部屋の隅にまで追いつめられ、白衣の女は眼鏡の男を睨みつけた。
 男は唇の端に冷たい笑みを浮かべている。

「高待遇で我がラボに入所した優秀な研究者が、実は産業スパイだったとはね」

「何を根拠にそんなことを……」

「根拠も何も、あなた自身が話したんです」

 女の美しい顔に、いぶかしげな表情が宿る。
 彼女には、そんな話をした記憶はなかった。

「そんなはずはない、……ですか? 昨日、新型トポグラフィーのデータ採取に協力して頂いたでしょう? それでわかったんですよ」

 彼女の白い美貌に僅かな陰がさした。
 強い意思を感じさせる目で男を睨みながら、昨日の記憶を辿る。
 確かに、新型の脳画像処理装置のテストに参加し、開発途中だというヘッドギアをかぶった。
 だが、ラボの職員は全員が協力している。
 それに、まさか脳画像から秘密が漏れるとも思えない。
 まるで彼女の考えを読んででもいるかのように、男がまた小さく笑みを浮かべる。

「新型トポグラフィー装置というのは嘘でね。実はあれ、催眠誘導装置なんですよ」

 疑わしそうな目で、彼女は男を見据える。
 だがその胸中には、微かに引っ掛かるものがあった。
 ……そう言われてみればあの時、強い眠気に襲われた気がしている。
 しかし、それは一瞬のことで、テストは滞りなく終わった。
 それに何より、催眠誘導装置などといったものが実験されていることは、彼女の掴んだデータにはなかった。

「あなたは、そんないかがわしいものを作っていたんですか」

「いかがわしいとは心外な。では、産業スパイはいかがわしくないとでも?」

「だから何度もいってるように、何のことだかわかりません。いい加減にしなさい」

 髪をかきあげ、強い口調で彼女はそう言い放った。
 だが、男はニヤリと笑い、右手を女の方に突きだす。

「本当の自分」

 そう男が呟いた。
 同時に、パチン、と指を鳴らす。
 その途端、女の顔が驚きに歪む。
 彼女はその細い指で、白衣のボタンをはずし始めていた。

「なっ、何……?」

 彼女の意思ではなかった。
 しかし、どうしても止めることができない。

「どうしました? 急に暑くなりましたか?」

「……何をしたっ?」

 きっと男を睨みつける。だが、その時にはすでに、勝手に動く自分の手が白衣のボタンを全て外し終えていた。

 一刻も早く、この場から逃れなければならない。
 ――そう彼女は思った。
 だが……。
 足が動かない。
 まっすぐ男の方を向いたまま、ただじっと立ちすくんでいる。
 自分の身体がいうことをきかなくなっていた。

「本当の自分」

 男はまたそういって、指先を慣らす。
 彼女の両手が、ゆっくりと白衣の前を左右に開いていく。

「や、やめ……」

 裸身が顕になった。ボディラインが男の目に晒される。白い肌には、うっすらと鳥肌がたっていた。

「ほら、白衣の下に何も着けていないのはどうしてなんです?」

「あっ」

 男の指摘通り、ブラはもちろん、ショーツすら履いていないことに気付き、彼女の身体が桜色に染まった。
 形よく突きだした両の乳房の頂点で、小さな乳首が震えている。
 なだらかな曲線で構成された下腹部には、黒い茂みが顕になっていた。
 屈辱によるものなのか、それとも恐怖でか、張りだした腰が微かに揺れている。
 男の視線が遠慮なく身体を上下するのが、たまらなくいやらしい。

「もうわかったでしょう? あなたは自分で自分の秘密を話したんですよ」

「……そんなこと、あるわけないっ」

「強情な人ですね。だったら、もう一度いわせてあげましょう」

 男はそういって、彼女の目の前に今度は両手を突きだした。
 ゆっくりと左右に手を開き、男は静かに微笑んだ。

「ありのままの自分っ」

 そう言い放つと同時に、力強く手を叩く。
 ぱん、という音が廊下の壁に反響する。
 その途端、女の身体がぶるっと震えた。
 羞恥に染まった女の肌が、さらに赤味を増す。
 男が再び手を打ち鳴らす。

「あっ」

 小さな悲鳴とともに、女の腰がくねった。紅潮した顔には、驚きと苦悩が生まれている。
 男はまた手を鳴らした。
 同時に女が「くっ」と息を飲む。

「どうです? 気持ちいいでしょう?」

「い、やっ」

 眉間に皺をよせながら、それでもまだ彼女は、眼鏡の男を睨みつける。

「ふふふ、強情な人は好きですけどね。でも、ほら、ありのままの自分っ」

 ぱん、とまた手が鳴らされた。
 それだけで、男は一切手を触れていない。
 女もそこに立っているだけだ。
 だが、顔はますます紅潮し、息も乱れている。
 男はまた手を鳴らす。

「ありのままの自分っ」

 女の身体がくねる。
 肌にはうっすらと汗が光っている。
 男は立て続けに3回、手を打ち鳴らした。
 その音にあわせて、女の身体に震えが走る。

「あっ、ああっ、いやぁっ」

「嫌じゃないでしょう? 『いい』といいなさい」

 だが、彼女はまだ男を睨むだけの力を残していた。
 全身の震えは止まらなくなっている。
 にもかからわず、強い意志で薄ら笑いを浮かべる男を見据えた。

「誰がっ。従うもんですか」

「そうですか。じゃあ、……ありのままの自分っ」

 ひときわ大きく手が鳴らされた。
 女の腰から胸にかけて、痙攣が走る。
 悲鳴のような喘ぎがあがった。
 さらに男は手を打ち鳴らす。

「んあっ」

 女はその場で身体をくねらせる。
 だが、まるで見えない糸で吊るされたように、座り込むことも、そこから逃げ出すことも出来ずにいた。
 いつのまにか女の大腿には、光る筋ができていた。
 秘部から分泌された蜜が、溢れて流れ落ちる。

