2ちゃんねる ■エロパロに戻る■ 元のスレッド 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 1001- 最新50


洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart14
1 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 10:37:41 ID:XDx5HHs7
調教や洗脳などで悪の奴隷に堕ちるヒロイン達・・・
【ヒロイン悪堕ち】シチュ全般に激しく萌える心優しき同志が、
数少ない情報を共有して楽しんだり、まったりと過ごすスレッドです。
OVAやゲーム、漫画などの情報、SSの投稿も歓迎します。

 ◆前スレ
洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart13
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1168620587/

 ◆注意事項
◎ウザイ広告阻止のため、sage進行にご協力を。
◎dat落ちは最終書き込み時間で決まるので、age保守しなくても大丈夫。
・「教えて」と聞く前にまずググル(http://www.google.co.jp/)。
・荒らし、煽り、広告は無視の方向で。
・うpろだの使いすぎには注意
・レス数が970を超えたら次スレを立てましょう。

 ◆関連スレ、関連サイトへのリンク
MC関連ページ リンク集 (実写非対応)
http://marie.saiin.net/~mcharem/MCGAME.htm
MC関連スレ保管庫(画像掲示板へのリンクあり)
http://marie.saiin.net/~mcharem/MClog.htm



2 名前:1 :2007/02/22(木) 10:39:21 ID:XDx5HHs7
◆過去スレ
洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart12
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1162682186/
洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart11
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1154698504/
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインpart10
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1149609092/
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインPart9
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1143503281/
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインPart8
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1136207866/
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインPart7
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1124385633/
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインPart6
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1112034530/
調教や洗脳で悪の奴隷になるヒロインPart5
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1101897104/
調教や洗脳で悪の奴隷になるヒロインPart4
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1092729666/
調教や洗脳で悪の奴隷になるヒロインPart3
http://idol.bbspink.com/eroparo/kako/1073/10733/1073377356.html
調教や洗脳で悪の奴隷になるヒロインの同人誌 part2
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1045/10452/1045287642.html
調教や洗脳で悪の奴隷になるヒロインの同人誌
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1010/10101/1010161683.html


3 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 10:53:20 ID:C44e3eEt
>>1


4 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 11:31:52 ID:rcsGpoKc
>>1


洗脳と調教が逆になったまま3スレも経ったのか、かなり深い洗脳のようだな、コレは…

5 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 11:47:45 ID:XDx5HHs7
あ、変えた方がよかったか。
調教や洗脳などで、のほうが語呂がいいしね。
略して調洗か…

6 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 11:59:22 ID:4UmF7JJJ
>>5
誰がうまいこと言えと。

そんなら船長でいいよな?

7 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 12:26:10 ID:eDVtp9w1
>>6
「せんちょう」と言えば「洗腸」だろう

8 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 12:33:10 ID:Ak1ujqDE
調教は調教でスレあるみたいだし、違うほうを前に出しといたほうがよくない?

9 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 14:02:26 ID:bMK+4GaO
洗脳という言葉を広義で捉えた場合、
まさにこのスレは「ヒロインが悪の奴隷に洗脳される姿」に萌えるスレであり、
調教はもちろん、催眠、暗示、薬物投与などは手段に過ぎないのでは有るまいか。

そこで、
【調教・監禁・陵辱などの性的暴行を伴う教育、
 催眠術、または機械や薬物投与を併用しての暗示や条件付け、
 魔術・呪術・幻術などの手段、寄生生物、
 機械のインプラントや脳内物質の操作など様々な手段で
 奴隷や兵士、生体兵器、諜報活動要員など悪の手駒となるヒロイン】とすべきではなかろうか。

10 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 14:39:18 ID:HiLuKm+t
俺たちの思いを総結集するとそうなるな。。

11 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 18:04:49 ID:AhC1vnkT
結集っていうか寄せ集めだな…

12 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 18:33:14 ID:sCmJD74M
烏合の衆でも正義のヒロインぐらいなら堕とせるさ
正義野郎と違って手段に制限はないからな・・・

13 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 18:34:04 ID:yj3ADo+1
つまり【悪の奴隷になるヒロイン】だな

14 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 19:34:53 ID:WEpkwYtE
>>9
ってか一人のヒロインに全部の手段使ってるところを想像した

15 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 20:20:06 ID:LSZHXvsD
なのは彩色来ましたよ。GJ!

16 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 20:38:16 ID:f7hdTe+0
テッカマンブレードの設定って何気にそそるよな
記憶や人格はそのまま(エゴが肥大化して若干攻撃的になるが)
で価値観や本能だけ弄くられてラダムのために戦うようになる

17 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 20:46:39 ID:HiLuKm+t
なのはご馳走様です。

18 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 22:14:23 ID:HrX2O0gK
>>16
ちなみに完全にラダム化してるとテッカマン形態の時に、首の後ろに
でかい目があるんだよな。

19 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 22:30:57 ID:bejli9Tb
こいつのせいで! こいつのせいで!

20 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 22:49:39 ID:hThGxJ6I
いっそ悪のヒロインになる奴隷とかどうか

21 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 23:05:23 ID:SnrE83Kt
女幹部は珍しくないが悪のヒロインってのはあんまいないな
まぁ両者の違いが分からない気がせんでもないが

22 名前:とくめー  ◆kQ3xyEet9c :2007/02/22(木) 23:11:27 ID:TH+sfkxE
新スレ乙です。
支配できるなら悪じゃなくても構わないとくめーです。
なんとこんなところに裏切り者が!


画像掲示板投稿作の保存、どうしましょうか。
保管庫は表サイトのサーバスペースに置いてあって、
表サイトはほとんど容量を食わない歴史系テキストサイトなので、
現状の100KB〜200KB程度の画像だと、500枚ぐらいは保存できるのですが――
ログの奥深くにもぐってしまったらどうやって閲覧しよう。

別にインデックスとか作りますかね。
作者別がいいか、作品別がいいか、付属のテキストはどうするべきか、悩むところです。

23 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/22(木) 23:13:25 ID:h/NaSHAy
>>16
あの洗脳形態が一番好みだな
キャラの個性を残したまま操るって感じで

24 名前:178 :2007/02/23(金) 01:29:16 ID:3ezD6oBp
新スレが出来たので一本SSを投下してみます。ネタ元はFF6のセリス
まあぶっちゃけて言えば、画像保管庫のアレを見てイメージ涌かせた次第で

「花は空を求めて」

ここは、どこだろう

くらい、どこまでもくらい かべにかこまれて、なにもみえない

そらが、みえない だいすきな、だいすきな、そらがみえない

あいつがいない いつもいっしょにいた、あいつがいない

だして、ここからだして くらいのはいや、せまいのはいや、さみしいのはいや

そこにいるのはだれ

わたしを、ここからだしてくれるの?

わたしに、あたらしいからだをくれるの?

わたしに・・・


ダリルの墓

それは、同じ夢を見ながら志半ばで生命を落とした友を悼み、一緒に追いかけた夢
と共に埋葬された地。
その夢を再び現実のものとするために、かつての友は新しい友と共に古い友が眠る
地を訪れることになった。

しかし、そこは長き時の果てにまつろわぬものが跋扈する魔窟と化していた。最深
部に眠る夢を求めて、彼らは迫り来る魔物を蹴散らし突き進んでいった。
そして…

迂闊だった。
道を塞いでいる水路の水を抜くためにスイッチを入れたのだが、まさか外壁がここ
まで劣化しているとは思わなかった。
あまりにも高い水圧を支えきれなくなった外壁は脆くも決壊し、怒涛の如く流れ出
した水はセリスたちをたちまち巻き込み一気に押し流した。
下へ下へと流れる濁流に翻弄され、柱に壁に階段に体は容赦なく叩きつけられ、気
づけばセッツァー、マッシュ、エドガーの姿も見えなくなり、目の前に急激に迫っ
てくる燭台の鈍い光を見たのを最後にセリスは頭部に鈍い衝撃を受け意識を失って
しまった。


25 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 01:30:45 ID:3ezD6oBp
「いたたた…」
頭に響く痛みにセリスが意識を取り戻した時、そこはどことも知れない場所だった
幸いにもどこかへ抜けてしまったのか水は完全に引いており、魔物の気配も近くに
は感じなかった。
「多分、私と一緒で水に巻き込まれてしまったのね。でも、何で私は一緒に流され
なかったのかしら?」
ふと浮かんだ疑問だったが、よく見ると腰の剣が壁が崩れた瓦礫にうまい事引っか
かっている。そのせいでここにとどまる事が出来たようだ。
「運が良かった、と言うべきなのかしらね」
苦笑するセリス。剣を扱うのは嫌いではない。むしろ好きと言ってもいいくらいだ
だが、そのために自分が女らしくないのではないかと考えたことも一度や二度では
なく、そのことが自分にとって少なからぬコンプレックスになっていると思ってい
たりする。
だが、今回ばかりは剣を振るう自分に感謝する他ない。もし剣が無かったら、自分
は一体どこまで流され続けていたのであろうか。
「ま、ともかく。
こんなところにい続けてもどうしようもないわね。セッツァー達を探すなり地上に
戻らないと」
早速テレポを…と考えたが、自分がテレポを習得していないことをふと思い出した
「しまったな…、テレポを使えるのはエドガーだけだっけ…」
しかたがない。上へ上へと進んでいけばいつかは知っている道にたどり着くだろう
ここにいても何もならないし、途中ではぐれたみんなと出会うかもしれない。
セリスは水に濡れた体を翻して、近くにある上り階段を目指した。

26 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 01:31:50 ID:3ezD6oBp
どれほどの通路を歩き、階段を上ったのだろう。今だに見知った顔も道も正面に現
れない。いや、なんだか同じ道を行き来しているようにも思えてくる。魔物が現れ
ないのが救いだったが、さすがに気持ちも萎え気味になってきた。
「このままじゃいつまでたっても堂堂巡りだわ。どうしよう…」
この状況を打開するために、何か名案は無いものか。セリスは一旦立ち止まり、思
索にふけってみた。
しかし、何を考えようとしても頭が働かない。
無理も無い。明かりもろくにない墓場でいつ終わるとも無い徒歩(かち)を続けてい
るのだ。体よりも先に頭が参ってしまう。
「これはダメだわ…。一回、どっかで…休まないと…」
一旦休憩して頭と体の疲労を回復させる。名案とは程遠い折衷案だが現在取れるも
のとしては最良の判断を下し、セリスは再び歩き始めた。一口に休憩するといって
もそこいらの通路で休むわけには流石にいかない。今はいないとはいえいつまた魔
物が出現するとも限らない状況では、ある程度安全と判断できるような場所でない
と休んでいるうちに永遠に休むことになりかねない。
せめて扉のある部屋を…、と探し回ったセリスがようやく扉が付いている部屋を見
つけたのは歩き出してからさらに20分経った時であった。
「やった…。これで一息つけるわ」
安堵のため息をつくセリスだったが、その時、ふとした違和感に気が付いた。

(何かしら…?なんか、ふしぎな匂いが…)

不意にセリスの鼻腔を刺激した臭気…、甘露とも腐臭とも感じ取れ、清涼感があり
そうでどことなく黴臭く感じ、拒絶しつつもどこか心惹かれる…
そんな異臭がセリスの体に染み入ってきたのだ。
「なん…なの?これ…」
長い経験の中で培われた戦士の勘が告げる。
(これは危険だ!)
頭で感じるより速く、体が行動を起こした。いや、起こそうとした。普段の彼女な
ら起こせた。
しかし、水に流され、仲間を見失い、明かりの利かない中を長時間歩き続けたセリ
スの肉体と精神は限界以上に磨耗し、危機に対する反応が著しく低下していた。
辺りに漂う魔臭はたちまちセリスの全身に行き渡り、彼女の警戒心を心の奥底に封
じ込めてしまった。
疲労に彩られた瞳はスゥッと光を失い、霞が掛ったように焦点がぼやけていく。
「なに、これ…。すごく、いい匂い…」
全身からクタッッと力が抜け、手に持っていた剣をガチャリと床に落として、セリ
スは熱に当たったかのような足取りでフラフラと匂いの元へ歩いていった。
セリスが向っていったところ…、それは先ほど見つけた扉がついている部屋だった。

27 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 01:32:50 ID:3ezD6oBp
セリスの前に聳え立つ扉はさきほどの水流にも動じなかったのかぴったりと閉じら
れている。が、どこから漏れ出ているのかその臭いはますます強くなってきている
「ああ…、ここね…。はやくぅ…」
もっとこの匂いを感じたい。この匂いの元に辿り着きたい。自分でもよくわからな
い衝動に突き動かされてセリスは扉に手をかけた。
しかし、扉は鍵でもかかっているのか全く動かなかった。
「なんで…、なんで、あかないのよぉ!!」
この先に自分が行くべきところがあるのに、行くことが出来ない!
「あけて!あけて!!あけてよぉ!!行きたいの、私、そっちにいきたいのよぉ!」
目を血走らせ、狂ったように拳を扉に打ち付けてセリスは絶叫した。
5発、6発、7発。通路に鈍い音が鳴り響き両の拳から血が滲み出てきた時、不意
に鉄で出来た扉が内側に開き、8発目を叩きつけようとしたセリスを勢いあまらせ
て部屋の内側に転びこませると共に招き入れた。

顔から床に落ちたセリスだったが、不思議と顔面に痛みは無かった。まるで柔らか
いクッションに突っ込んだような感触がする。そして、セリスが部屋に入ったと同
時に扉はまたひとりでに閉じてしまった。が、それは今のセリスにはどうでもいい
ことだった。
顔を上げて下を見ると、そこには花が咲いていた。拳ほどの大きさの黄色い花が目
の前にある。いや、目の前にという表現は適切ではない。
それは、視界内全てに収まっていた。決して小さくは無い部屋の床、壁、天井、あ
らゆるところに黄色い花が咲き乱れている。光も届かぬ墓場の地下で咲く花は、燐
でも含んでいるのか薄ぼんやりと輝き、花冠の奥には蜜をぬらぬらと溜め込み、花
粉が隙間風に煽られ霧のように部屋を覆い、空間全体を幻想的な空気に包んでいた
そして理解した。この花から立ち上る芳香、それこそが先ほどから自分が求めてや
まない匂いの元だということを。
「あああ…すごいぃ…」
目の前にある花に顔を近づけ、スゥーッっと息を吸い込む。咽返るような臭気に脳
の奥がびりびりと痺れ、熱もった吐息が口から漏れ出でてくる。魂までも蕩かすよ
うな魔香に蕩然となり、自然セリスの舌は柱頭へ伸び親指ほどもあるそれを咥え込
んだ。
「んんぅ…ちゅぱ…」
柱頭を口に含み舌を這わすと、ざらりとした感触と共に蜂蜜を何倍も濃くしたよう
な、ドロリとした蜜の味が口いっぱいに広がってきた。
(これ…美味しぃ…)
舐めれば舐めるほど蜜は柱頭から染み出し、セリスの口を満たしていく。四つん這
いになって夢中で舐めしゃぶるセリスの体は真っ赤に上気し、下腹部からは自らの
蜜が、大量に滴り落ち、辺りの花を濡らし始めていた。自然、両手が下腹部に伸び
濡れそぼる自らの花を弄(まさぐ)り始める。
艶かしく蠢く指は溢れる蜜を掬い、媚肉の奥へ、奥へと進んでいく。それが新たな
蜜を呼び込み指の付け根から腕を伝い、下に広がる黄色の花へ降り注いでいく。ま
るで啜る花の蜜と入れ替わるかのごとく、セリスの肢体からは蜜が溢れ出ていった。
十数分ほど花の中に顔を埋めしゃぶり続けていたら、流石に蜜が切れたのか舌から
濃密な甘味が消えていった。霞が掛った瞳に不満げな色を浮かべ、散々に舐った柱
頭から唾液の糸が引いた口を離して、汗と涎でグジャグジャになった顔を上げた。
「もっと、もっと欲しぃ…。欲しいの…」
花はそれこそまわりにいくらである。だが、顔を上げたセリスの瞳に入ってきたの
は、部屋の真ん中に咲く、ひときわ大きい花だった。

28 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 01:34:21 ID:3ezD6oBp
他の花が拳ぐらいの大きさなのに比べて、その花はセリスが一抱えにして優に余る
くらいの大きさで、花弁の大きさも柱頭の太さも、そして吐き出している芳香と花
粉の量も他の花とは比べ物にならないものだった。
その花を見た途端、呆けていたセリスの顔にだらしないほど崩れた笑みが浮かんだ
「あれぇ…、あれすごいの…。あれほしいのぉ…」
両手を下腹部に添えたまま、セリスはフラフラと立ち上がった。半開きの口からは
短い吐息と涎が溢れ、下半身に力が入らないのか両脚は内股気味になり、一歩、ま
た一歩と歩んでいる間も両手はその動きを止めることなく秘部を弄り、太腿が溢れ
出す蜜でべっとりと濡れている。
右へ左へふらついて、時たまつんのめって花の海に埋没しつつも、セリスは目的の
巨大な花の前へと辿り着いた。
「あはっ、おおきい…」
濡れそぼった掌で自分の腕ほどもある柱頭をやんわりと掴み、口元に引き寄せて先
端を含むと、あの甘い蜜が流れ込んでくる。しかも、先程より遥かに大きい花は蜜
の量も濃度も比べ物にならないほどで、舌に一滴落ちた瞬間に味蕾に雷が落ちたよ
うな衝撃が生じ
「ンッ!ングウウゥゥッ!!」
刹那の衝撃に貫かれたセリスは全身を大きく戦慄(わなな)かせ、両脚を『く』の字
に折り曲げてぺたりと座り込んでしまい、足元を自らの蜜で溢れさせながら絶頂に
達してしまった。
「ハア、ハア、ハァ………ァァァ…」
放心しきった顔に少しづつ光が戻り始め…、その瞳が花の方向へむいた瞬間

「アアアアアアアアッ!!!」

セリスは獣のような咆哮を上げ、再び花にむしゃぶりついた。口に含んだ柱頭は喉
まで達さんとばかりに深く咥え込み、花をじっと見つめる瞳は狂気にギラギラと染
まり、胸にある双丘の先端は服の上からでもそれとわかるほど高く猛り立っていた。
ドプドプと溢れ出てくる蜜を一滴でも逃すまいと口が窄まるほど強く吸引し、少し
でも多く蜜を出そうと柱頭をがっしりと握って上下にしごき上げていく。いつしか、
花弁に溜め込まれていたものと口元からボタボタと溢れる蜜で、セリスの肢体はベ
トベトになっていた。しかし、それでもセリスは口を離さず一心不乱に蜜を求め続
けていた。

29 名前:178 :2007/02/23(金) 01:37:22 ID:3ezD6oBp
とりあえず今日はここまでです。後半は文章を推敲して明日にでも
しかし、エロ系描写は難しい…。元々反転堕ちが好きなジャンルなのでこっち系
の表現は苦手なんですよこれが

30 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 01:52:32 ID:SiHcqz48
GJ!!!
続きを楽しみにしてます。
無理にエロに走らなくても、堕ちさえすれば俺は満足です。

31 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 02:15:55 ID:cWGHaJV/
画像掲示板の表示がなんだかおかしくなってる気がする…と思ったら
返信レスでageるのね

32 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 02:25:50 ID:cWGHaJV/
>>29
あの花はアンテサンサンて名前のモンスターだそうです

33 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 03:08:55 ID:OuGViQ7T
アンテサンサンはアンデッド属性なのか聖水使って一撃だったなぁ
いや、何の関係もないんですけどね

34 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 03:42:31 ID:cWGHaJV/
関係ないついでに
アンテサンサンの色違いでロフレシュメドゥってモンスターもいる(前者は黄色、後者は赤)
こいつは「ゆうわく」という特殊攻撃を使ってきて
これを喰らうと死ぬまで味方を攻撃し続ける。
ちなみに混乱などのステータス異常とは別扱い。


35 名前:1様の下僕、ただ今拝謁に参りました… :2007/02/23(金) 03:44:53 ID:MJrB9mNF
「……で、ここ?その、グリーン…碧ちゃんの、新しく出来た素晴らしい所って?」
「…ええ、ちょっと紫さんの訃報号外で道草してしまったけど、ここがそうよ」
「でも、その…新しい…所なんだよ…ね?
…なんか、じめじめして…あ!違うよ!碧ちゃんを信じてる、し…」
「なんで眼を逸らし気味に?…まあいいわ
ここには日々研鑽をつむ方達が考えた夢の機械、バーチャルシステムが在って
これで起きながらにして、覚めない夢の世界が体験出来るって訳。さ、これがそうよ」
「………全タイ?」
「これは体感を表現する為のボディースーツで、ナノ繊維を使った極薄素材により
蒸れずに快適ってスグレモノなんだから」
「でも、薄過ぎてその…透け透けで恥ずかしいよぉ…」
「ちょっと大胆な水着だと思えば大丈夫よ、女性スタッフが付くし、ね?」
「……う、うん…」



「…そう、後はダイブ中に身体を連動させてしまうと危険だから手足を固定して
このフェイスマスクを装着すれば準備完了よ。
………では、覚めない悪夢…たっぷり楽しんで来てね
起きたらまた、茜と幼なじみの仲間に戻れるわ…」
「……え、な…にを………」
──意識が、沈んでいく……

36 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 05:49:14 ID:VM0Otke8
でた!ゼンタイでた!!!(w

37 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 09:57:20 ID:Z/Udu2uV
アンテサンサンってFFXに出たな

38 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 10:24:16 ID:8iATu1cY
G〜〜〜ジョブ!!!!
花とか植物系大好物!

39 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 17:29:42 ID:cZLc3aT6
この流れで神羅の人きてくんないかな……
あと赤ずきんの人……

40 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 17:38:06 ID:uyEHu4Ba
>>178
楽しみに待っているよ。

>>39
まぁ、まったり待とう。

ところで、今期から始まった某所にあった新作アニメ確か名前はヴィーナスアンドブレイブスだっけ?何か難しくて良く分からない。
あれってどうよ。面白そうだから漫画版買ってこようと思うんだが。

41 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 17:42:51 ID:uHfV8PdI
ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラスか?

42 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 17:45:22 ID:S6mQuyV+
ウガア

43 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 17:52:32 ID:RhtJb/xI
洗脳っていうか悪堕ちていうか微妙なんですが
ミラーマスクっていう洋画でちょこっとそれっぽいシーンがありました
youtubeでもいくつかあったので・・・

44 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 18:05:27 ID:uyEHu4Ba
あぁ、そう確か>>41の奴。
ヴァと聞くとVAVAとかヴァルバロッサが印象に残っていてな。

で、アニメの感想はどうよ。
戦闘シーンがちょっと展開早すぎてもうちょっとなんだが連鎖堕ちタイプだし悪くは無いと思うんだ。

ツインテのほうが堕ちてくれれば良いんだがそこまでいくかなと思ってな。

45 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 18:43:11 ID:uHfV8PdI
>>44
BSデジで見てんだけど、
前回は友人が体を乗っとられてましたって回だった。
原作はあまり見てないんでなんとも言えない。

とりあえずオーブニングは気に入っている
…っていうのはスレ的には意味ないな。

46 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 18:51:18 ID:KDkV7NSW
京都じゃコードギアスとかぶってて見れない・・・

47 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 19:45:32 ID:Co+8ltM7
メーカースレ見てる限りだとナユタは意外といいのかな
悪堕ちもそこそこ多いみたいだし
このスレでやった奴の感想が聞きたいな

48 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 19:55:34 ID:IWg1+6OW
ところでキルタイムの洗脳アンソロってどうだったの?

49 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 20:02:19 ID:7G3ZpmaH
>>48

http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1163115350/920
> 洗脳アンソロ・・・・orz
> 全ての漫画が同じMCかよ・・・
> 全部のHシーンが表面上は体や口が淫らになって「ちょうだい」
> でも内心は「あたし何を言っているの!?」ってモノローグがかぶさる
> 洗脳というよりは、いわば肉体操作に近い
> 1つや2つそういうのがあるのはいいが、全作品がそれってどうよ
> いかにも編集が属性のない漫画家に、洗脳とはこういうプレイですよと
> シチュを1つだけ説明した(あるいは強制した)って感じがありありと分かる
>       が っ か り だ


50 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 20:37:46 ID:al5vneaV
このスレで地雷だと認定されたおかげで買う前に内容を確かめてみる気になりました
うん、どう見ても地雷です本当にありがとうございました。


……去年から、期待してたのに――!!!

51 名前:178 花は空を求めて :2007/02/23(金) 21:40:46 ID:3ezD6oBp
それでは続きに参ります



やっと、きてくれた…


その瞬間、花がドクンと脈動した。
口に含んでいる柱頭が急に蠢き始め、セリスの胎内からぬるりと抜け出る。慌てて
掴みなおそうとしたが、蜜と涎でぬらぬらと光るそれはセリスの手をつるんと離れ
垂直にピンと立ちあがった。いや、花そのものがまるで意志があるかのように動き
出し、文字通り『立ち上がった』のだ。
「ああん!蜜、蜜ちょうだい!!蜜、蜜、蜜蜜みつみつみつみつみつぅっ!!」
わさわさと蠢く花にセリスは必死に手を伸ばすが、既にセリスの背より高くそびえ
立った花に、セリスの手はむなしく空を掻くだけだった。

あなたね…、わたしのところにきてくれたの…

喚くセリスを見るかのように、立ち上がった花がくくくっと折れ曲がりセリスのほ
うを向く。そして柱頭がブクッと膨らんだかと思うと、中から蜜に塗れた女性の上
半身がゆっくりとせり出てきた。
細面で長髪の容姿は美人の範疇に属するものだろうが、植物だからだろうかその全
身は灰緑色に染まり、皮膚の下には所々に血管のように葉脈が浮き出ており、瞳は
黄緑色に光っていた。
突然目の前に現れた女怪に一瞬目を奪われたセリスだったが、次の瞬間蜜への止ま
ない渇望が蘇り、再び蜜を求めて騒ぎ始めた。
「お願い!蜜、蜜ちょうだい!!蜜がないと、私、おかしくなっちゃうのぉ!!」

そんなにほしいの…?わたしのみつ…

「欲しいっ!ほしいのよぉ!あの、あのぉ、あなたのぉ、あまぁい蜜がほしいのぉ!」

そう…、なら…

傍目にも優しそうな笑みを浮かべた花女はスゥッとセリスの目の前まで下りてくる
「あ…」
眼前に広がった花の香気に陶然となったセリスを女は両手を広げて抱きしめ、その
唇をセリスの唇に重ね合わせ、舌を絡み合わせてきた。
トロリとセリスの舌に落ちてくる女の唾液、それは紛れも無くあの花の蜜だった。

おいしい…?わたしのみつ…

「お、おいひい!あはふふぇ、おいひいよぉぉっ!!
ほ、ほれにくひが、ひはは、ひはふぇ、いじられれるのぉ!ひもひいいのぉ!!!
んぐううぅあああぁっ!!」

後から後から流し込まれてくる蜜。その上舌に、口に、歯に与えられる愛撫。許容
量を超えた刺激にセリスの肉体と精神は抗しきれず、一声上げて絶頂に達してしま
った。
全身からクタッと力が抜け放心しきったセリスをふわりと抱きかかえ、女はまるで
赤ん坊をあやすかのように囁き始めた。

52 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 21:41:47 ID:3ezD6oBp
わたしは…、ずっとまっていたの…
でも、なんでまっていたのか…、わすれちゃった…
おもいだそうとしても、このからだになるまえのこと、ほとんどおもいだせないの…
でも、ひとつだけ、おぼえていることがあるの
わたし、そらをみたいの
わたし、あおいそらがだいすきなの…。なんでかは、おもいだせないけれど…

女の胸にもたれかかっているセリスはその言葉をぴくりとも表情を変えずに聞き入
っている。そもそも、理解しているのかは疑わしいが。

でもね、わたし…、そらをみれないの
わたし、はながあるところならどこにでもいくことができるけれど、わたしのはな
ここにしかさいていないから…、そらをみることがでいないの
そらのしたに、いることができないの…
でもね…

今まで慈母の微笑を浮かべていた女が、不意におぞましいほど淫蕩な笑みに変貌した。

わたしのからだをくれたひとがおしえてくれたの
わたしのはなは、にんげんにうえてふやせることができるんだって
うごくにんげんにはなをさかせてそとにだせば、わたしもそとにでられるんだって
はなをさかせたにんげんをふやせば、せかいのどこのそらもみることができるんだって

自らの言葉に高揚してるのか、女の声は次第に高くなり、セリスを抱きしめる腕に
も力が入ってきている。


『ねえ、あなた
わたしのはなになってくれる?』


セリスは一言も発しない。

あはははは。そうよね、なってくれるよね
あれだけわたしのみつをのんだんだもの。あれだけわたしのかふんをすったんだもの
もういやなんていえるわけないもんね
いやなんていえるこころがのこっているわけないもんね

女の花のおしべが蠢いたかと思ったら不意にその長さを数倍に伸ばし、セリスの腕
に、脚に、腰に巻きつきその四肢を束縛してきた。そしてそのままセリスを持ち上
げ、女の頭上に固定させてしまった。

ふふふ…

女の股間から伸びてくるものがある。それは先端に蕾がついた『女の花』だった。
『女の花』は茎をにゅるにゅる伸ばしてセリスに近づき、太腿のところで止まった
かと思うと、その花を開き始めた。
開ききり、自らの蜜と粘液で濡れそぼる花は、セリスの太腿の間めがけ再び動き出
した。その光景をセリスは光の消えた瞳でじっと見詰めていた。

どうしたの?にげないの?
このままだとあなた、にんげんをやめちゃうのよ?
はななんだから、ひでかんたんにもえちゃうのよ?

女の声が、まるで地平線のはるか先から聞こえているような気がする。何か言って
いるようだが、何を言っているのか頭が理解できていない。いや、できない。

いいの?このままだとあなたのなかにぶちこんじゃうよ?
きっと、あたまがばかになるくらいきもちよくなるよ
あなたのあそこに、わたしのみつをたっぷりとのませてあげるよ

53 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 21:43:32 ID:3ezD6oBp



この言葉にセリスがぴくりと反応した。
あの甘い蜜。あの心をも蕩かす蜜。あの自分を虜にした蜜。
改めて眼下の花を見る。その柱頭の先からは溢れ出した蜜が糸を引いて垂れ、あの
魅惑の香りを撒き散らしていた。
あの蜜が欲しい。たっぷりと口に含みたい。ごくりと嚥下してみたい。いや、もう
上の口じゃなくてもいい。とにかく入れたい。体の中に、あの蜜を入れたい!

「いいの!ぶちこんでぇ!!私の中に花をねじ込んでぇ!そして、たっぷり蜜を飲
ませてぇ!お願いよおぉぉっ!!」

蜜が欲しい、もうそれ以外のことが考えられずセリスは絶叫した。全身を蜜に犯さ
れた肢体は、もう寸刻も蜜から離れることが出来なくなっていた。
セリスの言葉にニタリと微笑んだ女は、花の先端をセリスの股間に密着させ、一気
に刺し貫いた。

「あーーーっ!!」

『女の花』も自らの花も既にぐしゃぐしゃに濡れており、何の抵抗も無く花の柱頭
はセリスの胎内に収まった。不意の衝撃で抜けないようにおしべが太腿と腰にピッ
タリと巻きつき、5葉の花弁がぺたりとセリスの皮膚に引っ付いている。
熱い棒を突っ込まれたような衝撃にセリスの意識が一気に覚醒したが、次の瞬間別
の熱い感触がセリスの下半身を支配していた。
「な、なにこれっ!!蜜が、みつがぁっ!!」
子宮口の先の先まで貫いた柱頭から、ゴボゴボと蜜が湧き出してきた。外から見て
も花の茎がところどころ膨らんでは縮み、セリスの胎内に蜜を搬送しているのが解
る。
「あ、熱い!あつぅぃ!!」
そのあまりにも大量の蜜はセリスの下腹部をたちまち満杯にし、セリスの腹はまる
で妊婦のようにぽってりと膨らんでいた。
が、それでも蜜の流入は止まることが無く、後から後からドクドクと送り込んでい
っていた。
「こ、こんなに、こんなに入らないのぉ!お腹、お腹が爆発しちゃうぅ!!」
涙声で懇願するセリス。しかし、その顔には苦痛の表情は出ていない。
「でも、でも気持ちいいの!蜜がぁ、熱いのぉ!熱くて痺れて気持ちいのぉ!!」
蜜に犯されたセリスの肢体は、異様に膨らんだ腹部への恐怖感より、渇望する蜜を
胎内に溜め込んでいることへの幸福感のほうが勝っていたのだ。
全身を蔓で縛られ、下腹部から花で突き上げられセリスの四肢はビクンッビクンと
釣り上げられた魚のように激しく跳ね回る。その間も容赦なく花は蜜を送り込んで
いたが、不思議とセリスの腹部の膨らみはそれ以上大きくなることはなかった。
「ひっ、ひはっ、はあぁぁ………」
肢体を覆う人外の愉悦に瞳孔は開ききり、吐く息は短く、そして荒い。
セリスの肢体にに変化があったのはその時だった。
吐息の中に小さくキラキラと光るものが混じっている。砂よりも小さく黄色いそれ
は、紛れも無く黄色い花の花粉だった。
全身のあらゆるところから流れ出ている体液は、その全てが粘性を増すと同時にあ
の蜜と同じ芳香を醸し出し始める。異様に膨らんでいた腹は空気が抜けるかのよう
に萎み、その代わりに臍を中心にして根とも葉脈ともつかない筋が全身を覆い始め
肌の色を人ならざるものに塗り替えていく。
そして、魔性のものに変化していくセリスの股下に張り付いていた花弁が、セリス
の変化と共に肥大化していき、一枚がひと一人覆うくらいの大きさまでなったとき、
ゆっくりとセリスの肢体を包み始めた。花弁がセリスを包み蕾のようにぴったり閉
じられた様を、女はニタニタ笑いながら満足げに眺めていた。

54 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 21:44:40 ID:3ezD6oBp
四方を花弁に囲まれた中、セリスの思考はゆったりとした水面の中に漂っていた。
自分の体が作り変えられていくのがわかる。血が、肉が、心が蜜と共にどろどろに
溶かされ、蜜によって全く違うものに固められてゆく。自分が持っていた使命、志、
そんなものも入り込んでくる蜜に押し流され、自分の外に流出していく。
それを止めようなんて思わない。もう使命も志も自分には関係ない。
そんなものより、自分は甘くて美味しくて気持ちいいこの蜜を選んだ。この味を知
れば、誰だってこっちを選ぶに決まっている。
そう、だから自分は身も心もこの蜜に捧げた。蜜を受け入れ、自らも蜜となり蜜を
広めていく。
そう、これからはそれが自分の新たな志。果たすべき使命。
これからは…

硬く閉じていた蕾が、ゆっくりと、一枚づつ開いていく。
完全に開ききった花の中心にあるのは、金色の長い髪を纏った女。その肌は暗緑色
に染まり、体の至る所に葉脈とも根ともとれぬ筋が線を張っている。
半開きになった瞳は黄緑色に光り、呼吸をするたびに小さな口から微細な粒子が漏
れ出でてくる。

めざめなさい、わたしの、あたらしい『はな』

花の茎の先にあるさらに大きな花を纏った女が声を発すると、女…セリスだったも
のの瞳がゆっくりと開かれる。黄色い瞳に真っ赤な瞳孔、そこには人間の感情と呼
べそうなものはおよそ存在せず、底知れぬ虚空のみがあった。

ねえ、あなたはなに?

「わたしは…、あなたさまの『はな』。あなたさまのみつとたねによってさいた『はな』」

わたしのはな、あなたのやるべきことはなに?

「はい。わたしのやるべきことはわたしをふやし、せかいをわたしでおおいつくす
こと。そして、あなたさまにそらをみせること」

そう。そとのにんげんにどんどんみつとたねをそそいで『はな』をさかせるの
せかいをはなでいっぱいにして、そとをわたしたちのせかいにするのよ
さあ、いきなさい。あなたはじゆうにうごけるあしがある
そとにでて、あたらしいはなをさかせてくるのよ

55 名前:花は空を求めて :2007/02/23(金) 21:47:51 ID:3ezD6oBp
「はい…」
セリスだったものは花から自分の体を引き剥がすと、閉じられている扉の方へゆっ
くりと歩み始めた。その時、セリスだったものの胸辺りに走っている筋が少し震え
たかと思うと、皮膚を突き破ってあの黄色い花の蕾が押し出てきた。
外に顔を出した蕾はたちまち開花し、あの魅惑の香りと蜜を振り撒き始めた。
が、以前はあれほど求めたそれを目の前にしても、セリスだったものはまるで気に
とめることは無かった。
今の自分は香りも蜜も、求めるものではなく与えるもの。自分の息は花の香気。自
分の体液は花の蜜。自分のものを欲しがる自分はいない。

扉を押し開き、セリスだったものは地上へ出る道を進んでいった。
自分の花を増やすために。
                              終

以上です。でも、FF世界である以上、聖水一発で元に戻って
しまうのでしょうな…

56 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 21:50:11 ID:Y5EeK6Kf
ちょwwwwwwwwwwww最後のオチヒドスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

57 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:02:00 ID:V6ddalaH
>>47
今やってるけど、前作よりも悪堕ち分が多くていい感じ
とある属性を宣伝文句にしてる癖に「おいおい」ってエロゲも多い中、
これは中々良い出来に仕上がっていると思うよ

58 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:03:45 ID:uyEHu4Ba
>>45
明日漫画買ってくるわ。絵も嫌いじゃないしな。

>>55
GJ乙彼さま。ハァハァさせていただきました。
姦花するのもいいね。
魔列車よりかはマシですから

59 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:28:20 ID:dy45obla
背徳の学園2に肉体乗っ取りあり
さて、次はアイサイガーパワードやるか・・・・・
敵の仮面の奴ある程度正体予想がつくが・・・・・

60 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:33:37 ID:V6ddalaH
ん、どうやらナユタ、フルコンプしたようだ。

ネタバレをしすぎない程度に話すと、
悪堕ちするパターンは一つじゃなく、
絶望、強制、融合、自分意思、etc...と複数存在する。
ある悪堕ちエンドを見て「これは違うなー」と思ってもやめないで、
フルコンプするまで全てのルートを見てみることをオススメする。
多分、各々ヒットする悪堕ちが一つはあるはず。
それくらいバリエーション豊富。

これは買って正解だったよ。

61 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:36:43 ID:8tDp0DYd
>>59
肉体乗っ取りkwsk

62 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:38:02 ID:dgEbCOxe
>>60
もしや一人を色んな角度からとことん堕とすタイプ?
だとしたらツボだ…

63 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:51:54 ID:V6ddalaH
>>62
うーん細かいけど、「色んな角度から堕ちていく」が正しいかな。
度々出現する選択を誤ったら、特定の悪堕ちバッドエンドのルートに突入するって感じ。

64 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 22:58:47 ID:orfi5wLw
横からスマソ。
バッドだと堕ちたあとのHシーンがないのが結構あるけど
ナユタは堕ちた後もHシーンあり?

65 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:11:16 ID:Co+8ltM7
>>55
乙でした

洗脳とは微妙に関係ないけど、花とか昆虫とか機械とか、
ちゃんとした(性的な)意思がないモノに犯されて虜になっちゃうシチュはツボなので、
かなり良かったです
ヽ(´ー`)ノGJ
この後ティナとかリルムも花にされるんだろうな〜(*´Д`)連鎖ヨサス


>>60
おお、よさげですね
買ってみるかな

66 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:21:06 ID:dy45obla
>>61
主人公に取引を持ちかけてくる魔女が肉体を取り戻す方法が二つあって
魔力をとにかく集めて肉体を再構築させるというものと
相性のいい肉体に乗り移ってその人間の肉体を乗っ取るという方法がある。
話の進め方しだいでは魔女は後者の方法を選んで復活してしまうというもの


67 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:30:45 ID:swXqiyZp
アイサイガーは個別の洗脳・催眠ネタ多し
悪堕ちエンドについては↓を参考にただいま攻略中

891 名前:名無したちの午後 投稿日:2007/02/23(金) 21:36:25 ZbLiXkgk0
チェリーの個別エンドのうち、主人公とのEDは戦闘で全敗北(選択肢もチェリー選ぶ)しつつ
マップイベントを全部こなしていけば5〜6話でHしてそのままマップイベントこなせばいけるはず。
悪落ちEDは戦闘全敗北(選択肢チェリー)+マップイベントを1くらいしかすすめず
6話(コミケ)で戦闘敗北するとチェリーが襲われるシーンが追加。
その後チャートを使わず話をすすめる(マップイベント無視)と7話でイベント追加。
8話で悪堕ちEDにいけたはず。

68 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:32:08 ID:V6ddalaH
>>64
悪堕ち後は全てHシーン有り。

しかし今週はMC系が豊富すぎるなぁ。
泣く泣くナユタとアンジェリカで妥協したけど、
背徳2と淫渦とドリームノートとアイサイガーも欲しかった…。

69 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:33:14 ID:NjjDMDQB
常々思うんだがエロゲは板違いなんじゃね?

70 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:33:46 ID:orfi5wLw
>>68
情報ありがとうございます。
今からもう(;´Д`)ハァハァしてきた。

71 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:38:03 ID:swXqiyZp
>>69
アイサイガー自体が戦隊モノのエロパロみたいなもんだが正直スマンかった

72 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:39:14 ID:w8qAJVBF
>>69
情報集めるためなんだし問題ないでしょう。
むしろ個人的には一番ありがたい情報だ。

73 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:46:05 ID:8tDp0DYd
>>66
おお!
ありがたう。
BibleBlackのあの興奮を思い出すために買ってみるか…。

74 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:48:23 ID:k3IhhSET
ナユタ、>>60 で書いてるように色んなパターン有り。
俺はその中の融合ってのに、まさに精力を集中しちまいましたが。

他のパターン…強制は、このスレ向きだと思う

75 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:53:56 ID:IWg1+6OW
>>49
一つくらいツボに来るのがあれば御の字か、と思ってたが全滅かよ…orz
まあとりあえず立ち読みで確認してはみるか…

てかナユタのことすっかり忘れてた

76 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/23(金) 23:59:08 ID:2uys8UgK
>>68
アンジェリカってMCあるの?

77 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 00:09:31 ID:quPa9XJz
>>69
違うといえば違うね
ただ、戦う変身ヒロインスレもMCスレも、微妙に趣味がずれてるんで、
ここの住人の評価が聞けるならそれに越したことはないんだよね
ゴメンね

78 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 00:27:08 ID:sQwftdIx
俺、エロゲ板のMCスレで悪堕ちどう?って聞いたらここのスレのほうが向いてるぜ
って誘導されたんだ・・・

79 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 01:08:14 ID:KHaJR7Fh
結局エロゲのネタも伝統の内という事で

80 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 08:53:59 ID:Ykp/V7cR
アイサイガー全員悪落ちEDあるっぽいな
キョウサイガーはわからんけど

81 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 10:26:08 ID:iJJiSG8Q
キョウサイガーは中盤のアレが殆どだね 後はローズとチェリーのバッドエンドのおまけで我慢だ
やってない人に内容を紹介すると戦闘敗北即バッドエンドではなく
怪人陵辱シーンを一人のキャラに絞って出来る限り全ての戦闘に敗北し
かつマップイベントを進めていくと淫欲に苛まれていく人妻の日常を経て
女幹部化×3+怪人化1のバッドエンドに至るという感じ
各怪人陵辱シーンは結果的に二次元エンドになるわけだが陵辱者への屈服宣言とかはあったりする

内容的には個人的に大満足だが攻略の手間がちょっと大変だった

82 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 10:28:02 ID:7/CsaLi3
去年の男といい今年のババアと言いなんでふたご姫はおいしい役のキャストを間違えるんだorz

83 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 11:03:44 ID:bMhz+oyI
>>78
ああ、あんたか
悪堕ちはどっちかというとMCより変身ヒロインスレの方がのってくるぜ

しかしこのスレも結構人増えてきたのかなぁ

84 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 12:28:09 ID:xNsHq6+v
>>81
マジかいな。こりゃ買いですかな??

85 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 21:01:55 ID:C9LdtHZ9
ハイグレ教

http://arteisia.hp.infoseek.co.jp/high-gle/

86 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 22:02:02 ID:iJJiSG8Q
>>84
まあ絵柄もシナリオも癖がつよいから万人受けするかどうかは良く分らない
特撮ネタとか好きなら買いだとは思うが人妻戦隊なるものに感情移入できるかどうかだね

87 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 22:02:55 ID:Y+x350QD
>>76
いや、これはただのお笑い調教ゲーだったw
でも買って良かったと思える作品w
ナユタで抜いてこれで笑って満足な週末だったよw

興味がある人はエロゲ作品別板に行ってみるといいね。
スレ違いの話題失礼!

88 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 22:19:42 ID:592WHY0+
>85
ナニコレ―――?
その内このスレが“ゼンタイVSハイレグ”とかなったらどうするよwww

89 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 22:20:28 ID:xNsHq6+v
>>86
前作がBADもGOODも好きだったから雰囲気とか絵とかはなんの問題も無い。
むしろ好物。
洗脳モノがあれば一杯期待して
無ければちょこっと期待して買うつもりだった。

というわけで購入してきますた。

90 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/24(土) 23:53:53 ID:DoWPtBX0
ナユタでぴんくはてなを知ってついでに聖騎士産卵記も買うことに決定したぜ。
このメーカーは悪堕ちに定評があるんだな。

91 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 00:18:20 ID:FvFyCxc1
>>90
むしろ悪堕ち作品しか出してない
ピンポイントすぎる属性なんで個人的にはごほうびだけど採算取れるんだろうか心配だ
アイサイガ―はよかった!人妻、熟女分を期待していた人には物足りないかもしれないが
人格や性格は本人をベースにそれこそテッカマンブレード的な悪堕ちで満足
以下ネタバレ







全員そろっての悪堕ちがなかったのが返す返すも残念だ

92 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 00:24:08 ID:4ht5aKBe
定評といってもまだ二作しか出してないけどな
まぁナユタの売れ行き次第で方向性が決定するんじゃないか

93 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 00:33:38 ID:M7f6gJD2
ナユタは悪堕ちイソラの目の色にばらつきがなければもっとよかった…

94 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 01:00:52 ID:SCKOrUpP
>>91
コンプできずにフル化したから
どういう経緯かわからんけどキョウサイ以外の
4人が揃って悪コスで残虐行為働いてるEDあったぞ
CG1枚だけど

95 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 01:29:34 ID:HJgrZX0N
それが>>67で言ってる悪堕ちエンドな

96 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 01:45:12 ID:RxFneCPx
淫渦学園にも悪化はあるな。他にも洗脳ネタは多い。

97 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 14:16:13 ID:r0tDYL0T
ナユタはアンケハガキの項目に「悪堕ちについてどうでしたか?」というのがあるから
一応方向性としては狙ってるんだろう

98 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 18:53:45 ID:hbfDfvwu
ナユタで悪化するのってナユタとイソラだけ?

