【一夫】ハーレムな小説を書くスレ【多妻】 9P

332 :名無しさん@ピンキー:2007/06/19(火) 01:35:40 ID:AW/x9IgL
「ご主人様!!奴隷の調教ビデオができました!!」
と、そんな感じで意気揚々と俺…沢木省吾の部屋に突撃してきたのは俺の恋人である自称、ご主人様の雌奴隷1号エリカだ。
驚く俺を無視してエリカは持ってきたDVDを早速デッキに挿入すると再生ボタンを押した。

 映像はローアングルから始まっていた。
場所はエリカの家の庭か?あそこなら広いし。
そして足元から段々と上がっていく。八本の脚、つーことは四人か?
股間の辺りで一旦停止…って一番右、パイパン&タテスジはまずいんじゃないのか?
股間から上はことさらゆっくりと進んでいった。途中、ヘソや胸の辺りで止まってズーム。
それぞれに個性があってかなりエロい。
股間のアレがいきり立つ位にエロかった。
そこから、更に上へと上がる。四人の顔が見えた。
余りにも意外な面子に俺は言葉を失った。
流石にこれは予想外だ。
俺的女性の友人ランキングトップ3+日頃から俺の事を嫌いだと公言している女が一同を会しているとは神でもない限りは解らないだろう。
当然の如く驚いている俺を無視して画像は進んでいく。

 画面の中にエリカが入ってくる。
って何故にアメリカンライクな軍服を着ているんだよ!?
カーキ色の軍服を着たエリカが重々しく口を開く。
「Ladies.do you love master?
  "小娘ども!ご主人様を愛しているか?"」
海兵隊口調だった。
「Semper fi!    Do or die!  Love! Love! Love!
  "生涯忠誠!   命の限り!    愛!   愛!   愛!"」
返事する方もノリノリだ。
  
「What makes the bust grow?
  "胸を育てるのはなんだ?"」
「sperm! sperm! sperm!
  "精液!  精液! 精液!"」
  
「What do we do for a living,ladies?
 "私達のするべきことは何だ!お嬢様?"」
「   Sex!     Sex!      Sex!
 "セックス! セックス! セックス!"」

「Bullshit!  say with all one's Love!!
 "ふざけるな!  愛を込めろ!!"」
「make love!!  make love!!  make love!!
  "セックス!!  セックス!!   セックス!!"」
そこであまりにも意味不明すぎる掛け合いが終了した。

その後も徹底的に謎のビデオだった。
ブルマーでマラソンをやったり、座学で俺の弱点や好きな体位へのレクチャーをしたりと最早コメディーとしか思えない展開ばかりだった。
「ご主人様。如何でしたか?」
エリカが期待した目で俺を見てくる。
その期待に負けて、俺は
「取り敢えず、海兵隊はやめような」
"エロくない"という本音を隠した感想を言うだけに留まった。
挨拶のシーンだけは我慢できなくなって一発抜いて貰ったしな。





保管庫へ戻る