「ほらほら、もうイキそうなんでしょう?」

 男が再び手を叩く。

「あうっ」

 女の腰が前後に大きく動く。
 まるで目に見えぬ者に犯されてでもいるかのように、その動きが徐々に激しくなる。
 男が手を鳴らすリズムがどんどん短くなる。
 やがてそれは、女の動きを称賛する拍手のようになっていた。

「くあっ」

 女の白い喉がのけ反った。
 大きく腰がせり出し、太ももにうっすらと筋肉が浮かび上がる。
 熱烈な拍手の中で、その太ももに痙攣が始まった。

「うあああっっ」

 ひときわ大きく、女が叫んだ。

 だが。
 その途端、男は手を鳴らすのをやめていた。
 女の背中が反らされた。
 だが、激しく押しだされていた腰が動きを止めている。

「ああっ……」

 あと一歩のところで、絶頂には至っていない。
 苦悶の表情を浮かべる女の視線は、いつの間にか弱々しいものに変わっていた。

「イキたいですよね?」

 その問いに、女は力なく首を左右にふるばかりだ。
 男は再び、手を鳴らす。

「ありのままの自分……」

 だが、手を鳴らす音は、先程までの強いものではなかった。
 軽く、小さな音で、細かく手を叩く。

「ああ、いゃ……」

 ゆらゆらと、女は身体をくねらせる。
 その動きも、先程とはうってかわった弱く、そしてどこか甘さを含んだものに変わっている。

「イキそうな感覚をたっぷり楽しませてあげますよ」

 男は嬉しそうにそういって、細かく手を鳴らし続ける。
 髪を振り乱し、腰をくねらせる彼女の目は、ぼうっと虚ろな色合いに変わっていた。

「あんん……」

 その声にも、すでに強い意志は感じられない。

「気持ちいいでしょう?」

「あぁ……いや……」

「いいなら、そう言いなさい」

「……あ、あ、あ、い、い、いいっ」

「イキたいですか?」

 女はきつく目を閉じたまま、無言で身体を震わせている。
 ぱんっ。ぱんっ。
 男は二度、大きく手を打ち鳴らした。

「ああああああっっっ」

 はばかりのない声で、女が喘ぐ。
 だが、男はまた細かいリズムで小さな拍手に戻した。


「ありのままの自分っ」

 男が再びそういい、その一瞬後に、彼女が叫んだ。

「あああっっ、イキたいっ」

 だが男の拍手は小さいままだ。
 軽く、極わずかに音が鳴る程度に手を叩き続ける。

「これくらいの音でも、十分イけますよ。あなたの正体を正直に認めれば、すぐにイくようプログラムしてありますから」

 そういって男は、手を鳴らす強さはそのまま、スピードだけを徐々に速めていく。

「あああ、嫌っっ! だめっ、だめぇぇっ!!」

 何が起きたのか、女の声がせっぱつまったものに変わった。
 次の瞬間、彼女の股間から熱い液体が飛んだ。
 迸ったものが、床に落ちて音をたてる。

「ありのままの自分っ」

 男が強くそう言い放った。
 女は大きく首を前後に振り、がくがくと腰を突きだした。

「あああ、わ、私はっ、このラボのっ、あああ、だめっ、おかしく、なるっ、ひみ、つを、ああああっ、しらべ、にっ、き、たっ、ああああっ」

 ひときわ大きく背中がそらされ、全身が震えていた。
 ふくらはぎや太ももに生まれた痙攣が、下腹部を直撃し、さらに腰から胸へと伝わっていく。

「さんぎょおおぉっ、ああ、ああっ、スパイっっ、ああっっ、イクっ!」

 ひとまわり大きくなった乳房の中心で、固く凝った乳首が真っ赤に充血している。折れそうなくらい何度も振られた首は、強く後ろに反らされ、そのままの姿勢で固まっていた。

「ああイクっ、イクぅぅぅっっ!!!」

 足先が床を蹴り、一瞬宙に浮いた。
 だが、いつの間にか大きく開かれた脚が、立ったままの体重を支え続ける。
 身体の両脇にだらんとおろされた両手の先が、何かを掴むように何度も開いたり閉じたりを繰り返す。
 股間から溢れた蜜がボタボタと滴り落ちている。
 再び、音をたてて別の液体が噴きだした。
 みるみるうちに床にたまり、円形の模様を描いていく。

「だから、それはすでに知っているんですよ。何か他に話していないことはないんですか?」

 男はニヤニヤしながらそう尋ねた。
 身体をくねらせながら、女の喘ぎがまた大きくなる。

「あああ、本名、はっ、長谷川里香ぁぁあああっ、またっ、またイクぅぅっ」

 愛液と尿をまき散らしながら、女は再び絶頂を極めていた。

「名前いわれてもねえ……。どちらかというと、どこに雇われたスパイなのかが知りたいんですけどねえ」

 男は紅潮した顔にどす黒い喜びを滲ませながら、そう囁いた。
 その後、細かな質問が繰り返され、彼女は気絶し意識を失うまで幾度となく絶頂を迎えた。

保管庫へ戻る