99 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 19:08:28 ID:d7xE0Vqo
>>98
伊織も悪落ち触手化はある、けど悪コスはない。


100 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 19:17:23 ID:hbfDfvwu
>>99
d
俺は人外化も悪コスと同じくらい好きだぜ( *´∀`)

101 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 20:18:33 ID:uu6bjIEs
ぴんくはてなって元々は悪堕ちがどうとかってよりも異種交姦がメインな気もするが
前作の反応とかでユーザーに悪堕ちのニーズが高いのを見て今回力が入ったのか?

102 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 20:23:12 ID:r0tDYL0T
まあそうかもしれんが
まだ出来て一年未満、発売数二本だからな
メーカーのカラーを試行錯誤してるんじゃない?

103 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 21:15:21 ID:oGUS3AwU
ナユタは出来がいいだけに惜しいというか不満が残るなぁ
悪堕ち、あるにはあるんだけど、過程がほとんどないんだよね。詳しくいうと

普通のエロシーンで絶頂→次のシーンで悪化して登場

というのが多くて、悪堕ちに至る心情や攻めはかなり薄い気がする
(伊織あたりは比較的じっくりだったけど……)
悪堕ち変身シーンなんかも、きちんと作ればいいのになぁ

104 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 21:15:37 ID:8f06dx/C
魔世中の「ひぎぃ」成分を1/20ぐらいに薄めて、
悪堕ち成分&悪コス成分を50倍ぐらいに濃くした
ゲームをやってみたい。

105 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 21:17:59 ID:m4H1ADNj
>>104
同意
連鎖して落としていくゲームが最高だ

106 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 21:49:33 ID:4ht5aKBe
>>103
CG差分とかで表現してくれたりするといいんだがな
前作でもビフォアアフター的な展開だった

107 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 22:13:35 ID:94x0u2Ar
徐々に悪の心に蝕まれていくようなのが見たいねー。

108 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 22:18:51 ID:U4krJdcF
893になって大人しそうな校生や人妻や悪事に手を染めさせてくってのは?
あんまり生生しいのはダメ?

109 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 22:58:10 ID:cwXhK1NA
それも悪の組織っちゃ悪の組織だけどさぁw

110 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 23:09:19 ID:o/dSIPqT
身体の変化が先で、身体に引きずられて心も・・・という展開がいい。
逆でもいいんだけど、一回のシーンで変身&変心では、味気ないと思うのだがどうだろう?
んで、連鎖落ちもつけてほしいし、そもそも最初に落ちる女が、魔と対極にあるといいね。

例えば、
心優しい女王>敵の姦計で魔族化>魔王化>それまでの部下や娘を連鎖堕ち>天下布武

111 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 23:13:35 ID:7ZVzgKQ0
戦隊モノの女司令官なんかが誰にも気づかれないうちに洗脳されてるとかなー

112 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 23:15:34 ID:8f06dx/C
プロフェッサーXがオンスロートになっちゃったみたいなヤツか。

113 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 23:17:00 ID:Y2JtwLWG
>>110
それ最高・゚+.(゚∀゚)゚+.゚

114 名前:110 :2007/02/25(日) 23:25:41 ID:o/dSIPqT
>>113
同志よ!!
私は、姦計部分が詳しくあるといいと思んだ。
半人半魔の状態で、自分の魔の部分を目の当たりにしたときとか
思いもよらずに、自分の親しい人を魔に引きずりこんでしまうとか
で、最終的には、自ら望んで魔の洗礼のようなものを受けて、魔王化
人の版図を、人を魔に変えて喰っていって、娘や家臣も魔の軍団を作り上げ
魔の軍団完成。
さらに言うと、ここまで全て姦計の内だといいな

115 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/25(日) 23:54:48 ID:Y2JtwLWG
>>114
やらないか
お前になら掘られてもいい

116 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 00:30:17 ID:mD/RK/6y
>>115 
騙されてはいけない。
そいつは女だ!

117 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 00:34:15 ID:s9rAQHZA
>>114-115
結婚しちゃいなよ。

118 名前:110 :2007/02/26(月) 00:44:19 ID:Sg5kkZiV
私、男だよ。
誰か、書いてもらえはしないか?


119 名前:178 :2007/02/26(月) 01:17:01 ID:xedcKmvY
>>118
ちょっとシチュが似ているテラスSSの続きを書いて見ましょうか?
一応構想はありますので。

120 名前:110 :2007/02/26(月) 01:24:31 ID:Sg5kkZiV
お願いします。


121 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 02:12:40 ID:vMivM+AA
ふとスパロボをやってて思った
アイビス、メガノイドになっちまえと。

122 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 03:45:44 ID:QpQQfx8L
>>111
中華なるとの絵が良くなれば良い訳か・・・
CSだとサクラ大戦とか合ったね、そういう系。

123 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 05:43:09 ID:tYT64LjG
>112
あれ元々は磁界王さまの怒りが元の人格じゃん、教授の絶望を食って育ったけど、
最終的にはマグナスともチャックとも独立して、完全に別個の存在になっちゃった
じゃんよ。

124 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 12:57:24 ID:wY1b+CGN
うんまあ最終的には教授からも磁界王からも独立した存在になってたね、
ってか物語の後半はX-MAN(ネイト)の能力吸ってさらに進化してたし。

125 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 19:36:41 ID:+ptx1Aop
ジーンが昔ダークフェニックスになった方が悪堕ちだったよね。

126 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 21:55:41 ID:pw7Um0JO
映画ももちょっと気の利いたコスチューム用意してくれりゃな

127 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/26(月) 21:56:02 ID:krHb4UCE
80年代の頃のアメコミの話題なんて解りません、マスターマインドって誰ですか。

128 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 17:00:31 ID:L+SpP+85
誰もいないクレクレするなら今のうち




あの、赤ずきんまだですか?

129 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 17:05:50 ID:fQ+jk9Zx
クレクレチャンスと聞いて飛んできました。

130 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 17:17:09 ID:S413fnb1
お前らあんまりクレクレしてると書き手さんも嫌になっちゃうぞ

でマダですか?

131 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 20:12:42 ID:L+SpP+85
ttp://zammel.kir.jp/lesles/src/1165529868829.jpg

クレクレじゃなくて画像張っておくか。
つい最近見始めたけど確実にこのシチュは終わっているな。

Dグレイマンより

132 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 20:18:05 ID:MPXCGyjE
ジャンプでそこ読んだ時はとてもがっかりしたな・・・

133 名前:178 :2007/02/27(火) 20:19:57 ID:k2lZCRw8
>>120
OK了解しました。現在書いているSSを仕上げ次第取り掛かりたいと思います。
そのSS自体は明日明後日くらいにはUPできるかと。
ちなみに題材はFF5。誰が標的かはお楽しみに。

134 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 20:55:08 ID:5LLE76v8
>>131
どういう状況なのかkwsk

135 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 20:59:27 ID:r/Tj4eyT
植物状態なだけ。話しかけても反応しないし、自分で動くこともない。

136 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 21:06:00 ID:fQ+jk9Zx
保管庫の画像板にUPごちそうさまです!

137 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/27(火) 22:12:33 ID:4PqT2nHH
悪堕ち3人娘の壁紙キボン……













とかいってみるテスト。

138 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 10:12:30 ID:H8wvaXgf
悪落ち三人娘のSSキボン
職人さん降臨に期待

139 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 18:17:16 ID:1msK7Eeq
今日のネギま!?はいいシチュでしたね。
もうタマラン(;´Д`)

140 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 18:22:20 ID:ZYuhcIWx
KWSK!

141 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 20:23:08 ID:q581lhOE
よくワカランがスタークリスタルとかいう物が欠片から合体し
何故かこちらに飛んで来た、日本人じゃ無い奴ぽいのの額にクリスタルがズキューン
ショタ:「○○さん」(聞きとれず)
○○:「違う、××だ。おまえには負けない」みたいな。


その××がショタの幼なじみだかで、研修先だかで上手くいかない所に
ショタが上手くやってると聞き、負けず嫌いなその女がスタークリスタルで挽回?
→失敗して闇に囚われてるらしき。
それがショタの生徒?だかに憑移して、二重に美味しい?のか?

142 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 21:20:15 ID:vPVoPkxJ
クラダルマって漫画悪落ちの連続ですぞ

143 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 21:38:48 ID:7tmGSFAX
>>141
読めば読むほどよくワカラン

144 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 21:41:13 ID:56iXsChZ
>>142
懐かしいなおい、あれ宗教カルトものの傑作だよな。
新興の洗脳宗教(インナーに悪の秘密結社がある)VS古代から続く秘密の山岳宗教。
両宗派ともにセークスで超人的な力を得る秘儀を伝えるが、新興の方は上の階梯に
昇る時に人格矯正セミナーみたいな方法で洗脳やってるのな。

145 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 21:54:45 ID:N6q2Vl2M
そいやアニメ牙のアレは?

146 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:08:20 ID:wehU4oJ8
クラダルマは連載が長すぎてとr途中から訳わからんくなってしまった
あの作者なら紅い牙ブルーソネットが洗脳悪堕ちシチュ多数で良かった覚えがある

147 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:13:27 ID:1msK7Eeq
>>141
そんな小出ししなくても・・・(^^;)

>>140>>143
ネギま!?見てないっちゅー前提で書きますね。

スタークリスタル(っていう強大な悪い魔力の塊)の使用者の正体がネギの幼馴染のアーニャってことがわかる。
アーニャは強気だから「ネギなんかに負けたくない」と思ってるけど、修行先でうまくいかず、スタクリに魂を差し出してしまう。
で、スタクリの最後の欠片の精霊を倒したらいきなり全部の欠片が合体して、
スタクリの影響でたびたび起こってたヤミ(小さな悪い魔力溜り)がエヴァに憑依、エヴァをスタクリ本体に引き寄せる。
そしてエヴァの額にスタクリが入って悪落ち変身。
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/11351.jpg (変身前)
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/11352.jpg (変身後)
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/11353.jpg ( 〃  )
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/11354.jpg ( 〃  )

エヴァはアーニャに取り憑かれどーなる次回?!

長文&わかりにくくてスマソ

148 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:23:09 ID:wC46sQJR
砂沙美でもこのスレのテンプレみたいな悪堕ち悪コス変身があったのにあんまり話題になってないね

149 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:31:15 ID:ZYuhcIWx
>>147
よくよく考えてみると
エヴァンジェリンって悪の塊みたいな設定だったような……

いやいいんですけどね…。

>>148
ゲームのやつ?
あれはスゴく良かった。苦労して探した甲斐があった。

150 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:41:32 ID:N6q2Vl2M
最近WOWOWでやった魔法少女倶楽部のほうだろ?
ミサオが成長変身したな。

151 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:45:00 ID:lie+hevr
どっちも詳細希望

152 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 22:58:53 ID:ZYuhcIWx
>>150
砂沙美魔法少女クラブの方か。
おりゃぁてっきりプリティサミーの方かと……orz

新しい方は、初めは喜んだもんだが、キャストが総変わりしてキャラも完全に違うし、
なんか平和な学園物のまったく別物になったっぽいから全然見てなかった…。


間違った詫びも兼ねて吊ってくる……

153 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 23:14:52 ID:vPVoPkxJ
>>146
ぐぐったら少女コミックか!

よし明日探してこようw

154 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 23:23:53 ID:vPVoPkxJ
クラダルマは、油断して尸娘に犯された斎女が淫獣化したのがつぼだった

155 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 23:24:58 ID:N6q2Vl2M
>>153
サライの前にやってたやつだろ?
少女コミックだったかあ?
まあ文庫版を買うことだなあ。

156 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 23:35:49 ID:OQTSyOZG
今だ!
誰も見てないうちに保管庫に拙作リアナうp

157 名前:名無しさん@ピンキー :2007/02/28(水) 23:48:15 ID:N6q2Vl2M
リアナがゲームで見た目が変わらないのは
ラーナ(ダークプリンセス)のせいかな。
…はともかくグッジョブ、そしてレイチェルキボン。

158 名前:178 :2007/03/01(木) 00:35:54 ID:y/D8As4S
では、前述したとおりFF5投下します。前回と異なり非エロですが。

「宿り木」 〜FF5、クルル

「はあ…、はあ…」
なんだろう、体が熱くてとってもだるい。風邪でもひいたのだろうか。
いや、中でも特に右手が痛いぐらいに酷く疼いている。まるで、右手の熱が体全体
に拡散していっているようだ。
「クルル、どうしたんだ?ずいぶん顔が赤いぞ?」
暗黒魔道師エクスデスを追う四戦士のリーダー格でるバッツが心配そうに声をかけ
る。彼らは数々の貴い犠牲を乗り越え、ついにエクスデスが潜む次元のはざまに乗
り込むことに成功した。
遺跡、森、町、洞窟、塔…。次元のはざまに相応しく、法則性も何も無く絵本の頁
のように場面場面が連続する世界。塔の通路の最後にある扉を開けたら、今度は目
の前に荘厳かつ空虚な城郭が姿をあらわした。
この城の中にエクスデスがいるのかもしれない。意を決して城門を開いた4人だっ
たが、中は魔物こそ出現するもののエクスデスの気配は感じ取れなかった。
まだこの先がある…。気持ちを新たにし城内を進む4人だったが、そんな時4人の
中で最年少のクルルに異変が起こったのだ。
「ううん…、なんでも……あうっ」
クルルはみんなに心配をかけまいと微笑もうとしたが、頭に生じた激痛に顔を顰め、
足を縺れさせて倒れこんでしまった。
「クルル!どうしちまったんだ…
おいみんな!凄い熱だぞ!」
あわててファリスがクルルを抱きかかえると、その体温が非常に高くなっているこ
とに気づいた。
「クルル、いつからこんなになっていたんだ?!」
「えっと…このお城に入ってからすぐ…くらいかな…」
「バカ!気分が悪いなら早く言えってんだ!バッツ、レナ!どこか安全な部屋を探
すんだ。一旦クルルを休ませないと!」
「わかったわ姉さん!バッツ!」
「ああ、急ごう!」
脱兎の如く走り出すバッツとレナ。
「しっかりしろクルル。ちょっとの間だけ辛抱してくれよ」
「うん…わかった…」
ファリスの腕に抱えられたまま、クルルはスゥッと目を閉じた。

159 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:36:56 ID:y/D8As4S
ル…
   ルル……
      クルル……

誰?私を呼ぶのは…
深い深い静寂の中、誰かが自分の名前を呼んでいる。

目覚めるのだ…。クルル・マイア・バルデシオンよ…

なんだろう。この声、前にも聞いたことがある…あれは…たしか…


「私を本気にさせたな!死の世界へ行くがいい!!」
まだまだ!まだまだ死ねんのじゃ!この命、燃えつきても!わしは、貴様を、倒す!!
「怒りや憎しみで、私を倒すことはできぬ!」


思い出すのもおぞましい光景。クルルの意識が一気に覚醒した。
「………!!エクスデス!!!」
目を見開いたクルルの前に、スカイブルーの鎧に身を包んだ男…暗黒魔道師エクス
デスがその姿をあらわしていた。
「バッツ、レナ、ファリス!エクスデスが………。えっ?!」
戦闘態勢を取ろうと三人に声をかけたクルルだったが…、三人はどこにもいなかっ
た。いや、問題はそこではなかった。自分が立っている空間。そこは壁も床も廊下
も存在せず、ただただ黒く、『無』の世界が広がっていた。
「こ、ここって…どこ?」
「ここか?ここは貴様の心の奥底。意識の中の世界よ」
「意識の…なか?」
「本来の貴様は次元城の廊下で女に抱えられて寝ておるわ。今の私は、貴様の心の
中に入り込んで、こうやって顔をあわせているということよ」
心の中に入ってきている?!
「じゃあなに?現実世界では私達を倒せないから、心の中で殺そうって考えているの?!」
「馬鹿め、そんなことが出来るなら貴様らはとっくに私に倒されているわ」
なんなのだろう。訳がわからない。自分を倒すためでもなく、ただ顔を見せるため
に現れたとでも言うのだろうか。
「じゃあ一体…なにをしにきたって言うの?!
わざわざ心の中にこなくても、もうすぐあなたのところに行ってやっつけてあげる
んだから、勝手に人の心の中に入ってこないで!!出ていってよ!!」
「ファファ…出ていって、か。それを今更言うのかね…」
兜に隠れて見えないはずなのに、なぜかクルルにはエクスデスの顔がニヤリと歪ん
だのが見えた、感じがした。
いやな空気がクルルの周りにまとわりついている。まるで、何かとても大事なこと
を忘れていたかのような、心の奥が震えそうな冷たい空気が。
「な、なによ今更って?!まるで、ずっと前からいたような言い方じゃない!!」
「ああいたとも!!忘れたのか、私が貴様の体の中に潜んでいたときのことを!!」

「!!」


160 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:38:47 ID:y/D8As4S
そうだ、あれは私の世界とバッツたちの世界がエクスデスによって一つに繋げられ
た後のことだ。私とバッツとファリスが大賢者ギードのほこらに向ったとき、途中
で手に刺さった小さなとげ。
実はそのとげはエクスデスが化けたもので、私達の前でエクスデスに戻り、ギード
と死闘を演じたことがあった。
「あの時、わずかながら貴様の体の中にわが分身を残しておいたのだ。だからこそ、
こうして貴様と心の中で会話が出来るというのよ」
クルルは目を見開いて以前とげが刺さっていたところを見てみた。確かに右手の人
差し指の先に言われなければ気が付かないほどの、小さな小さな黒い点があった。
「じ、じゃあ…、あの時から、ずっと、私の中に………?!」
「そうだ、だからこそお前達の行く先行く先が手に取る様にわかり、刺客を指し向
けることが出来たのだよ。まさか貴様らも、仲間の一人が自分も知らないうちに私
の情報提供役になっているとは思っても見なかっただろうよ。
もっとも、お前達はふがいないあいつらを全て返り討ちにしてしまったがな」
クルルに頭を鈍器で殴られたような衝撃が走った。確かに自分達の行く先々に次元
のはざまの魔物が都合よく現れるので変だとは思っていたが、それがまさか自分が
原因だったなんて!
しかも、自分も知らないうちに祖父の敵にいいように使われていただなんて!!
「そ、そんな…。私が、エクスデスに利用されていたなんて……
…嘘よ、こんなの嘘…」
がっくりとうなだれるクルルを尻目に、エクスデスはなおも話を続ける。
「しかもお前達は次元のはざまに入ってきて、はざまの魔物を悉くなぎ倒し、とう
とうこの次元城まで辿り着いてしまった。
ここまで来てしまっては、情報提供役としてのお前はもう不要というわけだ」
「………じゃあ、どうするの…。役に立たないなら、殺すっていうの……」
無自覚とはいえ、敵を利する行動を取ってしまい、かけがえの無い仲間を幾度と無
く危機に陥らせてしまったという罪悪感がクルルの心を押し潰していた。
もうとても顔をあわせることが出来ない。いっそ、死んでしまいたい。殺してくれ
るなら、それはそれでいいかもしれない。
鬱に陥ったクルルの意志は、自虐的な思考しか発生させてくれなかった。
「頭の悪い奴だ。心の中で殺すことは出来ないと言ったはずだぞ。それに、貴様に
はまだ別の利用価値があるのでな、ファファ…」
なんという奴だ。あれだけ自分の知らないところで勝手に自分を利用し、このうえ
まだなにかやるというのか。
「私が『無』の力を完全に手に入れるにはあと少し時がいる。それまで貴様らに邪
魔をされたくはない。
それに、貴様らの手で私が使える有能な手駒もかなりの数を失ってしまった」
「だから……、なによ…」
「単刀直入に言おう。貴様らは私の新しい手駒となってもらう。地上を『無』の力
で征服するための、忠実な下僕としてな…」

161 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:40:02 ID:y/D8As4S
「!!バカなこと言わないで!私達があんたの手下になんてなるわけないじゃない!」
クルルは流石に顔を真っ赤にして怒鳴りつけた。よりにもよって祖父の仇の手下に
なるなんて考えもつかない。
「あんたの手下になるくらいなら、死んだ方がましよ!!」
「残念だが、お前に運命の選択を許した覚えはない。これは既に決定したことだ」
「なんでそんなこと………あうっ!!」
突然クルルの指先、エクスデスのとげが刺さっているところに激痛が走った。見る
と、とげの黒い点が見る見る大きくなり、爪先まで黒く染まった時漆黒の奔流がそ
こから溢れ出てきた。
「な、なによこれ………っ!!」
「我が分身を通して、貴様の中に私の力を流し込んでいるのだ。世界中の邪悪の意
志が融合した、私の力をな…」
奔流は突風となり、突風は旋風となってみるみる拡大し、クルルの体に容赦なく叩
きつけてくる。クルルの指から発せられる黒渦はクルル自身を巻き込み、巨大な竜
巻となっていった。
「ああああああっ!!」
四方八方から襲い掛かる風がクルルの体を打ち貫くたびに魂まで響く激痛が走る。
逃げようとしても、辺りを渦巻く旋風は逃亡を許さず、そもそも発生源が自分であ
る以上逃げるという言葉自体が不毛なものであった。
「バッツ、レナ、ファリス!!助けて!!」
助けを呼んでもここが自分の心の中である以上、助けに来てくれるものなどいやしない。
そんなことはわかっている。
しかし、それでもクルルは叫ばずにいられなかった。
「助けて、助けて、助けてぇっ!!」
激痛に目を閉じ、涙を流しつつもなお叫び続けた。


くすくす、じゃあ、助けてあげようか?


声が、聞こえた。
助けてくれる、って確かに聞こえた。
「だ、だれっ?!」
痛みをこらえつつゆっくりとまぶたを上げると、自分の目の前で小さな黒風が渦巻
いている。
それは次第に密度を濃くし、黒い人型のシルエットを形成していき、一気に拡散し
たあとそこには

紛れも無く、クルル・マイア・バルデシオン自身がいた。
ああ、でもこれは自分ではない。
自分は、こんな人を見下したような表情はしない。自分はこんな酷薄な笑みを浮か
べたりはしない。自分はこんな、深い闇を宿した目をしていない…

162 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:41:00 ID:y/D8As4S
「………、私?!何で私の前に私がいるのよ…」
「ここは私達の心の中。あなたはいまのクルルであるクルル・マイア・バルデシオン
としての心。そして私は、エクスデス様の下僕としてのあなたの心…」
「エクスデスの手下の心?!嘘よ!私にそんな心、あるわけが無い!」
「あるのよ、あなたの心の中に。わたしがね…」
ニタニタ笑いながら、そのクルルはクルルに近づいてくる。
「エクスデス様が私達の体に刺さったときに生まれた私は、最初、とてもとても小
さなものだったの。あなたという大きな光の隅で、ともすれば消えてなくなるくらいの…

でもね、エクスデス様がご自分の分身を残してくれたおかげで、少しづつ、少しづ
つ私は大きくなっていくことが出来た。エクスデス様に私達がいまどこにいるのか
知らせることも出来るようにもなったの。
嬉しかった…。私を生み出してくれた方の役に立つことが出来て…」
眼が泳ぎ、陶然とした表情で呟くクルル。そんな自分を見て、クルルは目の前が真
っ暗になりかけた。
「違う…違う!あなたは私じゃない!!私は、そんなことはしない!!」
「あなたは、私なのよ。確かに今はこうして面と向っているけれど、私はあなたの
心の一つ。あなたのあるべき、もう一つの姿」
「違う!!違う!!絶対違う!!」
「あなたも感じていたはず。その身に流れ込んでくる、エクスデス様の声を。エク
スデス様の力を。エクスデス様の、意志を」
「違う!!違う!!」
「あなたとエクスデス様は一つに繋がっている。あなたはエクスデス様の御寵愛を
授けられた存在。エクスデス様に、見初められた存在。エクスデス様の下僕である存在」
「違う!違う!」
「エクスデス様のために生きる、あなた」
「違う!」
「エクスデス様のために働く、あなた」
「違う」
「エクスデス様を敬う、あなた」
「違う…」
「エクスデス様を奉る、あなた」
「ちがう…」
「エクスデス様を崇める、あなた」
「ちが…」
次第にクルルの眼が虚ろなものになっていく。

「エクスデス様のものである、あなた」
「………」
もうクルルは返事すらしない。クルルの肩を抱えたもう一人のクルルが耳元で囁いた。
「エクスデス様のものである、あなた」
「えくすですさまのものである、あなた…」
「エクスデス様を崇める、あなた」「えくすです
さまをあがめる、あなた…」
「エクスデス様を奉る、わたし」「えくすですさまをたてまつる、わたし…」

もう一人のクルルの輪郭がぼやけ、その姿が次第に失われていく。いや、クルルの
中に入っていっていると、言うべきか。

「エクスデス様を敬う、わたスデスさまをうやまう、わたし…」
「エクスデス様のためにエクスデス様のためにはたらく、わたし…」
「エクスデス様クスデス様のために生きる、わたし…」

「「エクスデス様の下僕である、私」」
いつの間にか、もう一人のクルルは消えていた。

163 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:42:50 ID:y/D8As4S
クルルの周りに纏わり付いていた竜巻が次第に収縮し、一陣の風を残して消え去っ
たとき、クルルは変わらぬ姿でそこに立っていた。
「さあ、目を覚ますがよい。クルル・マイア・バルデシオンよ」
エクスデスの声にゆっくりと目を見開くクルル。その目には、さっき相対していた
もう一人のクルルと同じ、深い漆黒の光が宿っていた。
「クルル・マイア・バルデシオンよ、お前は一体なんだ」
「私は…」

「私、クルル・マイア・バルデシオンは偉大なるエクスデス様の忠実な下僕。永遠
の忠誠を誓う存在…」
クルルの小さな口元から、エクスデスに対して従属を誓う言葉が発せられ、その場
に恭しく跪いた。
「ファファファ…。そうだ。それでよいのだ」
その様をエクスデスは満足そうに眺めていた。
「ガラフの奴め、我が手に堕ちた孫の姿を見て、あの世でどう思っているのかのう
一度、聞いて見たいものよ。
お前はどうなのだ?祖父を手にかけた私をどう思っているのだ?」
「所詮おじいちゃんはエクスデス様の意志を理解できなかった存在。むしろ死んで
よかったのです。頑固なおじいちゃんを殺してくれたエクスデス様には感謝の念が
絶えません」
あれほど好いていた祖父に対し、クルルはこれ以上ない蔑んだ表情と共に言葉を繰
り出す。そこには祖父に対する情や念は欠片も存在していなかった。

「我が下僕クルルよ、お前に後の三人を陥れるため、新たな力を授ける。我が分身
が刺さった指をかざすがよい」
言われるままにクルルは、エクスデスの前に右手をかざした。
すると、奥深く刺さっていたとげが抜け落ち、空中で静止したとげは見る見るうち
にその体積を増していく。
チリのような大きさだったとげがゴマのようになり、豆のようになり、胡桃のよう
な大きさになっていく。
やがて膨張を止め、クルルの掌に収まったそれは、紡錘型のの形をした真っ黒い植
物の種だった。
「それは我が分身の中に私の暗黒魔力を込めた種。それを体の中に入れることでお
前は完全な私の下僕として転生を果たす。さあ、それを飲むがよい」
「はい」
ためらうことなくクルルは手元にある不気味な種を嚥下する。喉の奥を通過した種
は発芽というプロセスを得ずに、その形を崩壊させ暗黒物質をクルルの胎内に拡散
させる。
肉壁に張り付いたそれは細胞一つ一つに滲入し、組成を変質させ奥へ奥へと潜り込
んでいく。変質させられた細胞も同様に、周りの細胞に襲い掛かり同化を促してい
く。
瞬きもせぬ刻で種の粗はクルルの全身に行き渡り、その体を人間の殻から脱皮させ
ていった。


164 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:43:47 ID:y/D8As4S
種を飲み込んだ瞬間、クルルが纏っている雰囲気が激変した。人では決して纏うこ
との出来ない闇の気配。あの暗黒魔道師エクスデスが纏う気配と同質のものを、ク
ルルは得ていた。
「我が下僕クルルよ。お前に与えた力、見せてみるがいい」
「はい。わかりました」
刹那、クルルの衣服がはじけ飛びその裸体が現れる。すると、その玉のような皮膚
の下から何かが浮き出てきた。
「うあああ…」
次第に形を整えていくそれは、さながら植物の蔓と幹。胸を、腰を、腕を覆ったそ
の姿は、遠めに見れば水着かなにかを着込んでいるようにも見える。
そして最後に、両手の爪が漆黒に染まって長く伸び、上犬歯も同じように黒く長く
生えてきた。爪や牙からは黒い液体がじわりと溢れ、滴となって零れ落ちた。
「………ふうぅ………。凄い…この体、ゾクゾクしてくる…
エクスデス様、このような体を私に賜り、ありがとうございます…」
クルルは自分に新しい体を与えたエクスデスに、至福の笑みを以って応えた。
「クルルよ、おまえの爪と牙は私が与えた分身そのもの。それを他の三人に打ち込
みお前と同じ存在にするのだ。それがお前に与えられた、新たな存在価値だ」
「わかりました。必ずや、ご期待に応えてみせます…」
口元に酷薄な笑みを浮かべて、クルルは深々と頭を垂れた。


それまで寝ていたクルルの眼が、突如カッと見開いた。
「なんだクルル、まだ寝ていていいんだぞ。体の具合が悪いんだろ」
口は悪いが優しくファリスが語りかけてくる。その顔を、クルルは無表情にじっと
眺めていた。
「………クルル?」
「ねえ…、ファリス。バッツとレナは?」
「二人か?二人ともクルルを休ませられる場所がないか探しに行っているよ。すぐ
戻ってくるから心配するな」
「そう…。そうなの…」
心なしか、クルルがニヤリと口をゆがめたような気がした。
「ファリス…」
「どうした?」
「私、ちょっとファリスに話したいことがあるの…」
「なんだよ。言ってみろよ」
「ちょっと大声では話しにくくって…。耳、貸してくれる?」
急に話したいことがあるなんて…。ちょっと変に思いつつもファリスはクルルの方
に顔を傾けた。
「これでいいか?で、なんだよ」
ファリスの首に腕を絡ませ、口元をファリスの耳に寄せてくる。吐息が首にかかっ
てきて少しむず痒い。
「あのね…」
艶のある呟きと共に、クルルの表情が一変した。瞳には深い深い暗黒の光が宿り、
顔をニタリと嫌らしく歪ませ、くぱぁと開いた小さな口から、犬歯がギリギリと伸
びてくる。
完全に伸び切ったそれは色を漆黒に変化させ闇色の液体を滴らせつつ、ファリスの
喉笛をめがけ…





「あぐぅっ!!」



165 名前:宿り木 :2007/03/01(木) 00:46:56 ID:y/D8As4S
暫くして、バッツとレナが走りながら戻ってきた。
「ファリス!ようやっと安全なところを見つけ………、あれ?」
二人が戻ってきたとき、クルルはけろりとした顔でファリスとともに立っていた。
「クルル……、立てるの?」
「うん。もうすっかりよくなっちゃった。ごめんね、二人とも心配かけちゃって」
「お前達が探しにいってからちょっとしたら『もう大丈夫』ってたちあがってさ。
まったく、人騒がせにもほどがあるぜ」
ファリスは茶化すかような言葉づかいで、クルルの頭を軽く小突いた。
「こらファリス、クルルが大丈夫だったんだからいいじゃないか」
「本当に大丈夫なのね。無理はしてないわよね?」
「もうぜんぜん平気!ほらこんなに!」
その場でぴょんぴょん跳ねるクルルに、バッツもレナも苦笑するしかなかった。
「じゃあ先を急ごう。こうしている間にも、エクスデスは『無』の力を手に入れる
かもしれないんだ」
「そうね。姉さん、クルル、行きましょう」
今戻ってきた通路の方に振り向くバッツとレナ。その姿を見てクルルとファリスは
ニヤリと嫌らしく顔を歪めた。その口元には、不自然に長い黒い犬歯がチラリと顔
を覗かせ、両手の爪は鋭利な刃物のように鋭く尖っている。
「そうそう。バッツ、レナ、行く前にちょっと話しておきたい事があるんだ…」

                                終

以上です。投下したSSの中では初めて連鎖を描いてみました。直接描写はして
いませんが、個人的にはこのほうが妄想が膨らんでいいと思うのですがどうですかね。


166 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 00:52:16 ID:cRwpEgHi
GJ! 乙彼さまです!!
直接描写も良いですが、こういう「妄想補完型」も中々に乙なものですね。

167 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 01:05:12 ID:SosY/wFm
これはいい…。
美味しく頂きました。

168 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 02:37:13 ID:ohXiGtbK
一気に来たね

169 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 02:42:39 ID:O8kdRvxh
ヤバス・・・今FF5Aをやってるだけに、オッキしまくったww

170 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 03:48:19 ID:xRCX4NgA
>>147

>そしてエヴァの額にスタクリが入って悪落ち変身。

スク水シューティングこと「トリガーハート エグゼリカ」のフェインティアも、額にヴァーミス(敵)のコアがついてて悪堕ちしてるな。
DC版で追加されたストーリーモードで、あるルートを取るとコアが取れて正気に戻る。

ハイテンション→正気に戻るとクール、という、なんとなく新鮮な逆パターン。
(って、そんな単純な話じゃないんだけどネタバレになるのでここまで)

171 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 03:50:08 ID:Jz40GY/T
フェイ正気にもどるのかよ!
なんてこった……。

172 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 04:18:05 ID:xRCX4NgA
クルエルティアでノーコンティニューの場合のみだけどな。

あと、単純に「正気」といっていいかもちと微妙。

(以下ネタバレ)







本物=ハイテンション。
偽物(コピー)=ヴァーミスコアがついている時はハイテンション、コアが取れて正気に戻るとクール。

173 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 04:46:43 ID:bkheLRjP
夜が明けたらDC版買ってこよう

174 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 11:33:31 ID:MB5Hmep1
茶濁しなんだが、魔装機神のテュッティって洗脳だっけ?

175 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 12:00:07 ID:gBnXCVvO
一応そうなのかね
ttp://www2.odn.ne.jp/robomyu/masou%201st%2038.htm

176 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 16:33:23 ID:urNBHiNP
エヴァうpされてた
http://www.youtube.com/watch?v=NINKo_JK8Nc

声がエヴァ+マーニャでツボに来る

177 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 20:21:33 ID:adtvGTDX
>>158
これは素晴らしくGJですね!
思わず抜きかけた。

誰か絵師さま描いてくれんかな…。

178 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 21:33:28 ID:y/D8As4S
>>174
単なる催眠術。かけ手のルビッカは一見神経質でインテリ顔の優男だが、
実はテュッティの家族を惨殺した殺人鬼で催眠術が得意技というキ○ガイ。
劇中ではもう一人(エリス)催眠術の毒牙にかけている。

俺は大好きだけれどね。ルビッカ。あの狂いっぷりが。

179 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 22:10:13 ID:BN1oWqjt
ラミュロス発売するなら教えてくれよ…

スルーするとこだった



180 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 22:13:34 ID:YKSeSPxO
一般的な洗脳って、精神支配だよね。
だから「はっ!私は今まで・・・」みたくさ洗脳が解けたとかもうね。
そんなパッと戻る訳無いよ、元のヒロインへと洗脳し直す位でもないとガッカリ。
頭を洗ってカラッポにし、価値観やつじつまを合わす記憶を植え付けるのに
元の価値観やらは消えてる状態で解けたら、ヒロインがアンドゥ出来るのは
頭カラッポ状態までだから、廃人状態が正しいと思うの。

181 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 22:37:07 ID:aDwMSkAP
特撮で、ヒロインがあと一歩で洗脳装置にかけられそうなところを
間一髪助けに来るヒロインには前々から死んで欲しいと思っていた。

182 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 22:42:57 ID:urNBHiNP
洗脳とかすぐに操られるんじゃなくて操られる描写が欲しいよね
その後の態度の凶変なんかビクビクくる

183 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 23:00:26 ID:A3lFxm+n
ビクビクしちゃった、、

184 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 23:27:52 ID:GKfSB4IS
ビクビクッ……くやしい!

>>180
このスレ対象の『洗脳』自体、そもそも結構ご都合主義ではあるけどなー。リアル洗脳は怖いズラ。
『洗脳』の設定にもよるが、洗脳前の記憶は消去したのではなく封じ込めているだけとかなら、
洗脳が解けた後に正気に戻るのも充分有りではないだろうか、なぁ、ブラザー!

うん、何でこんな躍起になって反論してるかというと、
「洗脳されていた頃に犯した罪について煩悶するヒロイン」とか
「一度洗脳されていた部分を利用されて、再洗脳されるヒロイン」とかに、俺が萌えるからだが。

185 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 23:31:29 ID:Ld1arzhC
ぶっちゃけ洗脳だの悪の奴隷だのまでいかずとも
「酒を飲むと性格豹変」
「清楚キャラだが実は腹黒」
程度でも十分イけるボーダーラインの低い俺
あ、あと多重人格も

186 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 23:33:22 ID:M4rpugA2
>>185
つまりおまいさんはギャップ萌えの方が近いんじゃないか?
まあ多重人格は俺も好物ですけどね

187 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 23:35:14 ID:MqsznlYd
多重人格だとXの丁とかがいい

188 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/01(木) 23:40:24 ID:Ld1arzhC
>>186
たぶんそうだろうとは思ってる

物語前半主人公嫌悪型ツン→後半主人公に惚れデレ
のタイプのツンデレとかも好きだ

189 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 00:06:06 ID:CC0LgWuL
>>188
ゼロの使い魔のルイズがデレデレになる回なんか最高なんじゃね?

190 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 00:12:14 ID:6tfD6l9f
ボーダーラインの低さなら負けねぇ

ドラクエ3の僧侶、賢者を遊び人に転職させるだけでイける

191 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 00:27:16 ID:oeND11fu
>>190
いや、おまいはまったくもって正しい

>>158
送ればせながらGJ
超使わせてもらいました

192 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 00:42:44 ID:KJbqVtmf
>>181
それよりも、仲間の説得やちょっとした思い出の小物ごときで
洗脳が解けてしまうシーンを見るたび。
こんなぬるい洗脳しか出来ん 
ヘタレしか飼えない悪の組織なんざ 消えてしまえと思った。

193 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 01:21:04 ID:HBgrj58p
eraslaveという同人ゲームが悪堕ちSLGだそうなのでDL購入したのだが
激ムズで挫折した…プリマヴェールVでも引っ張り出してリハビリしようっと

194 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 01:21:57 ID:lInxPDwt
思い出の小物はうぜえな
あんな物投げ捨てて踏み潰すくらい深く洗脳すれば良いのに

195 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 01:48:55 ID:4AGKXz3Y
洗脳解けたふりして不意打ちのロールが最強
解き方分かってあっさり解けて噴いたけど

196 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 02:00:42 ID:qbGbuRg0
SRWOGは次回帝国監察軍の兵器なクスハたんクル━━━━(゚∀゚)━━━━?

197 名前:モデルΣ :2007/03/02(金) 02:59:01 ID:vl3xCx1y
悪堕ちエールSS書いてみました。非エロな上、拙い文章ですが、よろしければどうぞ。

それは、一見何の変哲もないライブメタルだった。
あるイレギュラーを撃退した時にそいつが大事そうに保護していたもの。
ボスでもないイレギュラーが何故ライブメタルを保持していたのかはわからないけど
相手から奪え返せたんだからよしとしよう。
「我はライブメタル・モデルΣ・・・汝が我が力を欲するものか。」
「ええ、私はエールよ、これらヨロシクね!それじゃ早速だけど貴方の力、試させてね」
その時、モデルΣから暗い光がこぼれたような気がした。なんだろう?なにか不安。
「どうした、何を呆けている。」
「あ、ゴメンゴメン。それじゃあ、いくね!ロックオン!」
モデルXとモデルΣを掲げて私は叫ぶ。
異変が起こったのは、その時だった。
「え、え、なに?」
私の姿に変化はおきず、替わりにモデルシグマから色とりどりのコードがあふれ出る。
そのコードは私の腕、足、身体に絡みつき、私から自由を奪うとともにモデルXにも突き刺さる。
「X!?」
「しまった!エール、コイツはライブメタルではない!こいつは・・・!」
モデルXが言い終わるより先に、モデルXから輝きが消えていく。
「くっくっく・・・。簡単なものだな・・・」
「なんなのよ貴方!」
必死にもがくがコードががっちりと身体に食い込み、身動きが取れない。それどころか、益々私の身体を締め付けていく。
「我はΣ!レプリロイドに、この世界に変革と安らぎを齎す者なり!」
私の首筋にあるソケットがプラグによって器用にあけられる。何をするつもり?恐怖と不安で身体が震えだす。
「貴様はライブメタルに選ばれし者!貴様のその力、世界の変革の為に使うがよい!」
「な、なにを・・・あはぁっ!!」
首筋にΣから伸びたプラグが突き刺さった。同時に世界がぐらぐら揺れる。ウィルスを流し込まれてる!?
このままじゃ、私までイレギュラーになってしまう。嫌だ!そんなの絶対に嫌だ!
「X!目を覚ましてX!お願い、私に力を貸して!!」
必死にもがき、あがきながら叫ぶ。こんなところで諦めたくない!
しかし無常にもモデルXからの反応は無い。握り締めた手から力が抜けてくる。
これを手放したら全てが終わってしまう―そんな強迫観念に駆られながら私はなおも声をあげる。
「お願い!まだこんなところじゃ終われないの!貴方もまだやらなきゃいけないことがあるんでしょう!?」
少しだけモデルXが熱を帯びた。私の呼び声に答えるようにモデルXからわずかな力の流れを感じる。よし、まだいける!
「・・・クックック、ハッハッハ、ハァーッハッハッハ!!」
その時だった。モデルXからΣと同じ笑い声が聞こえたのは。

198 名前:モデルΣ :2007/03/02(金) 03:03:40 ID:vl3xCx1y
え?なんで?なにがおこったの?
あまりの予想外の事態に私の思考が一瞬停止する。
「貴様がXと呼んでいたライブメタルは」
「もうこの世には存在しない」
モデルXとΣから同じ声が響いてくる。
「憎きXはこの世から消滅した」
「我を阻むものはもはやこの世には存在せぬ」
モデルXから放たれる輝きは、Σのそれと一緒。
「さあ、エールよ、資格者よ」
「我にその身体を、力を捧げよ」
モデルXからもコードがあふれ出て、私の下腹部にあるソケットに突き刺さる。
頭の中に直接Σの声が響く。
「永遠の安息と平和を―」
「全てのレプリロイドに捧げよう―」
「っああああああああああああああああああ!?」
背中にびりびりと衝撃が走る。何、この感覚は?
「それが安息」
「それが平和」
冗談じゃない!こんな、こんな感覚のどこが平和、安息よ!
負けてたまるか。それだけを強く思い、私は目の前のΣをキッと睨みつける。
「おや、まだそんな反抗的な目をするか」
「面白い、そうでなくては手駒にする意味も無い」
「「どこまで、耐えられるか」」
二つのΣの声が重なったかと思うと、さっき以上の衝撃が私の身体を駆け抜けた!
思い切り叫びたかったが、あまりの衝撃に私の喉はひゅうひゅうとかすれた息を吐くだけ。
びく、びく、と腕が、足が痙攣を起こす。あけたままの口からよだれがこぼれ、目には涙がにじむ。
頭にはぼうっともやがかかりだし、ろくに思考が働かない。
こんなものを何回も喰らったら、私はどうなってしまうんだろう?
弱気な考えが頭をよぎりだす。駄目よ、このままじゃ終われない。
がり。歯を食いしばって帰るべき場所、守るべき人たちのことを思い出す。
「ふむ、それでは貴様を我が眷属とした後には」
「其の者たちも我が配下とすることにしよう」
「な、なにを!」
こちらの考えが読まれている―駄目、あの人たちのことを思い出したら!
「クックック、一人で頑張るつもりか」
「どこまで耐えられるかな?」
「お、お生憎様ね・・・。これでも結構な修羅場、くぐってるんだから!これくらいの苦痛、たいしたこと無いわ!」
「ふむ、あれを苦痛と呼ぶか」
「責め方を間違えたか、それでは」
再び衝撃が来る!私は思わず目をつぶり、これから自分を襲うであろう苦痛に備えた。けど。
「あ、あれ?」
私を襲ったのは今までの衝撃ではなかった。じんわりと暖かく、もどかしいしびれ。
うなじからおしりまで、むずがゆいような感覚が私の中を駆け巡る。
「ふああああ!?なに、なにこれ!?や、いやあああ!」
「ふむ。やはりそちらの感覚が未発達であったか」
「これは失礼な事をしたな」
ずきん、ずきん―私の控えめな胸の先端に甘い痺れが立ち上ってくる。
しゅる、しゅると服の上からコードに先端をなぞられるたび、頭の中がふわふわしてくる。
これは、この感覚は一体なんなんだろう?
「「それこそが、我が与える安らぎ也」」
うあ―?Σの声もどこか遠くから聞こえてくる感じ。耳が遠くなってきている。


199 名前:モデルΣ :2007/03/02(金) 03:05:56 ID:vl3xCx1y
(あははは、このままじゃ、ほんとうに、やばいな、わたし。)
なおも甘い痺れが断続的に私の身体を責めつづける。どんどん、頭の中を漂う乳白色のもやが濃くなっていく。
ダメ。何も、考えることが、できない。
もうこのままでいいかな―そんな考えが、ちらりと頭の隅に顔をのぞかせる。
(うふふ。だめだよ、わたし。いれぎゅらーになっちゃうよ。あははは。でも、なんか、しあわせ・・・)
どこまでもこの感覚を味わっていたい、この気持ちよさが続くなら、イレギュラーになっちゃっても、いいかな。
「ククク・・・。大分プロテクトも緩んできたようだ」
「それでは、そろそろ仕上げに掛かるとしよう」
モデルΣから放たれるくらい、つめたい光が一層その輝きを増す。
それと同時に、私のおなかの奥に、今までの比じゃない、とても強い快感が走った。
その快感は私の体中を稲妻のように駆け抜け、一瞬で私の思考を、感覚を焼き尽くす。
「ああああああー!?あはあ、な、なにこれっ!?うきゅぅっ、しゅ、しゅっごおい!!」
ダメ。もうダメ。こんなことされたら、もう他のことなんて何も考えることが出来ない。
私の身体をウイルスが満たしていくのがわかる。ほんの少し前だったらとてもじゃないけど受け入れることが出来なかった感覚。
私は今それを、喜んで迎え入れている。
「ううううう、いひぃッ!もう、もうらめ!わたし、わたしいれぎゅらーに、なっちゃうううううう!!」
ぴたり。その瞬間、私を満たしていたウイルスの波が引いていくのがわかった。
「ふああああ、なんれ、なんでえ?なんれやめちゃうのお!」
私の頭は、もうそれをむさぼることを考えることしか出来なくなっていた。
もどかしい。ウイルスの攻撃が中断された体が熱を持って、疼いている。
あそこまでして、なんでやめちゃうんだろう?
「貴様が真の安息を手に入れるには」
「自ら望んでそれを受け入れねばならぬ」
なにをいってるんだろう?もう私はあれが欲しくて欲しくてたまらなくなっているのに。
「うけいれるからあ!お願い、早く、早くしてえ!!あたま、おかしく、なっちゃうよお!」
こうしている間にも、私の体の中に生まれた、どろどろした熱が、どんどん大きくなってきているのがわかる。
このままじゃ、本当に気が狂いそう。
「ならば、唱えよ!真の安息と平和と!」
「新たなる身体と力を望むなら!」
「「ロック・オン!!」」
「ろ、ろっく、おんんん!」
私が叫ぶと同時に、再びウイルスが私の中を満たしていく。
(ああ、これがあんそく。これが、へいわ。)
それは、私が今までに覚えたどんな感覚、感情よりも甘く、あたたかく、素晴らしく、そして、心地よかった。
「わ、わらし、もうだめえ!かわっちゃう!いれぎゅらーに、なりゅうううううう!」
びくん!私の体が今までよりもひときわ大きい痙攣を起こす。
同時に、モデルΣとモデルXだったものがわたしの身体を侵食していく。
モデルΣが放っていたのと同じ、暗く冷たい光が、私の身体からも溢れ出る。
全てがぐるぐるまざりあって、うえもしたもわからなくなって。
(あはは。わたし、いれぎゅらーになれ、るんだ。しぐまさまとともに、うふふ、へいわをつくりだすため、にたたかえるんだ)
そこで、私の意識は途切れた―


200 名前:モデルΣ :2007/03/02(金) 03:09:19 ID:vl3xCx1y
(目覚めよ―)
(だあれ?わたしをよぶのは)
(目覚めるのだ、私の忠実な僕よ―)
(しぐま、さま―?)
ゆっくりと意識が覚醒していく。
あれ?あれからどうなったんだっけ。Σ様に、ウイルスを満たしてもらって、身体を作り変えてもらって・・・。
(目覚めたか、エールよ)
頭の中でΣ様の声が響く。
「Σ様?どちらに、いらっしゃるのですか?」
あたりをきょろきょろ見回しても、どこにもΣ様は見当たらない。
(我は貴様と一体化した。その際、貴様の脆弱なボディを少し弄くらせてもらったぞ)
改めて変わった私の身体を眺めてみる。
心なしか、体のラインが女らしくなったような?ふふふ、素敵な身体。
暗い紫色のボディーアーマーに紅いラインが入って、なんだか毒々しい感じ。
昔読んだ本に載ってた、サキュバスみたい。
セイバーもバスターも、前まで使っていたちゃっちいのじゃなくて、一撃で大型レプリロイドも消し飛ばせるぐらいに
出力が上がっているのがわかる。
「なんて素晴らしい身体・・・!ありがとうございます、Σ様!」
(さあ、最初の目的はわかっているな、エールよ)
「もちろんです。この安らぎを、まずはガーディアンの皆に・・・プレリーに味わってもらわなきゃ!」
(上出来だ。さあ、いこうかエール。この世界に真の安息と)
「平和を齎す為に・・・!」
うふふ、まっててね、プレリー!

