保しようとしてたらレギュレーターMC34063のピンを折ってしまって
結局もう一台買って(!)しまいました…
ステレオ誌の作例にもあったリードを立てて基盤に付けるやり方は
ちょっとあたったりするとランドごと持って行ってしまうので
なるべく使いたくないなと思った次第
先の失敗を教訓に二代目はチップ抵抗・コンデンサもスムーズに交換
本には難易度が高くてオススメできないみたいに書いてたけど慣れるとこっちのほうが全然楽です
何とかサーッというホワイトノイズのみまで追い込めました

そして届いた光送信モジュールを付けて予め加工していたケースへ…
しかし穴の位置が微妙にずれていたりしてここでも苦戦
全体を通してみてもケースの加工精度が最大の課題っぽい

廃棄と思っていた初代ですがチップ抵抗とリード線によるブリッヂで
復活を模索中です
出来たらこちらは標準の状態に戻して主に聴き比べように使用したいです

■2013年04月14日(日)00:38  発表
今期のおもしろアニメはレヴィアたんとドリランド兇坊萃

■2013年04月10日(水)20:43  LXU-OT2経過
20130410.jpg 640×480 48K
モバマスに飽きてきてしまって数日ほとんどやっていません
アイプロが最高に自分と相性悪いみたいでストレス溜まってたのですが
今回一線超えてしまってやる気がしなくなった(;´Д`)
廃れていく時は皆がこんな感じになるのかな
ミクシみたいに
まぁプロダクションに所属したのでフェスは最低限やらないといけないでしょうが


ずっと放置していたLXU-OT2弄りを再開させました
当初は定数をいじらない(いじれない)方向で進めてたのですが
webの先人たちの作例を参考にしながら色々と変更を加えてみました

まずは一番の懸案だったノイズ対策としてC11のチップコンデンサを220pFに交換
チップ部品交換とかどうなのかと思いましたが最近は
手順がようつべなんかに動画で出てて思いの外スムーズに進めることが出来ました
これは本当に劇的にノイズが無くなります びっくり!!
続いてはデフォでは剥き出しのチョークコイルをシールドの付いたモノに変更
USB入力付近のコンデンサを10μF⇒100μFに
C3を470μF C7を1000μF C2とC5を220μF
その他を容量同数のオーディオグレードコンデンサに

ケースに入れるためにボリュームをALPSの10kAX2
ミニプラグはあまり使わないのでスイッチクラフトの標準ジャックへ

あとはR30に4.3kを並列に入れて16vに昇圧…
だったのですがゴチャゴチャやってるうちに基盤が剥離してしまったので
リード線を引き回して曲芸的な付け方をしています
実際スゴイキタナイ

しかし以上を踏まえた結果力強い凄くいい音が出ています
ノーマル品との比較用にもう一台欲しくなってきた(;・∀・)

残す部分は光送信モジュールの到着を待ってケースに入れるのみ
なんと間違えて光受信モジュールを買ってしまっていました(;´Д`)

さっさと完成させて次の作業に移りたい

■2013年04月02日(火)21:11  コンデンサ交換
20130402.jpg 567×800 198K
DCD-9.5のコンデンサの交換をしました
と言っても元々重要と思われる部分にはシルミックとかオーディオグレードのモノが付いていたので
そこまで全部変えるのは勿体無いし気力もなく目についたところと
手持ちで同容量のモノがあったところなどをちまちまと
モノはニチコンのKZと無極性の所にはES

しかしサイズが大きくなってそのままでは収まらない部分が結構あって
寝かせたり斜めにしたりとかなり無様(;・∀・)

あと四ヶ所のオペアンプを乗せ換えられるようにしてba4558⇒MUSES8920に


まぁろくに調整もせずメーカーの音ぎめを放棄するこの手の改造は
ほぼ自己満足の世界…なのですが1つだけ確実な改善点として
ヘッドホン端子から直で聞くときに酷いノイズが乗っていたのが
全く無くなって実用に耐えうるようになりました
インピーダンスの低いヘッドホンだと中々良い感じです
CDPのhp出力なんかあんまり使わないといえばそうなんですが
改善されるとちょっと使ってやりたくなりますね( ´∀`)

過去ログ 2006年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年02月 03月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 

バナー
リンクはhttp://marie.saiin.net/~ookamiuo/に貼ってください。
HPタイトルは 状況に裂かれた部屋 でお願いします。

DiaryCGI nicky!

GNB