【みんな】ハーレムな小説を書くスレ【仲良く】 10P

204 :名無しさん@ピンキー:2007/07/25(水) 20:33:43 ID:B+D72eTE

「・・・ん?ここはどこだ?てーか何故に俺縛られてんの!?」
「済まない、しかしコレも会長の望まれたことだ」
「って夢!?五年ぶりにあった幼なじみたる俺にこんなコとをしたのは、お前なのか!?」
「残念、夢に命令したのはあたしよ。ミナガラ君」
「って生徒会長!?何故に!?とゆうかいー加減<!?>乱発する事態は勘弁なのですが!!」
「いやぁ、親が見合いしろってウルサくてさ、あたしの犬である夢にニセ彼を見繕ってもらったら、君白羽の矢が立ったわけ」
「私の初恋の相手であるところのミナガラは一押しであります、会長」
「犬って何!?そして夢、そんなことは初耳だぞ?ついでに俺の初恋の相手もお前だ!!」
「ありがとう、私も嬉しい。しかし君の体はもう会長のものになることが確定されている。さらに私の心が会長のものであることは規定事項。残念」
「あら、別に分けてあげてもいいわよ?たまには骨付き肉も上げてあげないとね・・・」
「れれ、俺いつの間にまっぱに剥かれてんの?つーか縛られてるのに!?」
「ふふん、早着替えは私の特技だし、其れを応用すればこんなモノよ。アレ?背中にヘンな痣が・・・さわってみよ」
「!?なりません会長!ミナガラは其れをさらわれると!!」
「・・・ガーガー、ピーピー。ビーストモードに移行します・・・」
「へ、なに縄をぶっちぎれてるの?・・・キャーーー!?」

208 :名無しさん@ピンキー:2007/07/25(水) 21:38:05 ID:B+D72eTE


「へ、ふぁ、あああ・・・?!なんで無理矢理キスされてこんなに・・・!?」
「ビーストモードになったミナガラは特殊な媚薬的フェロモンが出たりでなかったり!ちなみに出るのは2がつく日!!!」
「ゆ、夢がこんなに声を荒上げるなんて・・・。ひ、あぁあ?!そんなとこなめ無いでぇ・・・♪・・・それで、ええと今日は・・・22日!?なんでこんなドンピシャリな日に連れてくるのよ!?」
「・・・ミナガラの体は会長のもの、私の心は会長のもの。・・・けれど私の体はヒトケタ歳のあの頃からミナガラのもの!ミナガラにビーストモード中の記憶はないけれど、恐らくはからだが無意識のうちに・・・というかもう無理!!ミナきゅ〜〜ん!」
「ちょ、ま、ゆめせいくぁくがぁぁ〜〜〜?!・・・はぁ、はぁ・・・って、何その腕みたいなの!?ま、まさか・・・頷くなぁ〜〜!?」
「ミナ君ミナ君、会長を悦ばせるのもいいが、私の相手も・・・あ、いゃん☆まったくミナ君と来たら、これだけ立っても的確に急所を覚えていて・・・あ゛あ゛あ゛あ゛あ、乳首撚ったらダメ・・・」
「へぃうん!?私、初めてなのになんでこんなに・・・?え、私の体がエロイから?そんなこぉとぉ・・・・っも、もういやぁあ♪夢までなにしてんのよ!?」
「会長がくたっ、となれば私も・・・会長の声可愛いですし」
「そんなこと言わないでたすけ・・・ひゃん?!お、おしりたたかないでぇ・・・」
「なんと・・・ミナ君のビーストモードSタイプなんて三桁はやった私も数えるほどしか・・・あんっ」
「ああんっ・・・も、もうだめ・・・」
「会長がくたっ、となったか・・・ミナ君、わたしにももぉw」
「・・・ふふん、お口いっぱいにつっこまれてる夢もかわぃい・・・って、私もうダメなの、またつっこまないでぇ・・?!」
「うう、ミナ君ひどい・・・。でも会長もミナガラに満足されたようでよかったです」


今度こそEND OF TEXT



保管庫へ戻る