以上です、少しでも楽しんでいただけたら幸いです


201 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 04:34:49 ID:Lz2wvJ5i
>>200
乙!!

202 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 05:00:06 ID:O4liZgTg
>>197
GJ!
ロックマンやったことないけど
公式サイトの設定と併せ読んで
超おいしくいただきました!

DSほしいなあ…


203 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 07:53:01 ID:18zQGyM7
Σでてきたw

そういえばエールが頭の回路いじくられて悶えてる絵を
前にどっかで見っけて洗脳っぽいので萌えたの思い出した。

204 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 10:52:51 ID:e4ReXqmI
でもΣウイルスだとなんとなくイメージ的にモデルZには効かなそうだったりw

205 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 11:10:09 ID:2hNmfSRm
逆に取り込んで無敵に…か?
でもそれだとその先には覚醒が待ってるんじゃね?
まあ覚醒は悪落ちとは言い切れないけど

206 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 11:53:14 ID:S7phl4AD
レトロゲーかもだが
竜機伝承のアルファの扱いは?

207 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 12:51:23 ID:IB0bMAMY
>>190
その発想はなかったわ
試してくる

208 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/02(金) 22:14:30 ID:pnF75yze
スパイダーライダーズ復活オメ

209 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 01:39:02 ID:g4sp7cdv
kwsk

210 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 02:22:08 ID:3I8nuh/n
ttp://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d205356.jpg

211 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 02:28:38 ID:UjBPXJsH
スパイダーライダーズ 〜よみがえる太陽〜
というタイトルで、4/14土用17:00からキッズステーションではじまる


212 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 04:57:19 ID:1BQHsk7O
マチルダたんにハァハァ

213 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 08:02:13 ID:iFSK2oQn
ティーンエイジミュータントニンジャw

214 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 12:48:02 ID:ghquFfvw
プリンセスクラウンのエリエル悪堕ちSSを読みたい

215 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 16:11:36 ID:UOaHzNMK
俺むしろグラドリエル

216 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 16:51:36 ID:fyeEysK4
瀬戸
光涙
なのは
聖傷

ぐらいかな知っているのは。

光涙で母親の堕描写があれば完璧
聖傷でも確かそんなのがあったかな。

つーか、漫画アニメラノベゲームは簡単に実写映画になるのはちょっと引く
蟲師と龍如も実写になるし。

217 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 18:09:37 ID:g4sp7cdv
鬼太郎がショタ補正入ってて噴いた
あと鋼鉄ジークなんだこりゃ・・・今回の新規は違う意味で期待できそうだな

218 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 19:29:56 ID:GR/7miyo
鬼太郎の猫娘、今回妙に胸があって腰がくびれてねーか?

219 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/03(土) 19:30:52 ID:LnsEszXx
FF6のゾンビ関連のネタについて追記
どうやらリボン装備状態だと、戦闘中に聖水使ってもゾンビ状態は治らないらしい
リボン装備状態のキャラをゾンビ化させられるのは女神のクラウディへブンだけとのこと…
(リボンでは死の宣告は防ぐことができないため)
だからどうしたって感じかもしれないけど、SS読んで調べたら見かけて…


220 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 01:42:36 ID:+8X9OBWq
>>190のナイスカミングアウトに心打たれ、駄文を少々。
非エロですが、ご笑読頂ければ幸いです。

『転職』



  私の名前は、エルザ。旅の僧侶をしています。
  ……いえ、もう元僧侶ですね。
  今日、私はダーマの神殿で遊び人に転職します。



  ジパングでヤマタノオロチを倒した夜、私達のパーティーのリーダーである勇者様は、私だけを宿屋に呼びました。
  神に仕える身ですが、何も期待していなかった、と言えば嘘になります。
  私より年下で、アリアハンを旅立った時には身長も私より低かった勇者様でしたが、最近は筋肉も付き、いつの間にか
 背丈も伸びて、私より少しだけ大きくなっていました。
  永い旅の間に、二人の間には信頼感が芽生え…… キャッ♪
  コホン。
  私は何を言っているんでしょうか。
  ともかく、勇者様の話の内容は、私の期待していたというか、期待していなかったというか、つまり想像していた内容
 とは違うものでした。
  
 「君に、賢者になってもらいたいんだ」

  勇者様は、私にそう言いました。
  その時、私達のパーティーには、勇者様、僧侶の私、元魔法使いで賢者のアリア、武闘家のミャオがいました。
  バランスの取れた良いパーティーでしたが、勇者様は、ヤマタノオロチに苦戦しているようでは、世界を狙う魔王バラ
 モスとの決戦は危ういと考えたようでした。

  私は、了承しました。
  こんなことを言うとアリアハンの両親に怒られそうですが、私が僧侶を志したのは、神様に全てを捧げる為というより
 も、好きな学問を続けていたいと思ったからなのです。賢者ともなれば、もし無事に冒険を終えることが出来れば何処か
 の国の宮廷に雇って頂き、様々な研究をする道も開けます。
  正直な所、悟りの書を使ってアリアが賢者になったのを、嫉ましく思うことも無かったわけではありませんでした。
  でもそこで、私は不思議に思いました。
 「勇者様、悟りの書はどうするんですか?」
  勇者様は、苦笑いをしました。そして、
 「理知的な君なら、きっと大丈夫だよ」
  と言ったのです。


  転職は思ったよりすぐに済みました。
  偉そうなオジサンがムニャムニャって呪文を唱えて、後は着替えてお仕舞い。
  ルイーダの酒場で遊び人のビビアン姐さんの格好を見てた時は、
 「自分があんな格好したら、恥ずかしくて死んじゃう」
  って思ってたんだけど、意外にそんなことはない。
  ダーマの辺は寒いから少し堪えるけど、その内に慣れるでしょ。




221 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 01:43:25 ID:+8X9OBWq
 <二日目>

  転職して困ったのは戦闘中にすることがないってことです。
  いや、してもいいんだけど、でも、それじゃ僧侶と変わらないんじゃない?
  賢者になる為には、「真面目に」遊び人をしないと。


 <七日目>

  最近、生きることが楽しい。
  前まで、色んなことを堅苦しく考えていた自分が馬鹿みたいに感じる。
  今日は勇者さまの剣を銅の剣にすり替えておいた。
  戦闘前に気が付かれちゃって、とっても怒られた。
  私は真面目に遊び人をしているだけなのになぁ。
  明日も何かたのしいことをして生きようっと!


 <十二日目>

  許せない。許せない。許せない。許せない……
  昨日の晩、偶然見てしまった。
  私が夜の燕狩りから帰って来たら、勇者クンの部屋からアリアが出て来たのだ。
  それで、ぜーんぶ分かった。
  アリアは、私が悟りの書を欲しがっているのを知ってて、わざと使ったんだ。
  勇者クンを誑し込んでまでそんなことするなんて最低だ!
  許せない!


 <十五日目>

  今日は、アリアの靴に画鋲を入れた。
  思ったより傷が深かったみたいで、今日の冒険は中止になった。
  ホイミで治せばいいのに。
  勇者クンは、
 「雨も強いし、休養も兼ねて」
  なんて言ってるけど。
  なんて言ってるけど!!


 <十六日目>

  今日も雨。
  暇だ。


 <十七日目>

  今日も、雨は止まない。
  退屈になったから、仲良くなった夜の燕と飲みにいく。
  そこで、面白いことを思いついた。
  酔った勢いもあって、燕クンに打ち明けると、彼もノリノリだった。  



222 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 01:43:56 ID:+8X9OBWq
 <十八日目>

  晴れ。
  でも、冒険は中止。
  何でって?
  そ・れ・は……
  アリアちゃんが行方不明だからで〜っす♪
  ほ〜んと、どぉ〜こに行っちゃったんでしょうねぇ?
  まぁ、悟りの書欲しさに勇者クンに股開くような女だから、どっかでヨロシク
 やってるんじゃない?


 <十九日目>

  ミャオが私に疑いの目を向けている気がする。
  ……気をつけないと。
  ちなみに、淫乱アリアちゃんは今も見つかっていませ〜ん♪


 <二十日目>

  アリアちゃんが見つかりました〜。
  何でも、草むらで独り者の男の人たちの相手をずぅ〜っとして上げてたんだって。
  女の鏡ねぇ〜
  まぁ、アリアちゃんの「女の子」はもう手鏡くらいな入っちゃうくらいになって
 るんじゃないかなぁ。


 <二十一日目>

  まずい。
  ミャオに気付かれた。
  今日、報酬を燕クンに渡しているのを、見られた。

  ……手を、打たないと。


 <二十二日目>

  そして、ミャオもいなくなった。

223 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 01:44:27 ID:+8X9OBWq
 <五十五日目>

  私の名前は、エルザ。遊び人をしてま〜す。
  ……あ、もう元遊び人かな?
  今は私、アリアハンの牢獄に繋がれてます。
  でも、普通の囚人さんとはちょっと違うんだ♪
  だって、私は囚人さんなんじゃなくて、囚人さんの相手をする為にここにいるの。
  ここに連れて来られる前に、ダーマの神殿って言うところで、「遊び人」から、
 「せいどれい」っていう職業に転職したの。
  ゆうしゃさまがそうしなさいって。
  だから、私は、ここにいます。
  いまも、これからも。

  ……真面目に、「性奴隷」として……

224 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 02:58:30 ID:1w/ySSsl
おおー
GJですー
結構萌えたww

225 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 03:30:39 ID:x4enn5Nn
笑えるけど結構こわいなwGJ!!

226 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 04:32:31 ID:2aa9+ttC
バイオハザードの研究員の日記思い出した

ところで双葉で洗脳っぽいテキストと画像拾ったんで転載してみる
エール
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi77782.rar.html

227 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 04:40:17 ID:CZdctJ08
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi77784.jpg.html

228 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 04:50:45 ID:ZsZVZPw/
まあ待て。とりあえず落ち着こうぜルルーシュw

229 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 09:08:47 ID:cKKfGHq7
強姦だ!

230 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 10:52:17 ID:pyHTzJLs
ゴーカンダー!

231 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 10:55:13 ID:lpK6+2/W
>>206
あれは声と外見が変わっちゃうからな
声が國府田マリ子だったらな

232 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 11:02:18 ID:R5goyxOz
>>231
一瞬、どういうわけか田ボの事かと思った。

233 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 15:58:22 ID:x4enn5Nn
洗脳とかじゃないけどさっきハロモニでモー娘。の二人の子が
催眠術かけられて目がとろーんになっててめっちゃ興奮した

234 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 16:09:54 ID:ftRWL6kW
>>226
どこからの甜菜よ、これまさにここに投下されたSSの続きじゃないか。
ってか、これ何でここに投下しなかったのやら。

235 名前:モデルΣ :2007/03/04(日) 17:10:53 ID:ZaUS4Efa
>>234
もともと別の場所で書き始めたものですんで・・・
投下したばっかりでまた投下するのも住人の皆さんに迷惑かな、と

236 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 17:36:44 ID:2TzIE+Tr
>>235
いんにゃ特に迷惑じゃないよ。続き頑張って

237 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 22:43:49 ID:YonP1aUP
基本的にここの人は優しくなるよう洗脳されてるからな

238 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/04(日) 22:57:20 ID:WykjdKnA
ただデレツンもいますが…

239 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 14:22:42 ID:v8boBbF1
デレツン?こゆこと?


誰にでも分け隔て無く慈愛を向ける聖女様だが、それは生まれた時からの運命として
聖女様を演じて居るだけだったのだ・・・

悪を名乗る男は言う「悪い事がしたくないか?俺の前なら、飾る事は無いんだぞ?」と。
聖女として崇められ、恋愛や友達も出来無い自分。
常に見られ、聖女を演じなければイケナイ苦悩。

「あんな愚民に優しくして、オマエはどうだ?勝手にイメージを押し付けられ
『あれは駄目、これはしてはイケません』・・・違うだろう?」



・・・堕ちた聖女。
慈愛は侮蔑へ、高潔は背徳へ、癒しの御業は破壊の爪痕へ
全ては反転する。

240 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 14:57:53 ID:mSH58AL1
そこまで状況を特殊にしなくても、外面はいいけど実は内弁慶な女の子と、その幼馴染の男の子のカップルとかでいいんじゃない?

241 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 15:00:07 ID:mSH58AL1
失敬、スレ趣旨と絡めていたのね

242 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 18:31:23 ID:bXuPhBkm
デレデレ→ツンツン

「誰だ貴様、気安く私の名を呼ぶな!」

つまり…

243 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 20:11:35 ID:AxsWQfhw
>>242
フロントミッション5のリンだな。
まったく悪堕ちではないしこのスレ的ではないが
昔は大人しかったのにS型デバイスで性格変わったと本編で言っていたな

だったらグレンのほうが良いか。

244 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 20:17:23 ID:maRPe6B8
主人公の恋人だったのに敵のライバルにさらわれてようやく再会したと思ったら敵のライバルの機体に同乗する仲になってた1とかなw

245 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 20:19:46 ID:E8dj8Xil
>>244
なんとなくスクエアの某ヒロインを思い出すな…

246 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 20:21:06 ID:fzzEMnx9
>>244
ライバルの機体に同乗する仲っていっても、脳だけだけどな・・・

247 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 20:50:33 ID:AxsWQfhw
>>244
それも購入できる同パーツよりも性能が劣r(ry

それを今日予約してきてついでにルミナスアークってDSソフト購入してきた。
フレーズに引かれた+DSソフト少ないからが理由。
購入した奴、悪堕ちあったら有りか無しか言ってくれ。

248 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 21:20:54 ID:bt0ZaXvG
>悪堕ちあったら有りか無しか言ってくれ

あったら、「有り」とか「無し」とか、テキトーに言っとけばいいんだろうけど、
なかったら、なんて答えたらいいんだろう?

知らないけどな。

249 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 21:25:08 ID:wifZuRDl
>>247
ないよ
脳内保管で頑張れ。

250 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 22:03:10 ID:ewxZWVjf
>>245
ああ、バハムート ラグーンの(ry

251 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 22:29:05 ID:+MVcNT1B
むしろ>>244の文だけだとカテジナさん思い出す

252 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 23:14:38 ID:58YOO9gI
>>242
悪堕ち後のヒロインを元仲間側の視点から見るとデレツン
これは悪堕ちの時代が来るね

253 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/05(月) 23:28:46 ID:28XatJdz
NHKの「ハゲタカ」の主人公も悪堕ちでデレツン。

254 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 01:08:01 ID:MQeQvb8V
>>247
DS持ってるのか。裏山鹿。
いつになったら漏れも手に入れられるんだよ・・・。

255 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 03:59:48 ID:MjJRuwiC
>>254
俺もー('A`)

256 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 05:15:30 ID:C4G7Vbrz
スレ違いの書き込みするけど。
DSは時を選んで買う。
毎週100万台、木〜土の週末にゲーム屋に入荷しているので、そこを狙わないと。
月〜水はどこ探してもないよ。

257 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 11:13:19 ID:/VVMd9DU
100万ってあなた・・国内だけなら20万以下ってとこよ。

258 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 12:06:05 ID:dU7EgNw2
せいぜいは千個じゃね?

ひょんな所に売ってたりするんで
つねに金もっとけ。

259 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 13:40:54 ID:AyuOG8w/
高槻なら売ってるぜ!!

260 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 16:26:43 ID:C4G7Vbrz
>>257
む、そうなのかー。
やっぱ聞きかじりの知識は信用しちゃいけないね。ごめんちゃい。
100萬以外は合ってると思うので参考にしてくださいな。

261 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 18:48:23 ID:ROpfhvLK
大阪のとある店なら、いつ行ってもおいてるぞ

262 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 20:50:09 ID:dHtGmJ19
で、ルミナスに悪堕ちあるかどうかって話だっけ

263 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 21:55:46 ID:ROpfhvLK
ないぜ

プリーストから闇属性の魔女になるやつはいたけど
ただ属性変わっただけなんよ
しょんぼり

264 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 22:03:47 ID:D/jrNOtt
263が190を敵に回した件について。

265 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 22:06:54 ID:4Qm+Bqsc
>ルミナスに悪堕ち
一瞬、シャイニールミナスが悪堕ちして水銀燈になったのかと思った。

266 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 22:15:11 ID:OO61d+06
ローゼンの水銀燈は悪落ちでいいんですか><

267 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 22:20:44 ID:VKur7XQ/
そういえばスパロボはついに明日運命の日だな。
さらわれて洗脳されるかどうか…
ここんところのクスハへの入れ込みと注目度を考えれば
このままいかないことはないと思いたいが。

268 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 22:51:14 ID:CizY57DV
んー
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi78315.jpg.html

269 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/06(火) 22:59:34 ID:LuvF8qPV
そういや据え置きのスパロボOGって4月に発売決まったの?

270 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 00:09:25 ID:dVjNgpFy
http://vegetated.o0o0.jp/pochi/src/nana30970.zip.html
クスハの話題が出たトコで。
sennou

271 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 00:10:38 ID:dVjNgpFy
ttp://vegetated.o0o0.jp/pochi/src/nana30970.zip.html
抜き忘れたごめん。

272 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 00:17:38 ID:hB2p04uk
こんな事になってくれるといいのに

273 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 00:22:34 ID:+grf2mep
2クール物でもう22話目だからどこまで進めるのかは分からないが、正直クスハに割いてる尺は無いと思う
仮にあったとしても22話のBパートか23話のAパートに一瞬で救出されるのがオチではないかと

274 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 00:51:57 ID:xeih3o6k
ふたばから甜菜
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader2/index.php?file_id=0000029637.jpg

275 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 01:14:58 ID:3la2STom
>>274
これは良すぎる

276 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 07:24:41 ID:gV8g9DEX
>>270-271
直リンイクナイ
しかももう流れてるし

277 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 08:38:06 ID:z2skaSvm
>>247
DSあるなら激闘カスタムロボも良作、本編ではヒロインが催眠を掛けら敵に操られる位なんだが…
おまけであるジオラマが非常に面白いので是非。

278 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 10:20:47 ID:xv9vC0YJ
>>276
流れてないよ?

279 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 12:58:07 ID:Lm2zrmrw
>>276
カサマツさんから探せばいいと思うよ

280 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:14:28 ID:oABugtZX
>>249
>>263
>>277
サンクス。ルミナスは攻略サイト見て魔女化は分かった。
全員魔女が仲間になると言う時点で大体分かった。
カスタムロボは売っていなかったな。流星とか鋼の季節や牧場が目に入ったんだが。
目当ての天使の記憶も売っていなかったし……



遅いけど今日、なのはA's全部見た。
はやてと闇の書の融合は見事だったと思う。
身体の仰け反りもすごいし何よりはやての絶叫ぶりがすごかった。

それ以上にフェイトの斬艦刀でニヤニヤしていた。だって疾風迅雷って叫んでいるんだもの。
そう言えばα外伝で親分洗脳されていたよな。アンセスターに。

第三期でヴィータの武器杭撃ち機にならないかな。

281 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:16:46 ID:3BAVfKIN
>>280
×はやてと闇の書の融合は見事だったと思う。
○はやてが闇の書の暴走で乗っ取られたのは見事だったと思う。

282 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:18:09 ID:3BAVfKIN
ちっくしょー途中で送信したorz

>>281に追記
アニメを全部見たけど、こういう説明だったぞ>>280

283 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:25:28 ID:oABugtZX
うぃ、もう一回見直してくる。何回見ても面白いし。

284 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:33:39 ID:/bHujlEz
ルミナスは敵の人工魔女が仲間の知り合いの少女で
製造過程で頭に感情とか操作する装置取り付けられてるみたいよ
後敵の禿親父の慰み物になってるっぽい記述もある
要妄想†

285 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:40:36 ID:UGiG+ybu
今日のネギま素晴らしいな連鎖堕ちとは…

286 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 17:55:27 ID:Mflf3ZXw
ソッコー終わったけどな。

287 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 21:42:44 ID:ogCCf9cv
明日菜だけ堕として、他は石化とは
エヴァのヘタレ〜ヽ( `Д´)ノ ウワアァァァン

でも、明日菜がコスまで変わったのは良かった
他もみんなあぁなればなぁ・・・

288 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/07(水) 22:40:04 ID:hB2p04uk
だれかそのキャプとか持ってないか。。

289 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 01:59:52 ID:tG5j9LzT
スパロボこなかったな、予告見るかぎり来週もダメそうだし

290 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 02:03:51 ID:7xCgAsEW
まぁ今週はな。
でも最終回までにくる予感がプンプンするぞ。
洗脳装置みたいなのに入ってたし
予告でもそれに指示を与えるようなイングラムが一瞬でてた。
まぁアレは違うかもしれないけど。

…何より、ただの人質という可能性を捨てきれないのが恐ろしいが。

291 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 02:49:30 ID:/W4TpWpV
http://www.youtube.com/watch?v=s5bRpMiI6kc

6:50あたり

292 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 03:09:34 ID:ndSLUbE7
>>291
GJ!!
コレはなんてナイスな展開!

でもすぐ戻っちゃうんだろーなぁ……
ともかくありがとう>>291

293 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 05:30:26 ID:aY/wi4WJ
>>291
これみてふと思ったんだが……この悪コス明日菜…画像掲示板にある悪堕ちなのはに似てないか…?

もしかして……ネギまにパクられた…ん?うわぁ!なにwおsrやm

294 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 14:12:47 ID:BcSDV7yB
これは良い明日菜じゃないか!

295 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 16:33:00 ID:4CSyDMAZ
エビルハルナみたいな感じだったな
ほとんど喋らずうなり声くらい
もう元に戻ったけどいいものを見せてもらった

296 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 17:34:40 ID:Ycja68Qm
>>291
  .∩∩ ;
   ;|ノ||`     ┬─‖
 , /○○|     | |  ‖ 
 ;, |`(_●)/ ミ   Y  ‖
  .彡|∪||、 ,     |  ‖
 /ヽ./>> :     /  ‖
 (ニ>/(/ \_/   ‖
 //\\        ‖
 し’ '| |   ;     /‖\
    ∪


297 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 18:23:55 ID:v0dq+kCw
ネギま!?は悪堕ち多いからなんか最終回に凄い事やってくれそうだぜ

298 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 20:42:46 ID:hFaRcBkb
全員か悪の世界では『悪』は居なくなるんやね、ネギくん。

299 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/08(木) 21:06:12 ID:/OuCVV69
吐き気をもよおす『邪悪』とはッ 
なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ……!! 
自分の利益だけのために利用する事だ…

300 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 00:31:27 ID:iDHdNE9I
⊂|*(o)ω(o)*|⊃

301 名前:178 :2007/03/09(金) 00:54:09 ID:+BTxHqYX
以前FF5の次に取り掛かるといっていた、テラスSSの続編いってみます。
ただ、今回は導入部だけ。オリジナルキャラ登場という代物ですが。

それは1000年前より続く深い深い闇の因縁。
魔界より現れし凶雄、魔王マステリオン。地上世界の四部族、聖龍、獣牙、飛天、鎧羅
を手玉に取って互いを争わせ、力を疲弊させたところで自らが率いる魔界の軍勢、皇魔
族による地上世界征服を目論んだ悪の権化。
だが、マステリオンは時の四部族王の『央覇封神』によりその肉体を四散させ、消滅さ
せ得なかった邪悪な魂は、至宝『聖龍石』に封印され、中央宮殿の奥深くに安置される
こととなった。
その後、それまで独立を保ってきた四部族は、聖龍王サイガを皇帝に立て『神羅連和国』
として統合し、幾年にわたって平和を維持していった。

それから1000年、部族間による血の融合も進み、かつての四部族の肉体的特長もほ
とんど消えうせてしまった時に、神羅連和国を揺るがす大事件が発生した。
神羅連和国の中心部である中央大陸に大地震が発生し、中央宮殿最深部も少なからぬ損
害をこうむってしまった。
その際、かつてマステリオンを封じた『聖龍石』がある封印の間の結界にほころびが生
じ、その間隙を縫って皇魔族の残党が『聖龍石』を奪取し魔界へと持ち込んでしまったのだ。
かつて皇魔族と死闘を演じた大魔道ライセンらが語ったマステリオンの恐ろしさに、中
央評議会と神羅連和国皇帝テラスはマステリオンの復活を阻止するため、『聖龍石』の
奪還をかつての四部族王の血をひくリュウガ、タイガ、ショウ、シズク、オウキの5人
に命じ、『聖龍石』が置かれていた跡に現れた異次元の扉より魔界へと派遣した。

「よいな皆のもの、命令じゃ。
絶対生きてわらわの元に帰ってくるのじゃぞ!」

テラスに励まされ地上世界から旅立っていく5人。その姿が扉の奥に消えていくまで、
集まった全員が声援を送り手を振っていた。
「みんな、無事に帰ってきてほしいものじゃ…」
「ご心配には及ばないでしょう。歳は幼くても彼らはあの伝説の四部族王の血をひく戦
士たち。必ずや任務を達成し、我らの元に戻ってきてくれます」
節目がちに呟くテラスに、1000年前の戦いを知る大魔道ライセンが優しく声をかける。
だがその時、もしライセンが自分よりはるかに背が低く、かつ巨大な冠によりよく視認
できないテラスの表情を目に入れていたら、戦慄と衝撃を受けていただろう。
テラスは、笑っていた。その幼い顔を邪悪に染め、口の端を釣り上げながらクスリと静かに、
誰にも悟られないように笑っていた。
何故か、風も吹いていないのに王衣の衣擦れの音がした。気がした。

302 名前:蒼と紅 :2007/03/09(金) 00:56:25 ID:+BTxHqYX
『蒼と紅』


5人の『光の戦士』が魔界へと旅立った後、神羅連和国内での地震活動、原生モンスター
などによる襲撃被害は収まるどころかますます拡大の一途をたどっていた。
特に、明らかに皇魔族と思われる異形の怪物の目撃報告も各地で起こっており、それら
の事態に対処するため聖龍、獣牙、飛天、鎧羅地域を治める各公爵は中央大陸から自治
域へ帰還して対応していたが、1000年間の安息に浸っていた民は暴力に対抗する能
力を著しく喪失しており、時折現れる皇魔族に対しては全くの無力といってもよかった。
これら皇魔族の脅威に対抗するため、テラスは中央大陸の虎の子とも言える魔道官と魔
法戦士を各地域へ救援として出すことを言い出した。
「陛下、それでは万が一中央大陸に皇魔族が来襲した場合、防ぐ手立てがなくなってしまいますぞ!」
高級官史たちが泡を食ったのも当然といえる。もし魔道官たちを大陸全土にくまなく派
遣すれば、中央大陸は文字通り丸裸となってしまうのである。
「案ずるな。四方を海に囲まれたこの大陸は侵入しようとする輩がいようとも発見はた
やすい。それに、例えここが襲撃されてもこの宮殿は簡単に落ちはせぬ。救援が駆けつ
けるまで時間を稼ぐことは出来よう」
「し、しかし…、万が一、陛下の御身に何かがあったら…」
なおも慌てふためく官史たちに対し、テラスは凛とした表情で応えかけた。
「それに…、各地の力なき民が苦しむさまを見るのは見るに耐えぬ。わらわは、自分の
身よりもまず、民の安全を考えたいと思うのじゃ」
この一言で、会議室内部に尊敬と感動の空気が渦巻いた。テラスのまず第一に民の身を
安んじる姿に出席している全員が心を打たれたのだ。

「流石は陛下だ」
「幼くして既に王者の品格を備えていなさる」
「まさに上に立つ者の鏡だ」

そのような声があちらこちらで発生している。中には涙を流すものすらいる。
言うまでもなく、満場一致で魔道官たちの各地域への派遣は決定した。拍手が鳴り止ま
ぬ中、テラスは何故か氷のような冷たい醒めた…、侮蔑の眼差しを彼らに向けていた。

303 名前:蒼と紅 :2007/03/09(金) 00:57:45 ID:+BTxHqYX
沢山の喧騒が鳴り響く中央宮殿の通路を、二人の女性兵士が歩いていた。
一人は聖龍地域出身者の特徴である群青色の直髪を腰まで伸ばし、細面の顔に切れ長の
瞳が神秘的な雰囲気を思わせ、長身でしなやかな体に聖龍地域出身の証である青い鎧を着込んでいる。
もう一人は紅いショートボブの髪で、大きくてクリクリした目と笑いを絶やさない口が
人懐っこさをかもし出し、多少発展途上とも思える体には飛天地域出身の証である赤い鎧を着込んでいる。
彼女達の名前はキキョウとカルマイン。先の会議室にもテラスの後ろに立っていたテラ
スの親衛騎士である。
聖龍地域と飛天地域の出身者らしく、魔法の扱いにも長けており中央宮殿に配属されて
いる親衛兵士でも有数の力を持つ魔法戦士である二人は『蒼鳳のキキョウ』『紅凰のカル』
と並び称され、互いの歳も近く仲も凄く良かった。
まあ、傍目には凛々しい姉になつく元気一杯な妹にしか見えないのだが。
「すごかったよねーテラス様。あれでこそ皇帝って感じがするもん。普段はあんなに小
さくてかわいいのに、いざとなったらあんなに凛々しいなんてね〜」
「カル、少しはしゃぎすぎですよ。我々は陛下の矛であり盾なのです。もう少し、節度
を持った態度を取らないと陛下にも恥をかかせることに…」
「あ〜、ダメダメ。いつもそんなにかしこばってるとボクおかしくなっちゃうよ。たま
にはこうしてはめを外さないと」
「たまに羽目を入れている、の言い間違いではないのかしら?」
「あ、それはひどい!」
歩きながら漫才を繰り広げる二人に、すれ違う人間は「やれやれ、またか」と苦笑して
いる。中央大陸でも屈指の戦士でありながら、そういうことを微塵も感じさせない普段
の行動から二人の人気は高く、王宮兵士団の中には隠れファンクラブもあるらしい。
「とにかく、多くの人材が出て行ってしまうこれからは、私達親衛兵士団が陛下をお守
りする要となるのよ。今まで以上に気を入れて、任務に励まないとね」
「もちろん!皇魔族だかなにかわからないけれど、ボクたちがいる限り、テラス様には
指一本触れさせないんだから!」
勇ましくガッツポーズを決めるカルマインをキキョウは大事な妹を見るような優しい目
つきで見ていた。

304 名前:蒼と紅 :2007/03/09(金) 00:59:27 ID:+BTxHqYX
魔道官たちが各地に散っていき、宮殿内部が急に寂しくなった翌日、キキョウとカルマ
インはテラスに呼び出され、テラスの部屋の前に来ていた。
「陛下は中にいらっしゃるのか?」
「はい。先程よりお二方が来るのをお待ちになっておられます」
門を守る二人の兵士にテラスの存在を確認した後、キキョウは目の前の大きな扉をノックした。
「テラス様、親衛騎士キキョウ、並びにカルマイン、ただいま到着いたしました」
「うむ。入るがよい」
兵士が扉を開き、二人は部屋の中へ入る。謁見の間ならともかく、テラスの個室に入れ
ることなど例え親衛騎士とはいえ滅多にあるものではない。小奇麗に片付けられた部屋
は豪華な調度品や装飾品で飾り立てられており、一見華美溢れる仕様になっている。
が、二人はその部屋の中に、一種空虚な空気を感じ取っていた。
本来テラスほどの歳なら遊びたい盛りである。まだまだ玩具や人形をその手一杯に持っ
ていたいであろう。絵本とかもあっていいはずである。
が、この部屋にはそのようなものは一切無く、年齢に不相応な本が本棚一杯に並べ立て
られている。
思えば、キキョウもカルマインもテラスの心からの笑顔というものを親衛騎士に任命さ
れてからほとんど見たことが無かった。そりゃ笑顔ならいくらでも見たことがある。し
かし、それらの殆どは儀礼的な作り笑いや、時折見せる寂しそうな笑顔だったりするのだ。
(あの小さい体で皇帝の重責を担っているのだからな。しかし、残酷なものだな…)
(こんな息が詰まりそうな部屋に一人っきりなんだもん。かわいそう…)
テラスに本当の、心からの笑顔を作ってもらいたい。テラスを守る身として、二人はよ
くそのことを考えていた。
テラスは何か調べているのか、キキョウたちに背を向け机に向っていた。
「テラス様、ボクたち二人に何の御用でしょうか?」
カルの問いかけに、テラスは背を向けたまま答えた。
「うむ。数多くの兵士達がこの中央大陸から出て行ったであろう。彼らの行く道、どう
なるかと考えていてな…」
「ご心配なさらずとも良いでしょう。彼らはいずれもその腕に覚えのある兵(つわもの)
です。必ずや陛下のご期待に答えてくれることでしょう」
「そうじゃな。『あやつら』ならわらわの想いを汲んでくれるじゃろうて」
「もちろんですよ!世界中で悪さしている連中、み〜んなやっつけてくれますって!」
「うむ。せっかく各地に分散させているのじゃ。集まる前に一つ一つ潰していかねば、な」
「皇魔族というのが徒党を組むのかはわかりませぬが…、確かに数多く攻めてこられる
と脅威となるでしょうな…」
「まあ、数多くやって来てもボクたちがいればなんてことないですけれどね」
「そうじゃろうな。だからこそ魔道官どもを中央宮殿から遠ざけたのじゃからな。おぬ
しらだけでも厄介だというのに、さらに数がいては…」

おかしい。何か話がかみ合わない。
陛下は一体、何の話をしているのだ?大陸各地に向った者たちのことを話しているので
はないのか?話の対象が変な『ずれ』を起こしているのではないか?なぜ陛下は我々に
背を向けたまま話し続けているのだ?!
「あの…テラス様?なんだか話がこんがらがっているような感じがしているんですけれど?」
「そうか?」
「陛下!こちらを向いてお話をしてください!」
「なぜじゃ?」
「今の陛下の言動、なんともいえぬ違和感がございます。こちらを向き、私達の顔を見
て、お話していただきたく思います!」
「そうか…。わらわと面と向って話がしたいと申すか…。ならば…」
テラスは椅子に肘かけに手を当て立ち上がると、ゆっくりと振り向いた。そこには…
「あれ…?」
「へ、陛下…?!」

305 名前:蒼と紅 :2007/03/09(金) 01:03:37 ID:+BTxHqYX
テラスは、笑っていた。歳相応の屈託の無い、満面の笑みを浮かべていた。
だが、その笑顔にキキョウとカルマインは怖気を感じた。
あれほど見たかったテラスの本当の笑顔。だが、それは笑顔というにはあまりにも空々
しかった。精緻な職人が丹精こめて作り上げた笑顔の仮面。本物と寸分の互いも無く、
並べても違いがわからないほどのもの。
しかし、仮面は所詮仮面。外面だけを取り繕うとも決してその内面を映し出すことは無い。
今テラスが浮かべている笑顔はまさに仮面だった。その内面に存在する恐ろしい『なにか』
を、笑顔という仮面で隠している。あまりにも鬼気迫る笑顔だった。
「どうしたのじゃ二人とも。わらわの顔になにかついておるのか?」
笑顔を浮かべたまま、半歩、一歩とテラスは二人に近づいてきた。本能的な危機感が二
人に警告を出す。が、二人は一歩も歩を進めることが出来なかった。手が、脚が、全身
がガタガタ震え、動くことすら適わなかった。
「なにをしておる。わらわと顔をあわせて話すのではなかったのか?口をつぐんだまま
では、何を言いたいのかわからぬぞ?ん?」
あくまでも笑顔を崩さず、テラスは二人に向って話し掛けた。
「あ、あの、あのあのあの…」
何か話さなければいけない。でも、何を話せばいいのか、喉の奥に粘っこいものが引っ
かかって言葉が出てこない。
「陛下、陛下は、陛下は………」
陛下に感じた違和感、あれは陛下の言動だけだと思っていた。でも違った。ここにいる
陛下、その全てが何か違う。
「おうおう、そんなに震えて…。何がそんなに恐ろしいのかのう…」
テラスは、足がすくんで動けないカルマインの前に立つと、腰に手を回してギュッとカ
ルマインを抱きすくめた。
「きゃうっ?!テ、テラス様??!!」
「ふふふ…、こうしておるとわかるぞ。鎧越しとはいえ、おぬしの鼓動が…。ドキドキ
ドキドキ…、早鐘のように鳴っておるわい。可愛い奴よ…」
「な、なにをしてるですか?テラス様、こんなの、おかしい…」
「何がおかしいものか。可愛い部下が震えておるのじゃ。不安を取り除いて上げなければ、のう…」
恐怖と戸惑いで顔を引きつらせているカルマインに、テラスは小さな両手を頬に添えて
優しげな微笑を投げかける。その光景『だけ』をみれば、微笑ましい光景と見えなくも無い。
だが、キキョウに比べればかなり小柄なカルマインでも、テラスに比べればその身長は
頭一つ分以上高い。それなのにテラスは、カルマインの頬に手を添えつつ、同じ目線の高さにいる。
細い目を恐怖で目一杯見開き、キキョウがその疑問に対する回答を指摘した。
「へ、陛下………。あ、あ、脚が、宙に、浮いて………」

306 名前:蒼と紅 :2007/03/09(金) 01:04:50 ID:+BTxHqYX
そう、テラスの脚は床を離れ、カルマインと同じ目線のところまで浮いていた。
「それがどうかしたのか?皇帝が浮いていてはいけないのか?のう、カルマインよ」
目の前のテラスはあいも変わらず仮面の笑みを浮かべ続けている。
「ぃ……ぃ………いやあああああぁぁぁぁっっ!!!!!」
溜めていた恐怖が遂に限界を突破し、カルマインは喉の奥の奥から悲鳴を迸らせた。
「離して、離して!!近寄らないで、ひいいぃぃっ!!」
「そうつれないことを申すな。どうせもうおぬしらは逃げられぬ…」
笑顔を浮かべているテラスの瞳がちらっと見開かれる。その瞳の色は…金色をしていた。
「き、貴様………、陛下ではないな、化け物!!本物の陛下を、どこに隠したのだ!!」
目の前の陛下は偽者…。キキョウはそう思うことで恐怖を押さえ込み、腰に下げていた
細剣をスラリと引き抜いた。剣は抜いたと同時に青い光を帯び始め、所々から放電を始
める。魔法戦士であるキキョウの得意技である『魔法剣』である。
「わらわが…偽者じゃと、いうのか?」
笑顔は変わらず…、しかし、その下に隠した邪悪な本性を徐々に身に纏い始めたテラス
は、カルマインを突き飛ばすとキキョウに相対した。
「当然だ!我々の皇帝陛下は、そのような邪悪な『気』を纏っていたりはしない!」
「ふふ…、主君に手を出す飼い犬には、少し躾が必要じゃの…」
テラスが両手を広げると、その掌に黒い光が集まってきた。最初は霞のような黒だった
が、次第に濃さを増していき、最後には完璧な『黒』が顕現していた。
しばしの静寂の後、キキョウは裂帛の気合と共に剣を振り上げた。
「食らうがいい!必殺、『面漸沈逸(めんぜんちんいつ)』!!」
振り下ろした剣から溢れた稲妻が、四方八方に飛び散りテラスに襲い掛かった。
が、テラスの手から溢れた黒い光は迫ってくる稲妻を飲み込み、こともなげに消滅させ
てしまった。
「なんだと?!」
「キキョウよ…、この世に『黒』で塗りつぶせないものなど存在せぬぞ…。例え、稲妻であろうともな…」
「バ、バカな…。私の、渾身の技が…」
「では、おぬしを躾ける番じゃ…。受けよ『慈哀の光』を」
キキョウの前にかざされたテラスの掌から、一本の黒い光がキキョウめがけて放たれ、
避ける間もなく腹部に直撃を受けたキキョウは、そのまま壁際まで吹き飛ばされた。
「ぐはっ!!」
全身が砕けたかのような衝撃が体を貫き、キキョウはたまらず床に倒れ伏した。
「おやおや…。少しやりすぎたかのう…。壊してしまっては元も子もないからのう…」
あくまで笑顔を浮かべたまま、だが先程までの笑顔とまるで違う、まるで子供が無力な
虫を嬲って楽しむような、残忍な笑みをテラスは浮かべていた。
「くそぉ………、化け物め………、陛下を、かえせ………」
「なんじゃ、まだわらわを偽者と思っているのか?わらわは正真正銘、本物のテラス…」

307 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 01:13:12 ID:6+26SRsM
支援

308 名前:蒼と紅 :2007/03/09(金) 01:15:26 ID:+BTxHqYX
「やーっ!!」

突如、それまで倒れていたカルマインが立ち上がって剣を抜き、テラスめがけて突っ込んできた。
キキョウと同じようにその剣に魔法の力…炎を纏っている。
「くらえっ!『面奔逸通(めんほんいっつう)』!!」
「下がりおれ下種が!!」
テラスの両目が禍々しく金色に輝き、振り下ろしてくる剣をむんずと握り掴むと、その
ままカルマイン諸共キキョウの方へと投げつけた。
「うぐぁっ!!」
「カ、カル!!」
「やれやれ………、こうも噛み付いてくる飼い犬では野良とあまりかわらぬのう…、くくく…」
目を爛々と輝かせ、薄笑いを浮かべてテラスはキキョウとカルマインを見下ろしていた。
「くっそぉ…、化け物めぇ…」
「おまえが…、おまえが本物の陛下であって、たまるものか…」
「じゃから何度も言っておるだろう。わらわは本物のテラスじゃ。ただ………」
その瞬間、テラスの全身からおびただしい瘴気が溢れ出てきた。
「仕えるべき主を見つけ、その身を相応しい姿に替えたがの………」
瘴気を身に纏ったテラスは、二人の目の前でその姿をおぞましく変貌させ始めていた。
その健康的な肌色は血も通わぬ青に染まり、頭部にある一対の角は先を鋭く尖らせつつ
大きさを増し、背中からは纏った衣を引き裂いて竜を思わせる羽が、腰からは粘液を滴
らせた異形の尻尾が生えてきた。
「今の『私』は皇魔族の長、魔王マステリオン陛下に仕える忠実な下僕、魔隷テラス…。
この地上に存在する皇魔族を、束ねる者…。ウフフフフ…」
激突した衝撃で身動きが取れない二人に、テラスはゆっくりと近づいていった…



今回はここまでです。で、次で堕とすわけですが…。正直、どっちを堕とすかを
決めかねてます。また、どっちかしか堕とし描写は書きません(文章量が凄いこ
とになるので)。
一応キキョウ「歪んだ保護欲」カルマイン「羨望と嫉妬」の堕ちワードを設定し
ています。
まあ、UPしてからのお楽しみということで…

309 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 02:33:12 ID:ukOZ0hla
神羅2部をよく知らないのでだれがオリキャラかわからない俺

310 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 05:55:39 ID:vt+ojL4s
元ネタを知らないけど堕ワードに期待

311 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 12:43:34 ID:ajRkJlt9
常連のキモい馴れ合いと雑談スレのままか
大人しくエロゲー板でやってろ

312 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 12:46:08 ID:x9JtIQEe
GJ!!
両方見たいがどっちかというとキキョウに一票勝手に投じておく

313 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 19:07:30 ID:3j/WGLfy
技名に突っ込んだら負け

314 名前:とくめー  ◆kQ3xyEet9c :2007/03/09(金) 19:26:28 ID:w0ixQZX6
ども、とくめーです。
保管庫、更新しますた。エールと、女僧侶→遊び人。
テラス姫の分は、続きが出てからということで。

んで、迷っているのは、プレリーの分。
載せてしまっても構いませんか?

315 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 22:17:06 ID:+BTxHqYX
神羅第三章の情報が出てきたのですが、まさかのテラス復活です。
ttp://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20070308195357.jpg
で、カードの中に『洗脳〜』という連中がいるのですが…
神羅に洗脳ネタは数知れずですが、やはりバンダイはこちらの思惑の斜め上を
突っ走ってしまっています…

316 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 22:33:35 ID:oYwfd3KE
>>315
MGストフリといいMGHi-νといいデジモンといい本当にバンダイは俺の好みと相性悪いな

317 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 23:18:03 ID:FN4qcos+
とくめーさん、乙です

318 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/09(金) 23:49:06 ID:/bc12DY0
「大帝の剣」のトレイラー観るとハセキョー(?)が何かに
憑依されてるっぽいんですけど、どうでしょうか?
ttp://www.taitei.jp/

319 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 00:07:16 ID:+fhxjUCf
こんなもの持ち出して君はどうして欲しいんだい?

320 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 00:13:01 ID:rXmiXOGR
>>319
MC要素があるなら観に行きたいと思ってます。
ちなみに「ゴルゴダの森」はもう確定してますw

321 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 00:41:09 ID:EjR/MX6o
>>315
いや、待て。希望を捨てるんじゃない。
………そう、この中にはシズクがいない…! それに伏せられたカードもあるッ……!!

322 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 01:02:51 ID:tnERloHN
流石にこの洗脳キャラはねーよ
クオンとか洗脳されねーかな・・・

323 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 09:28:19 ID:DDrClp2V
来週の赤ずきんでクルー?と思ったら…

324 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 09:32:09 ID:Ty4jrLI8
誰か悪堕ちお母さん描いてほしいな

325 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 10:03:04 ID:m2MO7nqo
>>324
難易度高いな

326 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 10:12:46 ID:rosXR3kr
ミルク・エンジェルとかか?

327 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 10:29:07 ID:Ty4jrLI8
ふたご姫でも操られてたね

328 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 10:55:44 ID:cuTKSi1q
ウィッチブレイドは残念だったなぁ

329 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 13:46:55 ID:OH2le55u
過去スレでもウィッチブレイドは期待高くて放送のたびにOTLレス
ついてたけど、そんなに駄目だったの?

330 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 16:40:00 ID:GPHQrUYS
>>327
ブラック学園長はともかく
木の実に取り込まれた姫達がブラッククリスタルキングの奴隷に洗脳
とかいう妄想をした俺はもう

331 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 17:42:36 ID:uGH5CG0D
今某所見たけど、悪堕ちの同人誌って余程売れるんだろうな。

332 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:06:58 ID:nUJIwm51
よくわからんが・・売れるんならもっと出してくれよ。ジャンルで定着するぐらい。

333 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:08:19 ID:UYXPyfdV
where is 某所

334 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:12:49 ID:m2MO7nqo
某所って?

335 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:23:15 ID:uGH5CG0D
名前出すと本人乙になるから伏せておく。

魔狼じゃない事は確か。

過去に名前とかリンクが出ている。ワードは淫魔。

336 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:24:58 ID:lknPbQOJ
【レス抽出】
対象スレ: 洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart14
キーワード: 淫魔

抽出レス数:1

ないぞ
いいから教えてよ

337 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:37:45 ID:ImZvfdWQ
【レス抽出】
対象スレ: 洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart11
キーワード: 淫魔


267 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/08/26(土) 19:34:46 ID:VcJu2i1/
エロゲーの姫騎士ジャンヌがなかなかよかった。
淫魔化エンドもいいが、かつては憎んでいた敵のオーガのボスと両思いエン
ドで堕ちているのがなおいい。

322 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/08/31(木) 16:17:09 ID:BB8e6BK+
よくよく考えてみればサキュバスクエストってここど真ん中のゲームな気がしてきた
ヒロインが犯されて淫魔になってるし
村娘がそれに犯されて淫魔になるし

323 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/08/31(木) 17:51:35 ID:zPHjRqM2
淫魔(゚∀゚)


抽出レス数:9

338 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:42:42 ID:ImZvfdWQ
ここ最近だとこのくらいか・・・

【レス抽出】
対象スレ: 洗脳や調教などで悪の奴隷になるヒロインpart12
キーワード: 淫魔

691 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 00:36:12 ID:j7Oan53N
今日は同人誌買うのにいくら費やしたか考えたくねーなーorz

小鳥事務所の「敗北の代償3」はセーラームーンがジェダイトの手管にはまり虜になっちゃって
マーキュリーマーズを従えてセーラーXを叩きのめす痛快作(続くらしい)
悪コスや虚ろ目はないけど以前の連鎖堕ちモノ「終わる世界」では省略されてたうさぎ洗脳が嬉しい
同サークルの「惨劇の連鎖」は敵の尖兵になったサターンが外部太陽系三戦士をやっちゃうんけど
これは洗脳描写はないので微妙かな

サイクロンの「BlueNote前編」はウェディングピーチの淫魔化を匂わせて以下後編に続く
顔に悪魔化のペイントが浮き出てるのが良い
ただこのサークルは魔改造に凝るけどこれまで洗脳後の描写にページを割いたことがあまり無い
「STAR TAC IDO」はモンスターにマアムの肉体と能力が奪われるというシチュが好きっちゃ好き

PLECOの「加虐・被虐〜月のない空〜」は愛染がクスリと鏡花水月の力で
砕蜂と雛森を催淫調教という有りそうで見かけないシチュ 意外な掘り出し物だった

あといちご100%の「陵辱連鎖」シリーズを精力的に出し続けてるKUSARIの次回作は
Fate stay nightを題材にした「奴隷騎士」だそうなんでこれは期待できる気がする

今回は夏に比べて豊作だったなと個人的感想でした

抽出レス数:1

339 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 18:47:35 ID:uGH5CG0D
ttp://taikeihozumi.h.fc2.com/

340 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 19:17:08 ID:fmW8cmJB
煉獄歯車かよ。
でもあそこは「売れるから」同人出すようなとこなのか?

もっとも、サイトのを読みはしても買う気はしないんだがな。
正直言って構想ばかりがでかくて構成力が致命的に欠けてる。
一応読んではいるが、なにがどう進行してるのかまるでわからん。
現時点で、金を出して買おうってほどの価値を感じないわ。

嫌いではないんだ。頼むからもう少し精進してくれ。
「過去のを書き直したい」とか言ってた時期があったが、そう思えたんなら書き直したほうがよっぽど糧になると思うんだがね。

341 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 19:25:31 ID:wtYHZQ1D
>>337
>エロゲーの姫騎士ジャンヌがなかなかよかった。
>淫魔化エンドもいいが、かつては憎んでいた敵のオーガのボスと両思いエン
>ドで堕ちているのがなおいい。

今更だが、かつては国民を守って魔物と戦っていたのに、最後はオーガのボス率
いる魔物たちに占領された国で、抵抗する国民を掃討して、男は去勢、女は強姦
させてやったと嬉々としてオーガのボス(夫)に報告するシーンがよかった。
「皆泣いていましたわ」とか。悪コスがなかったのが残念。

342 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 19:43:21 ID:uGH5CG0D
>>340
別段擁護する気はないがあそこもはじめの作品と今の作品見ると随分技術力は上昇していると思う。

俺はお前さんの意見と共に手を広げすぎ感があると思うな。サキュバスものを一気に押し進めた方が良いと思う。

343 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 22:37:32 ID:GPHQrUYS
煉獄歯車って同人誌なんか出してんの?
あれだけアフェリンクばらまいてるサイトなのに、同人コーナーなんかないんだが

344 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 23:53:31 ID:CnZuCd2j
>>331
売れるならもっとMCがメジャーになってるはずだ

345 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 23:55:55 ID:CnZuCd2j
後そもそも同人って属性より元の作品が重要視される市場だよね

346 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/10(土) 23:57:58 ID:UHTV9rTI
ネット小説で同人化したらよさそうな堕ちものってどんなところがある?

347 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 00:31:27 ID:TRBGi0RF
まとめリンクにもある通称空のサイトのメイン小説はかなりいけてると思うが、
既に同人みたいなものだし。

348 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 01:26:34 ID:j89MljQA
>>341
あのジャンヌは良いジャンヌだ
堕ち切った感じが実に愚息に心地良い

349 名前:178 蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:21:55 ID:Q4V+5EZS
それでは続きを投下します。>>312さんの意見を汲んでキキョウ先に堕とします!

自分は悪い夢を見ているのか。
ほんの数秒前まで陛下の姿をしていた者が、異形のモノに姿を変えている。
小さい体に毒々しいまでの瘴気を纏い、昔絵本で呼んだ悪魔そのものの容貌をして、私
達の前に佇んでいる。
本当にこれは陛下なのか?なぜこんなことになっているのだ?!
「お前は…、本当に、陛下なのか…」
「フフフ、そうよ。私はテラス。あなたたちが仕えている、『神羅連和国皇帝だった』テラス。
でも、そんな肩書はもう知らない。私は陛下のお力で生まれ変わったの。本当にやるべ
きことを、見つけることが出来たのよ…
そう、この地上の人間どもを蹂躙し、陛下の威光のもとに支配する、ということをね…。アハハハ!」
テラスは盛大に笑った。それは、先程までの仮面の笑みとは違う明らかに感情のこもった…
満面の狂気を孕んだ、凄絶な笑みだった。
「な、なんてことだ…」
「テラス様ぁ………、どうして、こんなことに…」

「「皇帝陛下、どうなされました!!」」

その時、中の喧騒を知ったのか、テラスの部屋の入り口を守っていた二名の兵士が扉を
開けて飛び込んできた。
「こ、これは!!」
目の前には倒れている二人の女兵士、大穴のあいている壁、破れた絨毯とカーテン、そ
して皇帝の姿形をした皇魔。
「に、逃げなさい…。あなたたちに、敵う相手じゃない!」
「早く出てここで起こったことを伝えて!!テラス様が、化け物になっちゃったって!!」
必死に兵士に脱出を勧める二人。しかし、兵士達は足でも竦んでいるのか、その場から
動こうともしない。
「どうしたの?!早く!!」
「ちょうどいいところに入ってきたわね。二人とも、その女達が動けないように捕まえていなさい」

「「はっ!」」

キキョウとカルマインは驚愕した。この兵士達は今のテラスを見ても逃げないどころか
テラスの命令に反応している。
「な、なんで?!」
「あなたたち、今の陛下の姿がわからないの?!」
「「……………」」
二人の声にも、兵士達は全く反応を示そうともしない。
「アハハハ…、無駄よ。そいつらには私の命令は絶対なんだから。なぜなら…」
テラスが手をかざすと、二人の兵士の鎧が突然膨張し吹き飛んだ。
いや、それは鎧だけではなかった。装身具が、服が、皮膚が風船のように膨らんで弾け
その下から全身白尽くめで一つ目、大きな掌に長い金色の爪をはやした怪物と、黒尽く
めで一つ目、丸太のような腕を持った怪物が姿をあらわした。
怪物は長い爪をカチカチと鳴らしながら、ペタリ、ペタリと近づいてきた。

350 名前:蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:23:43 ID:Q4V+5EZS
「「クゥエッケッケッケ!!」」

「こいつらは既に、私の下僕にすり替わっているんだから。どう、かわいいでしょ…」
「イ、イヤアアアァァ………ァ」
人間の皮を内から破って出現した怪物にカルマインの精神は耐え切れず、一瞬白目をむ
いたかと思うと頭を傾けバサリと崩れ落ちてしまった。
「もうこの宮殿の兵士、魔道士のいくらかは私の手で皇魔族と入れ替わっているわ。邪
魔な魔道官連中も外へ追い出したし、もうすぐここは私達の手に堕ちるのよ…」
「な…。魔道官たちを各地に派遣したのは、各地域の皇魔族を殲滅させるためでは…」
「バカねぇ!ここを手薄にするために決まってるでしょ。この中央宮殿こそ、地上世界
の中心であり、魔界と一番近いところ。ここさえ抑えておけば、魔界からいくらでも皇
魔族を送り込むことが出来るのだから!」
そうだ。迂闊だった。光の戦士たちが通った異次元の扉は魔界へ通じる道。言い換えれば
そこを通して皇魔族が乗り込んでくるのことも可能なわけだ。
「ちょっと考えればすぐにわかることなのに、バカなあいつらは私がちょっと人間のこ
とを気遣う演技をすればコロッと騙されちゃうんだから。ああおかしい!アハハハハ!!」
なんてこと。先の会議室でのことは、すべて演技だったというのか。まず民のことを第
一に考える。あの言葉には私も少なからず感動を覚えた。しかし、それが全て嘘だったなんて!
「大体あの時のあいつらの態度、空々しくって思わず皆殺しにしちゃうところだった。
陛下の身になにかあったら?ですって。自分の身に何かあったらの言い間違いよね、あれってさ。
ここを守る魔道官や魔法戦士が根こそぎいなくなるもんだから、自分が殺されるんじゃ
ないかってビクビクしちゃって。本当に下種な連中よ。人間ってさ」
違う。名前は覚えていないがあの宮廷官史は本当に陛下のことを大事に思っている人だ。
「違います!あの方は、本当に陛下の身を重んじて…」
「違うものか!あいつらは、私のことなんてなんとも思ってはいない!ただ、担ぎやす
いお御輿ぐらいにしか思っていないのよ!面倒な責任は全部私に背負わせて、自分達は
影から利用することしか考えていないのよ!
今までだって、ずっとそうだった!私がやりたいことは何一つやらせてもらえず、こん
な狭い部屋に閉じ込めて、他の人間がやることなすこと、全て私に押し付けてくる!」
キキョウを睨みつけながら口角泡を飛ばして怒鳴るテラスを前にして、キキョウはある
ことに気が付いた。
自分をにらむテラスの瞳。金色に染まったそれは明らかな狂気を孕んでいるが、その奥
には激しく燃える怒気が含まれている。恐らく陛下は何者かに精神を歪められ、操られ
ているに違いない。
しかし、それで狂気は生み出すことは出来ても、怒気を生み出すことは出来ない。
「なら私は一体なんなのよ!自由なんて許されず、世界のことだけを考えさせられる!
人間らしく生きることも出来ず、ただただ他人のためだけに生き続ける。
お前は人間じゃない。お前は我々に都合のいい人形だ。ってね!!」
これは陛下がずっと心の中に燻らせ続けてきた怒気だ。今まで抑えに抑えてきたそれが
きっかけを得て爆発したのだ。
「だったら私は人間をやめてやる!自由に生きられない人間なんかやめて、私の手で、
私が自由に生きられる世の中を作って見せると、マステリオン陛下に誓ったのよ!!」
陛下をここまで追い詰めたのは、我々なのかもしれない。
だったら、その責任を、命を以って…

351 名前:蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:24:43 ID:Q4V+5EZS
「おいシロカゲ、カルマインを持ち上げるのよ」
テラスの声に反応した化け物…シロカゲが突っ伏しているカルマインの腕を掴み釣り上げた。
完全に気絶しているカルマインはがくりと頭を下げ何の抵抗もしない。
「へ、陛下、なにをなさるおつもりで…」
「私の気持ちを汲むことも出来なかったお前達にも罪はあるのよ。だから、お前の前で…」
テラスの長い爪がギラリと光る。
「こいつを散々に嬲った挙句に、ボロ雑巾のように殺してあげるのよ!!」
唸りを上げて爪が振り下ろされ、服はおろか纏った鎧までもが熱いナイフを当てたバター
のように切り裂かれ、その未発達な裸体が露わになる。
「な!や、やめてください!!」
キキョウはやめさせようともがくが、自分を掴んでいる怪物…ムラカゲのせいで指一本
動かすことができない」
「ケケケケケ!!」
「このおぉ、離せぇ!!」
「フフフ、私より年上なのに、私より胸が小さそう…。乳首の色もきれいなのね…」
テラスの爪が、カルマインの左胸に伸びた。スゥッと爪を胸に這わすと、紅い筋がゆっ
くりと浮き出てきて、そこから血がじわっと染み出してきた。
「どう?キキョウ。綺麗でしょ、小麦色の肌に真っ赤な血。あなたみたいに白い肌だっ
たら、もっと綺麗なんでしょうがね…」
「陛下………お願いですからやめてください…。なんなら、私が代わりになります。な
んだってします。この一命を取られても構いませんから…」
大粒の涙を流し、必死に懇願するキキョウだが、テラスは残酷な笑みを浮かべると言い放った。
「ダメよ。これはお前に与える罰なんだから。自分が先に死んで苦しみから早く解放さ
れるなんて思わないことね。
ああ…、こんなに血が溢れてきたわよ…。滴り落ちてきそう…」
乳首辺りで出来ている血溜まりを、テラスはぺろりと長い舌で舐め上げた。
「んっ………」
気絶しているはずなのだが、カルマインの顔がわずかに歪み、うめき声が漏れ出でる。
「やめてぇ…」
カルマインにそんなことしないで。そんな顔をさせないで。
「あら、こいつ気絶しているのに感じているのかしら?こんな可愛い顔をして、舐めら
れるだけで感じるなんて。本性はとんでもなくいやらしいのかもね」
「やめて…」
そんなことない。カルマインはそんなはしたない子じゃない。
「なんだったら、殺す前にシロカゲに相手させてあげようかしら。絶頂にイくときにあ
の世へ送るの。きっと死んだことにも気づかないかもね」
「やめ…ろ…」
そんなの許せない。あんな化け物をかわいいカルマインが咥え込むなんて、絶対に許せない。
「両手両足切り落として、逃げられないようにしてから、前と後ろを一緒に責め上げるの。
痛みと快感で頭壊れて、バカになっちゃうかしら?」
「やめろ…」
そんなこと、絶対にさせない。化け物には私のカルマインを壊させない。
「シロカゲ、まずは両手を握りつぶしなさい。その後は両足、それから引きちぎるのよ」
「ケケケェッ!!」
シロカゲが両腕に力を込めた。それを見たとき、キキョウは声を張り上げた。


「やめろおおぉっ!!私のカルマインに手を出すなぁっ!!カルマインに手を出していいのは、私だけだぁ!!」



352 名前:蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:25:46 ID:Q4V+5EZS
まだ自分が小さい時、王立小学校で出会ったカルマイン。よくなつく子でいつも私の傍をついてきた。
よく私の真似をして、後を追うように同じ士官学校に入ってきて、同じ親衛騎士に受か
って、私と同じくらい力をつけたカルマイン。
あれは私のものだ。あれは私が作ったんだ!あれの創造主は私だ!あれを守るのも壊すのも私だ!
「離せぇ!!あれは私のものだ。私のものだぁっ!!」
長い髪を振り乱して絶叫するキキョウを、テラスは満足げに眺めていた。
「おお怖い。そんなに取り乱しちゃって。そんなにこの子に手を出したいの?」
ニタニタと笑うテラスを見て、キキョウは次第に冷静さを取り戻してきた。そして、自
分が口走った、あまりにも背徳的な言葉と思考に目の前が真っ暗になった。
「あ………、わ、………私は………なにを………」
息を切らし呆然としているキキョウの顔を、テラスの指がつい、と持ち上げた。
「ウフフ、あなたがまさか幼馴染にそんな思いを持っていたとはねぇ。気絶していたか
ら良かったけれど、そんなことをカルマインが聞いていたら、あなたのことをどう思うのかしら?」
そんなこと、言うまでもない。
絶対に拒絶するに決まっている。自分が他人に自分のものだ、なんて言われてそれを受
け入れる人間なんているわけが無い。

『キキョウって、ボクのことをそんな風に見ていたんだね!幻滅だよ。もう顔も見たくない!!』

空耳に違いないが確かにキキョウの耳には聞こえた。自分を罵る、最愛のカルマインの声が。
「なんだったら起こして言ってあげましょうか?こいつはあなたのことをモノとしてしか見ていないって」
そんなことをされたら絶望だ。カルマインが、自分の手から離れていってしまう。
「や、やめてぇ!!そんなことされたら、そんなことされたら!!」
「フフフ、その取り乱した顔かわいいね。でもね、こう考えてみてもいいんじゃない?」
テラスはキキョウに近づき、静かに、しかしはっきりとした声で囁いた。

「カルマインを、本当にあなたのモノにしてしまえばいいんじゃないのかしら?」

最初は、言っている意味がわからなかった。
カルマインを私のものにする。私のモノにする。私の物にする…
「そ、そんなこと…、できるわけない…」
「できるわ。私の力があればあの子の身も心も、あなたのモノにすることが出来る…」
身も心も、私の物にすることが出来る…
その言葉は堪えがたき、離れがたき誘惑の言葉だった。
「ほ、本当、なの………」
ごくりと喉を鳴らし、キキョウは問い掛ける。
「本当よ。あなたが…」
テラスの尻尾がキキョウの眼前にひょろりと伸びてきた。よく見ると、先端が黒い光で満たされている。
「皇魔の力を受け入れれば、ね…」
テラスはさもおかしそうに呟いた。

353 名前:蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:26:46 ID:Q4V+5EZS
「皇魔の力を…、受け入れる?」
「そう。皇魔族には禁忌も観念も存在しない。ただ、己の思いの向くまま行動すればいい。
あなたが皇魔族になれば、あなたを括り付ける人間の禁忌は存在しなくなる。あなたの
思いのたけを、ありったけカルマインにぶつけることが出来るのよ」
なんということだ。目の前の陛下だったものは、私に人間を辞めろと言ってきている。
「バカな…。私は栄えある中央宮殿の親衛騎士。そんなバカな真似が出来ると…」
「だったら、カルマインは永遠に手に入らないわよ」
「!!」
「もう人間の論理、倫理を口にするなんてやめなさい。あなたが人間である以上、あな
たが本当に手に入れたいものは永遠に手に入らないのよ」
テラスの言葉一言一句がキキョウの心にドロドロと張り付いてくる。それは無垢の外面
を覆い隠し、一枚、また一枚と重なり続け、心を真っ黒に染め上げていく。
「わ、わたしは、わたしは………」
声が続かない。心の最後の堰がまだ決壊しない。

「欲しくないの?カルマインが。欲しくないんだったら…、私達が取っちゃうからね…」

その言葉がとどめだった。私のカルマインを取られる。そんなことは許さない。あれは私のものだ!!
「……………、う、受け入れます!皇魔の力を………。カルマインを、手に入れられる力を!!」
「本当にいいのね?人間やめてもいいのね??」
「あの子は私のもの!その髪も肌も目も手足も心も、私が守ってきた私だけのもの!ほかのだれにもやらない!
あの子を完全に私の物に出来るなら………、私は人間をやめる!」
もうキキョウは己の黒い情念を隠そうとはしなかった。自己の欲望の成就のために全てを捨て去る覚悟を決めていた。
「ウフフフ…、よくできました。じゃあ皇魔の力をたあっぷり注いであげるから、まずは服を脱ぎなさい」
「わかりました。テラス様…」
テラスを『陛下』と呼ぶのをやめたキキョウは、ムラカゲから開放された手で、鎧の留め金を外し始めた。
やがて、一糸纏わぬ姿になったキキョウの腰に黒い光を溜めた尻尾がうねうねと近づいてきた。
「いらっしゃい。皇魔の世界に…」


ぅぁ……、ぁぁ………

遠くからうめき声みたいなものが聞こえる…
あれ?なんか聞き覚えのある声が…
あれって、キキョウの………
?!

「キキョウ?!」
「あら?目が醒めたの?」
カルマインが目を開いたとき、そこには異様な光景が広がっていた。
「あああぅ…………、あああっ!!」
全裸の姿のキキョウが床を這いずり回り全身から汗を噴き出して悶えている。
「キキョウ?!どうしたの!!ねえ、キキョウ!」
カルマインの声にも全く反応を見せず、キキョウはただただ床を転げ回り続けている。
「もう少し待っていなさい…。すぐ終わるから…」
「テラス様!テラス様がキキョウをこんな風にしたの?!だとしたら、絶対に許さないから!」
「確かにキキョウを今のようにしたのは私。だけれど、これはキキョウが望んだことなの。
キキョウは自ら望んで、こうなったのよ」
「ウソだ!あのキキョウが自分でこんないやらしくなるなんて、信じられるか!」
カルマインは信じられなかった。友であり姉のような存在のキキョウが、こんな痴態を
自分の目の前でさらすことが。

354 名前:蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:27:46 ID:Q4V+5EZS
「見なさい、キキョウのあの顔…。キキョウは今、この世の天国を味わっているのよ」
確かにキキョウの顔はこれ以上ないほどに蕩けている。しかし、それははたして天国といえるのか。
やがてキキョウはうめき声を上げることすらなくなり…、ぴくりとも動かなくなった。
「キ、キキョウ!しっかりしてキキョウ!!」
慌てふためくカルマインに、テラスが微笑みながら話し掛けた。
「大丈夫…。ほら、見てなさい」
カルマインがキキョウに目を向けると…、肩の辺りがピクッと動いたかと思うと、キキ
ョウはゆっくりとその身を起こした。半開きになった瞳で辺りをゆっくりと眺め、カルマインのほうを向いた。
「キキョウ!大丈夫なのねキキョウ!!
……………キキョウ?」
カルマインの声に反応しているのかいないのか、キキョウはカルマインの方に向かって
ゆっくりと歩み始めた。その顔に表情はうかがえず、その瞳には何も映しこんではいない。
「ねえ、キキョウ、どうしたの………」
「邪魔よ」
キキョウの右腕がカルマインの頭の上を風きり音を上げて薙いだ。
「な、なにするのキキョウ………、ヒッ!!」
自分の左に何かが落ちる音がした。見てはいけないと心で思っても目は言うこと聞かず、
左下を見てみると………
自分を拘束していたシロカゲの頭が、そこにあった。自分の後ろにあったシロカゲの体
が、首から青い血を盛大に吹き上げてゆっくりと崩れ落ち、どう、と倒れた。
「いつまでも『私の』カルを掴んでいるなんて………、死んで当然よ」
長く伸びた爪についた青い血を、キキョウはぺろりと舐め上げた。
「キ、キキョウ………、一体、どうしたの………」
「うふふふ………、私のカル。私の………」
キキョウは薄笑いを浮かべながら、カルマインの両肩をがっちりと掴んだ。キキョウの
顔面に張り付いた笑みを見て、カルマインはあるものを思い出した。
「こ、この笑い………。これって、テラス様とおんなじ笑い………」
「フフフッ、よく気が付いたわね。そう、キキョウはもう私達の仲間…
さあ、あなたの生まれ変わった姿を見せなさい!」
「わかりました。テラス様…」
目の前にあるキキョウの双眸が金色に輝いたかと思うと、先程のテラスと同じく全身か
ら瘴気が湧き出てきてキキョウの容姿を塗り替えていく。
その眉間からは猛々しい角がメリメリと伸び、両耳は横に長く大きく尖り始め、テラス
のように肌は青く染まり、最後に尻尾が生えてきた。
それは、尻尾を除けば1000年前に聖龍族が有していた身体的特徴と全く同じ物だった。
「はあぁ………。どう、カル?私の体………」
「そ、そんなぁ………。キキョウまで、化け物になっちゃったよぅ………」
目の前で起こった出来事に絶望の涙を流すカルマインに、皇魔族に姿を変じたキキョウは優しく髪をなでた。
「そんな顔をしないの…。あなたが怖がることなんて、なんにもないんだから…」
この声、いつも自分を諭してくれるキキョウの声。
「これからも、あなたを守ってあげる。例え姿形は変わっても、私のあなたへの思いは一緒…」
頭の後ろに廻った手がギュッと締まり、カルマインの頭がキキョウの双丘へ埋められる。
その肌は血が通っていないような冷たさだったが、柔らかさは以前と変わってはいなかった。
「キキョウ………」
「いつまでも、私がついていてあげる。あなたに、ずっとついていてあげる。だから………」
カルマインの頭に両手が添えられ、キキョウの顔に向きをあわせられた。
優しい笑みを浮かべていたキキョウの顔に、その時欲望の笑みが張り付いた。
「あなたも、私と同じにしてあげる。人間なんかやめさせて、人間の禁忌のくびきから開放
させてあげる。あなたを、私のものに、してあげる………」
「キキョウ?!ひっ、ひいいぃっ!!」
カルマインの尻をキキョウの尻尾が『ぞわり』と舐め上げた。その先には、黒い光が宿っていた。

355 名前:蒼と紅 :2007/03/11(日) 02:33:13 ID:Q4V+5EZS
「うっ、うんっ!ど、どうっ、カル!」
「い、いいっ!キキョウ、いいよぉ!!」
テラスの目の前で、キキョウとカルマインが互いの体を貪っている。
キキョウの手によって皇魔族となったカルマインにはかつての飛天族の身体的特徴であ
る限りなく闇に近い黒い色をした羽が背中から伸びていた。
また、脛から先は脚鱗で被われ、猛禽を思わせるような鍵爪を爪先に有している。
もちろんその肌は青く染まって瞳は金色に輝き、異形の尻尾が顔を覗かせていた。
「どう?カルマイン。皇魔族の体は………」
「ああっ、テラス様ぁ!凄いです!!ボクこんなに気持ちいいの初めてですぅ!こんな
いいんなら、もっと早く皇魔族になっていればよかったですぅぅ!!
テラス様ぁぁ、ありがとうございますうぅっ!!」」
「あなたを皇魔族にしたのはキキョウなのよ。感謝するなら、キキョウにしなさいよ」
「は、はいっ!!
キキョウ、キキョウ、ボクをキキョウと同じ体にしてくれてありがとうぅっ!!」
「そ、そうよっ!あなたを変えたのは私なのよ!カル!あなたは私のものよ。未来永劫、
わたしものなのよぉっ!!」
「うんっ、うんっ!!ボクはキキョウのもの!ボクの身も心も、ずっとずぅーっとキキョウのものだよぉっ!!」
顔を青く染め上げ、瞳を獣欲でぎらつかせながら、互いの体に深く埋めたものをより深
く感じようと、キキョウとカルマインはどちらともなく腕を絡めあい唇を吸いあった。
「そう、今はお互いの欲望をぶつけ合っているがいいわ。これからあなたたちにも、た
っぷりと働いて貰うんだから、ね…」
「ええ、わかっていますわ!人間共を、くびり殺すの、ですよねっ!!」
「ああっ!ゾクゾクしちゃうぅっ!この手が、牙が、足の爪が疼くのぉっ!!
人間を早く刺したい、貫きたい、引き裂きたいってぇぇっ!!」
「そうね。でも、そんなことは苦も無く出来ること。今の地上の人間の力では、私達皇
魔族に敵うものなど存在しない…」
そこまで言って、テラスはギリッと唇を噛む。
「でも、中にはいる。1000年前の戦いを知り、今日まで生きてきた奴らが………」
まずはそれらを片付けなければならない。殺すにしろ堕とすにしろ、こいつらのようにはいかないだろう。
「アナンシ」
「はいはい、テラス様………」
いつの間にかテラスの後ろに、中級皇魔族のアナンシが立っていた。
「お前は1000年前の戦いを知っているのよね。何しろ実際に戦っていたのだから…
なら、今生きている連中のことも知っているわけなのよね」
「そりゃあもちろん、知らないこと以外は全部知っているよ。ケケケッ」
「なら、知っている事全て言うのよ。そうすればやることもやりやすくなるんだから。
あんたたちも手伝って貰うからね!聞いてる?!」
「き、聞いてますよテラス様ぁ!!」
「任せてくださいよぉぉっボクたちにああっ、イイのぉそこぉっ!!」

「まずは…………オン。あいつを………」

嬌声が鳴り響く中、テラスは次への算段を考えていた。
                          終
以上です。考えてたより長くなってしまいました。
>>322さん、すいません。堕とし役がテラス一人だと次に続けにくく、身近からの
連鎖を考えたのでオリキャラ出しちゃいました。ゼンペイやモンキンなんて堕とし
たくないし…
次の標的は○オンです。どっちが出るかはUPしてからのお楽しみに。


356 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 02:44:36 ID:7XTmmaze

堕ちた二人がオリキャラなのね

アスタロットは最初ッから皇魔だから悪堕ちは無理っぽいかな

357 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 03:18:06 ID:d7Qa0iES
ジャンルは洗脳や調教で正義の奴隷になるヒロインかw

358 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 04:21:04 ID:j1lfMCQr
クオン!クオン!
まあシオンだろうけど・・・orz

359 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 06:40:47 ID:0xCj5sBQ
GJ

360 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 08:00:09 ID:8GqSLTw8
ハピラキビックリマンで十字架たん洗脳ktkr

361 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 08:29:49 ID:+8FSjO15
GJ!

362 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 16:54:14 ID:/4aUlKOO
双龍ってサイト持ってなかった?
前見たことあるんだけど、見つからない。

363 名前:178 :2007/03/11(日) 18:05:23 ID:Q4V+5EZS
ふと考えてみたのですが、もしかしたら>>322さんは>>315のトンデモ洗脳連中
のことを指していたのかもしれませんね。だとしたら早とちりごめんなさいです。

ごめんなさいついでに、SSはカルマインを先に堕とす場合は、容姿、剣技、女
らしさの全てが自分に勝るキキョウに憧れを持っているカルが、テラスによって
その裏にあるキキョウへの嫉妬心を膨らまされ、反転して堕ちるといった内容でした。
この場合カルはガチサドに性格が豹変。キキョウを散々なじり倒した挙句に無理やり
犯して堕とし、主人=奴隷の間柄にしてしまいます。
まあ、どっちでも先に堕ちたほうが後に堕ちるほうを自分のものにするという構図は
かわりませんけど。

364 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 18:22:16 ID:UbWSpHDh
SSGJ

>>362
Double Dragon Desk
でぐぐればでるよ

365 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 19:08:45 ID:thlqIprI
>>363
SSGJです
カルマインVerも見て見たいと思ってしまった…

366 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 20:45:23 ID:4gF4ROV6
古き時代のセガファン向きコアねた。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/1387/char.html
No.37 → No.49

367 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 21:34:33 ID:/4aUlKOO
>>364
dクス

368 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 21:38:51 ID:Bx7S6u3K
>>360
そいつはwktk
何話?

369 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 22:40:32 ID:8GqSLTw8
>>368
今日放送された19話

370 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 22:44:31 ID:Bx7S6u3K
なんと残念
つべ待ちですな

371 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/11(日) 23:08:45 ID:w1wK4llx
まぁ、期待するほどのもんでもないけどな・・・
催眠術で操られて無気力ゾンビ化して襲ってくるだけだし

372 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 02:20:39 ID:0J9KDOIZ
キモい馴れ合いスレ

373 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 02:33:17 ID:ZhRmoBan
前スレの>>230を見たいがためだけにゲーム購入したら孫権がストライクだった俺が
カハマルカで作ったやつをあげときますよ
nana31352

374 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 02:38:32 ID:ShlEXe5j
曹操じゃないか!

375 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 03:00:29 ID:ylxU26ni
これは良い曹操ちゃんですね

376 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 03:50:25 ID:GDK03vaL
子安…いや、十文字隼人…?

377 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 04:22:35 ID:J/uKn1ph
ドラえもん「のび太の魔界大冒険」リメイク版の宣伝観て
ミヨ子たんが魔王の魔法でメデューサ化するものとオモた。

378 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 06:07:18 ID:NvkBYbrv
ぬう……多分聞いちゃダメなんだろうけど、>>373のパスって何?

kyoutuuでも、akuでもakuotiでもsennouでもtyoukyouでも入れない。

379 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 06:15:34 ID:2NI5PZdh
>373をよく調べれ。普段と入ってる文字が違うだろ。

380 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 07:03:19 ID:/eUO121r
>>373ってどこにうpされてんの

381 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 07:19:43 ID:R6FJIpAE
どうせ釣りだろうからスルーしよう
マジならとりあえずここ以外のスレ見て来い!

382 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 08:07:40 ID:NvkBYbrv
ありがと落とせた

383 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 08:35:24 ID:/bvr1N9E
>>377
まだ観に行ってないけど
噂だとメジューサは○○○○○が悪魔に魂を売った姿らしい

俺の場合原作ファンなんでそういうシチュに萌える以前に
原作いじりまくってることに失望しそうだがなorz

384 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 09:04:03 ID:27LtNOzi
の・び・太・マ・マ?で・き・す・ぎ・君?

開拓史と大魔鏡を避けたのは感動系ばかりに安易に手をつけると
いよいよ原作ファンが本気で暴れだすからかな?

385 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 09:47:43 ID:t6o/9oB1
いやここはし・ず・か・マ・マで

386 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 09:58:55 ID:UngFDnuE
2・1・エ・モ・ンだったら絶対観に行く

387 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 10:18:11 ID:27LtNOzi
ていうか誰がメデューサになってもあれじゃ萌えない・・
それともセクシーな蛇おねえさんみたいのにリメイクされてるのか?ならすぐ見にいk(ry

388 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 10:56:37 ID:n2+2p8lc
新恐竜で結構のびたママがエロかったから、彼女ベースに・・・

389 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 11:27:30 ID:/bvr1N9E
>>387
恐ろしいことにそうなんだよ
デザイン一新されて、特撮の女幹部的ポジションの魔女になってる
ただし声は久本雅美
まぁ、俺も実際に観に行ってないからひょっとしたら良いかもしれんけど

ちなみに正体は目欄な

390 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 11:29:22 ID:n2+2p8lc
お前な、お前なー、声言わなきゃイケたかもしれんのに!

391 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 11:41:44 ID:27LtNOzi
>>389
> ただし声は久本雅美

( ゚д゚)・・・・・ むしろ原作版なら違和感ないのに

392 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 12:46:01 ID:hLt/Lf9X
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%B3%E5%A4%AA%E3%81%AE%E6%96%B0%E9%AD%94%E7%95%8C%E5%A4%A7%E5%86%92%E9%99%BA_%EF%BD%9E7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%AD%94%E6%B3%95%E4%BD%BF%E3%81%84%EF%BD%9E

この芸能人系キャストの山さえなければ別にどうリメイクしようが構わないんだがなあ。

393 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 16:25:16 ID:3ZO2dCcO
創価が噛んでるのか。

394 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 17:04:34 ID:zmaRANLy
本当に芸能人が多いな。アナウンサーとかもイラネ。


西遊記の時の、改変受けた奴は良かったな。のび太のパパママ。
しずかちゃんのママはきっとかなりGJだったんだと自分で思う。

さて、旧作でもレンタルしてくるかな

395 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 19:11:51 ID:ZhRmoBan
劇的ビフォーアフター
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime11004.jpg.html

396 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 19:57:35 ID:tq6yo0di
「一年ごとに同じネタが『何度でも!』」

397 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 21:51:48 ID:L1dZ5PTm
久本雅美は美夜子と満月牧師の酷さに比べたらまだマシ。

>>395
ベルサガのリネットかな
同人誌?
ゲームは微妙に目つきが鋭くなってたりもしてるんだが
掛けられた魔法考えると凶暴化して見境無くなってるだけなのが微妙だったかな

398 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/12(月) 22:37:45 ID:7212M8DD
ベルサガのバーサクは名前に反して何故かこちら側しか攻撃してこない

399 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 00:02:35 ID:oMUgIy5M
>>397
リネット目つき悪くなるの?
ヤバイ欲しくなってきた

まあ古風FEキャラ+ハードそうな戦略系って時点で興味あったが

400 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 01:45:38 ID:9yRe0aA9
目つきが悪くなるってか眉毛の角度が違うんだったかな
ホントに微妙なのでよく見てないと気付かないw

ベルサガはこのスレ的にもゲーム内容的にも薦めづらいな(俺は大好きだけど)。
まあ>古風FEキャラ+ハードそうな戦略系
なのは確かだし今安いから買ってしまってから判断してもいいかもね
ただしFEとは大分勝手が違うので注意

401 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 01:48:35 ID:oMUgIy5M
微妙な違いでも俺はおk
ヘックス制だったり武器システムが違うみたいだな
チェックはしてたが買いそびれた

このスレ的な話題に強引に戻すと
ツリ眉赤眼の洗脳ユリア(聖戦の系譜)と魔女デューテ(外伝)最高ってことだな

402 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 05:34:40 ID:6bvUFAYy
(`・ω・´)ククク…
マンフロイサマニ サカラウモノ
ミナコロス…

403 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 11:53:37 ID:K1OAoLf/
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79610.jpg.html デューテたん
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79611.jpg.html チキたん
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79612.jpg.html ユリアたん

GC以降のFEに操りはないん?
カタカナでコロス…は定番だったと思うんだが

404 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 14:30:30 ID:1MslgmD2
>>396
1年どころか週ペースだろ
ここのループは

405 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 14:35:31 ID:MpitZqx4
暁のメガミでは
騙されて契約してしまい、良いように操られて他国を攻撃
他国のヤシら、多大な損害で主人公達に報復で連合を作って主人公達の自業自得・・・
の筈が、主人公達の所為で世界が滅亡する危機にヤシら、肩を並べて戦うとか。

MCじゃなくギャグですかと。

406 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 15:28:26 ID:tvzl7EBW
FEは紋章がお気に入り
見た目は変わらんけどな・・・

407 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 15:31:36 ID:snzvRky8
>>405
平野耕太が吼えてたな > 暁の女神
ttp://muchan.net/diary/hirano/

悪堕ち要素はあったの?

408 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 15:35:13 ID:jBdvWeL8
俺の記憶の中ではさらわれた4人のシスターが操られ、魔方陣の上で「宴」を催している事になってる。

実際はやっぱりマグロだけどな・・・

409 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 16:09:17 ID:iBPUkRfo
>>407
後半の展開が少々強引だったのは事実だが、
この感想は事実を歪めすぎだな。

ちなみに暁にこのスレ向きの内容はない。
蒼炎の時は皇帝サナキ様が邪神に体を乗っ取られる!
とかいう展開を妄想してたっけ……

410 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 17:07:33 ID:YZ/v8dv2
ちょっと前にもあったみたいだけどFF6の女神のクラウディヘブンいいな
その戦闘中は何度聖水で復活させてもまた死ぬたびにゾンビ化する
緑肌ハァハァ

411 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 17:51:33 ID:PUEDJj0r
崩壊直後の孤島でセリスがゾンビ化すると
もう永遠にこのままなんだなと思うと

緑肌ハァハァ

412 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 17:51:40 ID:vEqiX2r8
今はプロデューサーが任天堂にいないけど、FEは昔から個人的な事情で平気で国を捨てたり裏切ったりするやつらが多かったよな
その上、紋章の謎の英雄戦争後、EDでほとんどの王族が国を放り出して奔放していくのを見て、唖然とした記憶がある

413 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 17:56:20 ID:HRtZ56/X
>>412
もまいは封建制や中世について何も知らんのだな。


414 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 18:21:08 ID:DikePvMk
そうだな、このスレだとハァハァ出来るよな。

本編プレイ中だととんでもないんだが……

415 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 18:23:23 ID:P8MrOQOI
騎士と聞くと、精錬潔白・忠誠無比なイメージがあるが、
実際には「ただの土地もち戦士階級」だった時機もあるわけで。
素性の知れない傭兵だって手柄を立てれば騎士になれたしな…。

一番酷い話としては、
友達から頼まれて城の留守番をしている間に、
隣国の王様が攻めてきて、二、三度戦りあった後、敵王に「俺の仲間にならねぇ?」って言われたら、
「オッケー! この城上げちゃう」って勝手に渡した騎士がいたからなぁ…。

騎士なんてそんなもんだ。

416 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 18:52:08 ID:N5JqW9em
ジョイメカファイトで妄想してるなんて奴はいないだろうな……
ゲーム中では正義に洗脳し直す部分しかないが

417 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 18:55:56 ID:Bil3zO1d
俺なんて昔PC原人の
「村を代表して戦いに赴いた勇者が洗脳されてボスとして出てくる」
って設定で少し妄想していたぞ

418 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 19:28:43 ID:vEqiX2r8
>>413
荒廃した国を捨てて、個人的な理由で出奔した王族
ニーナ、ミネルバ、マリア、シーマ
こいつらの無責任と、封建制度が双務的契約関係に過ぎなかったことと、何か関係があるのか?

419 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 19:40:12 ID:i8guPqab
ないな
だけど、よく覚えてないが、中にはちゃんと国の復興を見届けてから飛び出したやつらもいなかったっけ?

何にせよ、あのリメイクあたりから、ファンの意見みたいなの取り入れて、やけに登場人物の恋愛要素が多くなってきた気がする(最初からか?)
肌に合わなかったので、俺はあの作品以降、やってない

て、MC関係ないや

420 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 20:32:31 ID:yI9bIyjV
MC能力を持った王様が武芸に秀でたギャルを、
女子武闘会の名目で集めて、
気に入ったマドンナを洗脳光線でバッチシメロメロにし、
ハーレム要員兼務の親衛隊を作る…

そんなンナウなヤングにバカウケな話ないかい?

421 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 21:07:23 ID:P8MrOQOI
>>420
ないものはつくるしかない。つくるしかないさ。

422 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 21:13:58 ID:VFaCAk7e
前に張られてたハイレグHPのSRCで洗脳光線あったな。

423 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 23:26:36 ID:PUEDJj0r
ギャラガのトラクタービーム…
いや、なんでもない。

424 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/13(火) 23:34:18 ID:ANU2A3nU
て言うか自機が捕虜になって…
いやなんでもない

425 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 00:30:15 ID:3E+GprHt
半熟英雄でやられた味方将軍が次ターンに敵で登場

426 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 01:07:45 ID:vAKkBh0C
つ【将棋】

427 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 01:12:56 ID:SgzWlohv
流れを切るようで悪いのですが動画を編集できる環境が
整ったのでちょっと作ってみました。
ttp://www.toel.sytes.net/~toel/index.php
にあるtest.zip
解凍パスはsennou
素材の持ち合わせが無いのでこのぐらいしか…

428 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 01:29:40 ID:fFz4mw1l
おお、美麗でGJ。

429 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 01:44:35 ID:9lEgRKnF
スパロボの寺田、そろそろ後任に任せて違うタイトルに着手しないかなぁ
この人、絶対洗脳好きだろうからこのスレ的にピンポイントなゲーム作ってくれるような気がするんだけどなぁ

430 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 02:09:19 ID:T/quWZ83
>>417
PC原人の最初の作品は
最後のボス以外全部ボスの生み出した卵の力で操られてたと思う
軒並み男だが、ムーンプリンセスとかいう姫が姿を変えられて出てきていたな(彼女は卵による描写は無いけど)

本来はピンク色でネッシーみたいな姿してたけど、人間体に変えられてメカと一緒に出てくる
メカが原人に攻撃しているのを高いところから椅子に座って見物しているんだが
メカが敗れると体が光って元に戻るっといった物だった
当時は子供だったから良く意味が分からなかったが、今思えばこのスレ向きだったかも
・・・・・・といってもほとんど知る人がいないだろうに長々語ってすまん

431 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 02:30:40 ID:f7Pi3Ovr
キモい

432 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 02:36:52 ID:6++y7rjy
気持ちいい!

433 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 10:57:05 ID:a/ESOzwY
>>430
そうなのか
PC原人持ってるけど全く気付かなかったw

情報サンクス

434 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 12:16:51 ID:02ehtS/Q
ワイルドアームズは良いなあ…どうせならその過程をねっちり詳しくだな…

435 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 16:08:59 ID:WgkrjMBc
そう言えば今日でネギまは最終回ではないのか。

436 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 16:30:49 ID:YipkUNGI
>>434
WAに操りあるん?
kwsk

437 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 16:47:04 ID:02ehtS/Q
>>436
俺がやってるのはPS2のリメイク版なんだが。

OPタイトルが出てしばらく放っておくとイベントムービーが始まる。
内容は主人公の仲間の過去話。んでラストで主人公の仲間を逃がすために1人同僚の女剣士が残るって奴なんだが、
しばらくプレイしてたらその娘が敵の四天王の1人として出てきた。洗脳されてるっぽい。

438 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 17:26:24 ID:SMqeLYs2
>>436
WAはシナリオが昔の熱血漫画とか特撮モノに近いから
燃えるシチュエーションの1つとして洗脳はときどきあるね。
437の奴はアルターコードFのエルミナ、レディハーケンだね。
主人公の1人と同僚以上恋人未満の関係だったけど
敵に捕まって肉体改造と記憶消去を受けて魔族になってる。
最期に過去の記憶を全部取り戻すものの
罪を償うためにあえて最期まで敵として戦って最後は死ぬ。
特定のフラグクリアすると過去の記憶を全て失って復活するけどね。

他には
PSの2では主人公達を指揮していた兄妹がラスボスと一体化する。
3では自ら魔族の肉体になって引っ込み思案だった人が美人になるってのがいる。
さらにコイツはストーリー中で美人の女性の体をのっとってた。
4はとくになかったな。5はまだやってないのでなんとも。

439 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 18:51:15 ID:T/quWZ83
>>433
という訳でこんな画像になる
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79815.jpg.html(出現)
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79816.jpg.html(ラスボスを模したメカが出て、こいつと戦う)
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79817.jpg.html(メカ撃破)
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79818.jpg.html(体が光る)
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi79819.jpg.html(元に戻る)
この段階では彼女の国って言うか月がラスボスに抑えられてるから力が出ずに灰色の体してる
そういや名前勘違いしてたな

・・・・・・1989年の作品だから、他の人の嗜好に合うか分からないが、その辺勘弁を

440 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 19:29:19 ID:Jr7Jf3Zw
>>438
5にも特になかった(悪堕ちする男キャラならいるトカいないトカ)
このスレ的に該当してるのは1のレディハーケンだけだろう


ていうか、その2の説明、嘘は書いてないが本当のことも書いてない
形がないために攻撃が効かない異次元からの侵略者(ラスボス)に自分の肉体を与えて、
主人公達に自分もろとも撃破させるという燃えるシチュだッ!

441 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 19:31:56 ID:kT8FOBdQ
まあ妹を孕ませて出来た赤ん坊を媒体に肉体与えて、子宮の中へ入り撃破するというなかなかグロい展開だったけどな

442 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 20:00:04 ID:xgnWHD6z
バッファローマンみたいだな。。

443 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 20:22:03 ID:7BYJGh83
しかも、そのラスボス戦終わってからがまた熱い。
……5には全くなかったな。こっち側の属性は。
まあ、某ゴーレムと同じ名前の闇アヴリルとか、
レベッカを黒い服に着せ替えて脳内妄想してハァハァするならアリ?

444 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 21:36:57 ID:pjgMZW+P
ワイルドアームズってそんなゲームだったのか。
てっきりテイルズシリーズみたいなノリなのかと思ってた。

445 名前:433 :2007/03/14(水) 21:39:56 ID:a/ESOzwY
>>439
サンクス
全クリしたハズだが記憶がないw

難易度設定の時に出てくるネッシーになるのか
なるほど

てーか、PC原人で機が20とか巧すぐる

446 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 22:12:24 ID:K95drnBD
>>443

あとは、マイナーだけど、WATV(アニメ版ワイルドアームズ)では、
ジーナが操られてライラになってたとかあったなl。

弱気な女の人が仮面つけられて女神ライラになってた。

447 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 22:24:59 ID:T/quWZ83
>>445
昔取った杵柄
ともかく、難易度設定ってことは2だろうな
2はそんな要素微塵も無かったはず
画面はあくまでも初代のだからな

448 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 23:40:13 ID:SMqeLYs2
>>444
テイルズとWAは大分違うぞw
ノリでいえば一昔前の熱血漫画とか
ウルトラマン、仮面ライダー、ゴジラみたいな特撮パワーが満開。
正直プレイヤーを選ぶw

449 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/14(水) 23:58:59 ID:a/ESOzwY
>>447
なるほど
素晴らしき勘違いorz
すまなす

450 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 00:27:27 ID:TOHo2kOo
>>448
最新作でもゴーレムと称してスーパーロボット同士がどつきあいしてたな

451 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 00:47:25 ID:lov5B8FE
いや、WAのゴーレムは昔からスーパーロボットなんだぜ?

452 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 01:37:20 ID:GifMiX1m
また動画を作ってみたのですが…画質の割りに容量が…
中身もよく考えたらようつべにある奴だし…
前と同じところでファイル名はtest2.zip
解凍パスも同じです

453 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 02:28:11 ID:v11l3+gC
クスハきたな。シャインにくらべるとあれだが

454 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 02:30:09 ID:1YNJHkJ9
うんキタね。
最後の方だからぞんざいになる気がするけども。

455 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 03:12:28 ID:UkeYGxs3
こっちは一週遅れで連れて行かれたとこだぜ。

456 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 03:29:43 ID:UkeYGxs3
しかもEDの途中で謎の砂嵐に見舞われたぜ。

457 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 03:54:54 ID:1YNJHkJ9
分かったからもう寝ろ。
こんな時間に誰も居やしないよ、また明日な。

458 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 03:58:53 ID:CMHwYs5S
WAのシャドウがセシリアに変化した時の
網タイツに萌えたのは俺だけでいい。
偽者なのが悔やまれる…。
いや、あれはセシリアが悪堕ちしたブラックセシリアなのだ、と
脳内補完しておこう。

459 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 05:02:45 ID:IF183yXC
>>458
アルターコードFの方だっけ?

460 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 12:22:40 ID:V6Ai9drY
>>448でテイルズの名前が出たことだしテイルズの悪堕ちについて考えよう

…なんかあったっけ?

461 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 12:29:28 ID:vFhVwy9F
>>460
デミテル

462 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 12:34:30 ID:OyZDExn2
メイアーではないか?
あとすずの両親とか。

463 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 12:45:30 ID:yssQK6pk
コレットとプレセアの虚ろ目が一番にでてくる俺 orz

464 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 12:55:12 ID:Q84/I+f5
458だがsage忘れスマソ。

>>459

うん。

WAでもテイルズでもないけれどサガフロのエッグとかは?
未プレイなんだけれど確かエッグを手にした所有者の心を
蝕んで悪に染めていくんではなかったっけ?

あとマジカルバケーションに直球な悪女堕ちがあったことを思い出した。


465 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 12:59:01 ID:Q84/I+f5
>>464

すまん。sageの最後の一字間違えた。
スクウェア信者じゃないし狙った訳じゃないんだ。
許してくれ。

466 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 14:56:04 ID:vJ58z68c
アルティメットだと悪になるというよりも
所持する卵を孵化させるための行動をとる様に導く、じゃなかったかな。あれは。

467 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 14:58:23 ID:ioQATFpL
暇だー、なんかクレ

468 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 16:06:19 ID:yssQK6pk
何を言ってるんだ?ここでクレクレしても何も出ないぞ。

するんなら違うスレ行け。

469 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 16:14:38 ID:hQvJyj1C
>>467
クレクレならこのスレのほうがいいと思うぞww

http://pc9.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1171614778/

470 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 17:02:33 ID:0RElbbEu
TOP
すずの両親、メイアーだな。
僕が必ずダオスをd(ry

TOD
父親、緑川(ゾンビ)だな。
小説の方ではメイドが操られるみたいだが読んだ事ない。
沙那可愛いよ沙那

TOE
メルディ母とメルディは闇の極光術のせいでネレイドに乗っ取られた。
メルディは途中で正気に戻ったけどな。
後はレグルス道場の師範が身体乗っ取られて隠しダンジョンで出てくる。
いつもの自分の身体に封印。後に乗っ取られ。
種割れするとリッドが極光術に目覚める。キールは知らね。

TOD2
無い。穴子が登場するぐらい。

TOS
コレットとプレセアの感情がロストする。そんぐらい。完全にスレッドから離れている。
コナンがシスコンとクラトスがUSN軍大佐ぐらい。

TOR
wikiでは妹が途中でボスになるとかなんとか。プレイした事ないから分からない。
主人公がシンアスカで妹狂いが共通しているぐらいかな。

TOA
無い。ネタも絡みづらい。どうでもいい。

TOT
知らん。プレイした事ない。買う気も無い。

なりだんは知らない。2を持っているけど確か無かった。

リメイクも知らん。買っていないし。

こんぐらい。後、>>465はバラバラにしたから大丈夫。

471 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 17:05:21 ID:vFhVwy9F
マルス騎士団長

472 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 17:44:16 ID:vJ58z68c
TOSは設定で化け物になった母親が息子食い殺そうとしたってのがあったよね。確か。
微妙に属性違うけど。

473 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 18:04:00 ID:orsndwZm
>>470
TODでマリアン(メイド)が操られるのは漫画の方だったと思う
リメイク前はダリスがマリーの記憶を故意に消してたからそこから無理やり妄想は出来るかもしれない
リメイク後は谷から落ちたショックで記憶喪失という情けないもの
あとリメイク後は操られてるのは父親(ヒロインの)だけになってる
追記するとTOSはラスボスがコレットの体に姉の魂を移すつもりだったが姉は善人そのものなので妄想保管すら無理
TORとTOL間違ってるな
TORは後半はガジュマ達(獣人みたいなの)がヒューマ(人間)に対して憎悪の感情を強制的に持たされる(発露だったかも)
あとヒロインとガジュマの女王の意識が入れ替わるけどこのスレ向きの理由ではない
TOLは妹がボスになるけど操られてというよりはただの嫉妬
ついでに言うと実はシスコンでは無い。ステラって叫んでる部分のほうが共通してる
TOAはガイの姉のレプリカとかネビリム先生とかが妄想として使えるようで使えない厳しい設定

474 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 18:12:59 ID:0RElbbEu
>TODでマリアン(メイド)が操られるのは漫画の方だったと思う
そうだっけ?俺漫画持っていたけど操られていなかった気がするんだが……まぁいいか

>追記するとTOSはラスボスがコレットの体に姉の魂を移すつもりだったが姉は善人そのものなので妄想保管すら無理
購入する前にマーテルと戦えるかとwktkしていた頃が懐かしい。
化物化はロイドの母と人間牧場の婆さん、プレセアの妹だっけ。

>TORとTOL間違ってるな
そもそもレジェンディアとリバースを間違えていた俺。確かにユージーンと戦っていたな。

訂正サンクス。SOって確かこのネタ無かったよな……

475 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 18:34:28 ID:orsndwZm
>>474
小説も漫画も持ってないで真偽はわからないが
wik(テイルズオブデスティニーの登場キャラクター)のマリアンの項に 以下のように書いてる

啄木鳥しんき版では、最後に成り行きで手にしていたソーディアン・ベルセリオスに体を乗っ取られてしまい、
スタン達は彼女と戦うことになってしまう。

476 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 18:37:49 ID:Qzj8TlHC
SOは2の漫画版(と、そのアニメ版)があるだろ。
原典だとアレンぐらいか。

つーか、なんだか男が乗っ取られるパターンが多い気がするのはどういうわけだ。

477 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 18:46:18 ID:X4e1sSZ2
漫画とアニメのSO2にはアレがあったな

478 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 18:58:25 ID:Q84/I+f5
SO2はセリーヌ絡みの、パーティーほとんど&レナ百合堕ちネタがある。
レナ主人公で物語終盤のファンシティでのプライベートアクションで
惚れ薬の効力でファンシティにいる人間がセリーヌの虜になるという話。
(男女関係なく)で、レナも最後は薬の効力で理性を失い、
セリーヌに突如として積極的になり
お姉さまのこと大好きと詰め寄るところで薬の効力終了…orz

その後は「あれ?私何を」→恥ずかしいという流れ。

それとラスボス…の娘さんは最後吸収されて…
あれって悪堕ちなのでは?

少なくとも世を忍ぶ仮の姿の時に、博愛的だった性格が豹変したので
人格変化でもいける俺は萌えた。


479 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 19:16:30 ID:ksrLNtsU
ToSといえば
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime11139.png.html
こんなのを拾ったが

480 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 19:58:53 ID:09wx2FNz
プレセアとコレットか。どういう状況何だろうな
まあマスターゼロスって書いてるから悪落ちではなさそうだが

481 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 20:02:21 ID:0RElbbEu
後ろにいるの……ミトスじゃないよな……

482 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 20:35:50 ID:oeXBNqGK
こんなのもあった
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime11143.png.html

483 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 20:40:49 ID:i43TeRBQ
ttp://puka-world.com/php/upload/niji/img-box/1173958807246.png
勝手に上げなおしてみるテスト

484 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 21:19:56 ID:lov5B8FE
こ れ は い い コ レ ッ ト

485 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 21:24:45 ID:mwXPzn2d
女王様化が好きな俺にとってはたまらん…
大人しい女の子がSになるのってツボなんだよなあ

486 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 21:56:10 ID:V6Ai9drY
>>470
なりだんは3がテイルズワールドだっけ?
あれだと結構敵に洗脳されてる仲間が出てくる

487 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 21:57:17 ID:yssQK6pk
洗脳や調教などで悪の女幹部になるヒロインww

488 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 22:05:27 ID:qs25UKNO
>>487
ttp://masatomaikata.blog55.fc2.com/blog-entry-166.html

489 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 22:11:39 ID:SWWStBMI
よく続いてんね。

490 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 22:19:47 ID:xZEvwF4z
そういや昔ここでテイルズネタ描いたっけなー、懐かしい。

491 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 22:56:15 ID:tJKQFSsJ
ところで、昔TOPの女キャラ悪コス絵がUPされてたよな。
俺はあれを見て、ダオス城のトラップでちりぢりになり、
一人になってしまったミントがEVILEYE?ってモンスターに遭遇。
攻撃能力の全く無いミントは美味しく以下略。
って想像をしたんだけど、あの絵持ってる人誰かUPして頂けませんか。

492 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 22:56:24 ID:km2JfXae
>>485
あれ・・・?なんで俺がここに・・・

493 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 23:07:54 ID:tJKQFSsJ
そういえば、某所で発見したブツ。
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime11156.jpg.html

494 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 23:15:38 ID:lov5B8FE
>>493
なんだこりゃw

>>491
ミント、アーチェ、すずのやつか? ならあるが。
作者さんに許可取らずに再うpってもいいものか。
作者さん、未だにここ見ていらっしゃっるなら反応してくださいな。
個人的には>>490の人あたりが怪しい。

495 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 23:18:21 ID:ksrLNtsU
マグニス様ワロスw

496 名前:493 :2007/03/15(木) 23:21:00 ID:tJKQFSsJ
それのタイトルが、「コレット“様”でしょ、豚が」。

497 名前:490 :2007/03/15(木) 23:21:16 ID:xZEvwF4z
>>494
はい作者です。
何か覚えてくれた人がいたのは嬉しいな。
しかしあの絵今見ると出来がな〜……
いや、再UP希望かけられて拒否なんて出来ないけどね。

498 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/15(木) 23:23:26 ID:uYX+MQm7
再UP頼みます orz

499 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 00:33:35 ID:Rk17f0To
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime11165.jpg.html

テイルズ再うp
パスは sennou で。

500 名前:178 :2007/03/16(金) 01:54:05 ID:B0YAg6dS
こういうところに投下するSSは使える(堕ちる)描写を早めに書いたほうがい
いのでしょうか。反転堕ちが好きな自分としては堕ちるまでの心理描写とかを
重視して書いている節があるのですが、それだと「堕ち」に達するまでそれな
りの量の文章を読まなければならなくなります。
ちょっと、今後の作品を書く際の参考までに…

501 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 02:04:19 ID:YR0aicRs
読後感をライトにしようと思ったら手早い方が良いと思うけど
堕ちメインで描きたいんだったら濃密に書いた方が良いと思うよ
個人的にはエロも大事だけど抗いきれずにだんだん堕ちていくのを読むのが好き

502 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 03:02:27 ID:864+r62y
2chで個人趣向を語る事がどれだけ無意味な事で
それを聞く事がどれだけ無意味か分かってるのか
聞いたんだから俺の嗜好を優先して書けってなるだけだ
媚びずに書きたい様に書けば良いんだよ
どう書いた所で批評家気取ったオタの餌にしかならないんだから

503 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 03:05:12 ID:oY3y6N6U
>>464
ゲーム中ではミスティって女がエッグ持って支配されてたけど持つ前の描写なし
ヒロインのジニーがエッグ持ったイラストならいくつか見たことあるけど

>>497
アレの絵師さんでしたか、お世話になってます
俺も時間できたらテイルズ絵うpしようと考えてる
ミントとすずは洗脳される要素ありそう

504 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 11:48:02 ID:aRH5O3yj
>>500
どっちでも大丈夫な俺がいる。

書いていてちょっと長くなりすぎるかなと思ったらtext保存でうpすればおk

505 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 18:16:40 ID:j/Ex14rR
「韋駄天翔」 第37話 「恐怖のダークエンブレム」
http://www.youtube.com/watch?v=2KCSKZ4-lxI

「アンタ達も仲間になりなさ〜い!!」


506 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 18:53:15 ID:2HnCXSLq
最近怪人化のほうに目覚めちまったようだ。

507 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 20:09:34 ID:ABhnkAF5
春のようきのちからをみせてやうr−
やるきがでない

508 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 22:22:45 ID:Bhog8t3w
>>506
パワパフzのセデューサみたいなの?

509 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 22:49:00 ID:BvuNd1rn
>>505
ふざけんなよボケ!!www
ちょっと期待しちゃったじゃないか!!
オマエようつべ板にも貼っただろソレ。



510 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 23:26:08 ID:2HnCXSLq
>>508
そうそう、そんな感じ。

511 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/16(金) 23:36:44 ID:4J8aO1lJ
今までの流れからいって韋駄天翔のまともな動画がうpされるわけがなく。
グロ動画とかうpされてそうなんでリンク踏まない。

512 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 00:08:13 ID:NFgW2LXS
釣られた人へ…
ttp://www.youtube.com/watch?v=dlgbAIPi2nM

513 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 00:34:44 ID:mO4kRAzn
OGアニメで、クスハが洗脳されていたのに、
折角の「私は…帝国監察軍の兵器…」がなかったので、悔しくて、ドラマCDうp。

傘 jyuuyon27919.zip pass:sennou

514 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 00:53:35 ID:Fy4BVdQg
>>512
ちょ・・・おま・・・そんなん貼るんなら
マジで37話の動画貼ってくれやww

515 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:12:02 ID:mO4kRAzn
>>514
ふ……ふふ…誰もが動画編集可能な環境を持っていると思うなよ馬鹿ァー!ウワーン!!

516 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:36:27 ID:Fy4BVdQg
>>515
一応、動画自体は持ってるのか?

517 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:38:27 ID:mO4kRAzn
>>515
まァな。

518 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:41:04 ID:mO4kRAzn
>>516
ミスった。まぁ、持ってはいる。

519 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:41:05 ID:gUzfXBgv
>>506

520 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:41:56 ID:gUzfXBgv
>>506 俺もだ!でも最近はあんまりないよな?どんなん見てる?

521 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:44:24 ID:Fy4BVdQg
>>518
おお・・・持っていたのか。
じゃあ、是非ともうpしてくれよ。
一応、ようつべに動画うpの仕方がここに
載ってると思うので、是非とも宜しく頼むよ。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=YOUTUBE++%E4%BF%9D%E5%AD%98&lr=

522 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:47:44 ID:Fy4BVdQg
>>518
あ、スマソ。
もしかして、DVDやビデオで持ってるのかな?
だとしたら、確かにPCに落とす機材がいるよね。
でも、もし動画でPCに保存してるなら、ようつべにうp出来ると思うよ。

523 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 01:49:11 ID:mO4kRAzn
>>521
すまない。俺は英語が読めない。そんなに回線も早くない。他の人を当たってくれ。

524 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 02:10:59 ID:Fy4BVdQg
>>523
そうか・・・。
スマソかったな、残念無念だ・・・・。

525 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 02:48:58 ID:I5hKf9JG
お前あのスレの>>1か?

526 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 02:50:17 ID:Fy4BVdQg
>>525
あのスレって?

527 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 02:51:14 ID:albEwK0i
>>525
だめだよ餌をあげちゃ

528 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 03:02:59 ID:TZxZ158B
kok


529 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 03:06:13 ID:TZxZ158B
間違えた…

あっち規制受けてるんでこっちに
http://www.youtube.com/watch?v=fpvxst8wskM

530 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 03:19:14 ID:Fy4BVdQg
>>529
ボーグマンだww
テラナツカシス。

531 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 07:11:34 ID:aclEfktg
単純に敵にたらしこまれて悪堕ちする主人公やヒロインというジャンルはないんでしょうか?

532 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 07:24:58 ID:rEavmDhI
Zガンダムのレコアさんとか魔装機神のシモーヌが浮かんだ
あとエロゲーは女神大戦に期待してる

533 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 07:45:08 ID:eJGwqDTR
おまえら…RPGでの洗脳っつったら里見の(ry

534 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 08:06:35 ID:rEavmDhI
そういや野口賢のジャンプ漫画「柳生烈風剣連也」はこんな話
異国の敵にさらわれた憧れの姉を追って海を渡った主人公が見たものは
女忍者の誇りを捨ててかつて自分を倒した男の下士官にして情婦に成り下がった姉の姿
おまけに男との睦言で「連也から私を守って…」なんて言うのを聞いちゃったり

535 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 08:55:47 ID:lqFdxyeX
>>533
しんぱい 入りません


536 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 12:04:11 ID:mPLpuClv
>>520
正直無いからきっしんさんとこので楽しんでるぜ。

537 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 13:34:29 ID:aeNHOMjc
>>534
ああ、あれか。
あのマンガは微妙に悪落ちっぽかったけど
洗脳じゃなくて、自分の意思だからなぁ・・・・。
でも、何となく切なかったぜ・・・。

538 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 13:43:34 ID:albEwK0i
どっちかというと寝取られのような気がする >> 蓮也


539 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 13:50:01 ID:aeNHOMjc
今朝の、サルゲッチュで女の子がピポザルに変身させられてたぞ。
あれも一応、悪落ちじゃねえ?

540 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 14:59:34 ID:aeNHOMjc
これは先週のだけど、サル落ちしてるよww

http://www.youtube.com/watch?v=mgRPhr9Em4g

541 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 16:45:16 ID:gUzfXBgv
>>536 とりあえず、怪人化が多いのはセーラームーン無印、セーラースターズ、ZENKI、まじかるカナンあたりだけど色気はあんま求めないほうがいいかも。

542 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 16:53:21 ID:XsY2A+r+
その辺りは当然押さえているだろう。最近のが無いって事じゃないか?

543 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 17:00:39 ID:RM5koQsf
ピポヘル被らされて操られるってならいいんだが
ピポサルになっちゃなぁ

・・・怪人化?
いや、怪人化スキーの人もアレは萌えないだろうなぁ・・・

544 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 17:14:13 ID:s7b5+zfT
どう考えても退化ですほn(ry

桃は未来からやってきた連中に身体乗っ取られるんじゃなかったっけ?

545 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 18:13:29 ID:FVxhF6vQ
ピポヘルって人間が被ると天才が出来上がるはずなんだがな…
元々が人間用だし

546 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 20:26:45 ID:GsXFm6as
ほほぅ・・・姦染2 −淫罪都市−が6月発売予定か・・・

547 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 22:36:55 ID:Fby/zrYc
ネタの呼び込み

548 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/17(土) 23:52:05 ID:mAB7uVsJ
>>546
社員だろうといわせてもらう

期待してるぞ

549 名前:178 :2007/03/18(日) 00:54:57 ID:Y3nddVZ4
テラスSSの続編を投下します。例によって今回は導入部で堕ちはないですが。

『1000年後の慟哭』

そこは、世界のどの地図にも記されていない孤島。草木が生い茂り、野鳥が群れをなして
飛び、浜に打ち付ける漣の音のみがが辺りに木霊する人の喧騒から隔絶された自由空間。
当然、人の姿など見えようも無いと言いたいのだが、驚くべきことにそこには動いている
一体の人影が存在した。
木の上をまるで地面を進んでいるかのごとく駆け抜けるそれには、藤色の髪の間に雄雄し
い二本の角と狐を思わせる耳、腰には九本の尻尾を生やしている。
部族間の混血が進み、各部族の特徴が絶えて久しくなった現在においてなお残る純粋な聖
龍族と獣牙族の証。
その者の名は白面九尾クオン。かつて神羅連和国初代皇帝サイガに仕え、聖龍族隠密部隊
『朧衆』を束ねる『絶影』の名を受け継いだ忍術の達人である。女性として始めて『絶影』
を名乗った彼女は、己の正体を主人であるサイガにだけ明かし、人前に出るときは必ず仮
面を身に付け決して素顔を明かすことは無かった。
そして、サイガがその天寿を全うしたとき、人知れず人前からその姿をくらませた。サイ
ガの墓標の前に置かれた狐の面。四代目絶影が残したものはそれだけだった。
人々は主人に殉じて後を追ったなどと噂をしあったが、時が経つにつれてその存在を忘れていった。

それから900年、クオンは弟であり獣牙族の知恵袋と呼ばれたセツナと共にこの絶海の
孤島で隠居生活をしていた。その存在を秘匿していたクオンはともかく、セツナはその才
を惜しむ名士から幾度となく仕官の働きかけが行われてきた。しかし、セツナは決して首
を縦に振らず、この島から出て行くことが無かった。
クオンもセツナも出て行かない理由があったのだ。一つは、過去の存在である自分達が現
在ある道を切り開いていくわけにはいかないということ。そしてもう一つ、過去から託さ
れた重要な使命のために。
(だが………正直、もう生きている事に飽きてきた気がする………)
木の間を駆け抜けつつ、クオンは心の中で呟いた。
(サイガ様………、我々の使命はいつ果たされるのでしょうか………)

クオンが森の奥深くにある自宅に戻ると、中から弟のセツナ以外の人の気配が感じられた。
もともと人里から隔絶されたところにある上、自分達から島を出ることは無くそのの存在
も半ば忘れ去られたものであるため、他人の気配を感じるというのは数年ぶりと言ってもいい。
だが、逆に考えれば物見遊山や偶然で人がここを訪れることもまず無いので、なにか世界
に重大な動きがあったと推測も出来る。
クオンが扉を開けて中に入ると、中には神羅連和国の兵士三人とセツナが顔をあわせていた。
「セツナ、この者たちは」
クオンの問いにセツナが振り向く。その顔はいつに無く真剣な面差しである。
「姉上………、皇魔族が動きをおこしたようです」
「………皇魔族、だと」
クオンの眉がわずかにつり上がる。兵士達の言葉によれば、中央宮殿の『聖龍石』が皇魔
族の手によって持ち出され、マステリオン復活を目論んでいること。そして、それに前後
して世界各地で皇魔族と思しき連中が跋扈し始めるようになったこと。太平の世に慣れき
った兵士、魔道士は皇魔族に対し有効な策をなかなか見出せない、ということ。
「それで我らに善後策を授けて欲しく、中央宮殿へ登城して貰いたい、とのことなのです」
「そうか………。皇魔族が、か………」
(サイガ様、やはりあなたの懸念は正しかったのか…)
「姉上、ここは一刻も早く中央宮殿へ………」
「いや、私はここに残る。中央宮殿へはセツナ、お前だけいけばいいだろう」
無気力に部屋の奥に引きこもろうとするクオンの手を、セツナはしっかと掴んだ。
「何を言っているのですか姉上!光龍帝が我らをこの時代に残したのも、全てはこの時
に備えてのものだという事、忘れたわけではありますまい!」
「助言を授けるくらいお前だけいれば十分だと考えたからだ!その手を離せ!」
クオンは強引にセツナの手を振り解くとバタン!と自室の扉を閉めてしまった。
「………、申し訳ない。しばし姉と話をするゆえ、表に出ていてはくれまいか」
心底申し訳ない顔をしてセツナは、呆然としている兵士達を家の外へと促した。

550 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/18(日) 00:58:59 ID:Y3nddVZ4
部屋の扉を閉めたクオンは、自己嫌悪で顔を歪ませたまま寝床である筵の上に突っ伏した。
何もせず、ただじっと突っ伏していた。
隣の部屋から三つの気配が消えていくのがわかる。どうやらセツナが兵士達を外へと出したようだ。
「………聞いているかい、姉さん」
隣の部屋からセツナの声が聞こえてきた。
「僕たちを光龍帝が呼び出したときの事、覚えているよね」
聞かれるまでも無い。神羅連和国が立ち上がってから暫くして、自分とセツナは光龍帝サ
イガ様の前に呼び出された。
「俺達はマステリオンを倒すことは出来た。だが、奴の魂までは滅ぼすことが出来ず、聖
龍石に封印するのが精一杯だった。これだといつの日か、聖龍石を奪ってマステリオンを
復活させようとする連中が出てくるとも限らない。
だから、その日に備えてこれまでの闘いを知る者を残していかなければならないんだ」
サイガ様はご自分の師匠であるライセンとその弟子のシオン。そして自分達兄弟を後世に
残すために選んだと語られた。ライセンの持つ不老長寿の術を施し、永き永き時を歩めと。
「これは非常に残酷なことだ。自分達だけ時の流れから乖離して生き続ける事になる。周
りの人間が老いさらばえても生き続け、孤独な生を歩み続けることになる。
だけれど俺は鬼となってこれを誰かに頼まなければならない。いつかマステリオンが復活
したときにそれに対抗できる人間がいなければならない。俺達が出来なかったマステリオ
ンを滅ぼすことが出来る人間が現れたときに、それを手助けする人間がいなければならない。
クオン、セツナ、俺は君達を信頼しているからこそ選んだんだ。やって、くれるか…」
「それが………、君命とあらば」
忍者に主君の命令は絶対である。鸚鵡返しに応えたクオンに、サイガは苦い顔をした。
「クオン、これは『絶影』へ『光龍帝サイガ』が下す命令じゃない。サイガという個人が
クオンという『個人』に対して『頼みごと』をしているんだ。これを受けたら、君は普通
の人間としての人生を送ることは出来なくなる。それでもいいのか?と聞いているんだ」
じっとクオンを睨み付けてくるサイガに対し、クオンは心の中が燃えあがってくるような感動を覚えた。
(ああ、この人は私を未だに人間として見てくれている。これほど嬉しいことがあろうか)
聖龍族と獣牙族のハーフとして生まれたクオンとセツナの幼少時は、それこそ数え切れな
いほどのいわれ無き差別を受けてきた。獣牙族の仲間からは半端者と蔑まされ、挙句の果
てにはクオンは人買いに拉致され聖龍領域に連れてこられ、脱走したところを朧衆の先代
に保護された経歴を持っている。だが、聖龍地域でもその耳と尻尾から迫害を受け、外に
対して心を閉ざしていたてきたクオンを救ったのは、他でもないサイガだった。
いつものように周りの人間からいじめられていたとき、突然現れていじめっ子を追い払い
笑顔で「大丈夫?」と言われたとき、人の好意をほとんど受けたことの無いクオンはただ
戸惑うしかなかった。
先代からその少年が次期聖龍王と知らされたとき、クオンはその少年こそ自分が一生使え
るべき主と決意し、血の滲むような修行の末『絶影』の名を継承し、朧衆を束ねる存在となった。
ある日、サイガの寝室に忍び込み現聖龍王にすら見せていない素顔と素性を明かしてみせ
た時も、サイガは優しく微笑んで「これは俺たちだけの秘密だ」とこっそりと言った。
私はこの方のために生きている。この方の願いを、何で断れようか。
「サイガ様が私を選んだのは、この私で無ければ勤まらないと考えてのことでありましょう。
ならば、私は喜んでその『願い』を聞き入れます。これは絶影としての義務ではなく、ク
オンとしての意志です」
「クオン………、すまない。いや、ありがとう………」
とても悲しそうな顔をするサイガにクオンは切なさを感じると同時に、今この瞬間だけサ
イガの心の中が自分で満たされているという奇妙な優越感も感じていた。

551 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/18(日) 01:01:21 ID:Y3nddVZ4
「あのときの光龍帝の言葉、忘れたわけではないよね」
「………もちろんだ…」
「だったら、今こそ光龍帝の思いに応えるのが僕たちの勤めじゃないのかい?」
「………」
「姉さん、やっぱり、今の皇帝の………」
「すまないセツナ!少し、考える時間をくれ!お前は先に中央宮殿に行くんだ。心が固ま
り次第、私も絶対に行くから、今は………」
最後のほうはもう涙声だった。セツナはまだ何かを言おうと逡巡していたようだが、クオ
ンの決意が固いと見たのか何もいわずに家の玄関を開けて出て行った。暫くしてクオンが
部屋から出てくると、セツナと三人の兵士はこの場を後にしていた。
「すまない………、セツナ………。私は、弱い女だ………」
自己嫌悪に包まれたクオンは、時が経つのも忘れ部屋の中に立ち尽くしていた。

その日の夜、クオンの耳に扉を叩く音が入ってきた。セツナたちが帰ってきたのかとも考
えたが、それならばノックをするのはおかしいと思い、用心のために小柄を持って扉を開
けると、そこには中央宮殿の鎧を身につけた二人の女兵士が立っていた。
「クオン様………、ですね?」
「そうだが…、お前達は何者だ?」
「我々は皇帝陛下の名代として参上いたしました。是非とも、こちらのお話を聞いてくだ
さりますようお願いいたしたいのですが」
『陛下の名代』、クオンの眼が一瞬細まったが、特に何も語らずクオンは立っている二人を家の中へ促した。

椅子に座った蒼い鎧と紅い鎧の二人にそれぞれ目配せすると、クオンは話を切り出した。
「それで?一体どのようなものなのだ?貴公らが持ってきた話は」
「はっ、皇帝陛下におかれましては国家の危急の折、その回避のためにクオン様のご協力
をいただきますようようにとのことで我々を派遣した次第です」
「その件なら既に我が弟を遣わしている。私が出来ることなど、弟に比べたらたかが知れたこと」
「そんなことはないです。クオンさまにはクオン様にしか出来ないことがあるはずです!」
「我々もクオン様なら皇帝陛下のご希望をなすことが出来ると思い、ここまで来たのです」
沈着冷静な蒼い方と元気一杯の紅い方はステレオとなってクオンに言い寄ってくる。
「どうか、是非とも我々とともに、皇帝陛下の御前に参上なされますよう、重ねて、お願い申し上げます!」
机に突っ伏さんばかりの勢いで頭を下げる蒼い方。顔には必死さがありありと浮き出ている。
「なるほど。そこまで思いつめているとは…、世界の情勢も相当混沌としているのだな。
うん、わかった」
「では、来ていただけるのですね!!」
紅い方の顔がパァッと輝く。蒼い方も安堵の息をついているようだ。
「だが、断る」
しかし、クオンの口から出てきたのは明確な否定の言葉だった。
あっけに取られる二人だったが、すぐさま蒼い方が憮然として立ち上がった。
「どういうことですか?!これほど頼んでも、断るというのですか?!」
「ボクたちだってお使いできているんじゃないんだ!イヤならどうしてイヤなのか、説明してください!!」
凄い剣幕で怒鳴る二人に対し、クオンはあくまでも冷静に、しかし冷徹に答えた。
「私だって情のある人間だ。人にあそこまで頭を下げられて、無視するなどという外道な真似はしたくはない
しかしな………」
クオンの眼がギラリと光る。
「私はな、『人間ではないもの』と約束をする気はないのでな」
「え………」
「何を、言っているんですか?!」
何を言っていいのか解らず戸惑う二人にを前に、クオンはふらりと立ち上がった。
「いくら外面を誤魔化そうが、その内面から滲み立てくる邪悪な気配までは隠しようが無い。
ましてや、この『絶影』の前ではまやかしなど無意味なものだと知れ!!」
クオンは神速の速さで、懐に隠し持っていた小柄を二人に投げつけた。小柄は呆然として
いる二人の眉間に正確に吸い込まれる………、よりも速く二人は身を翻し、小柄は家の柱
と壁に深々と突き刺さっていた。
「ふふ………、こうもあっさりと見破られるとは。流石は『絶影』ですわね」
「まあ、こっちとしてもこんな子供だましに引っかかったらそれこそ拍子抜けってもんだけれどね」
それまで被っていた人の仮面をかなぐり捨て、二人はその邪悪な本性を露わにしだしていた。
「なるほど…、こんな辺鄙な世捨て人のところにも出てくるとはな…。正体を見せろ、皇魔族!!」
長年愛用している忍刀を逆手に持ち、クオンは目の前の二人に身構えた。

552 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/18(日) 01:02:52 ID:Y3nddVZ4
「ええ、構いませんわ。そろそろこの姿にもうんざりして来たところですしね」
その瞬間、二人の全身から瘴気が溢れ出し、クオンの前に仮初の姿を脱ぎ捨てた皇魔族が現れた。
蒼い鎧の方は猛々しい角を生やし、両掌の長く伸びた蒼い爪をカチカチと鳴らしている。
紅い鎧の方は黒く雄々しい羽を伸ばし、短い髪をザワザワと逆立てている。
「私の名前は蒼龍獣士キキョウ」
「ボクの名前は紅翼獣士カルマイン。白面九尾クオン、あんたを始末しに来たんだよ」
まるで力を誇示するかのように、二人の皇魔族はクオンと対峙していた。
「ところでクオン様………、我々が皇魔族だということ、いつ頃見破っていたのですか?」
「聞くまでも無い………、お前らが家の前に立っていたときからだ」
「気づいていてなお、私達を家の中に招き入れた………。随分と余裕ですこと」
「気に入らないよね………、その態度!!」
不機嫌そうに顔を歪めたカルマインの掌から、クオン目掛けて火炎魔法が放たれた。当然当たるはず
も無くクオンは難なくかわすが、それを皮切りにキキョウとカルマインがクオン目掛けて突進してきた。
キキョウの掌が唸りを上げて空気を薙いだと思えば、カルマインの大きく開いた口から覗
く牙が肉を引き裂かんと振り下ろされる。片方の攻撃をいなしたらもう片方の攻撃が飛んでくる。
息の合った二人の攻撃にクオンは防戦一方だったが、攻撃を受けるということはなかった。
そのような構図が暫く続いた後、突如キキョウとカルマインは後ろに飛んで間合いをあけた。
「さすがに………、しぶといねぇ。でも…」
「一回も反撃をしてこないとは…。いえ、できないのですか。
1000年生きた伝説の存在とはいえ、所詮人間ではこんなものなのですかね」
嘲りを込めた二人の挑発にも、クオンはその表情を変えることは無かった。
「でも、そろそろ遊びにも飽きてきましたわ…」
キキョウの角が蒼い光を帯び始める。
同時にカルマインの羽も紅い光を帯び始めた。魔力を集中しているのが傍目からもわかる。
「アハハッ。こいつで、消し炭も残らないくらい燃やし尽くしてあげるよ。狐の丸焼き、一丁あがりってね…」
その言葉に、それまで無表情だったクオンの眼がスゥッと細められた。
「ぶつぶつ言っていないでとっととぶっ放ったらどうなんだ?大体、魔力を集中する為に自分達に隙が出来す
ぎている。そんなものが実戦で役立つか。素人かお前らは」
あまりにも大層な暴言に、それまで歪んだ笑顔を浮かべていた二人の顔が一瞬きょとんと
し、その直後烈火の如く表情を燃え上がらせた。
「な、な!なんだとーっ!!バカにしやがってぇーっ!!」
「木偶の坊の分際で、随分な口を叩くのですね!!」
一気に沸点に達したのか、キキョウもカルマインも金色の目を怒りで爛々と輝かせ、鬼の
ような形相でクオンを睨み付けた。
「実戦で役立つか否か、御自分の体で体験なさいませ!!『転異悪雷(てんいあくらい)!!』」
「魂まで燃やし尽くしてやるぅぅっ!!『炎招奔暑(えんしょうほんしょ)』ぉぉっ!!」
キキョウの角からは荒れ狂う稲妻、カルマインの羽からは渦巻く火炎が放たれ、クオン目
掛けて襲い掛かった。稲妻と炎はクオンを舐め尽くしただけでは飽きたらず、家の壁、柱
梁を悉く飲み込み、その全てを爆砕していった。
稲妻と炎の奔流が治まったとき、そこには瓦礫となった家だったもののみが残されていた。
「フ、フフフ!アハハハハ!!大きな口叩いてこの様かい。ザマーミローッ!!」
「あまり大言壮語な態度をとるから、このような無様な最後を遂げるのですよ!」
目の前の不快な敵を蹴散らした快感からか、キキョウとカルマインは大声で腹の底から笑
い続けた。あたり構わず、ひたすらに笑い続けた。
「アハハハ………、ああおかしい。この事もちゃんと報告しないといけないね」
「そうね。こんな面白い話、滅多に無いもの………」

「ふ〜〜ん。で、誰に報告するんだ。その話」

ありえないところからありえない声が聞こえてきた。ギョッとなって振り返った二人の視
界に、焦げ傷一つ追っていないクオンの姿が入ってきた。
「バ、バカな!!」
「なんで、生きているのぉっ?!」
狼狽し、慌てふためく二人に対し、クオンは薄笑いさえ浮かべていた。
「だから言っただろう。あんな隙の大きい技は実戦向きではないと。おまけに狙うのが私とわかって
いる以上、放たれたのを見てから避けるなど造作も無いこと。あまり『絶影』をなめないでもらおう…」

553 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/18(日) 01:04:04 ID:Y3nddVZ4
「私達の技を………、見てから避けたっていうの?!」
「こいつ………、本当に人間?!」
あまりにも実力に差がありすぎる。一気に形勢が逆転したことを悟り、キキョウとカルマ
インの顔に冷たいものが流れてきた
「さて、家も粉々に吹き飛ばされてしまったし、少しお仕置きをして上げなければいけないな」
二人の目にもはっきりとわかるほど、クオンの体から殺気が溢れ出てきた。ただ、先程ま
で自分らが放っていた燃え上がるような殺気とは違い、秋の風のように涼やかでいて静かな、
氷のように透明な殺気だった。
この場から逃げよう。そう頭の中では考えた。しかし、蛇に睨まれた蛙のように足が竦んで動かない。
いや、一歩でも足を踏み出したら最後、地面に自分の惨殺死体が転がっているであろう様を容易に想像
できてしまう。そのため、二人とも踏み出すどころか瞬きをすることすら出来ずにいた。
クオンが右目の眼帯に手を掛け、紐を解いて右手に掴んだ。眼帯の下から現れた瞳は、左
目の鮮やかな緋色とは対極の、澄んだ青色をしていた。
「これは浄眼といってな、貴様ら魔の者の力を封じ込める力を持っている。もっとも、力
が強すぎるから普段は眼帯で封じているがな。
そして、これは使い方しだいでこういうこともできる…」
眼帯を地面に落とし、左目を閉じたクオンは胸の辺りで両手で印を結び、何事か呟き始めた。
クオンの右目が少しづつ輝きを増しているように見える。いや、それは現実に輝き始めていた。
透き通るような青い光が辺りを照らし始め、後ろで燃えている家の炎すら呑み込むほどだった。
「な、なにこの光…、目を開けていられないよぉ!」
「なんて………、忌々しい光、なの…」
腕で顔を覆い、苦しそうに顔を歪める二人を尻目に、右目の光はますます輝きを増していく。
そして、集まりすぎた青い光が白く輝くまでになった時、印を組んだ手を前方に突き出して叫んだ。
「外道どもよ、輪廻の道へと回帰しろ!『六道輪廻(りくどうりんね)』!!」
クオンの裂帛の気合とともに、集積された光が光弾となってキキョウとカルマインに襲い掛かった。
「ぐはっ!!」「うがぁっ!」
避ける間もなく光弾は二人の腹に突き刺さり、木の葉のように吹き飛ばされた二人はその
まま林の中へと突っ込んで、木に体をしこたま打ち付けていた。
「くそぅ…、体が動かないよぉ…」
「なんという…、強さ…」
全身を襲う激痛に息をすることさえままならない二人に、クオンはゆっくりと近づいてきた。
「今のは少し手加減してやった。今お前らを殺してしまってはお前らの後ろにいる存在を
知ることができないからな。さ、喋ってしまえ。地上にいるお前らを束ねる存在を。
そうすれば…、楽に殺してやる」
「そ、そんな風に言われて喋るわけ………、ガハァッ!!」
肩肘を突きつつ毒づくカルマインの腹に、クオンは容赦なく蹴りを入れた。
「だったら息絶えるまでありとあらゆる責め苦を与え続けてやろう。そう言えばお前、私を
狐の丸焼きにするとか言っていたな…。だったら………」
逆手に構えたクオンの刀がギラリと光った。
「私はお前の四肢と羽をむしりとって、照り焼きでも作ってやろうかな」
その目は、どう見ても本気だった。
「ひ、ひいいいぃっ!!」
恐怖におびえるカルマインの瞳に、切っ先がじわり、じわりと迫ってくる。
「じゃあ、まずは右腕から…」
その右腕に刃がぴたりと触れた時、カルマインは声を限りに泣き叫んだ。

「た、助けてぇっ!!テラス様あああぁぁっ!!」


554 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/18(日) 01:12:00 ID:Y3nddVZ4
「テラス………、だと?!」
刀を動かす手がピタリと止まった。この皇魔族は何を言っているんだ?!テラスと言えば
今の地上世界の皇帝の名前。恐怖のあまり気が触れたのか?それとも、同名の他人なのか?
「おい貴様!テラスとはどういうことだ。答えろ!」
あくまでも刀を突きつけたまま、クオンはカルマインに問い掛けた。その時、

「クスクス…、クオン様、あまり私の下僕をいじめるのはよしてくれませんか…」

クオンの背後からどこか人を小馬鹿にしたような声が流れてきた。クオンが振り返ると、
そこには一人の皇魔族の少女が佇んでいた。
黒い角、青い肌、金の瞳、黒い羽、いずれもクオンが過去に対峙してきた皇魔族の特徴と一致する。
しかし、問題はそこではなかった。それらの部位を構成している素体に、クオンは衝撃を受けた。
「皇帝………、陛下?!」
背後に佇む皇魔族…、その姿はどう見ても自分が知る皇帝、テラスだった。

今回はここまでです。神羅の地上世界ではクオンは最強に近い実力の持ち主なので
簡単に堕とすことが出来ず、まずは先の二人に噛ませ犬になってもらいました。
ちなみに神羅は公式データが極端に少ないので、ここに書いてあるものは殆どがオレ
設定です(クオンの眼帯の下とか必殺技の六道輪廻の仕様とか)
次でじっくり堕とすクオンの堕ワードは『完全なる独占』です。どのようなものに
なるかは次のUPまでお楽しみに。


555 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 01:23:34 ID:0yTXE/l2
骸かよw


だが乙

556 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 02:39:13 ID:JpsFhhJI
期待して続きを待ってるおっおー

557 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 10:35:16 ID:81SPlngg
ぐっじょぶです
むしろ公式設定が少ないからこそ二次が映えるんじゃないですか

558 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 13:20:31 ID:g2yUV8Vl
劇場版ケロロ軍曹にも操りあったよ





主にギロロが

559 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 18:09:22 ID:7wK9hx7e
コミックボンボンの時のロックマンX2のブラックゼロの邪悪さが今でも忘れられません。

560 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 18:32:55 ID:z2ULXYUN
ヴェドゴニアの弥沙子だけは忘れられない俺

561 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 20:36:29 ID:cnqpmBwB
マイメロのクロミが操られる件。
・・・惜しい!人間verだったなら・・・

562 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 22:43:44 ID:rXiZvSTN
なんか違うかもしれないけど
ttp://www.lilith-soft.com/anime/product03.html

563 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 22:44:29 ID:rXiZvSTN
ごめんアゲてしまった…

564 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 22:56:35 ID:2BtQwFIE
これはこれで俺好みだぜ。

565 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 22:58:32 ID:aKE7vVcQ
LiLiMの女神大戦なんかは期待できるかな?敵に悪堕ちした元女神がいるけど・・・
敵の淫魔が主人公を狙ってるから、主人公敵側寝返り。女神たちを悪堕ちさせて・・・・って流れがあったらいいのだが・・
しかし、サキュ&ヴァスってどう考えても一昨年の戦隊物のあのキャラが元ネタだな^^

566 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 23:03:50 ID:g2yUV8Vl
ナイと

あれの映画にも操りあったな

567 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 23:43:02 ID:o3y2g61l
怪人化に便乗するけど、メインでもサブでも良いから怪人化するエロゲーって有る?
そのギャップが良いもんで。
セラムンやZENKIは今でも現役です。

568 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/18(日) 23:46:57 ID:kzyWtcha
ペルソナドライバーにヒロインの従姉妹だかが怪人にされるのはあったけど、改造後で登場だったからなぁ・・・
あとはナユタでサブヒロインが触手人間になったくらいか

569 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 00:53:02 ID:8X31B3cA
>>567
アイサイガーPに怪人化バッドエンドがあるキャラがいる
Hシーンない上に最後のCGがムチャシヤガッテのAA風味だからなんか笑えてしまうけど

570 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 01:09:18 ID:tEDduAxf
魔ヲ受胎セシ処女ノ苦悦はヒロインが異形化するな

571 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 01:21:36 ID:5GkUMeZ6
>>570
あれはよかったな。
敵の親玉になっちゃうEDが2つもあったし
途中で洗脳もされてたし。

572 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 01:35:01 ID:tEDduAxf
>>571
うん、腹ボテ上等とリバ原がマイナス要因だけど
去年出たエロゲのなかではオレ的に上位の出来だと思ってる

あと洗脳要素が薄いし方向性も少し違うけど、
EXTRAVAGANZA〜蟲愛でる少女〜
もヒロインが異形化するENDがあったな

573 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 12:36:31 ID:VD0NBYxN
魔ヲ受胎ってリバ原係わってたっけ?プロデュースかなんかで?
ってかネット上で頭を下げて反省して見せた香具師に対してマイナス要因とか、
しつこくね?

574 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 14:03:13 ID:mUWv/8Sx
それはそのなんだ
リバ原乙とでも言えばいいのか

575 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 15:11:57 ID:qL+Og0oF
アンチの異常な粘着ぶりっつったら、某みるくそふとスレの「にうアンチ」がすごいぞ。
いったい何年その話題を引っ張るのかと。

576 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 16:13:10 ID:QlJ04hd0
アンチ云々より>>573の必至さが痛い
荒らしか?

577 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 17:03:38 ID:6KKeb6XN
>>570
タイトル的にひぎぃのとこかと思ったら違うんだな…

578 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 17:40:28 ID:uq+TiD06
>>576
おまえの必死さも直した方がエエぞ
あと漢字もな

579 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 18:16:27 ID:sqsQv0jr
>>578
お前も必死だな

580 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 18:22:20 ID:/LxiqcRb
俺も必死だよ。

581 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 18:24:11 ID:+ErVZl1i
みんな必死になるよう洗脳されてるっ!?

582 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 18:30:59 ID:QllqZNSu
しかし洗脳に全力は無い
全力は無いんだよ、、、

583 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 18:49:42 ID:tEDduAxf
あー、荒れちゃてるようで申し訳ない

リバ原がマイナス要因って言ったのはさ、
ゲーム内のクレジットやスタッフコーナーを見れば深く関わってる事が
明らかなのに公式サイトでもドコでもその事には一切触れてないんだよ
それが漢らしくないからヤダって事なんだがね

実際に>>573もリバ原が関わってるって知らなかったろ、つまりそういう事。
過去に何やってようが良い作品作ればユーザーは買うんだから
堂々として欲しいって思うわけだ


584 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 18:59:22 ID:h7IEg3yh
サルゲッチュ 23話

http://www.youtube.com/watch?v=gSVtOpccGr8

585 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 19:04:01 ID:xuAaEAkP
>>575
あのスレ未だ土山にう叩きやってんのか、マジ何年越しだよw
つーかそもそもスレが残ってる事に驚いた。

586 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 19:14:24 ID:cp0D1lpn
エ○フ関係なんかさらにもっちりべたべただぞw

587 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 19:19:30 ID:PUoyCtW1
以上の番組はコナミの提供でお送りいたしました。

588 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 19:24:09 ID:h7IEg3yh
ハピラキビックリマン 19話

http://www.youtube.com/results?search_query=bikkuriman+19


589 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 20:31:26 ID:m+bWE7HA
超スレ伸びてるからわくわくてチェックしたんだが、良く分からん流れでがっかりだぜ・・。

590 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 21:12:04 ID:IuxltM++
>>588
縁縄如天萌えw彼女マクロ化してくれれば良かったのに
そういや15話の助士すいさいがなってたな
5話辺りでヴィーナス白雪もなってたけど、あれはちょっとな…

591 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 21:17:47 ID:0wpqMkg5
>>590
やっぱ、旧ビックリマンの様に十字架タンの
モロな悪落ちが来て欲しいよなぁ。
折角、声優に池澤を起用したんだから、ドスの聞いた声で喋るくらいの
悪落ちキボンだww

592 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 21:31:09 ID:IuxltM++
まだ20話くらいだし、そのうちシリアスになるって話もあるからな
これからの展開に期待してるぜ

593 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/19(月) 21:54:19 ID:d97//J3X
詳しく語るとネタバレになっちゃうからアレなんだが
映画「SAW」シリーズってある意味このスレ的要素あるな

594 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 01:10:19 ID:dfPJiagj
そう?? あんま関係ない気がするけど

595 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 01:54:16 ID:LPvsbzVU
SAWだね。

596 名前:567 :2007/03/20(火) 02:06:19 ID:K4k/yhBX
何か自分の書き込みから変な方向に行ったみたいで申し訳ない。
上げてもらったものはチェックしてみます。ありがとう。

597 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 03:40:50 ID:I1UF1ECQ
オレンジ「いいか、命令だ。○○を全力で見逃せ!」

598 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 04:22:10 ID:o9ABQJtc
とりあえず三階級降格か、オレンジ畑か選んでください。

599 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 05:14:03 ID:2+l/8emk
で挙句の果てには改造実験体か

600 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 05:32:08 ID:tohNOSjW
>>567 まともな返信じゃなくてすまんが、セラムンやゼンキの中では何が好き?俺はセラムンのカタリナさんの妖魔化、ゼンキではヒロインの友人が花の怪物になるのがツボだね。

601 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 08:29:07 ID:/PjPV85d
ヌゥさんは逆洗脳だな

602 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 10:14:18 ID:sD3YJ5dD
保管庫から絵師さんたちが消えた…

603 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 10:57:35 ID:IiJWn/nB
そもそもZENKIは原作の漫画が憑依で肉体変異するネタばかりだしな

604 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 12:59:33 ID:o9ABQJtc
ttp://www.game-style.jp/westnine/200703/19/01wvn_wv.php
文章だけ読めば超ストライクゾーンなのに……。

605 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 14:54:12 ID:sD3YJ5dD
そうかぁ??

606 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 15:37:16 ID:1flSlFl8
>本作は、催眠治療による人格改造という重いテーマだが、日常シーンでのヒロインたちの明るく優しいやりとりに逆に癒されることも。キミの力で、ぜひ完治させてあげよう!

後半が無ければまだ…。
俺はシンフォニックナイツに期待してるんだが…。
悪堕ち&悪コスルートあるよね?

607 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 16:15:23 ID:2+l/8emk
・・・SKシリーズは基本そういうのは無かったような

608 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 16:21:20 ID:AB7vLhel
>>607

つ【レディリリコ】

609 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 16:36:04 ID:eQb6yBbJ
PTでもダークプリンセスがあったな

今までのSKシリーズから考えるとENDの1つとしてあるくらいで本編は堕ちたとこで終わりだろう

610 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 18:29:54 ID:Ap6vGGj5
ダークプリンセスというとクロ氏が製作中の同人ゲーが頭に浮かぶ今日この頃


611 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 18:33:22 ID:eEDmA9Kp
あー結局赤ずきんの悪堕ちSSも投下無しか……

612 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/20(火) 18:39:31 ID:K4k/yhBX
>>600
セラムンではスターズの♀ファージ全般かな。
ZENKIは弓道部の先輩やさやかがカルマ獣になったのがお気に入り。

613 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 05:33:00 ID:D4bqR9A/
253
>>114からの流れ見て何となくイメージが沸いたのでちょっと描いてみた。
赤ずきんの悪バージョン。
見れないのでほかに見れる場所知りませんか?




614 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 11:02:01 ID:1I6CgbFB
日本語でおk

615 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 11:24:01 ID:gqy6FwdT
洗脳ヒロインどこ洗脳されてるんだよ。。。

616 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 13:55:58 ID:IuS0hmBn
パスとおんね

617 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 14:00:54 ID:jKhuqhXH
洗脳というか、操り・催眠がメインだなあ、
なんか趣旨を間違えている気がする。

618 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 14:49:55 ID:1I6CgbFB
E=mc^2の「潜入捜査」に勝る洗脳モノが無い

619 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 15:13:37 ID:N7bozByU
「そう・・・あの男は君に何をしてくれたんだい?
妻と娘の君を置いて、正義の為と家族である母娘を顧みない・・・
キャプテンジャスティオンをTVで見る時間と君があの男と過ごしている時間
どちらが多いだろうねぇ?
・・・君の授業参観な時も、母親の事故に君が傍らで泣いて居た時も
あの男は別の″大事故″とやらで居なかったをだろぅ?
せんな父親や正義・・・君が守る価値が有るのかね?

私はね、君が信じる″正義″と言う物に疑問を持ってるんですよ。
君や、君のお父さんは幸せなんですかな?
貴女が″正義″などというあやふやな物に
都合よく使われているだけじゃないか
と・・・心配しているのですよ、私はね。
これは説得なんです、今の貴女にはそう感じられないかも知れませんが・・・ね。」



「黙れ悪者め!」

620 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 17:12:56 ID:AgMBq7rB
悪落ち?バターカップ

http://moe2.homelinux.net/src/200703/20070314487619.png

621 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 17:16:33 ID:G1gdEGpP
>>620
悪堕ちというか本家パワパフにあった
SPAWNコスのバターカップじゃないか?

622 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 17:41:56 ID:AgMBq7rB
>>621
そうだったのか・・・。
てっきり悪落ちかと・・・・スマソ。

623 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 17:42:53 ID:zTmRmnwD
バタ子の親はプロレスラーだからな

624 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 18:15:06 ID:R2curxuk
てかスポーン自体のデザインが悪人みたいなんだよなw

625 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 19:18:25 ID:7zI0KGNa
あんなのはバタカじゃねえ派の俺だが>>620はいいな

626 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 19:59:39 ID:fcOoOAMt
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi81048.jpg.html

新OP見た事ない?
3人がコスプレで出てくるシーンで登場する衣装だよそれ
まぁスポーンだな

627 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:17:36 ID:G1gdEGpP
>>626
ああこの組み合わせだわ本家の方であったのと同じ
Zは見たことないんだよ…

628 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:18:10 ID:EWh1l4nL
まあ脳内変換してハァハァするから問題ないがな。
さて、おかず用の携帯壁紙に加工するか……。

629 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:24:29 ID:2CRMUbzg
ところで、このスレ的にはコロコロ&ボンボン系のアニメや
漫画の洗脳はあまり語られないのかな?
もし需要があれば、コロコロ&ボンボン系のノリで
将棋SSを書いてみたいと思ってるんだけど・・・・。

630 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:32:56 ID:jKhuqhXH
コロコロボンボンか・・・
ダッシュ四駆朗とかオーマイコンブ世代の俺には
もう遙か過去の記憶になっちまったが、
期待してるぜ!


631 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:54:17 ID:2CRMUbzg
ベイブレードやビーダマンみたいなノリだけど・・・
まぁ、一応書いて見ますね。

632 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:54:18 ID:dkQQmM+1
煽りじゃなく素朴な疑問なんだがなんでそんなに将棋ネタにこだわるの?

633 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 20:56:28 ID:2CRMUbzg
>>632
いや・・・アイテムを使った洗脳ネタに使いやすいからなんだけど・・・。
ダメ・・・?
まぁ、将棋っつっても、実際の将棋のようなバトルじゃなくて
あくまでも、将棋をネタに使っただけなんだけどね。

634 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 21:09:15 ID:dkQQmM+1
自分がもしSS書くなら普通にアニメ漫画あたりが妄想の元なのでちと不思議に思っただけ
あなたの書きたいネタで書くよろし
将棋はヤンジャンのハチワンダイバーを楽しめる程度には知ってるし
(関係ないがヒロインを賭けた勝負で今週主人公が負けてしまって妄想はちきれそう)

635 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 21:51:15 ID:ZEcdUfLG
>>623
ジャム男が上半身裸で暴れまわってる絵を妄想しちゃったじゃないか

636 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 22:04:44 ID:Ckdnf5mA
ttp://www.youtube.com/watch?v=r8nFEeES2No
ttp://www.youtube.com/watch?v=KcrLlVMBPXU
ttp://www.youtube.com/watch?v=hk1eujlB4nU
SRWOG23話ktkr

637 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 22:48:26 ID:t/UPdgfM
Ohh

638 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 23:05:34 ID:fcOoOAMt
>>627
あ、そうか
ヒーローのコスプレする話な、あったわあった
バブ子「わたしうさぎさん」
バタ子「それはヒーローじゃないでしょ」
って奴だよな
そうか、なんでうさぎの格好してるのかずっと不思議だったが、ソレカ!

このOPはこれ以外に、元祖ガールズ型のメカが3体ゲッター合体して
陸海空のダイナモになるのとかがあってなかなか

639 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 23:13:40 ID:aax6qBmP
>>630
轟け!一番とかザ・ゴリラとかの世代のオッサン(俺)よりもマシですよ。
花の菊千代とか知ってる?

640 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/21(水) 23:21:53 ID:XiRTWjae
つロボトライ

641 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 00:17:44 ID:bY0uzG8G
>>640
なにその俺が「洗脳」って単語を知った漫画

642 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 00:26:09 ID:/xtSZqL/
mod 5 03803 akuoti
前にも似たようなのUPったけど、悪堕ち風紙芝居。
ストーリーとかはありませーん

643 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 00:45:11 ID:SGslpwUq
>>640
調べてみたら、このロボット覚えてるわー
なんか>>641が言うように洗脳シチュがあったような気が・・・囁くのか、俺のゴーストが・・・・・・

>>642
GJ!
欲を言えば天使の羽根があるなら、堕ちた後は悪魔の羽根と尻尾があるといいなあ

644 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 05:27:00 ID:1d3K852I
テーマは馴れ合いの雑談と妄想
そして監視と晒し上げ

645 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 08:46:43 ID:nQRWQsvz
大体そんな感じ。
ギャグマンガ日和。

646 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 10:29:56 ID:wmAwAMH4
        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *   悪い子ちゃんにな〜れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

647 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 13:32:28 ID:4WdKAsKC
>>646
何なりとご命令を・・・ご主人様・・・・www

648 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 14:30:34 ID:DPTKYrqo
>>646

649 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 21:39:01 ID:9LiliWF5
>>646
一瞬、ピルナスを思い出した。
…ルネは残念だった…。

650 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 22:14:57 ID:Y/RoaZs4
>>618
『洗脳』に関してならあれはかなりイイね。
作者が分かっている人だけにありがたい。

>>646
ルネの過去の台詞で(*´Д`)ハァハァ

651 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 23:20:06 ID:CRS2yXvX
悪堕ちに期待してナユタやったら、
全然関係ないロリ化萌え属性が付いてしまった
_| ̄|○

652 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/22(木) 23:32:35 ID:rgI/IM3Z
それもまた茨の道だな

653 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 01:10:54 ID:HjIFHDhK
>>649
那田野狐のSSは良かった

654 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 03:20:51 ID:+aWDfGsq
洗脳前
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi81322.jpg.html

事故でうっかり洗脳
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi81322.jpg.html

洗脳後
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi81324.gif.html

655 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 03:26:58 ID:gAIxpI5S
うわああああああああああ


656 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 03:27:05 ID:cFO3KMv0
↑コードギアスネタばれ

明日の放送待ちの人は見ないほうが良い
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

657 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 03:27:07 ID:Wl7zqaQR
最初の二つは被ってるぞ

658 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 03:28:41 ID:+aWDfGsq
>>657
ichi81323だった 失礼

659 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 04:00:06 ID:Dp4J5VTb
コードギアスのユーフェミアでおっきした。
悪堕ちとはちょっと違うが、ギアスの力に抵抗→支配されてキチガイ言動の流れはよかった。

660 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 04:08:35 ID:UPu7gbc+
最終回間近で大物が来たなw
我慢して見続けた甲斐があったよ

661 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 04:43:24 ID:Sd31D3wk
以前このスレで情報があったサイトでさ、
ブログをOHPにしていて魔法少女(?悪堕ちモノのゲームを作成しているサイトってどこでしたっけ?
ちと探そうとしたけど見つからなかった…情報希望

662 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 04:50:29 ID:cFO3KMv0
>>661
つ カオティックブリード
  ttp://chaoticbreed.blog90.fc2.com/

>>1のテンプレにあるリンク集からいけるでー

663 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 08:08:45 ID:M7g9EjXx
>>659
あの抵抗がまた良いんだ……。

664 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 08:57:50 ID:UYyOI3k5
コードギアスみたよー
こりゃタマラン(*'Д`*)

665 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 13:33:48 ID:8g201Bxx
>>656
ウザイ奴だな
お前みたいな奴がバレするなとあちこちで暴れてるんだ

666 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 14:09:46 ID:VNW9Ly0Z
まだ少し先の話だが、
名作エスカレイヤーを生んだアリスソフトが
新たな変身ヒロインものを発売予定みたいだぜ。

667 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 14:10:54 ID:zVFAay1I
ttp://www.geocities.jp/yuji_batta/fanworks.html
何かあった

668 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 15:37:51 ID:1Wf8T5uy
エスカレイヤーにもスレ該当シーンあるの?

nana32133
もっと画質が良ければなあ・・・

669 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 15:58:50 ID:rpx2q7hX
>>668
エンディングで悪堕ちのと、敵生命体の苗床となるのがある
エロさは半端ないy

670 名前:661 :2007/03/23(金) 16:50:16 ID:Sd31D3wk
>>662
面目ない。どうも有り難う!

671 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 17:09:13 ID:YOzzVmZr
真・鬼畜エンドだな。あれはよかった最後のヒロインの台詞が・・・・・

672 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 19:08:30 ID:o3Uv53vO
>>656
見ないで助かった
人柱に感謝

673 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/23(金) 20:54:24 ID:uYHlbyH+
エスカレイヤーは俺の青春。

674 名前:178 1000年後の慟哭 :2007/03/24(土) 01:15:25 ID:dYSCh1f0
年度末でなかなか書く時間を取ることが出来ず、とりあえず出来ている分を投下します。

「皇帝陛下…、そのお姿は一体…」
クオンは最初、我が目を疑った。皇魔族が世界中に跋扈している現在、テラスはそれに対
抗するための中心となるべき存在だ。しかしよりにもよって、その当人が皇魔族であるとは!
そのようなこと、あるわけが無い。と思いたかった。
「フフッ、どうかしらクオン様?全てのしがらみを捨て去った私の姿は。まるで生まれ変
わったかのような、清々しい気分なのですよ。あ、本当に生まれ変わっていますけれどね、私。
クオン様、闇って、よろしいものですのよ。全てを包み込み、何もかも等しくしてしまうんです。
なにもかも、みたくも無いものまであるがままを暴き出してしまう光に比べて、ずっと素晴らしいと思いません?」
口に手を当て、クスクスと微笑むテラスの姿は心底嬉しそうだが、そこにクオンは底知れ
ぬ闇を感じていた。まるで心に潜む暗黒面が全てを曝け出し、今のテラスを形作っているように見えた。
「でも、さすがにお強いですわね。あそこに無様に転がっている二人に命を取るよう命じ
たのですが、まるで歯牙にもかけないとは。まあ、そうだろうとは思いましたから、私が
ここまで来たのですけれど。
そうそう、あの二人、元は人間だったんですけれど私の手で皇魔の体と心を与えてあげたのですよ。
どうです?くだらない人間という殻から開放された二人の姿は。美しいと思いませんか…」
「な、に………?」
元、人間?!皇魔の体と心を与えた?!あの二人の皇魔族は、人間だったというのか?!
そのような恐ろしいことをさも自慢げに話すテラス。そこには血の通った人間性は感じられなかった。
「陛下………、魔道に堕ちてしまわれたのか………」
悔しさからなのか、クオンはギリッと唇をかみ締めた。口元から赤い血がツゥっと伝い、赤い筋を形作った。
「嫌ですわクオン様、そんな怖い目で睨まないでくださいよ。まるで仇でも見るような目じゃないですか…
あ、でもクオン様、以前私とあった時もそのような目をしていましたね。なぜなんですかぁ?
私を見ていると、誰かを思い出したりするんですか?」
「ぐっ………」
ほんの何気ない一言。だがその一言がクオンの胸にぐっさりと突き刺さった。
「あの時は本当に怖かったのですよ…。今にも命を取られそうな殺気を感じてしまって、
部屋に戻ってからもブルブルと震えが止まらなかったのですからね…」
手がわなわなと震え、頭に血が上ってくるのが嫌でも感じられる。
確かに、テラスが即位したときにセツナとともに謁見をしてきた時、一目見た瞬間過去に
自分が封じてきた想いが一気に蘇ってしまい、その場で不適当な表情をしてしまった覚えはある。
だがそれは、決してテラスに向けていたものではない。自分の捨てきれない過去に向けて
いたものだった。そう信じていた。はずだった。
「私、1000年前の事を知る部下から聞いていますのよ。クオン様って、私のご先祖様のサイガ様
にだけ、ご自分の素顔を晒していたことを。やっぱり、自分の主人にはありのままの姿を見て欲しか
ったんですか?まさか、顔だけじゃなくって生まれたままの姿をサイガ様の前で晒したんじゃないですか?」
「………お黙りください………」
「でも、クオン様はサイガ様と主君と部下以上の関係は結んでいないんですよね?そうでなかったら
こんな辺鄙な島に弟と二人っきりで住んでいるはず、無いんですもの」
「…………黙………れ…」
「あ、それともセツナ様は弟と表向き言っていますけれど、実はクオン様の息子とか、
なんてことは、ないんですかぁ?で、夜の相手を………」
「黙れ、黙れ!だまれぇ!!」
いわれ無き中傷を並べ立てられ、クオンの怒りが遂に爆発した。腰から伸びる九本の尻尾を
天にも届かんばかりに逆立て、全身から周りの空間が歪むほどの怒気を発散している。
「テラス様、例えあなたが神羅連和国の皇帝であったとしても魔道に堕ちたその身、ここで
見逃すわけにはいきません!後ろにいる二人共々、ここで始末させていただきます!!」
目の前に切っ先を突きつけられたテラスだが、その態度はあくまでも悠然としていた。

675 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/24(土) 01:16:47 ID:dYSCh1f0
「何をかしこまっちゃっているのよ、私に図星を疲れたから単純に怒った。だから私を許さない。
素直にそう言えばいいのに」
「まだ言うかぁーーーっ!!」
雄叫びとともにクオンはテラスに突進し、手に持った刀を一直線にテラスに突き出した。
例え姿は皇魔に変じていてもテラスに自分の動きが見えるはずが無い。テラスが何かしよ
うと考えようが、それを実行に移す前に自分の刀がテラスの首と胴を切り離すことが出来る。
クオンは頭に血が上っていながらもテラスと自分の身体能力を分析し、自分の方が遥に上
と結論付けて攻撃に移っていた。
しかし、瞬時に迫ってくるテラスの顔には、酷薄な笑みが張り付いていた。まるでクオン
のことを見下しているかのように。
「………『癒屍の光(いやしのひかり)』」
その瞬間、テラスの金色の瞳から『黒い光』がクオンの視界一杯に放たれた。
「ぐぅっ!!」
油断していたこともあって、クオンはその黒い光を正面から受けてしまった。黒い眩しさ
に目が眩むというありえない感覚にクオンの本能が警戒感を発し、瞬時に身を翻してテラ
スからの距離をとった。
(しまった………、油断をしていた。まんまと嵌められてしまった………)
恐らくテラスは最初からあれを狙っていたのだ。自分を激高させて真正面から突っ込ませ
るよう誘導させ、労せずして自分に攻撃を浴びせられるように仕組んだのだ。
(とりあえず、目が見えるようになるまで時間を稼がないと………)
と、そこまで考えたときに気が付いた。
先程まで聞こえていた家が燃え盛る音が聞こえない。いや、自分の正面にいるはずのテラ
スの気配も感じることができない。
(これは…、目どころか感覚器官全てをやられたか?!)
だとすると、一ヶ所に留まり続けるのは危険だ。茂みなりなんなり、一時身を隠さないと
命にかかわる。
幸い900年近く住んでいた場所だ。さっきまで立っていた位置と自宅があった方向を考
えれば、どっちに跳ねれば林があるのかはわかる。自身の勘を頼りにクオンは一足飛びに
林のある方向へ飛び込んだ。しかし、脚をついたところには草の感触は感じなかった。
(どういうことだ?!勘まで狂ったというのか?)
幸い少しづつ機能を回復してきた瞳をゆっくりと開いてみる………。すると、そこはあた
り一面『闇』一色の世界だった。黒などという生易しいものではない。ただ自分の存在だ
けが感じ取れ、それ以外は何も存在していない『無』の空間だった。
「なんだと?!これは一体どういうことだ!!」
もしかすると、あの黒い光のせいでまやかしにでも掛けられてしまったのかもしれない。
「くそっ…。返す返すも迂闊だった…」
こうなっては仕方が無い。一刻も早くまやかしを打破しないと反撃すらままならない。ク
オンはふうっっと一息吐くと瞳を閉じ、静かに心を落ち着け始めた。目に入るもの、耳に
聞こえるものが偽りのものである以上、物事の本質を捉える心の目、心の耳を開けなければならない。
見るのをやめ、聞くのをやめ、ただ心に感じるもののみに全神経を集中する。そのような中、
クオンの心にほんの少しだけ違和感を感じるものがあった。何もない『無』の空間の中、
明らかに感じる『他のもの』の存在感を。
「………、そこだ!」
カッと目を見開き、刀を構えて突進するクオン。その先には
「わっ、クオン!!どうしたんだ急に!!」
かつての主君………、サイガがいた。
「な!!」
サイガの存在に気が付き、クオンは慌てて立ち止まった。
それは、どう考えてもありえない邂逅。900年前に死に別れた………、いや、1000年前
マステリオンと死闘を演じていた頃の若々しい少年王のサイガが目の前にいる。自分がた
だ一人、忠誠を誓うべき主君と認めた人物が。
「バカな………、これはまやかしだ。サイガ様が、いるはずが無い………」
普通に考えたら、いま自分がまやかしにかけられているのだから、前にいるサイガはまやかしの存在である。
クオンも頭の中では理解している。だが、唐突に現れたサイガを前にして、その脳内は多少混乱を記していた。
「なにをしているんだ?いきなり襲い掛かってきたりボーっとしたりして。いつものクオンらしくないぞ」
諭すときに腰に手を当てる仕草、自分に対する気遣い。どう見てもかつてのサイガそのものだった。
でも、ここにサイガがいるのは断じてありえない。
「………こんなまやかしを見せるとは………。テラス様、あまりにも人が悪すぎますぞ!!」
どこにもいないテラスに向って、クオンは呪詛の言葉を吐き掛けた。

676 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/24(土) 01:17:49 ID:dYSCh1f0
「おいおいクオン…、テラスって誰だ?何をそんなに怒っているんだ?!」
「黙れニセモノ!!サイガ様の姿をこれ以上騙るならば容赦はしない!」
心の弱い人間が見たら射殺されそうな視線を向け、クオンはサイガに対して刀を構えた。
「ち、ちょっと待ってクオン!何で俺に刀を向けるんだ?!今はマステリオンとの決戦を
前にしているんだ。何があったかは知らないけれど、刀を向ける相手を間違えるな!」
「なんだと………?!マステリオンとの決戦?」
「そうだ!クオンも今は絶影の忍装束を脱いで、クオンとして中央大陸に発とうとしているんじゃないのか?!」
クオンとして………?!
言われてみて気が付いた。クオンは今、それまで着ていた黒い着物ではなく、1000年前
に身に付けていたクオンとしての忍装束に身を包んでいる。腰にはサイガの墓前に捧げたは
ずの狐の面も結び付けてある。
さらに言えば、周りも黒一色の閉ざされた空間ではなく、1000年前の聖龍族宮殿の裏、
聖龍木の袂となっていた。
「バ、バカな!ありえない!!」
ここはテラスによってつくられたまやかしの世界だ。目の前のサイガはまやかしだ。今の
自分の格好もまやかしだ。まやかしの………、はずだ。
「クオン、熱でもあるのかい?何か混乱しているんじゃないのか?」
サイガが手を伸ばし、突然クオンの額にかざした。心底心配そうにしている顔が目の前に迫ってくる。
「サ、サイガ様?!」
「ん〜〜〜………」
頭の中ではまやかしと決め付けていても、クオンはその顔を見た途端、何も手を出せなかった。
ひやりとした感触が額から全身に広がっていき、それに反比例してクオンの顔は真っ赤に染まっていった。
「あ、あのあの、サ、サイガ様………?」
しどろもどろになるクオンを前にしてサイガはじっと動かない。額にあたっている手がクオン
の熱をほんのりと孕んできたころ、サイガはゆっくりと額から手を離した。
「……………、熱は無いみたいだね」
「あ………、は、はい………」
毒を抜かれたように放心した表情で答えるクオンを見て、サイガはにっこりと微笑んだ。
「ようやっと落ち着いてくれたね。クオンはそうでなくっちゃ」
サイガが自分だけに向けてくれた笑顔。もう遠い記憶の片隅にしまいこんできたものが、
今ひとたび、自分の目の前に存在している。それを意識しただけで、鼓動が早鐘の如く胸を叩き始めていた。
(お、落ち着け…、これは幻だ。まやかしだ。偽者なのだ…。でも、でも…)
例え幻だとしても、再びサイガとこうして再び面を交えられる幸福を、クオンは心の片隅で享受し始めていた。
いや、もう目の前のサイガが幻かなどというのはどうでもよくなっていた。
強い意志を秘めた瞳、凛々しい顔立ち、少年としての雰囲気を多分に残し、背は自分より小さいのに頼りがいのある
存在感、そのどれもが、かつて自分が主君と認めた人物そのものであり、かけがえの無い存在であり、愛おしい存在だった。
「ああ………」
顔が上気していくのが嫌でもわかる。かつてサイガとは主従の存在であったが、その存在に拘泥するあまり
サイガとは『聖龍王』と『絶影』の関係でいることが通常で、『サイガ』と『クオン』として一緒にいたこ
とは殆どない。ましてや、こうして至近で触れ合うなどありえないことであった。
かつてクオンは、主君であるサイガの命令を叶える事、願いを聞き届けることを目的とし、
それらを遂行することが己の本分と思っていた。サイガの手となり足となるとこでサイガへ
の負担を軽くする道具と自分を割り切っていた。
それ故に、サイガとの関係はサイガが天寿を全うしたときまで主従以上のものとはならなかった。
それが当然であり、当たり前のものだとクオンは考えてきた。今まで。
だが、こうして1000年前の刻に戻り、サイガを目の前にするとそれがいかに虚しいものだった
かと痛感する。自分の心の中で、サイガへの想いがどれほど多くを占めていたかを再認識させられる。
ただ目的を果たすためだけに無味乾燥な生を送り続けていた900年間、何度自らの手で人
生の幕引きを下ろそうと考えたか。サイガが存在しない世界が、自分にとって何の意味も色
も持たない空間だと、どれほど痛感していたか。
だが、この命を散らすわけにはいかなかった。それは、生き続ける事こそ他ならぬサイガの願いだったから。
自分が主君と定め、主君が自分に頭を下げてまで頼み込んだものだったから。
でも、やはり自分はサイガとともに生きたかった。ともに語らい、笑い、死にたかった。
朧衆の頭領としてではなく、一人の女性として傍についていたかった。

677 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/24(土) 01:18:47 ID:dYSCh1f0
しかし、それを口に出して言うことはなかった。自分の立場?それもあろう。
だが、それ以上に自分の容姿に対するコンプレックスが、想いを口にするのを憚ってきた。
獣牙族の混血である自分は、聖龍族らしからぬ耳と尻尾を体に纏っている。そのため、数々
の差別も受けてきた。こんな汚れた体である自分を、はたしてサイガが快く思ってくれるのだろうか?と。
いやサイガの心なら、そんなことは笑って済ましてくれると確信はしている。だが、もし自
分の機体を裏切るような返答が返ってきたら…
そうなることが恐ろしくて、結局言い出すことは出来なかった。そして、サイガが自分の前
から永遠に去っていったとき、それは永遠の後悔としてクオンの心の中に残った。
なぜ自分は言い出せなかったのか。わずかばかりの勇気を奮うことも出来なかったのか…
だが今、目の前にサイガがいる。果たせなかった想いを取り返す機会を、自分は与えられている。
ならば、結果はどうあれ前に進んでみよう。1000年前に果たせなかった想いを、今こそ告げてみよう。

「サ、サイガ様ああぁっ!!」

「わあっ!!ク、クオン?!」
感極まった表情で、クオンはサイガに飛びつき両手でしっかりと抱きしめ抱えた。その衝撃
でサイガは体を崩し、クオンとともに草むらに後頭部から倒れこんでしまった。目の前を、
目を白黒させている主君、いや想い人の顔が占めている。
「い、いきなり急にどうしたんだ?!まさか、近くに敵ンンッ?!!」
サイガの言葉は最後まで紡がれる事はなかった。喋ろうとした口を、クオンの唇が上から塞いでしまったからだ。
「ん〜〜〜〜〜っ、んん〜〜〜〜〜っ!!」
クオンはさながらサイガの全てを感じ取ろうと、口ばかりでなく体全体を密着させ押し続けている。
心の中心にぽっかりとあいた1000年間の空白を埋めようかの勢いで、サイガを貪欲に求め続けた。
「…………はあぁっ…、ど、どうしたんだクオン。急にこんなことをして………」
「サ、サイガ様………、クオンは、サイガ様と初めて顔をあわせた時、その時より、想いを募らせて参りました…」
「クオン………、何を、言って………」
「サイガ様に想い人がいるのは承知いたしております。私も、その方からサイガ様を奪う気は毛頭ございません。
できるならこれから語ることはクオンの一時の気の迷いとして聞き流して頂きたく思います。
獣牙族との混血である私を、サイガ様は奇異の目で見ることも軽蔑の面差しで見る事もなく、
ただ一人の人間として扱ってくださいました。道端の石ころ以下の扱いを周りから受けてきた
私にとって、このことはとても嬉しいことでございました。このような汚れた身である私を避
けることなく傍においてくださったのは、望外の幸福でございました。
サイガ様…、私は、あなたを、お慕い申しておりました…」
ああ、言ってしまった。今までの胸のつかえが雲散霧消していくなか、言うべきではなかっ
たのではないかとの思いもふつふつと湧きあがってくる。
自分の下にあるサイガの顔が何を言ってよいのか解らないといった表情をかたづくっている。
その表情を見ていると心の中の不安がどんどん膨らんでいっているのがわかる。
やっぱり、心の中に秘めていた方が良かったのではないか?ここで自分の事を否定されたら、
一体どういった表情を作ればいいのだろうか?
刹那、サイガは柔和に微笑むと、両手をクオンの頬に当ててきた。

678 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/24(土) 01:23:40 ID:dYSCh1f0
「バカだな、クオンは」
バカ?!そ、それって………
「汚れただの、石ころだの、自分のことをそんなに悪く例える事なんてないだろ。クオンは
クオンなんだ。それ以上でも以下でもない。その大きい耳もふわふわの尻尾も、全部含めてクオンなんだ。
人として大事なのは角がどうとか尻尾がどうとかじゃない。その人の心の中がどうなのかと
いうほうがよっぽど大事なんじゃないかな。
クオンはオレにとって大事な仲間だし…、家族だよ」
クオンの頬を熱いものが流れ落ちていく。もうすでに涸れはて切ったかと思っていた涙が両目から伝ってきている。
『家族』と言う言葉。これはクオンがサイガの心を満たす存在ではないことを暗喩していた。
しかし、自分がサイガにとって全く不要な存在ではないということも意味していた。
それで充分だった。自分がサイガに『道具』として見られていないことを確認できただけでもよかった。
「あ、ありがとうございます。サイガ様あぁっ!!」
心一杯に満たされた嬉しさとほんの少しの切なさにより、泣いているのか笑っているのか判別しがたい表情のまま、
クオンはその顔をサイガの胸板に埋めた。時折嗚咽が漏れ、細かく震える後頭部をサイガは優しくなで上げていた。
聖龍木の枝の間から漏れる木漏れ日が二人を照らす中、永遠に続くと思われる二人だけの静寂の空間。
だがそれは、唐突に破られることとなった。

「ちょっとサイガ!!あなたこんなところで何しているのよ!!」

静寂を切り裂く雷鳴のような怒鳴り声が聖龍木の周りに轟く。ギョッとしたサイガとクオンが向いた先には…
怒りで全身をわなわなと震わせた…、サイガの幼馴染の桃華仙ミヤビが仁王の如く突っ立っていた。

今回はここまでです。出来るだけ早く出せるようにしますので、堕ちは今しばし
ご辛抱ください。次で完結ですので…

679 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 03:11:09 ID:4DDpnd7V
>678
乙であります
おいしくいただきました

680 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 03:37:48 ID:WYte7eEd
コードギアス、すげえ・・・

681 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 03:43:00 ID:HYQi+5MN
昨日もそのことが話題になっていたのね
ここの属性のことを考えずギアス視聴していた身としては、あれは萌えれなかったな…
それよりも展開の強引さとかアホの子だったユフィの行為を無かったことにされて、
悲劇のヒロイン化するんじゃないかとかそっちの方で頭がいっぱいだったわ…

682 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 03:43:58 ID:jedLL55t
ttp://www.seospy.net/src/up2346.gif
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  逃げる奴はベトコンだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  逃げない奴はよく訓練されたベトコンだ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/ 
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


683 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 04:25:44 ID:FNqOEBc7
鬱だ・・・
ttp://roup.jp/loader/img/nup2144.jpg

684 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 04:53:11 ID:oG+FFHjc
>674
まってました!
GJ

685 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 08:51:37 ID:+hfULIfp
コードギアスは続編も決定したみたいだし、
ユフィたんには以降 日本人にだけは冷酷な支配者
として 思いっきり派手に弾圧して欲しいと思われ

686 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 09:00:00 ID:kY7G/Gbt
今回のコードギアス良いね。

…「ユーフェミア様も言ってたし日本人氏ね♪」とニーナも連鎖堕ちしそうだし。

687 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 09:06:10 ID:5AP/QdiM
>>674
皇魔化したテラスはアスタ様みたいにキワドい衣装なんだろうか

688 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 09:56:58 ID:QgFxn/Gp
ttp://cap.silk.to/jlab-pa/s/pa1174670093545.jpg
いい顔してんな

689 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 10:04:57 ID:ZIxMm2Hd
>>681
同意だ
なのはの件もそうだが、俺の場合この属性を気にせず視聴を始めた作品でこの属性のネタが出ても
ストーリーの方が優先になってしまってるので萌えられない…

690 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 11:15:40 ID:Tcp4S/iU
「日本人全員とセックスしなけりゃいけないのぉ」だったらもっと良かった。

691 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 12:02:06 ID:i1UhjLwo
問題は流れ的にまるで>>646の所為で悪堕ち下みたいだって事だ。

>>690
女や老人も含むのかね→全員

692 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 13:58:07 ID:2Kf6YSnm
>まるで>>646の所為で悪堕ち下みたいだって事だ。

お・・・、おのれ!言わなければ気にならなかったのに・・・!

693 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 16:31:09 ID:vHR6C9fK
もうルルーシュじゃなくて>>646がいい仕事したとしか思えない

694 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 17:17:31 ID:bFGqHcVj
コードギアスは誰か(もしくは何か)の奴隷になってるわけじゃないのが個人的には激しく微妙
ただ暴走してるだけというか、事故というか
敵のギアス使いに操られて云々なら良かったんだが
やっぱ、「私は○○様(とか闇の力とか)の奴隷です、喜んで命令に従います」とか嬉しそうに言ってくれないと

という俺は、「変貌属性」萌えより「従属属性」萌えのほうが強いらしい
逆に言うと、変貌属性が強い人にはオススメできるわけか

695 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 19:06:59 ID:oLAwi9a8
>>691
一人一分ずつで処理していったとしても不眠不休で240年かかる>全員

696 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 19:32:34 ID:prFlvUiv
しかもその間にも対象は増える一方

697 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 19:33:54 ID:50fzTO91
増える原因を作ったのは誰か考えると…

698 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 20:05:04 ID:9VEpBq0J
>>687
確か前スレで出てた気がする…>悪堕ちテラス絵


699 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 20:06:46 ID:lKP1cL8h
>増える原因を作ったのは誰か考えると…

>>1000だな

700 名前:178 :2007/03/24(土) 23:11:34 ID:dYSCh1f0
>>687
ttp://haruka.saiin.net/~historicalworks/cgi-bin/img-box/img20070324230417.jpg
(以前カサマツで出したものとほぼ同じものを再投下)
イメージではこんな感じですね。下は何もはいてないような妄想を膨らませられるかも
自分は絵はダメなもので、キワドい衣装verを描いてくれる人がいたら大歓迎
ですけれど

701 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/24(土) 23:35:32 ID:5AP/QdiM
今は絵師が休業中みたいだからなー

702 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 01:40:32 ID:pkobDcEJ
乞食はこれだから

703 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 14:33:50 ID:6loqyq+D
コードギアス、ハマってなくて本当に良かった
あれはゾクゾクくるより凹む部類の堕ちだよorz

ギアスかけたのがルル山うっかりじゃなくて敵だったら違ったんだろうな…

704 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 14:50:06 ID:HlSb6By1
今日のビックリマンは途中までなかなか良い展開だったのに、
結局はまたフリかよ・・・

705 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 16:21:29 ID:3crcn9SL
そして、ここに
コードギアスの展開にキターーって感じの俺がいるんだが
本当にここの住人のストライクゾーンはいろいろだなぁ

ギアスの効果期間は、一過性の場合もあっていまいち明確
じゃないけど、ユフィたんにはこのままラスボスになって
欲しい。
しかし、CVが南央美だったのは、これが理由だったのかと
納得

706 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 17:20:05 ID:e5Zju6q3
堕ちスキーだけど鬱耐性の無い俺はここを卒業するべきなんだろうか
ギアスはかなり凹んだ……

707 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 17:28:17 ID:3crcn9SL
>>706
別に卒業する必要は無いと思うが >ストライクゾーンは人それぞれ
ただ、あれで凹むんだと ブラックラグーンの双子姉妹は辛そうな?

漏れは、どうせならユフィたんマシンガン乱射してるカットより、
ナイトメアの手のひらの上にでも乗って、先頭を切って無抵抗な市民
を笑顔で虐殺しているカットが欲しかった。
やっぱり支配階級は、自分の手を汚しちゃダメっすよ♪

708 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 19:30:26 ID:lSFBJPXE
俺的には狂ったのが敵によるものじゃないのが惜しい
まあルルも見方によっては悪人なんだけど
>>705
目が赤くなると嬉しい反面「解けるフラグ」を逆に感じてしまうんだよなあ

709 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 22:11:34 ID:QPECWJYJ
>>705
し●じろうを汚したい…誰もが考える事だからな

710 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 23:28:50 ID:TbdTNx4Q
>>708
そうそう。
コードギアスのルルーシュは色々ぬるいのが不満。
ちっとはデスノートのキラを見習えよ と小一時間…。

711 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/25(日) 23:32:54 ID:DSh/WcmH
別に快楽殺人者の物語じゃ無いからなぁ
その辺は方向性の違いってやつじゃないか

712 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 00:02:55 ID:yrOjLuxY
>>710
でも似てるぞあの二人。
なんていうか、策を弄すれば弄するほど、逃げ場を無くしていくあたりとかな。

713 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 00:25:47 ID:170WiD5r
>>712

超人ジェバンニが居なきゃ、ニアも負けただろ。


714 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 03:01:32 ID:BKxG6/Z7
コードギアスの影に隠れているけど、UHF系のひまわりっ!!も洗脳っぽい描写が
本当に洗脳されるのか、わざと捕まって何か企んでいる作戦なのかはわからないけど

715 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 03:59:22 ID:DpCMKTeL
デスノでちょっと思い出したが、鬼太郎が出てこない水木しげるの短編で
「不思議な手帳」って話があるの知ってるか?
あの死人帳ってのが多分デスノ物の元祖だと思うんだが、あれも主人公の
自滅物語なんだよな。

716 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 08:51:21 ID:7g6AI6py
何だよやぶからぼうに。
俺もあれ読んだときにはデスノートじゃんと思ったけど
元祖を辿るなら各地の死後の世界信仰まで行くんじゃないの?
落語の死神とか死神の眼のルーツって言おうと思えば言えるし

そもそも「デスノ物」って括りが微妙な気もするがw

717 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 09:23:09 ID:170WiD5r
今となっては「ウィングマン」も「デスノみたいなノートが出てくる漫画」なのかねぇ…。

718 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 10:20:58 ID:3lRH/Y43
結局、機能と使い手次第って事か?

719 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 11:30:51 ID:lbSpjbTQ
ある意味終盤のライト自身が操られてたよね


ノートの力に。

720 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 12:22:19 ID:Aj9pXQzz
277にあるカスタムロボなんだけど、これってヒロイン操られてる時のセリフもしくは虚ろ目とかある?
あるなら買おうと思うんだけど。

721 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 12:46:08 ID:g1kpG6B+
>>720
うつろな目は、あるにはあったと思うけど期待するほどのものじゃないと思うよ
普通にロボバトルを楽しむつもりじゃなかったらやめたほうがいいと思う

いや、そのロボバトルが普通に神ゲーだと思うけどね

722 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/26(月) 14:54:37 ID:3ow7SlCU
路地を曲がったところで身を隠し、後ろから追いかけてくる吸血鬼を待ち受ける。
彼女はヴァンパイアハンターの泉美。
ショートカットにプロ球団のキャップをかぶり、
無地のTシャツ、GジャンにGパンというラフな格好である。
ヴァンパイアハンターらしいところがあるとすれば、銀の弾丸が収まった腰のガンベルト、
手にしたリボルバー拳銃、そして首もとのの銀の十字架であろうか?
「くっそ、子供だと思って油断した。・・・佳澄は大丈夫かな?」
パートナーである佳澄とはすでに離れ離れになってしまっていた。無事であればよい、と思う。
 コッ、コッ
足音が迫ってきた。
「・・・さあ、こい。この銀の弾丸、あんたの無い胸にぶち込んでやる」
精一杯の憎しみを込めて呟く泉美。
 コッ、コッ、コッ
足音がすぐそばまで迫った。
「くらえっ!!」
泉美はばっと身を乗り出してファニング(扇撃ち)で弾を弾きだす。
「・・・えっ!?」
が、泉美の目に映ったものでは、石畳の道を黒いローファーだけが一人でに歩いてくる光景。
そのローファーをはいていたはずの吸血鬼は影も形もない。
「ひゃぁっ!?」
背後から突然、両方の乳房が揉まれて、泉美は悲鳴をあげた。
「無い胸なんて、ひっどいよぉ。ボク、おっぱいちっちゃいの気にしてるのに〜」
むくれた子供のような声。いや、実際、その吸血鬼は幼い女の子の姿をしていた。
美少女吸血鬼はメアリの胸を揉みながら、溜息をついた。
「はぁ・・・ボクは不老不死だから、もうおっぱい大きくならないし・・・」
「こ、殺せっ! こんな屈辱受けるくらいならっ!」
美少女吸血鬼の外見からは想像できないような力で拘束されてしまった泉美は、
無駄と知りつつも体をくねらせてわめき散らす。
「殺されたいの? じゃあ、キミはボクの仲間にしてあげる♪」
無邪気な声が泉美の耳元で囁かれる。
「や、やめろっ」
「ボクがキミのゆーこと聞かなくちゃいけない理由なんてないよぉだっ」
泉美の首筋に美少女吸血鬼の吐息がかかる。泉美は背筋にゾクリとしたものが走るのを感じる。
「血と一緒におっぱいの大きさも吸い取れたらいいのになぁ」
ふざけるな、と泉美は思ったが、それ以上の抵抗は出来なかった。
美少女吸血鬼は泉美の胸をもみ続けながら、その首筋に牙を突き立てた。
「あっ・・・はぁっ・・・ああぁっっ!」
体の隅々まで闇に染まっていく感覚は甘美ですらあった。
泉美はエクスタシーを感じて、快感に体を震わせたのである。

723 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/26(月) 14:55:53 ID:3ow7SlCU
「泉美ちゃんは大丈夫かな?」
退治しにいった吸血鬼に返り討ちにされて、ほうほうの体で逃げるうちに、
パートナーとはぐれてしまった佳澄は物陰に身を潜めていた。
長い髪に大きなリボン、フリルのついたピンクのドレスとおよそ吸血鬼ハンターに見えない佳澄だが、
手に持った古い聖書は目に見えるほどに神々しいオーラを纏っている。
それがハンターとしての佳澄の武器である。
「佳澄っ。佳澄、いる?」
泉美の声がした。
「泉美ちゃんっ」
パートナーの声に安心した佳澄は物陰から顔を出した。
「よかった、佳澄、無事だったみたいね」
泉美はすぐに佳澄の姿を見つけて駆け寄ってくる。
「泉美ちゃんこそ、無事だったんだね。・・・よかったぁ」
佳澄は嬉しさのあまり、涙ぐんでいた。
「もう、大袈裟ね。泣かないの、佳澄」
そんな可愛らしい佳澄の頭を撫でようと泉美が手を伸ばした時、
「あつっ!」
火花が散って、泉美が伸ばした手を何かが拒否した。
「泉美ちゃんっ!」
「・・・ははは、こうなってみると、その聖書がどんなに凄いものだったのか、よく分かるね」
火傷のようになった指先を舐めながら、泉美は苦笑いをした。
「泉美ちゃん・・・? ・・・あっ!」
その時になってようやく佳澄は泉美の首筋にある牙の噛み傷に気付いた。
「そっ。気付いたみたいね。私、ヴァンパイアになっちゃったの。どうする?」
泉美は何の苦悩も衒いもなく、いつも通りの笑顔を佳澄に向けてくる。
「吸血鬼になりたての私くらい、佳澄なら簡単に退治できるわよ。その聖書を使ってね」
「そ、そんな・・・なんで泉美ちゃん・・・?」
大切なパートナーが吸血鬼になってしまった・・・ショックが大きすぎて、
佳澄の頭の中はグチャグチャに混乱していた。
「・・・逃げなさい。私がご主人様にお願いして、あなただけは助けてもらうようにしてもらったから。
ハンターなんかやめて静かに暮らすといいわ」
寂しそうな表情を見せると泉美はゆっくりと背をむける。
「最後に一度だけ抱き締めたかったな。吸血鬼になった今だから言っちゃうけど、
私、佳澄のことが好きだったの。友達としてじゃないわ。
佳澄とキスがしたかった、抱き締めあいたかった、肌と肌を重ねたかった。
私はもう吸血鬼だから、神様に何一つ憚ることなく、そう言えるの」
佳澄に背を向けたまま、同性愛という背徳の告白をする泉美。
「じゃあね、佳澄」
「ま、待って! 泉美ちゃんっ」
その泉美を呼び止める佳澄。
「・・・私も泉美ちゃんのことが・・・」
佳澄に背を向けたままの泉美は、にやりと邪悪な笑みを浮かべた。口元で牙が光る。
告白は嘘ではない。だが、吸血鬼になって人間の倫理観というものに縛られなくなった泉美は
たとえ力尽くでも佳澄を自分のものにするつもりでいた。
「・・・佳澄・・・?」
泉美は狡猾にも声を震わせて聞き返した。振り向いた時には邪悪な笑みは消して、
愛の告白の返事に不安と期待がまいなぜになった思春期の少女の表情をしていた。
「私も・・・泉美ちゃんのこと、ずっとずっと好きだったの。でも、それはいけないことだって、
ずっと思っていたから・・・だけど・・・だけど・・・」
佳澄は必死の表情で咽喉の奥から、その一言を搾り出そうと喘ぐ。
「私も連れて行って、泉美ちゃん!!」
佳澄は手にしていた聖書を地面に投げ捨てた。
「佳澄っ!」
泉美は佳澄に駆け寄って抱き締める。
「ずっと、そばにいてね」
佳澄の囁きを聞きながら、泉美は佳澄の首筋に牙を突き立てるのであった。

――終り

724 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 14:58:38 ID:prVMkGoo
作者さんテラGJ!

725 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 16:39:09 ID:uyrobon3
うわーGJGJ!
こういう純愛堕ちみたいなのっていいね

726 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 16:52:04 ID:BnGQVZ3W
乙です。こう、じりじりする様な感覚がたまらんね。
最近は陵辱一辺倒よりこういう方が興奮してしまう。
丸くなってしまった物だ…

727 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 16:54:29 ID:x7hY9hWz
メアリって誰?

728 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/26(月) 16:59:25 ID:iyIujStn
・・・ひょっとしてコピペ改変ミスとか
まさかな

729 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/26(月) 17:47:01 ID:EBABnSxk
レス、サンクス。
エロなしでごめん。

>>727
あ〜、最初、外国を舞台のイメージにしていて、
メアリとエミリという名前にしていたので、その置き換えミス。
ヒロイン二人をレズっ娘にする過程で、
「メアリちゃん」という言い回しが、個人的に変な感じがしたので。

>>728
そんな訳で、>>722を書き上げた段階で、名前を入れ替えた。
ついでに言うとプロ野球団のキャップはメジャーリーグ球団のキャップだった。
変な誤解を招いてすなまい。

730 名前:178 1000年後の慟哭 :2007/03/27(火) 00:08:58 ID:wc4+8dEQ
『1000年後の慟哭』最後の投下です。

「ミヤビ?!なんでここに!」
「神殿の中にいないから、どこにいるのかと探してみたら、聖龍木の下で、下なんかで………
サイガのエッチ!変態!!不潔!!!」
降って涌いた闖入者は大声で喚き散らしながらサイガとクオンに近づいてきた。せっかくの
二人だけの世界が作られた空間。それを簡単に、完全に壊されたことへの腹立たしさ、苛立
たしさがクオンの心の中に生まれた。
「待ってくださいミヤビ殿、私とサイガ様はそのようなことは全く…」
「あんたなんかにミヤビ殿って言われる覚えなんてないわよ!そもそもあんた、その耳と尻尾
はなんなの?!まるで獣牙族じゃない!獣臭いケダモノがなんでこんな所で、私のサイガに手を出しているの?!」
クオンはその正体をサイガにしか明かしていない。聖龍族地域での彼女は、あくまでも『四代目
朧族頭領、忍者マスター絶影』であり、その素顔を狐の面で隠している。クオンはミヤビを
知ってはいるが、ミヤビは『絶影』は知っていても『クオン』を知る道理はない。
「待ってくれミヤビ!ここにいるのは…」
「サイガは黙ってて!!私はこの泥棒女に聞いているのよ!もう一回言うわよ。あなた、な
んで『私のサイガ』に手を出しているのよ!!」

私のサイガ。私のサイガ。

ミヤビが放つこの一言がいちいちクオンの心に触る。確かにミヤビはサイガの幼馴染であり
自分がサイガと出会う前から知り合っている仲である。ミヤビがサイガを好いているのは普
段の立ち振る舞いから明らかであり、サイガのほうもミヤビのことを大切にしているのはわかっている。
だからクオンは、サイガのことを想ってはいても、サイガの心を自分が満たすことは出来な
いと理解しているから、先程の行動に出ていたのである。
(でも、だからと言って、サイガ様はミヤビ殿の所有物ではない。近づくのがダメなどと、その
ような道理が通るはずはない!)
「私は、サイガ様に手を出してなどおりませぬ。私はサイガ様の所有物。サイガ様の手足。
物が所有者に手を出すことなど、ありえませぬ。
ですがミヤビ殿、サイガ様はあなたの所有物でもありませぬ。先程の発言…」
「サ、サイガの物?!サイガの手足ですってぇ?!あ、あなた………、私を差し置いてサイ
ガに手を出したのね…。しかも、私のものじゃなくってあんたのものですって!!言ってくれるじゃないの!」
確かにクオンの発言を聞き流してみるとそういう風に聞こえなくもない。でもそれ以上に嫉
妬の色ガラスをはめられたミヤビの心は、クオンの発言を自分の都合の悪い方、悪い方に解釈していった。
「もう許さない!マステリオンをやっつける前にあんたを始末してあげるわ!」
怒り狂ったミヤビの懐から、おびただしい数の符が握りだされる。ミヤビは聖龍族の中でも
突出した才能を持つ優秀な召還術士であり、専用の符を使うことで色々なモンスターや精霊
を手駒として扱うことが出来るのだ。
「行きなさい!式!!」
クオンに向かって投げた符が空中で形を換え、漆黒の鳥となってクオンに襲い掛かる。もち
ろん余裕を持って避けられたが、避ける先から新たな式が襲い掛かって来るので息つく暇もない。
「やめるんだミヤビ!」
「ミヤビ殿!少し頭を冷やしなさい!!」
「うるさいうるさい!私のサイガに手を出す奴は絶対に許さない!許さないんだからぁ!!」
サイガの懇願もクオンの忠告も耳に入らず、般若と化したミヤビは風の精が周辺の樹木を切
り裂き、火の精が聖龍木の幹を焦がすのもお構いなくただ闇雲に式を乱発していた。
「もうやめろミヤビ!聖龍木一帯をめちゃめちゃにする気なのか?!」
「なんで、なんでそいつを庇うのよ!!サイガには私がいるのに、なんでよ!!」
「彼女は忍者マスター絶影だ!お前が考えているような女じゃない!!」
忍者マスター絶影。この言葉を聞いてミヤビはぴたりと攻撃を止めた。
「なん、ですって…。あいつが、絶影、さん…」
そう言われてみれば、腰にいつも絶影が身につけている狐の仮面が見える。
「そうだ!訳あって素顔は隠していたが彼女が絶影の正体だ!だからもうやめろ!」
「なんで…、聖龍族の隠密部隊の朧衆に、獣牙族がいるのよ…」
「彼女は聖龍族と獣牙族のハーフなんだ。だからほら、ちゃんと角もあるだろ?」
確かによく見ると、大きな耳の前に一対の立派な角が生えている。
「そう、なの…、あんたが、絶影だったの………。しかも、ハーフ、ですって……」
ミヤビが符を持っている手を下におろすのを見て、サイガとクオンは安堵のため息をついた。

731 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/27(火) 00:10:21 ID:wc4+8dEQ
「ミヤビ…」
「ミヤビ殿…、わかってくれたか…」
だが、それは大きな過ちだった。
今までの憎しみに凝り固まった表情に嘲りの化粧を添え、ミヤビはクオンを睨み付けてきた。
「どうやって…、どうやって絶影の地位を手に入れたのよ、雑種!!」

雑種

その言葉を聞いて、クオンの眉がピクッと釣り上がった。
「あんたみたいな雑種が普通に聖龍族の重要な地位につけるわけないじゃない!どうせ、
そのいやらしそうな体使って男たらしこんだんでしょ!」
「なん………、ですって………」
雑種。
それは昔、数え切れないほど自分の身に叩き込まれた蔑称。獣牙族の地ではトカゲとの雑種
と言われ続け、聖龍族の地ではケダモノとの雑種と言われ続けた。人格も何も全て否定され
『雑種』『薄汚い』『穢れている』と、ただただ道行く人から言われ続ける毎日。
あのときの惨めな記憶が次々と蘇ってくる。誰も人を信じられなくなっていた、あの時の私が。
「で、今度はサイガを誑かそうってわけ?!冗談じゃないわよ!あんたみたいな雑種がサイ
ガに近づいて、サイガが穢れたらどうするのよ!!どうしてもサイガの近くにいたいってんなら、
その耳と尻尾をちょん切ってからにしなさいよ!それが嫌なら、角を切り落として獣牙の里に戻ることね!」
先程クオンがサイガに言われたこと、そのことを知る由もないミヤビはその全てを否定する言葉を吐き掛けた。
(私だって…私だって好きで耳と尻尾と角を持って生まれたわけじゃない!そのことで、過去
散々な罵倒も受け、自分でも何度切り落としたいと思ったことか…
でも、でもお前にそんなことを言われる筋合いはない!)
目の前にいるサイガの幼馴染であり想い人である人物。それがある故にクオンはサイガから身を引いた。
だが、今目の前にいる人間が、次第に自分が憎悪する人間の黒い部分そのものに見えてきた。
「いいかげんにしろミヤビ!言いすぎだぞ!!」
「サイガ!あんたもこんな女にあっさりと騙されちゃうなんて!!こいつをめちゃめちゃに
した後たっぷりとお仕置きしてあげるから!!」
(私がいつサイガ様を騙した!いいかげん妄想に満ちた物言いを止めろ!)
右手に持った忍刀がブルブルと震えている。いや、クオンの体そのものが震えていた。
「どうしたの?!切るの?!切らないの?!耳と尻尾!!」
人間とは、弱みを握ればこうも残酷になれるものなのだろうか。右手の人差指と中指を鋏に
見立てて、ミヤビはニヤニヤとクオンに言い寄る。
その仕草を目の当たりにし、クオンの目に今までにない光が宿った。
「何?決められないの?!だったら私が切


その次の言葉は続かなかった。声を紡ごうとしても言葉が出てこない。不審に想ったミヤビが
視線を下に向けると…、その喉に、刀が突き刺さっていた。
「あ………、ぇ………」
刀を握り締める手の先に、クオンの顔が見える。その顔には表情はなく、瞳は氷のように冷え切っていた。
「どうした。私が………、その先はなんだ?」
言葉の抑揚無くクオンはミヤビに尋ねかけたが、声帯を刺し貫かれているミヤビは当然答え
ることが出来ない。何かを言いたそうに口を動かすが、陸に釣り上げられた魚のようにただ
口をパクパクさせ、ひゅうひゅうという呼吸音だけがあたりに響いている。
「ああそうか。こんなものが刺さっていたら物言うことも出来ないな。すまなかった」
口に冷笑を浮かべてクオンがぬぷりと刀を引き抜くと、抜いたところから血が噴水のように
轟々と噴き出してきた。手で傷口をふさいでも、指の間から容赦なく血が湧き出てくる。
目に涙を浮かべたミヤビはサイガのほうを向き何事か言いたげに口を動かしたが、言葉が出
ることもなく地面に倒れ伏し、地面を自らの血で朱に染めた後…、その動きを止めた。

732 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/27(火) 00:11:49 ID:wc4+8dEQ
「ふ、ふふふ…。どうした、何も言わないのか?私をどうしたいのか、言わないのか…?」
最早何も言わなくなったミヤビを、ミヤビの血に塗れたクオンは狂気を孕んだ笑みを浮かべて眺め続けていた。
「ク、クオン!なんてことをするんだ!!」
後ろからサイガの声が聞こえてくる。ゆらりと振り向いたクオンの表情は虚ろに呆けており、
手には刀がしっかりと握り締められている。
「確かにミヤビはひどいことを言ったけれど、殺すなんてあ
サイガの言葉は最後まで紡がれる事はなかった。それ以上言う前にクオンの刀がサイガの首
と胴を切り離してしまったからだ。
顔に驚きの表情を浮かべたまま、サイガの首が地面に落ち、残された胴は先ほどのミヤビと
同じく血飛沫を吹き上げ、地面に崩れ落ちた。
「サイガ様………、ふふふ、サイガ様ぁ………」
クオンは思った。ミヤビを刺し殺したクオンを、サイガは絶対に許しはすまい。それは自分
の手から、サイガが離れていってしまうことである。
他人に否定され続け、唯一心の拠り所となったのがサイガの存在。自分を唯一認めてくれた
のがサイガ。自分が唯一心を許した存在がサイガ。
そのサイガが自分から離れていってしまったら、自分は一体何を心の拠り所にすればいいのか。
絶対に手放したくは無い。サイガは自分の全てであり、唯一無二のものなのだから。
だが、このままではサイガは自分の手から出て行ってしまう。サイガが自分のものではなくなってしまう。
ならば、どうすればいい?
簡単だ。サイガが絶対に自分の元から離れなくなるようにすればいい。自分の下にずっと置
いておけば絶対に奪われない。

『サイガ様を殺してしまえば、私からサイガ様を奪うことは誰にも絶対に出来ない』

クオンは、地面に転がっているサイガの首を手に取り、両手で優しく掴み上げて、口元から
流れ落ちている血を綺麗に舐め上げ、唇を重ね合わせた後、両胸の間に包み込んだ。
「これで………、サイガ様は私のもの………。永遠に、私のもの………。ふふ、ふふふふ………」
血の海の中、クオンは満足げな笑みを浮かべ、いつまでも乾いた笑いを口から漏らしていた…


テラスの目の前にクオンが突っ伏している。テラスから発せられた黒い光を浴びた後、糸が
切れるかのように崩れ落ち、そのままピクリとも動かない。
ようやっと体の自由が利くようになったキキョウとカルマインが、足を引きずりながらもテ
ラスの元に近づいてきた。
「テラス様、なにをしたのです?」
「こいつ殺したんですか?さっきから全然動かないんですけれど」
「まあ見ていなさい。そのうち………、フフフ…」
テラスは薄笑いを浮かべてクオンを睥睨している。すると、やがてクオンの体に変化が起き始めた。
体からゆらりと黒い気が立ち上り始める。それは次第に濃さを増しクオンの体を包み始め、
クオンの体を隠してゆき、やがて漆黒の光沢を放つ球状の黒に形作られた。
それはかつてテラスがその姿を変じた時に作られた、人を皇魔へと転生させる『黒い卵』そのものだった。
三人が見つめ続ける中、やがて卵に細かい亀裂が入り、数瞬の間もなく粉々に崩れ落ちる。
その中から出てきたクオンは、既に先程のクオンではなかった。
その肌は青く染まり、純白だった大きな両耳は色を黒く変じ、その大きさをさらに増して蝙蝠の耳のような
印象を与えており、九本のふさふさの尻尾は一本一本がまるで蜥蜴のような光沢のある鱗に被われた形に変化していた。
そしてうっすらと開いた瞳、その色は言うまでも無く金色に染まっていた。
その金色の瞳で自分の姿を見たクオンは、諦観したような笑みを浮かべた。
「そうか……、私も堕ちたのか……。まあ、当然かな……」
その場から起き上がったクオンはテラスの姿を見つけるとゆっくりと歩み寄り、片膝をつい
てひざまづいた後、手に持った刀を前に差し出した。
「テラス様、我が事を成すまでこのクオン、あなたに対し忠節を尽くすことを誓いましょう…」
目の前にひざまづくクオンを前に、テラスはもちろんキキョウとカルマインも満足そうな笑みを浮かべた。

733 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/27(火) 00:12:50 ID:wc4+8dEQ
「ふふふ、どう?クオン様、人をやめた気持ちは…」
クオンは一言も発せず、表情も変えない。
「さっきさぁ、ボクと〜〜〜っても痛かったんだよぉ。痛くて痛くてクオン様を絶対に殺し
てやるって考え続けてさぁ………。でも、こうしてクオン様も仲間になったんだから、許してあげる………」
カルマインがクオンににじり寄ってその体を抱きしめようとしたとき、カルマインの目の前
にクオンの刀が突き出された。刀の先に映るクオンの瞳は、先程まで向けられていたときと同じく、冷たく暗い。
「ヒッ、ク、クオン様ぁ?!」
「戯言を言うな…。私はお前達の仲間になった覚えはない…」
「ど、どういうことですの………」
「この身を皇魔に堕したとはいえ、私が崇めるべき主君はサイガ様ただお一人。サイガ様以
外に仕えるべき方はいない…」
「ふぅん………。じゃあなんで、私に忠節を尽くすって言ったの?」
答えがわかっているかのように、テラスはクオンに向って問い掛けた。
「利害の一致だ。テラス様、あなたはこの世界の秩序を壊し、人間を誅殺し、新しい世界を
作る。それが私の目的と一致するだけのこと」
「どういうことなの?」
「私が仕える方はサイガ様ただお一人。私にとってサイガ様は全て。そして、サイガ様の全ては私のもの。
サイガ様の寵愛を受けるものは私だけ。私以外の誰にもサイガ様を渡しはしない。
私以外にサイガ様が愛したものなど存在させない。サイガ様が占めるものは、私一人でなくてはならない」
それまで表情が存在していなかったクオンの顔に、次第に狂気が浮かんでくる。
「サイガ様が愛した大地、自然、人間、そんなものなど必要ない!私にはサイガ様がいれば
いいし、サイガ様も私だけがいればいい!!
だから私は、サイガ様が愛した全てのものを滅ぼす!!この地上に存在するあらゆるものを!
そうすれば、サイガ様は永遠に私一人のものとなる!!
大地を破壊尽くし、自然を燃やし尽くし、人間を殺戮し尽くす!そして………」
クオンは持っていた刀を、テラスにピタリと向けた。
「サイガ様とあの女から続く子孫であるテラス様、あなたを涅槃へ送り届ければ我が事は為す」
ゆっくりと近寄った切っ先がテラスの喉下にちくんと触れる。僅かばかりか皮膚を突き刺し
じわりと青い血が滲み出てくるが、テラスは取り乱すことなくクオンを見つめ続けていた。
「でも、今はまだあなたを殺しはしない。私一人の力ではこの世界を破壊し尽くすことは出来ない。
それまではあなたの力、利用させて貰う」
「なるほど…、全てを自分ひとりのものにしなければ気がすまない…。そのためにはどんな
手段も厭わない…。クオン、あなたはとっても欲張りさんなのね。
でも、いいでしょう?自己の欲望に忠実になった気分は。私が作りたい世界はまさにそれ。
誰もが自分の心の赴くままに、自由に生きる世界。素晴らしいことじゃない」
「確かに…、そうかもしれない。奇妙な充足感を今は得ている。これまでの1000年の無
為な生を重ねてきたことが馬鹿らしくなるくらいに…。もっとも、そう感じるからこそ私も
こうして、皇魔に堕したのだろうよ…」
切なく笑ったクオンは、突きつけていた刀をすっと引き、腰の鞘に戻した。
「さあテラス様、何なりとご命令を…。この地上を闇に落とすまで、あなた様の命令に従いましょう…」
「そう?じゃあ早速あなたに使命を与えるわ。
ここから中央都市宮殿に向っている白面のセツナと兵士達を始末してきなさい。今のあなた
なら容易いことでしょう?」
邪悪な笑顔を浮かべてテラスは、よりにもよってクオンに実の弟を手にかけるように命令を下した。
しかし、それに答えるクオンも口元に冷たい笑みを浮かべて
「仰せのままに」
との一言を残し、その次の瞬間風のように消え去った。
後には月夜の静寂のみが残っていた。

734 名前:1000年後の慟哭 :2007/03/27(火) 00:23:07 ID:wc4+8dEQ
「テ、テラス様…、あいつ、物凄くヤバイですよぉ…」
「始末しようにも、もうとても我々の手には負えません…」
不安のあまりオドオドしている二人の下僕を尻目に、テラスはあくまでも余裕の表情を崩してはいなかった。
「まあ、流石に1000年もの間生きているだけあってたいした精神力だわ。心が完全に堕ちず
未だに昔の主人への忠誠心を失わないなんてね。
でも、それも永くは持たない。一度闇に堕ちた以上、その心まで闇に染め上がるのは時間の問題。
それほど刻を経たずに、陛下の忠実な下僕として生まれ変わることになるわ。その時が、とっても楽しみ…」
それがいつになるのか、少なくともこの世界を自分の思うままの世界に変えた時まで持つことは無いだろう。
自分に向けられる冷たい瞳…、あれが欲望に蕩ける様がいつになるのか、テラスは楽しみで仕方が無かった。


中央都市宮殿にセツナが登城することはついになかった。使いの兵士が途中で事故に巻き込
まれたことを懸念した高官が再び兵士をセツナとクオンのいる島に派遣したとき、そこには
崩れ、焼け落ちた館の跡があるのみだった。

                               終

以上です。書き終えてみると結構黒い作品になってしまいました。
クオンは自分も大好きなキャラクターなので、ダークヒーローの
雰囲気をだそうとしてみましたがどうだったでしょうか。
>>722
いいですね。自分吸血鬼ネタってことだけで大満足ですよ。

735 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 01:06:45 ID:4qcXEod2
>>730
GGGGJJJJ!!!!
マジ神です



736 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 02:00:20 ID:Yy8A/hAy
乙!

737 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 04:11:36 ID:TbrHgqDp
質問ですが、こちらでは妊娠&出産シーンはNGでしょうか?
ヒロインが雑魚敵製造機化するSSを構想中なんですが。

738 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 04:55:32 ID:o06cuW3A
>>737
妊娠とか出産はこのスレでは希なケースだけど、他の人がどうかわからないが、
もうしわけないが少なくとも俺は雑魚敵製造っていうのでグロいの想像してしまったからアウト。
ここでは純粋な悪堕ちが欲しいから…まぁあくまで俺一人の意見でしかないが…

こっちにしといたら?

つ不気味なモノに寄生されて虜になる娘!!
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1155650032/

739 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 07:59:39 ID:ojugDduv
>>730
最高です!

>>733
俺はしっかり悪堕ちしてくれるんなら構わないけど
>>738のスレも覗いてみて自分に合いそうな所にやってみれば?
誘導してくれれば見に行くかもしれないし

740 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 10:56:47 ID:GYDQ2Eox
妊娠出産ドンとこい

741 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 16:08:08 ID:9fStUIUt
>>730
最高です、クオンの第一声なんか特に
ダークヒーローな感じは好きなので、このままで行ってほしいなぁと思いますが…はてさて

742 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 16:11:30 ID:iUU1PCCw
>>730
GJ!

>>737
どんと来い、雑魚敵製造機!

743 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 18:52:56 ID:7A8b4iyR
腹部に貼るだけで女性の性的衝動を高めるパッチが発売
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1174988017/

744 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 19:16:33 ID:F5WboIlY
>>737
俺的にはおk
>738のスレのシチュに合うとは限らないしね。
NGにできる共通のものと注意書きがあればいいんじゃないかな。

745 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 21:37:43 ID:R8BG6Es/
>>730
すばらすいです

すばらすいのですが、仮にも達人の域まで自らを高めた傑物の堕落にしては、いかに心が擦り切れる程の年月があったにしても、些か安易、安直さを感じます。

特に忍者マスターと呼ばれた者が、1番耐性があるはずの精神攻撃に、あっさり掛かるだろうか?と。
また、散々雑種言われて育ったのに、今更小娘ごときに言われた程度でブチ切れ金剛なのかなと。

ま、無敵超人なキャラを落とすには、こういうパターンしかないようにも感じますけども。そういう心の闇を暴き出す術と言うのも分かりますしね。

746 名前:178 :2007/03/27(火) 22:00:28 ID:wc4+8dEQ
みなさん、色々と感想有難うございます。
>>745
貴重なご意見有難うございます。今後の精進の材料にしたいと思います。

747 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 22:37:58 ID:lA7YZrPM
スパロボOG24話
http://www.youtube.com/watch?v=ZSFMn0HiRCw
http://www.youtube.com/watch?v=ZSFMn0HiRCw
最終話までクスハ洗脳引っ張るのか?

748 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 22:42:20 ID:s5wrX18G
>>737
製造機・苗床・プラント化・・・洗脳と並んで大好物です
このスレでなくとも出来上がったら教えてくだちい

749 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 22:58:01 ID:iQw/3bzj
このスレの範疇に入るかはわからんが、淫堕の姫騎士ジャンヌの淫魔EDってCGあるのん?
それの出来次第で購入検討してるんで、よかったらサイズ小さくてもいいのでSSうpして頂けると助かります

750 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:04:27 ID:l0cofPiN
>>723
続きが気になる

751 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:08:48 ID:vnKVjfVz
>>749
うpは無理だけど露出バッチリのエロサキュバス様に完全に堕ちてるので買いですよ。
でもオーク(オーガ?)の嫁さんEDのほうが、キャラ的には悪堕ちっぽくてよい。

752 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:12:44 ID:iQw/3bzj
>>751
ふむふむ
立て続けに質問で申し訳ないですが、角とか羽とか生えちゃってます?
そしたらッ!明日にでもッ!買ってくるゥ───ッ!


753 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:27:37 ID:vnKVjfVz
どっちも生えてるよー。エロエロよぉー!

754 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:35:10 ID:iQw/3bzj
OKKKKKKK!!!!!
明日買ってくるッ

お礼に俺の*をくれてやる

755 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:40:54 ID:ykt4KwvD
アッー!

756 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:45:08 ID:FzPwx/Yu
汚い穴だなぁ

ジャンヌは他にも堕ちEDあるからいい感じだと思うんだぜ

757 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:52:12 ID:dN15xFrU
ジャンヌで残念だったのは前世の記憶を取り戻しての堕ちエンドにCGが足りなかったとこくらい

758 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:56:21 ID:54f/Kcq0
>>757
確かに。
というか、ストーリーの流れからして、あれが一番重要だと思ったのに、なぜCG
がないのか・・・

759 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:58:05 ID:RY2qXFjC
ジャンヌってヴァルキリーに似通った感じなのかなって思ってたんだけど
あっちよりは割と悪堕ち特価なんだね。

760 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/27(火) 23:59:41 ID:iQw/3bzj
ふむふむ
まぁ淫魔に変貌するシーンとかは無いと思ってるんでそこらは覚悟しときます
大体シーンが変わったらもう羽と角生えてるみたいなのを想像

761 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 02:11:51 ID:8KKukQnZ
>>758
まったくだ
なぜベストをつくさないのか

762 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 02:49:48 ID:Sk4nmPcT
またキモ常連の馴れ合いか

763 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 10:34:57 ID:v3x/ql3x

おっ? ここにも春が…(・∀・)ノ<カエレ

764 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 12:24:30 ID:u/QHHppo
一日経ってマンセーレスも一段落したみたいなので書く、今回のクオンはなんだか
銀色の夕菜(ねーちん)みたいでちょっと・・・、あれがいいのならいいんだろうけど。

765 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 12:39:36 ID:qZxF0N5v
クオンのSS、何か違うんだよな…

細かい事いうなら、こういう場合コールドスリープなり自主石化なりして、必要な時に起動するようにするよな。
もしくはライセンみたく悟り開いて仙人化するかだな。

第一、恋愛感情にサイガが気付いてないとしても、特に大切な仲間なんだから、そんな存在を時の牢獄と言う名の生き地獄に放り込むような真似するかね。
もしするなら、サイガはクオンを人格を持つ人間として見てない。機械か何かとしか認識してないことになる。


766 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 12:58:39 ID:YFBSXDMG
何て言うか冗長で読みづらい
もうちょいすっきり書いてくれないかなぁ


だが乙
書き切ったのには経緯を表する

767 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 13:21:04 ID:n/9K/xhw
>>764
「銀色の夕菜」ってなんだろう、とか一瞬思ったw
まぶらほのアレは金色だしなぁとかマジで考えちゃったよ、朝奈夕奈のねーちんか。
夕奈は確かに怖かった、もう勘弁してくださいってくらいw

768 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 13:29:33 ID:38KMz/z1
>>766
おまいが敬意を表したくないのはよく分かった


769 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 13:58:01 ID:aSr1N5I0
ナユタやったけど、ボテ腹セックスで出産アクメばっかなのな
(´・ω・`)超ワンパターン
悪堕ちって言ってるけど、ただ姿が悪っぽくなるだけで、
やってることは結局ボテ腹セックスで出産アクメ
確かに、悪っぽい格好になる過程は色々あるけど
悪の奴隷じゃなくてただの快楽のとりこじゃん

このスレの最初のほうで絶賛されてたのは何だったんだ・・・
お前らこんなのがいいの?

770 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 14:17:30 ID:8KKukQnZ
>>769
だいたい俺の意見と一緒、買って損した感が強かった。
堕ちた背徳感みたいなものが著しく欠如してた。
前作はそこそこ良かったのに…

771 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 14:22:42 ID:HgJzjXPN
ナユタは描写が気持ち悪すぎる・・・

772 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 14:48:17 ID:qzivW5af
>>730GJ!


しかし、随分と舌が肥えた奴が増えたなぁ……

単に堕ちシチュが好きな俺には大歓迎なんだが……

773 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 15:25:22 ID:DnbgTk+Y
舌が肥えたってよりは単に好みつーか各人のこだわりの問題だと思うんだな。
上の意見を読む限りでは。

割と頻繁に、ちゃんと体裁の整ったSSや絵を書ける人は貴重だから
大事にしたいところだけど。

774 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 16:24:46 ID:jmhMoVCN
ちょっと疎遠になってたけど今だにSS書きさんを叩いてるの?雑談や情報の邪魔みたいな。

775 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 17:22:36 ID:mm4v4gF2
見たくないならNGにしておけばいいじゃない、俺もそうしてるよ

776 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 17:32:56 ID:sCg/rSBd
SS書きを叩いてるんじゃなくて、
いわゆる「最強設定キャラを倒すSS」が書かれる時の必然だ。

・範馬勇次郎を倒すSS
・江田島平八を倒すSS
・GEレクイエムジョルノを倒すSS

あたりでも、どう書いたって、誰かしら異を唱える。

777 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 18:35:52 ID:9+VAOw6d
>>771
前作もボテ腹だったしそっちの属性を突き進むつもりなのかもな。

778 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 18:38:49 ID:hvnhb8RF
ナユタは堕ちた後に従属する対象がいなかったからか
適当に快楽を貪ってるだけな感じはした

779 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 18:49:21 ID:Uu42PuXt
俺初めて無双シリーズ買ったが無双OROCHIは良いな。

前に投下された戦国無双のSSネタが簡単に実現できる。

これだけでしばらく食い潰せそうだ。

780 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 19:39:21 ID:yFcVhXRm
kwsk

781 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 19:43:52 ID:qYb6DfpI
神羅はアニメや漫画版がないからキャラや設定がわかりにくいんだよな
だからキャラの持つイメージが人によってかわりがちな感じがする

782 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 20:26:23 ID:v73J2NJa
>>779
詳細なデータを求む!

783 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 21:39:53 ID:G2Gr5jqm
>>781
そこが面白いんだと言えなくも無いけどなー
微妙に性別すら自信ないキャラとかいるし

784 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 22:42:58 ID:7hZ9z9aN
ストラトス・フォーで操りネタがあったけど
あれでメインヒロイン達も操られるバッドエンドみたいなのが見たかった。

785 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 22:54:46 ID:oo4IRwzv
寄生物だな

786 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 23:03:50 ID:7hZ9z9aN
>>785
寄生生物だったのか・・・
俺はこっちもツボだけどスレ違いだったね、ごめんなさいorz

787 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 23:14:56 ID:oo4IRwzv
気にしないでくれ
俺もあれの人格変貌は好きなんだ

788 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/28(水) 23:48:59 ID:V/wEuRYD
>>780
無双オロチは勢力無視してパーティ組めるからってことでしょ。
洗脳関係のお話はなかったはずよ。
濃姫と甄姫を一緒に使えるのが一番嬉しいわ〜

789 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 00:22:22 ID:h7d4Ic8x
悪っぽい奴に女2人つけて妄想すればいい
やったことないけど

790 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 04:25:10 ID:uZPLpFsJ
かーねで心を汚してしまえ!
ゆーめもキボウも奪ってしまえ!

791 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 04:52:56 ID:LVC+IETz
まだPC9801がパソコンのスタンダードだった頃に
キャラデザが手塚治虫のスタジオで、世界観が曼荼羅とかそんな感じチックなRPGが出てたんだけど、
知ってる人いる?

実際プレイした訳じゃないんだけど、パソコン誌に掲載されてた広告を見ると
ピンク髪の弥生時代風ファッションのヒロインが敵に攫われて、再会する度に黒い髪の邪悪な巫女に変貌していく
みたいな風にあらすじが紹介されてて、かなり気になってたんだけど…



792 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 06:53:13 ID:sD19R/1p
>>769
オレと同意見の人発見
従う対象のいない悪オチはダメだと実感させられた作品ではある

793 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 09:57:11 ID:gU09ZM7I
野良悪堕ちか。

794 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 12:44:41 ID:r+xzenX0
テイルズスレのネタ絵版で色違い祭やってるな
もちろん悪堕ち絵じゃないんだけど、いいカンジのがちらほら

795 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 14:06:15 ID:XZDLsRDM
>>792
要するに『悪(の思考)の奴隷(というか虜)になるのが好き』か『悪(者)の奴隷になるのが好き』か
という嗜好の違いなんだろうな。

796 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 14:31:14 ID:0rnTyCZR
またそこから分離したり混ざったりするから面倒くさいんだよな
だから自分の思い通りいかないから駄目だ駄目だって言ったってしょうがないでしょと


なにが言いたいかというと、自分の好みを標準にして、それに合って無いからといってやいのやいの言って職人さんを困らせないで褒めるとこは褒めよう。
自分の好みに合う物が無いなら自分で作ろう。

>>1-1000でやいのやいの言ってる人達に贈る言葉

797 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 15:26:39 ID:vGj1mGoI
やいのやいの言うのと
批評やツッコミを一緒にするなよ

アンチな意見具申が嫌なら
誰にも公表してはいかん

798 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 16:21:55 ID:36tb7kKx
プロじゃねぇんだから
そこまで厳しく言うこともねえだろうと思うぜ
正直、見てて厳しい意見だなって思ってたからな

俺はあれくらいサックリと堕ちた方が好きだしな
嗜好の違いを批評と一緒にするのは違うぜ

799 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 16:29:09 ID:5gaOof7w
でもそういう率直な意見が出るってことはちゃんと読んでるってことじゃん
あと批判は軽々しくできなきゃおかしいはずのものだから
それが的を外してないだけいい方だと思う、まあ良し悪しだけど
少なくとも誘い受けとマンセーしかないのよりはよっぽどいい


ところでこのスレの人って地道に教育で教化していく系の悪堕ちってストライク?

800 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 17:10:02 ID:wKhTblJ1
>>799
過程がしっかりしていないとやばそうになると思う。でも好きなシチュ

俺は速攻・連鎖・地道の悪堕ち好きだからな。

801 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 19:05:29 ID:GEGc6lje
>>800
俺も同じだ、中でも連鎖落ちが特に。
>>799のシチュでいえば教育されて堕ちた子が友人or仲間を、
自分を堕とした奴のところに連れて行きその教育に自分も参加。
の無限ループはまさに王道!
まぁ長くなるとアレだからグダグダになる前に切っちゃうのが吉だけど…

というわけで>>799、じわじわ堕としてくれ

802 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 19:19:14 ID:s/Uc+9bS
>ところでこのスレの人って地道に教育で教化していく系の悪堕ちってストライク?

サド侯爵の作品にあった、父親が娘を教育して自分を神の如く崇敬させるように
なった話は好きだった。文章がまたいい。

803 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 19:22:11 ID:O7rjlieO
連鎖堕ちは良い…。
家族とか親友とかを喜々として落とすようになると特に良い…。

804 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 20:24:53 ID:tilAaHCL
悪堕ちした女の子が殺されたりするのが、
切ないのと同時に、すごく興奮する。

正確には悪堕ちじゃないのだが覇王将軍シェーラとか、
月厨と呼ばれるのを覚悟で吸血鬼になったさっちんとか、
超マイナーネタで誰も知らないのを覚悟でハーフエルフのナスカ・グランデとか。

漠然とイメージはあるのだが、具体的な名前が挙がらないことって
よくありませんか?

805 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 20:37:36 ID:O7rjlieO
ヴィルガストのルシーズとかラング4のレイチェルとか
展開次第で死んだような

806 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 20:51:07 ID:tilAaHCL
ヴィルガスト、懐かしいな。小学生の頃の作品だよ。
まさにRPG全盛期の作品だった・・・。
そういえば、ヒロインがエロ装甲で敵になっていたなぁ。

コミックもゲームも一部分しか見てないから、
詳細は知らんのだが・・・。

807 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 20:57:48 ID:UgV84/xc
なんかスーファミとかファミコンのゲームでこのスレに該当するようなゲームないかな?

808 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 21:08:01 ID:ALvncRK4
>>807
さんざん既出だが、ファイアーエムブレム

809 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 21:37:52 ID:1d1GOWS/
またこの流れか。。。

810 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 22:55:34 ID:/zZ6rGQt
流れを変えるために
>>794
スレの具体的なURLをkwsk頼む

811 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 22:59:23 ID:vGpOOONz
>>809
IDがGears of War

は置いといて、そろそろ頻出ネタは、ある程度紹介を交えてテンプレでまとめておいた方がいいかもしれないな。
その方が新参も会話に入りやすいだろうし。エロゲー以外にはそういうのなかったよね?
問題はどこに置くかなんだろうけど、スレッドに直接貼れば、スレ立てさんが苦労するだろうから困るし…
いいアイデアや否定意見含めて、みんながどう思ってるか聞きたいな。

812 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 23:37:55 ID:uuOI/69E
で、誰がやるんだい?

813 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/29(木) 23:47:39 ID:W+9c/yU7
流れぶったぎって済まない。俺は無視してくれ。
>>810
>>794 じゃないからスレは分からんが、絵板ならここのネタ絵板だと思われる。

ttp://log.readalittle.net/

814 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 01:18:39 ID:WRz9ZnWB
>>811
なんだかよくわからんがすごいIDだ

815 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 01:50:21 ID:Qj00BKCL
>>793
>野良悪堕ち
吹いたw

816 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 04:10:15 ID:7ZupAWgm
グプーンズ?
スプーみたいなもんか?

817 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 09:11:00 ID:j5dtU6h8
なんかいいゲームないかな?

818 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 10:57:51 ID:M00DoE98
もうユフィ死亡か…
全然わかってねぇな…

819 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 11:17:18 ID:K/MNZ5wy
でもそうする以外にとめる方法ないだろ

820 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 11:40:05 ID:3BJi+Go5
話が噛み合ってない気がする。結末の形じゃなくて退場が早すぎるって話なんじゃないの。
連鎖堕ちとかする間もなく。

結局スザクとの敵対を明確にするために使われた感じだな。

821 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 11:46:01 ID:iKeJBdOq
最終的にスザクはカレンとくっつくんじゃね?
ユフィは只の使い捨てw

822 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 11:53:03 ID:EY/ufOz7
でもギアスの性質考えたら連鎖とかありえないからな

823 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 12:02:59 ID:rkFemxHd
全く他板なんだが、こんなの見つけた。ネタ分かる香具師どのぐらいいるんだろうか…
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1173752465/222

824 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 12:04:51 ID:81AXPc+x
>>822
>>686

825 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 12:46:24 ID:te6a2ZMX
>>823
今ならMacの中にwinコアで汚染?

826 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 12:49:41 ID:EY/ufOz7
>>824
ニーナはあれはこのスレ的にはいらない要素であろう恋愛感情でギアス関係ないからw

827 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 13:18:32 ID:Xd/KPULl
んじゃ最初から>>686の時につっこんどけ

828 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 13:28:18 ID:VLHSsq9X
それよりルルの悪どい顔が良かったw
ってここはヒロインスレだったな

829 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 13:51:56 ID:GHRk92jc
あれ?今ギアスネタバレスレ見てたからどっちがどっちだかわからなくなりかけた

830 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 13:53:25 ID:eK4Pd+HB
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒーロー


そんなスレ、あるんだったらちょっと見てみたいww

831 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 14:50:09 ID:vimoM10h
アナキン・スカイウォーカーが女の子だったら、
最高の悪堕ちヒロインだったのになぁ。

まあ、4〜6の三部作ではおばさんになってしまうが・・・。

832 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 15:26:23 ID:isMgAu3W
アナキンは悪堕ち以前からDQN属性が強いのでちょっと…。

833 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 17:01:12 ID:+76XDwLG
暗黒面は総じて気持ち悪くなるからちょっと……

834 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 17:55:30 ID:B6hPGRcV
>>830
なぜかボンボンはその手のネタが多かったので懐かしい。勿論、ヒロインネタもあったし。

835 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 20:35:21 ID:qsAcO/+O
今日発売の魔法戦士シンフォニックナイツはどうだったんだろうか?
該当シーンがあるようなら買おうかと思っているのだが・・・

836 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 20:50:58 ID:oEoY/raA
>>834
召喚王レクスが思い浮かんだ。

837 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 20:55:26 ID:dkMa4BcY
>レクス
あったねそういえば
主人公自身が堕ちるときもあったっけ

838 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 20:56:25 ID:Yu1QPMFN
M C デ バ イ ス なる素晴らしげな響きの装置が登場する。




といってもヒロインが感じた快感を付けられた人も感じてエロ堕ちしやすくなるだけ・・・orz

839 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 20:59:25 ID:B6hPGRcV
悪コスでダークレクス化して、口調も悪党のそれに。
それまで憎んでいた敵のボスに忠実になっていた主人公♂に萌えた。

バトンQ(だったか)で、洗脳ではないが羅刹女による体のっとりがあった
時には、最初は主人公の仲間(もちろん♀)が狙われていたので残念がった
記憶がある。

840 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 22:11:49 ID:9MaG0Wse
セイントオクトーバーで悪堕ちやってるんだが、見てる人少なそうだな・・・ロリだしな
まぁ、堕ちる前は全然出てきて無いからそのへん微妙だが
こっちが元
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi82676.jpg.html
で、こっちが洗脳後
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi82677.jpg.html

このアニメ、更に変身するから、変身後にちょっと期待してる

841 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 23:06:24 ID:38kcOluQ
>>835
いちおうエロ戦闘で調教されたリリーが悪の手先レディ・リリナとなって
シュガーに絡んでいくというスイートナイツと同じシチュが存在するのは確認した
コスチューム変化は今のとこ見当たらない
それではゲームに戻らせて頂く デュワ!


842 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/30(金) 23:18:01 ID:c4qkG42H
>>840
実はこのスレ少数派の炉利おkな俺だけどセイントオクトーバーは
放送されてないんでノーマークだった。

というわけで今後の展開の詳細頼んだ!!

843 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 00:11:29 ID:tYSeNvRw
>>841
リリーは悪の手先になるけど、シュガーはハーレムED以外では…
う〜ん折角ヒロイン二人に絞ったのに扱い悪すぎ。

因みにリリーの偽者が登場しその悪コスはある。

844 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 00:18:41 ID:A93vOFl3
>因みにリリーの偽者が登場しその悪コスはある。
なぜそれを転用せんのだ、スタッフは。

845 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 00:22:58 ID:tYSeNvRw
>>844
MCデバイスといい、美味しそうなシチュは沢山ある。
リリーが悪堕ちした後、逃れたシュガーがレジスタンス活動するんだが、
それに対する悪リリーに率いられた黒衣の魔法少女軍団なんかもネタとしてはある。
(文章だけだけど、ミネルバガードという正義の組織の構成員を洗脳した連中だそうで)

ほんと分かってないw

846 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 00:24:54 ID:tYSeNvRw
ああ…文章が変でごめん。
それぐらいガッカリしてるという事でw

847 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 00:46:16 ID:T4DybGyO
まあ、三角だしな。最初から期待するだけ無駄だったんだよな・・・

848 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 01:36:53 ID:YIej2jIi
もうニセリリーを悪堕ちと考えてハァハァしてしまえ。

849 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 02:09:11 ID:oe5V3BhO
ていうかSYKはSKと流れから責め方から堕ち方からほぼいっしょ
まあ名前の時点でわかるけど

850 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 02:58:44 ID:0Qy4m05I
スターウォーズ、暗黒面ネタでSSを投下します。

エロなしです。
スピンオフなので、世界観流用のオリジナルキャラです。
細かい部分でオフィシャルの設定と異なる部分があるかもしれません。
SW用語の使い方を間違えている部分があるかもしれません。

以上のような内容について、
不快に感じる方、設定の間違いに敏感すぎる方などは
スルーをお願い申し上げます。

851 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 02:59:47 ID:0Qy4m05I
 それはまだ、ジェダイ騎士団が隆盛を誇っていた頃の物語。
 若きパダワン(見習いジェダイ)の少女アルテナは、彼女の師であるジェダイマスター・サイファーとともに、
 惑星バトペゼルにおける紛争の調停にやってきていた。
「マスター! 外は戦闘ドロイドでいっぱいです! きっと反政府軍は初めから調停に応じるつもりはなかった
です」
 しかし、反政府軍は調停に応じず、ジェダイ抹殺の為にドロイド軍団を送り込んできた。
「恐れるな、そして憎むな。恐れも憎しみもフォースの暗黒面に繋がるのだ」
 サイファーは落ち着きはらって、アルテナを宥める。
「‥‥ごめんなさい、マスター」
「そうだ。心は常に平静を保つのだ。さすれば、フォースの加護がある」
 サイファーは素直に答えるアルテナの頭をやさしく撫でる。
「はい、マスター! がんばります!」
 アルテナはこの師の癖が嫌いではなかった。子供扱いされているようでもあったが、この頼りがいのあるマス
ターの温もりを感じることに、アルテナはいつしか幸せを感じるようになっていた。
「よし、では脱出しよう。この建物の北側に細い谷がある。狭い谷間なら敵の数の優位は減少する。谷の入り口
までは強行突破だ。敵に構わず道を塞ぐ物だけを斬り伏せていくんだぞ、出来るな?」
「はいっ、マスター!」
「いい返事だ」
 サイファーはもう一度アルテナの頭を撫でた。アルテナは嬉しくて、もう恐怖も憎しみを忘れていた。彼女が
心に抱いていたのは、淡い恋心‥‥。

 アルテナとサイファーは南側の窓からフォースの力で家具類を放り出す。
 ガラスの割れる音、家具類の落ちる音に戦闘ドロイド達が南側に集まってくる。
「遅れるなよっ!」
 北側の戦闘ドロイドの数が薄くなったところで、二人はライトセイバーを振りかざして北側の谷へと疾走する。
 二人に気付いたドロイド達がブラスターを撃ってくる。二人はライトセイバーでレーザーを防ぎ、時に弾き返
して走る速度を緩めない。
「てやぁっ!」
 アルテナは進路上に立つドロイドは一刀のもとに斬り伏せていく。
 だが、やがて南側が陽動であったに気付いたドロイド達が急いで追撃してくる。
「アルテナ、振り返らずまっすぐに進め! 後ろは私に任せるんだ!」
「はい、マスター! たぁっ!」
 答えながらアルテナはまたドロイドを斬り伏せる。
 サイファーはアルテナの背後につき、後方からのレーザーを弾き飛ばす。走りながら、後方に注意を向けるの
は熟達したジェダイマスターだからこそ出来る技である。
 二人はそのまま、谷へと駆け込んだ。
「このまま谷を抜けていけば、政府軍の勢力圏に入れるはずだ。急ぐぞ」
 敵の攻撃は狭い谷に入ったことで受けづらくなった。しかし、追撃がやんだわけではない。
 サイファーは変わらず後方からの攻撃を弾いている。
 しかし、前方に待ち構えていた敵は少なかった為に、アルテナに油断が生じた。
「マスター、大丈夫ですか? きゃあっ!」
 背後のサイファーに気を取られた瞬間、待ち伏せていたドロイドがアルテナを狙い撃った。
「くっ‥‥てやっ!」
 左目の辺りに激痛が走ったが、アルテナは冷静にドロイドを斬り伏せる。
「アルテナ、大丈夫か?」
「左目をかすりましたが、大丈夫です!」
 サイファーの問いに、懸命に答えるアルテナ。実際、どれほどの傷かは分からなかったが、今は前に進まなく
てはならない。
 アルテナは痛みに耐えながら、無我夢中で走り続けた。

 その後、アルテナ達は反政府軍の追撃を振り切って政府軍勢力圏に帰還した。
 直後にアルテナは気を失って倒れた。多量の出血を伴う大怪我をしていたのであるから、政府軍勢力圏まで辿
り着けたほうが奇跡と言っていいだろう。アルテナはジェダイだからこその精神力だけで死地を切り抜けたので
ある。
「アルテナ、頑張ったな」
 サイファーは気を失ったアルテナを抱き上げ、医療ドロイドの元まで運んだのであった。

852 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 03:02:46 ID:0Qy4m05I
 アルテナは集中治療室で目を醒ました。
「‥‥ここは‥‥?」
「アルテナ、目を醒ましたか」
「ます、たー?」
 目が醒めた時、最初に見えたのはサイファーの顔であった。それだけでアルテナは幸せな気持ちになれた。
「まだ、しばらく安静にしているといい。調停については新たにジェダイが派遣されてきた」
「‥‥ごめんなさい、マスター。私が怪我をしてしまったばかりに‥‥」
「いいんだ、アルテナ。むしろ、私はお前を誇りに思うよ。これだけの怪我を負いながら、あの死地を脱したお
前の精神力はすばらしいものだ」
 サイファーはそう言って、アルテナの頭を撫でてやる。
「あれで私は確信した。お前はもう十分に一人前だ。そこで、ジェダイ評議会にお前をジェダイナイトに昇格す
るよう具申した」
「私が‥‥ジェダイ・ナイトに?」
 アルテナの頭を撫で続けながら、サイファーは笑顔で頷いた。
「ありがとう‥‥ございます、マスター」
(「でも、マスターと一緒にいられなくなっちゃうのは‥‥ちょっと‥‥寂しいかな‥‥」)
 アルテナはジェダイ・ナイトへの昇進を喜びながらも、ちらりと一抹の寂しさを感じていた。
「私は応援のジェダイに任務の引継ぎをしなくてはいけない。アルテナは傷が癒えるまで、ゆっくりと休むとい
い。傷が癒える頃には晴れてジェダイナイトだ」
 そう言ってサイファーは席を立った。
「はい、マスター‥‥」
 アルテナはサイファーへの想いを胸に抱きながら、眠りについたのであった。


「ん‥‥うん?」
 人の気配を感じてアルテナは目を醒ました。
「おや、起こしてしまったようじゃな」
 老人のしゃがれた声であった。目を開けると見覚えのある老人である。
「‥‥ネル卿‥‥どうして?」
「おぬしとサイファーの尻拭いに来たのじゃ。ほっほっほ」
 アルテナは嫌な顔をした。もともと、「老醜」という言葉が気味悪いほどに似合っているジェダイ・マスター
にいい気持ちを抱いていない。
「ほっほっほ、わしを醜いと思うか?」
「っ! ‥‥いえ、そんなことは‥‥」
 心を見透かされたような一言に、アルテナは己を恥じて視線をそらす。
「じゃがな、今のお前さんも似たようなものじゃろうに、ほっほっほ」
 ネルが愉快そうに声をあげる。
「私が‥‥?」
 アルテナはネルの言葉に思わず振り向く。
「そうじゃ。ふむ、まだ自分では知らなかったようじゃな。鏡でも見てみるがよい」
 ネルは治療室の壁にかかっている鏡を指差した。
「その左目に撒かれた包帯の下をな、ほっほっほ」
 アルテナはベッドから起き上がる。五体は異常はなく、鏡のところに行くのに何の障りもない。
「‥‥嘘、嘘です‥‥ただの‥‥かすり傷だもの」
 鏡に映る包帯に巻かれた自分の左目。ジェダイであっても、年頃の少女である。自分の顔に消えないほどの大
きな傷が出来たなど信じたくない。
 心臓が高鳴り、指が震えた。心が恐怖に染まっていく。
「ただのかすり傷で、そんなに仰々しく包帯を巻くものじゃろうか?」
 ネルの残酷な言葉が心を抉る。振るえる指で少しずつ包帯をはがしていく。
 そして、アルテナが見たものは――
「いや‥‥いやああぁぁっ!!」
 ブラスターのレーザーに焼かれて醜く潰れた左目であった。
「ほっほっほ、かわいい顔が一転して醜くなったものよのう」
 アルテナは膝をついて、その場に蹲ってしまう。
「これでは、サイファーのヤツがおぬしを捨てたのも当然じゃなぁ」
 ネルがアルテナに覆いかぶさるように顔を寄せて、その耳元に囁いた。
「マスターが‥‥私を‥‥捨てた?」
 アルテナは混乱しており、その意味を図りかねた。

853 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 03:04:39 ID:0Qy4m05I
「そうじゃ。ジェダイ・ナイトへの昇進など体のいい厄介払いじゃ。どんな男でもおぬしのような醜い娘を傍に
置いておきたくはあるまい。サイファーのヤツはもう次の若くてかわいいパダワンを見繕っておるわい、ほっ
ほっほ」
 ネルが下卑た笑いを浮かべながら、アルテナに囁き続ける。
「‥‥マスターは‥‥マスターは立派なジェダイです! そんなこと‥‥」
「ふん、己の顔を残された右目で見ても、そう言い切れるのか?」
 ネルはアルテナの髪を乱暴に掴んで鏡の高さまで引っ張りあげる。
「‥‥いや、いやぁっ!」
 アルテナは涙を流して、それを拒絶する。
「認めたくない気持ちはわかる‥‥お前の絶望する気持ちもわかる‥‥だが、嘆いているだけでは何も変わらん
ぞ」
 ネルのささやきが急に優しげなものに変わった。
「‥‥ネル‥‥卿?」
「わしはな‥‥おぬしの顔を元に戻す方法を知っておるのじゃ。それを使えば、おぬしの人生もやり直すことが
できようぞ」
「っ! ‥‥本当ですか?」
 絶望に撃ち震えていたアルテナの瞳に初めて希望の光が宿った。
「ああ、他のジェダイには絶対に真似出来ない方法をな。あのヨーダでさえもじゃ。それを使えば、サイファー
を自分のものにすることさえも容易きこと」
 ネルのしゃがれた声が甘い甘い蜜のような誘惑になって、アルテナの心を蝕んでいく。
「ネル卿‥‥それは‥‥それは、どんな方法なのですか!?」
 アルテナはネルに縋りついていた。
「フォースの‥‥暗黒面じゃ」
「っ!? ダーク・ジェダイっ!」
 フォースの暗黒面に落ちたジェダイをダーク・ジェダイと呼ぶ。
 ジェダイのもっとも明確な敵であるダーク・ジェダイを目の前にして、アルテナの目が醒める。
「そうとも、わしは暗黒卿ダース・ネクロスじゃ! アルテナ、フォースの暗黒面の力は巨大ぞ! その醜い顔
を再び元のかわいらしい顔に戻すことも叶うであろう!」
「黙りなさい! 誰が暗黒面に屈するものですか!」
 フォースの念動力を使って枕元に置いてあったライトセーバーを手元に引き寄せる。
「きゃあっ!」
 だが、アルテナがライトセイバーを掴んだ瞬間、その腕は切断されていた。ライトセイバーを腰に帯びていた
ダース・ネクロスの斬撃のほうが早いのは当然の理であった。
「あ‥‥ぁあ‥‥」
「アルテナよ。わしは何もおぬしを殺そうというのではない。むしろ、救いたいと思っておるのじゃ。さ、わし
と共に来るのじゃ」
 切り落とされた腕の痛みに顔を歪めるアルテナ。
「じゃが‥‥どうしても拒むというのであればじゃ。正体を知られた以上、おぬしには死んでもらわねばなるま
い」
 ダース・ネクロスのライトセイバーがアルテナの咽喉元に突きつけられた。
「さあ、どちらにするんじゃ? ん〜?」
「私は‥‥私は‥‥」
 ジェダイの天敵であるダーク・ジェダイを前にして、アルテナは一種の興奮状態となっていた。その心からは
先ほどまでの弱弱しく絶望する気持ちは失せていた。

854 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 03:06:36 ID:0Qy4m05I
 その時であった。
「アルテナ、具合は‥‥ネル卿?! 何をしていらっしゃるか!」
 サイファーが部屋に入ってくる。すぐさま、ダース・ネクロスがアルテナにライトセイバーを向けているとい
う異常事態に気付く。
「ちぃっ! 邪魔が入りおったわ!」
 すぐさまアルテナからサイファーに攻撃目標を切り替える。
「っ! 乱心されたか!?」
 サイファーもすばやくライトセイバーを引き抜くと、ダース・ネクロスの攻撃を受け止める。そのまま、二合、
三合、四合と猛烈な勢いの斬りあいになる。
 だが、ダース・ネクロスの一枚上手であった。斬り合いながらも、巧みな足裁きで自分の位置を出口側へと少
しずつ移動させていく。
「今日はここまでにしておいてやろう。さらばじゃ、また会おう!」
 ダース・ネクロスは扉から外へと駆け去っていった。
「ふぅ‥‥ふぅ‥・・アルテナ、大丈夫か?」
 サイファーは短い戦闘だったにも関わらず息を切らしていた。
 ダース・ネクロスとて伊達に歳をとっているわけではない。若いサイファーに対して経験で勝るところがあっ
たのだろう。
(それとも、あれこそがフォースの暗黒面の力なのでしょうか?)
 なんとはなしに、そんなことを思ったのは、アルテナが暗黒面からの誘惑を払拭し切れていない証拠であった。


 右腕の応急処置を終えたアルテナはジェダイ寺院への貴官を命じられる。
「よもや、ネル卿がダーク・ジェダイであったとは‥‥。アルテナ、お前はジェダイ寺院に戻り、療養を兼ねて
ことの次第を報告してくれ」
「マスター! 私も残ります」
「駄目だ。怪我を治療することも、ジェダイ評議会にネル卿‥‥ダース・ネクロスのことを報告することも、お
前にとって重要な使命だ」
 アルテナは反駁したが、サイファーは聞き入れなかった。
 アルテナは自分の心臓の鼓動が高くなっているのに気付いた。ダース・ネクロスに囁かれた、多くの言葉、多
くの疑念が心の中で大きくなり、暴れている。
「‥‥マスターは‥‥そんなに私を傍に置くのが嫌なのですか?」
 俯いて押し殺した声でアルテナは問う。
「どうしたんだ? アルテナ」
「私が‥‥醜くなってしまったから、もう、私を傍に置いておきたくないのですか!?」
 アルテナはサイファーに抱きつく。
「マスター‥‥私、マスターの傍を離れたくありません‥‥ジェダイ・ナイトにもならなくていいです‥‥ずっ
とパダワンのままで‥‥ずっとマスターの傍にいさせて下さい‥‥マスターっ、マスターぁぁっ!」
 サイファーの胸に顔をうずめて、すがりつくアルテナ。
 それまで自覚していなかった淡い恋心が、胸焦がす熱い情熱となって噴き出していた。
「‥‥アルテナ‥‥」
 サイファーは抱きついてきたアルテナの頭をやさしく撫でてやる。
(想いが届いたっ!)
 アルテナはそう思った。この瞬間、アルテナは溢れるような幸福感に満ち足りていた。ぎゅっと強く強くサイ
ファーを抱き締める。
 しかし――
「ジェダイにも愛はある。しかし、それはこの銀河の人々に分け隔てなく等しく向けなくてはならないものだ」

855 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 03:07:35 ID:0Qy4m05I
 アルテナの心の中で、何かが軋む音がした。それは大きな崩壊の前兆である。
「ジェダイの騎士は、執着を持ってはいけない。執着は貪欲を生み、貪欲は暗黒面へと至る」
 サイファーはジェダイの騎士としての言葉で語った。それは男としてアルテナを拒絶する言葉ですらない。
 アルテナの心の中で、様々な価値観が音を立てて崩れ落ちていく。
「マスターは‥‥マスターは自分に都合のいいことばかり言ってます‥‥どうして、私のことを見てはくれない
のですか!?」
 サイファーの胸の中で、アルテナはなじるように言う。
「私のことが嫌いなら、嫌いだって言えばいいじゃないですかっ! こんな醜い私だから、傍にいて欲しくな
いって言えばいいじゃないですかっ! どうして、ジェダイの掟なんかで誤魔化そうとするんですかっ!」
 顔をあげて、その胸板を左手で叩きながら必死に訴える。
「お前は私の大切な弟子だ。だが、私が師として未熟であるばかりに、お前を正しく導いてやることが出来なか
った。許してくれ」
「‥‥マスター‥‥そうじゃないんです‥‥そんなことじゃないんですっ」
 アルテナは慟哭する。サイファーを欲していた、サイファーに抱かれたかった、キスを‥‥して欲しかった。
そんな様々を想いがこもった慟哭であった。
「アルテナ、お前は疲れているんだ。この惑星に来てから大変なことが続いた。寺院に戻って‥‥」
 サイファーの言葉は優しい。だが、アルテナはサイファーにとって、すべてと同じく愛しい存在であり、それ
は同時にすべてと等しく価値がないのと同じであった。


 サイファーは泣きじゃくるアルテナを宇宙船に押し込むと、信頼できる宇宙船操縦ドロイドをつけて送り出し
た。
 サイファーの脳裏にアルテナの姿が浮かぶ。愛しいと想えた。それは大切な弟子、ジェダイの仲間という想い
を超えた感情の欠片である。
「‥‥未熟っ!」
 サイファーは頭を壁にぶつけて、自らを戒めた。

 送り出されたアルテナは宇宙船の中で失意の中にあった。
 操縦はドロイドに任せて、今はただ袖を涙で濡らし続けている。
 その時、船内に警報が鳴り渡った。
「‥‥どうなっているんですか?」
「とらくたーびーむデ牽引サレテイマス。脱出不能ノ高出力デス」
 アルテナが操縦ドロイドに問いかけると、ドロイドはトラクタービームで牽引されている状況を報告する。
「‥‥」
 アルテナの宇宙船が大型宇宙船のカーゴに吸い込まれていった。
「ほっほっほ、どうやら傷心の様子じゃのう」
 カーゴで出迎えたのはダース・ネクロスである。涙でぐじゅぐじゅになった顔、赤くなった瞳を見れば、察し
がつきそうなものであった。
「‥‥ダース・ネクロス。あなたは私に嘘をつきましたね。マスターには私を捨てるつもりなんてありませんで
した」
 ダース・ネクロスが再び自分の前に姿を見せたことを、アルテナは驚くほど冷静に受け止めていた。
「そもそも、マスターにとって私は捨てる価値もない、とるに足らない存在だったのですから」
 左手の拳をぎゅっと握り締める。思い出すごとに胸に込みあがってくる想いがある。
「ほっほっほ、憎いか? サイファーが」
「憎いです、好きです、殺したいです、愛してます、縊り殺したいです、抱き締めたいです‥‥っ!」
 サイファーに対する相反した感情が次々にアルテナの口から溢れ出す。
「そうじゃ、その感情に身を委ねるのじゃぁ! それこそがフォースの暗黒面! ジェダイには辿り着けない強
き力じゃ!」
 そんなアルテナの様子に歓喜の声をあげるダース・ネクロス。
「サイファーっ! サイファーっ! サイファーっ!!」
 愛しくて憎い男の名前を絶叫するアルテナ。フォースの暗黒面が心を休息に侵食し、感情の制御が出来ていな
いのだ。
「アルテナよ! わしの弟子になるのじゃ! さすれば、フォースの暗黒面の使い方を教えてやろう。強大な暗
黒面の力を使えば、サイファーなどお前の想うとおりにできようぞ」
「‥‥あ、あああっ! くぅ‥‥サイファーを想い‥‥通りに‥‥?」
「さあ、わしをマスターと呼ぶのじゃ。さすれば、サイファーに己を愛させることも、殺すことも自由自在じゃ」
 ダース・ネクロスの甘言が耳に響く。
「‥‥マスター。ネクロス卿、どうか私を‥‥弟子にしてください」
 アルテナはダース・ネクロスの前にひざまづいていた。

856 名前: ◆.4eBOh6z2E :2007/03/31(土) 03:08:40 ID:0Qy4m05I
 一年後――
「行くのじゃな」
 ダース・ネクロスが問う。
「行きます。私はサイファーを手に入れる為に暗黒面の力を磨き続けてきたのですから」
 答えたのはかつてのアルテナ、今はダース・クローネと呼ばれるダーク・ジェダイである。
 顔には左目付近だけを覆うモノクルのような仮面。複合センサーが仕込まれており、通常の人間にはありえな
い多くの視覚情報を手にすることが出来る、失った左目の代用品である。
 かつてダース・ネクロスに切り落とされた右手には義手。指先は鋭角な高硬度物質で作られており、禍々しい
悪魔の腕のようである。
 ハイヒールを履き、すらりとした脚は少しも隠そうとしていない。
 そればかりか、胸と性器だけをわずかばかりの布が隠すだけで、体もラインも素肌の大部分もほとんどむき出
しという姿である。
 まるで自分の女であることを見せつけようとするような、ふしだらな装束である。
 それでいて、肩上には大きな肩アーマーを身につけ、背後にはマントをなびかせている。
 首にはペットにつけるような首輪を巻いていた。
「そうか‥‥この一年、おぬしの力はわしをも上回った。フォースの暗黒面を受け入れたからじゃ‥‥かはっ‥
‥げふっ、がはっ‥‥故にわしもこの様じゃ‥‥」
 ダース・ネクロスは口から血を吐く。その腹にはもはや治療も間に合わない深い傷が出来ていた。
「私はサイファーを手に入れて、二人で生きていきます。余計なダーク・ジェダイはいらないんです。ですから、
斬りました」
 ダース・クローネは当然のことというように淡々と述べる。
「ほっほっほ、そ、それでよい‥‥それでこそ、フォースの‥‥フォースの暗黒面を知る者じゃ‥‥」
 私利私欲の為に師弟でさえ、殺しあうのがダーク・ジェダイである。殺すのも殺されるのもお互い様である。

「修行ではお世話になりました。ですから苦しまないでいいように、もう殺しますね」
 ダース・クローネの目にも留まらぬ抜き打ち。
「サイファー‥‥私は今でもあなたを‥‥あなたを愛しています」
 呟いたダース・クローネのハイヒールの音が遠ざかっていく。

 後に残ったのはダース・ネクロスの首だけである。

<終り>

857 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 03:27:30 ID:yTLMluma
乙。 たまにはいいかもね。

858 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 03:32:36 ID:ddA1/vUd
>>842
友よ(`・ω・´)ノ
セイントオクトーバーは一応ネット配信でも無料で見れるよ

859 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 08:57:38 ID:bCM6aVn1
今日の流星のロックマンがやばかった。洗脳に近いのだろうか。元の意識を残したまま別の精神と融合させられて変質しちゃってる感じ。
悪コスというか、その意識との融合体みたいなのになる。詳しくは各自で。委員長かわいす。

860 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 09:37:11 ID:mYLE96Up
>>859
どっちかというとヤン化に見えてしまって微妙だった。
が、委員長がかわいいのには同意。

861 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 10:13:58 ID:7qRy5fD2
メーカースレより転載

424 名前:名無したちの午後 投稿日:2007/03/31(土) 03:51:18 2g6/DRbs0
>412 一応レディリリコ的なのはあるにはあるんだが・・・
作りの詰めが甘いつーかさ、ダメだろこういうの。興ざめするよ。
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi82753.jpg.html

427 名前:名無したちの午後 投稿日:2007/03/31(土) 06:08:29 AVUwWGYd0
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi82763.jpg.html
なっきー、なんでこうじゃないんだよーヽ(*`Д´)ノ

862 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 10:23:15 ID:yTLMluma
絵面として、ふたご姫の力尽きた目はいいね。(すぐ回復するけど・・・)

863 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 10:33:23 ID:tYSeNvRw
>>861
あ…文章上では下のような格好をしてたようなw

864 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 10:45:20 ID:e5ELWK7D
>>858
thx!!ちょっとさがしてきます。

>>861
なっ…バカな……これでは脳内補完も難しい……!!

865 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 13:03:52 ID:f7AdkqIS
>>861
ツールで下のCGにデータ差し替えできんもんかね?w

しかし、なっきーやCGに罪はないと思うぞ、
恐らくボイス無しのシナリオパートを土壇場まで
書いてて、チェックが出来なかったのではないかとw

866 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 13:48:25 ID:4je4M8bM
しかしこれは酷いなw
どこが黒ずくめなのかと小一時間(ry

867 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 13:50:11 ID:W2Mq9eOo
>>862

868 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 13:53:35 ID:W2Mq9eOo
>>862
画像ないですか?

869 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 16:47:23 ID:FTCv7Xe3
>>865
       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`) <堕ちシーンから作ればいいんじゃね?
     ノヽノヽ
       くく

本当に堕ちスキーとしては失望したよ、リリーが存外良いキャラだっただけに

870 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 16:58:46 ID:uMmI4y04
どこのすれも同じような感想だなあ
俺もさ・・・

871 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 17:04:41 ID:gsVI8YLU
>>868
862じゃないがうぷされてた画像

数枚のまとめ画像(左端の上から3枚目)
ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date36659.jpg

最初から最後までのまとめ画像
ttp://monkeyuploader.dyndns.org/Offering/mnkyup1788.jpg

普段がとことん前向きキャラだからギャップが良かった。

ふたご姫はメインで悪堕ちするのが男キャラだったり憑依だったりで
このスレ的には微妙だったけどシチュや設定は結構良いのあったなぁ。

872 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 17:06:25 ID:FTCv7Xe3
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi82823.jpg.html

MCデバイスなぞどこにも着けていませんが…何か

873 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 17:34:09 ID:nWMZVSm3
間違い探しゲーか?w

874 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 18:23:35 ID:MR9XWBZJ
>>871
中期にあった帰省編は神だったジャマイカ。俺ら的に。

875 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 18:30:52 ID:YW2sc2u9
>>871
ストーリー展開はなんとなく把握したが
いかにも「貴様らのエナジーをいただいてやる装置」的な生物に捕まってる時に
その目になってくれたほうが全然良いだろ・・常識的に考え(ry

その後立ち直るにしても、このシーンで終わらせて普通に帰ってくるほうが良いような気が。
そんなにカップル役の男が直接語りかけるシーンが大事か。別に今まで大して推してこなかったくせに・・

876 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 19:18:23 ID:ddA1/vUd
ハッピーを吸い尽くされると、うつろ目になって、ダーククリスタルキング様の奴隷になるのです
という妄想をしたな・・・何話か前にみんなが捕まったシーンで


あと今日は流星のロックマンもオヒュカスクイーンの回でした
ロリ洗脳(というかロックマンのほうは憑依)ネタまっさかり

877 名前:名無しさん@ピンキー :2007/03/31(土) 20:09:12 ID:gsVI8YLU
>>874
あの辺の憑依はエドちんに意識乗っ取られてるだけで
キャラ自身が悪に染まってたワケではなかったからね。
その辺放送当時ちょっと突っ込まれてたしスレ的には微妙かなと。
キャラの変化自体は神だった。特にソフィー。

878 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 00:19:03 ID:9Kgtv3hD
つーかD Crystal K様が女の方の絵を取り込んだんなら
エドちんみたく実体化して女王変身だろ、そこは!・・・とね。

879 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 01:36:20 ID:H/LWK6kO
お前等の言ってる事って洗脳、調教関係ないだろ
と言うかお前等の都合の良い妄想だな

880 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 01:46:43 ID:LIr+jdwZ
それを語るためのスレだろ?
理想のエロゲ作るスレでもないし

881 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 01:50:15 ID:KjacwHI2
>>880
>>879は最近よく現れる頭の痛いコだから放置でいいんじゃね?
桜が散る頃には勝手に消えるでしょ

882 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 02:28:06 ID:2bIlWyVW
既に散ってるんじゃね?

883 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 02:58:26 ID:P4OHg7vl
数年前からずーっとこのスレに粘着してるバカだからなぁ・・・

884 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 06:27:46 ID:h/EV217/
約一名、確実にいるよなw
まぁスルーだスルー

885 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 06:58:28 ID:COP2GsA+
>>878
おまいは若本ボイスの女王を見たいのかと小一時間(ry

886 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 11:51:04 ID:9Kgtv3hD
>>885
そこはブラック学園長みたくですよ。

887 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 13:48:53 ID:FQP3S6t1
>>885
俺は878じゃないが、すごく見てみたいぜ。

888 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 18:33:45 ID:SQAGjrZg
疾風アイアンリーガーには洗脳があるんだよな

889 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 20:04:45 ID:zjCnpdkc
>>888
マグナムエース自体が洗脳能力持ってるみたいなもんだw

890 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 21:05:57 ID:l9vaQBtp
今日やってたプリキュアは
どうせなら捕らえられた女の子に
あの仮面付けて欲しかった。

891 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/01(日) 23:23:24 ID:XxHAf+lr
黒水晶王目当てで双子姫見てる自分はバルバトス信者

892 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 00:35:34 ID:vP1n8Kpe
スパロボOGの発売日が決まり
ロアの妹ダークエミィが登場するんでないかとwktkしてる俺が来ましたよ

で、アニメ版クスハの洗脳はどうなったんだと小一時間(ry

893 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 00:41:35 ID:fVAhfoBy
渋いところをつくなぁ。でもあんなヒョロい人間体型、ロアじゃないやい。
ていうかエミィも出るのは決定済みなのか?エミィはむしろリアル路線のがエロくてイイ(ry

894 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 00:44:20 ID:MNWCRvcf
>>892
時間の都合上、クスハさんはあっさり気絶してしまいましたよ

895 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 00:46:21 ID:t3D5oPuy
>>892
オペレーションSRWにてグルンガスト弍式に乗り敵方として登場するも出番少な目
最終話でブリットに弍式のT-LINKシステム壊されて気絶
復活しないまま終了

896 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 08:51:14 ID:p3gKpuEu
気絶か…まぁ、洗脳はまだ続いてると脳内補完すれば何とかいけるか。

897 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 09:52:21 ID:rIemMRU1
>>892
そういえば、たしかボンボンの漫画を見て興奮した覚えがあるな
オレは消防のころからこの属性持ちだったのか orz

898 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 12:51:11 ID:k9MrVFLH
>>895
ゴミみたいな扱われ方だな
これじゃクスハじゃなくてクズハさんだよ

899 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 13:33:31 ID:4FF9OsY5
>>898
くっ……こんなこと…言いたくない…のに……あぁっ…ビクッビクッ


だ…誰がうまいこと言えっていったぁ!!


900 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 15:00:07 ID:H+fReWM3
>>840

その人物
5話で主人公たちに消された人物の妹(写真だけで登場している)
だから最初から敵側

洗脳というより憎悪をパワーアップさせられたという感じ

901 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 17:14:44 ID:fVAhfoBy
>>898
逆に言えば尺的にどう考えても苦しいのに、
スタッフが無理にでも洗脳シーンまでいきたかったって事じゃ

902 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 17:39:56 ID:aFyP/Ao7
ぜんまい侍のあれは悪堕ちじゃないよな……

903 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 21:07:57 ID:sSYgHZ67
マシンマンとかぜんまい侍は・・・・・・善堕ち?

904 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/02(月) 23:37:34 ID:/OMWF1CO
アニメの東京魔神学園剣なんたらに悪落ちあったと聞いたが

905 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 00:34:14 ID:hQnbyptD
ttp://www.rupan.net/uploader/download/1175527199.zip

906 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 01:13:43 ID:Jdw5fafE
Rasen解散したのね

907 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 01:38:56 ID:G2ETP0Ly
>>904
人形化だし菩薩眼はイマイチだな


908 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 03:13:10 ID:z1a3PsjA
>>902
ずきんちゃんが堕ちてくれないかなと思ってみてたよ。
もっとも、怒りの雷おこし剣をつかうところはなかなかよかった。

909 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 17:59:42 ID:0V9roZda
来週のパンシャーヌに操りの気配

910 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 19:05:34 ID:1WoGXJKB
>>909
kwsk

911 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 19:25:23 ID:6BN9AkrW
>>909
wakwaksan

912 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 21:17:33 ID:1FRE732s
パンシャーヌで思い出したんだけど
ポワトリンでも洗脳っぽいのなかったっけ?

当時幼稚園児だったのでものすごく記憶が曖昧で良く覚えてないが


913 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 21:22:30 ID:Ph68Ge3K
>>912
最終回近くでポワトリン自身が悪魔に憑依され暗黒ポワトリンに。
他にもいくつかあった希ガス。

914 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 21:24:07 ID:1FRE732s
>>913
そうそう、それだ
で、ちっこいポワトリンが助けようとしてた希ガス

915 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 21:32:02 ID:YpvFxeuG
なんだっけ、シュシュトリアンにもあったような記憶が……

916 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/03(火) 22:14:23 ID:rEegtLS+
十二支に入れてもらえなかった猫に操られてブラックシュシュトリアン化していた。

917 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 00:22:34 ID:0GrpeabJ
懐かしいな。
3人黒いままの変身シーンとかよかった。
最終的に鰹節におびき寄せられて捕まって解かれたの覚えてる。

ナイルなトトメスが最終回付近でラスボスに憑依されたのとか。

918 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 07:14:46 ID:hRU7Xt4w
>>917
まじで?ちょうど今ファミリー劇場で終盤に差し掛かってるんで
wktkして待つわ。

919 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 09:38:43 ID:w+L+hbrd
>>916
一瞬エトレンかと思ったw

920 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 10:37:27 ID:qePMYK3B
Gyaoで戦えイクサー1やってたんだな
三話目で渚洗脳なんでよろしく

921 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 10:48:42 ID:hP4PzrOr
>>920
あれは洗脳つーか、何も喋らん人形化なんでイマイチ萌えない。



922 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 11:30:42 ID:KQhjkssD
みんななかーまで見たヴァニーナイツの終わり方
堕ち通り越して鬱エンドだな。

林原めぐみの歌に惹かれて観てた奴は憤死したんじゃないかと思う。

923 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 12:34:48 ID:hP4PzrOr
あれは鬱展開というか畑澤の電波と悪趣味と創作放棄が
入り混じった汚物だ。

924 名前:sage :2007/04/04(水) 16:38:39 ID:HHjaAbBJ
昔の天才てれびくんのミニドラマでいろいろあった思い出があるんだが覚えのある人はいるかね?
妖怪すくらんぶるだったか、ムカデの話でヒロイン込みで校内連鎖。
既出だったらスマソ。

925 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 16:41:20 ID:kAEf9Q3V
>>924
微妙にIDすごいな

926 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 16:45:42 ID:uNPD3SCq
それじゃないが悪夢の王だったかそんなタイトルの耳から変なの入ってきて洗脳ってのは覚えてる。
最後ヒロインも堕ちててこっちの切り札壊して笑ってたのが印象にのこってる。

927 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 17:19:00 ID:Xb1vEOAb
>>924
「母者あべじ」
と読んでしまった俺は北斗厨

928 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 17:55:54 ID:KKXrY13r
バイオベースに連れ去れた人達がモンスター化したら当時のお前達はどんな気持ちになったんだろうな。

929 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 18:53:23 ID:zybwkD06
天才てれびくんてDVDとか出てないよね・・?結構そういうシチュ多かった希ガス

930 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 20:53:20 ID:BXxRb6zx
悪夢の王は、墜ちた看護婦さんの顔がしっかりメイクされてたのが
実に良かった。

931 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 21:06:11 ID:TodUG3x+
>>924
覚えてる覚えてる
たしか男子生徒が小便中に後ろからグサリとされてた記憶が
最後はムカデだけに操られた生徒が合体して一連なりのオオムカデになるんだよなw

>>926
それも覚えてるな
なんか芋虫っぽいのを耳から入れられてたw

そもそも天才てれびくんって最初の方のシリーズは
テレビが反乱を起こして人間を支配した、みたいな設定だったから
テレビ人間とかいろいろあったような覚えがあるな

最近はたまにしか見ないからよくわからないけど
ドラマ?とか公開収録だと結構その手のネタあるよね

932 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 21:23:24 ID:Bm9F3en9
>>925

三対子 3200点

933 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 21:38:55 ID:8c8CKL1O
そんな役あるのか?

934 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 23:21:18 ID:hLOicOA2
怪奇倶楽部(たしかそんな名前だったはず)で俺が見たのは、
病院内で寄生虫が連鎖する話。
宿主は掌に目が現われてやばかったぜ。
寄生させるときは、その目が催眠波みたいなの出してトランス状態にして、
入り込んでた。
割と鮮明に覚えてる俺。

935 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 23:39:44 ID:f66qqjm+
>>932
よく見れ。四対子だ。

936 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/04(水) 23:46:25 ID:xTx6q/3I
>>934
野村裕香とタッキーが出てたヤツね。あれは良かった。

937 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/05(木) 03:40:58 ID:3JAGgAiK
>>934
ttp://nakaama.web.infoseek.co.jp/tv/kaikiclub4a.htm

938 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/05(木) 20:24:01 ID:4c+/eOt7
百合漫画だって聞いてストレイリトルデビル買ったら……ヒロインに萌えた。
堕天して四巻ラストで黒エロコスチュームで登場。
五巻で正気に戻っちゃうけど。

939 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/05(木) 22:28:06 ID:lSM/qGJ7
      ∧     >>733
   _/・◇・\_  シャナの人に下ネタやらすから、あのアニメは駄目です!
   \ ◎ / 
     |/\|     



940 名前:939 :2007/04/05(木) 22:28:52 ID:lSM/qGJ7
アレ誤爆した…ごめん

941 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/05(木) 23:42:51 ID:kTtx9k08
 

942 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 00:29:01 ID:BFi+S5Ab
>>938
ついでに聞くが、百合具合は?

943 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 01:30:43 ID:iW/wFspC
>939
銀魂か…

944 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 11:14:06 ID:ASUKrvA5
ttp://www.ktcom.jp/book/2dn/2dn228.htm
なんか違うんだよなぁ
洗脳アンソロも全然洗脳じゃなかったし

945 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 11:21:33 ID:kUfIXWM6
誰か二次元に就職して
洗脳とは、かくあるべきっての教えて来い

946 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 11:27:44 ID:BFi+S5Ab
洗脳に限らず、二次元にはつっこむべきところが多過ぎる。
あんななおざりな出来で、よくやっていられるな。

947 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 12:31:52 ID:NsVSxXpX
何か俺のなかでの二次元が「クリムゾンに毛が生えた程度」に落ち着いた。

948 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 14:55:39 ID:JGkJVv74
>>942
エロ漫画ではないので、キスくらいまでです。
俺には十分ですがねヒャッホウ。

>>944
売り上げ出したい会社側と、消費者の望むモノが見事にズレた良い例では。

949 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 15:01:42 ID:c1/h3xv9
>>948
>>942じゃないがキスでもおk
百合好きでここの住人なおれとしては一粒で2度も3度もおいしいぜ!
じゃちょっと買ってくる。

950 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 18:39:02 ID:u8//WQg6
「堕とされそうになるもそれを跳ね除けるヒロイン」を正道としつつ、「悪に屈し奴隷に堕ちるヒロイン」を楽しみたい俺としては二次創作とゲームしか生きる道がないんだぜ

それはそれとして950

951 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 19:18:12 ID:sGoKXsV6
次スレよろ

952 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 20:26:57 ID:BFi+S5Ab
>>948
ありがとう。買っておくわ。キスで充分。

953 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 22:40:32 ID:SZ7eEgIE
ちょ!
誰か最後に飯島愛を洗脳してくれ!!!www

954 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/06(金) 22:52:44 ID:JGkJVv74
気のせいか前スレでも同じ事言ってなかったかアンタ!?

955 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 02:17:03 ID:/ZmAmoBC
サイクロンの淫獣聖戦の新刊に悪堕ち(?)あったぞ。
鬼になった。

956 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 08:27:06 ID:oR0n8ehH
本当だとしたら洗脳シーンはあってもその後は描かないあそこにしては快挙だね

957 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 10:19:56 ID:sqZbTqkq
でもどうせ、木偶の坊がお呼びもしないのにやってきて
元通りに。

958 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 16:14:16 ID:0vwobmFy
コレはいい悪落ちですねwww

http://www.youtube.com/watch?v=9vjGL1JLRHQ

959 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 17:08:18 ID:9YLhmQEa
保管庫のセーラームーンのSSって土星じゃなくて木星じゃないか?

960 名前:とくめー :2007/04/07(土) 17:38:36 ID:6gpj/JhI
本当だ、あらあら失敗。
土星の人の悪堕ちが見たいという思いがキーボードを叩く私を操ったに違いない。

961 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 17:47:42 ID:9YLhmQEa
とくめー氏乙…と言いたいのだがその下の「無題」も土星となっていますぜ?

962 名前:とくめー :2007/04/07(土) 17:56:28 ID:6gpj/JhI
保管庫の運営はかようにスレ住民の皆さんのご協力により成り立っています。

963 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 18:01:26 ID:9YLhmQEa
改めて、とくめー氏乙です

964 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 19:32:01 ID:nl2x8PKV
土星の人悪堕ちかぁ
確かに見てみたい

965 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 21:07:28 ID:h7fA/t+l
どせいさんです

966 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 21:25:30 ID:tVwOg7pT
ぐんまけん

967 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 21:57:39 ID:W2839uFw
みすとれすないん

968 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 22:05:17 ID:YcNVh/VO
調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインpart15
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1175950929/

頃合故、次スレ立てました
タイトルは原点回帰

969 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 22:06:17 ID:N1DTRsEZ
>>969
スレ立て乙カレーサマー

970 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 22:07:54 ID:N1DTRsEZ
安価ミスった↑>>968 吊ってくるわ・・・

971 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 22:44:37 ID:oR0n8ehH
ようつべ板のスレで初めてケータイ刑事劇場版2に洗脳ネタが有るの知った
こっちで見た人いる?

972 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/07(土) 22:50:02 ID:HmWqKwHg
三次はだいたい期待を遥かに裏切ってくれるからあまり信用していない

973 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 10:47:48 ID:dbMN/gau
>>972
いい意味で味方を裏切ってくれてるみたいだけど。

974 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 15:23:28 ID:t3yd0P0V
CMで洗脳が云々って言ってたので気になってはいたが

975 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 16:56:38 ID:tVJszLrv
実写でもAVとかは全然駄目だけど
特撮とかミステリーはこの手の嗜好の原点だよな

976 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 18:34:10 ID:7hQ1E576
昨日のセイントオクトーバーに操りがあったね

977 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 18:51:58 ID:zyQTwwoH
俺は実写好きなんだけど
演技力がないときついからなぁ

978 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 18:56:53 ID:cMqD4F79
大人になっちまうと実写はどうしても演技してる感がみえちまうからなあ
純粋な洗脳調教好きだった子供の頃に戻りたいよ・・・

979 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 20:34:28 ID:cpPw/xTg
その点ワイルド7の映子の演技は、今見てもかなり気合入ってると思う!

980 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 21:32:09 ID:vvMvXmY5
なかなか埋まらない当スレを支援するため
保管庫に洗脳ミント(テイルズ)を置いときましたよ

落書きだしずいぶん時間経ってるがネタ発案してくれた>>491d

981 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 22:00:39 ID:bWZT8PLK
GJ!!

982 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 22:57:40 ID:Z0XGpeg2
今日のビックリマンもまた十字架天使が変化したことは変化したのだが・・・
こうまでハズレが続くと、もはや嫌がらせとしか思えないぜ。

983 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 23:44:30 ID:vkOiYEZl
>>980
気持ちはありがたく頂いておきます。

984 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/08(日) 23:51:39 ID:7jjZl3wF
>>982
今は素振りだよ…なんてな。

985 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:04:25 ID:xA9mFFNi
ヤフー無料動画のチックンタックン11話がけっこう秀逸な操りモノなので報告しとく

986 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:20:07 ID:mMQUbKcf
月曜からは面倒だ

987 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:39:48 ID:CCbWRZ+2
埋めてしまえ埋めてしまえ

988 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:44:27 ID:9U4QK4KE
そうだそうだ…埋まってしまえば楽になる……

さぁ埋まってしまえ!

989 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:47:32 ID:kqvL/gr5
ああ、埋まってしまえば楽に……
埋まってしまえば……

砂風呂に埋まりてぇ

990 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:55:50 ID:sW5bH7/P
>>985
いただきました

991 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 00:57:39 ID:o+eEOlsW
梅ヶ丘

992 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:10:24 ID:6kp0lgIQ
埋めたくないの!埋めたくなんかないよぉ!!
埋めたくなんか・・・・あ、ああぁぁぁ、ああっ!!!!

・・・・・お前達、さっさと埋めなさいっ!

993 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:12:27 ID:6dE1llIn
梅を埋めると呻き声が聞こえてくる。

994 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:25:59 ID:o+7VeT8e
産め

995 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:26:47 ID:o+7VeT8e
産めるとき

996 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:27:18 ID:o+7VeT8e
産めれば

997 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:27:49 ID:o+7VeT8e
産めるよね

998 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:28:39 ID:o+7VeT8e
ウメ

999 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:29:22 ID:o+7VeT8e
↓洗脳ネタで〆ヨロ

1000 名前:名無しさん@ピンキー :2007/04/09(月) 01:39:10 ID:phaXxmXo
1000脳

1001 名前:1001 :Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


エロパロに戻る 全部 最新50
DAT2HTML 0.33g Converted.