【モテモテ】ハーレムな小説を書くスレ【エロエロ】7P
720 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」1 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 21:01:55 ID:OKiIFjTf
ラボラトリーの真ん中に書かれた魔法陣。理論上の計算値とあっていることを何度も確認した。
整えられた儀式の用具。唱えるべき真言は、この灰色の頭脳の中に入っている。

準備は整った。もはや戻ることはできない。
これからすることが失敗すれば、命を失うことは間違いない。
それどころか、安らかな死を選ぶことすらできず、永遠の苦しみの中に彷徨い続けることになる。
だが、構わない。今からこの場所から逃げ去っても、温かい人間の世界にいることは許されない。
小さい頃は普通に田畑を耕し、近くの村の娘を一人娶り、子どもが何人かできればいいと、浅はかにもそう考えていた。
しかし、いつの日か、そんなつまらない生活に嫌気が差した。
初めは、村を出て、街を目指した。街の全て、国の全て、それを手に入れられれば、と考えた。
しかし、少し手に入れたところで、何と言うことはない。何か手に入れるごとに、世界に対する自分の小ささを感じてしまう。
一つが二つになり、二つが三つになり・・・。そんな緩慢なペースでは何も手に入れていないのと同じだとしか思えなかった。
塵も積もれば山となるだって? 塵芥が溜まったところで、できるのはゴミの館だけなのさ。
もっと、大胆に、一気に切り取りたい。そう思ったからこそ、こんな突飛な計画を立てたのだ。

そう、この宇宙を我が物とするのだ。
一人の人間の分を越えた願いかもしれない。だが、その算段はあった。
その算段があればこそ、たとえ可能性が薄いとしても、その可能性にかけてみようと思った。

さあ、始まりだ。
私は、火をともし、儀式を始めた。

暖かい風とともに、潮騒の臭いがした。そして、さらに私が呪文を唱えると、
薄い桃色のもやが、カーテンのように、魔法陣の周りを取り囲んだ。
前に悪魔を召喚したときは、硫黄の煙などが出て来て、危うく酸欠死するところだったが、今回はそんなことはなさそうだ。
さすがに、悪魔ほど意地は悪くないといったところか。だが、ここの準備にかかったコストを考えると、
今回呼び出すお方の方がよほど意地が悪いようにも思える。
そう思いながら、呪文の最後の一句を唱え終えた。

そして、もやが晴れた。
「そなたか? 妾を呼び出したのは。」
美しい女性が魔法陣の中央に立っていた。
「人間の分際に呼ばれるとは思わなかったわ。
 おまけに何なの、この部屋。もう少し、楽しいところで呼んでもらいたかったわ。」
・・・これほどまでとは。

・・・私は現れた彼女のあまりの美しさに、彼女から視線がはなせなくなってしまった。
綺麗な金色の髪が長く伸びていた。顔を構成するパーツの一つ一つがまるで宝石でできているようだった。
さすがに、美をつかさどる者ということだけはあるか。

「そなた、名を何というのか?」
「クロンと呼んでくれればよい。」
「妾を呼んだということは、何か用があるんでしょ。
 早く、言っておくことね。一応呼び出されたら、それなりに応えてあげなくてはならないし。
 望みは何? 誰か振り向いて貰いたいお姫様でもいるのかしら?
 それとも、そなたのその顔を美しく見えるようにしてもらいたいのかしら?」
「そんな下らないことを頼みに呼んだのではない。」
「そなた、妾を誰だか知らずに呼び出したの? おまぬけさん。」
「そんなバカなことがあるわけないだろう。」
「そうよね。美と性愛の女神・アフロディテを呼び出せただけでも、人間にしてはよくやったというところかしら。
 それで、そなたの望みは? 美と性愛、どちらでも。妾にできぬことなどないからな。」
「それでは・・・」
私は、アフロディテに向かってゆっくりと言葉をつむいだ。ここまでは、計画通りだった。
「・・・貴女の身体をいただこうか。」
「・・・今・・・何と?」
「貴女のその身体を私の物にする。」

721 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」2 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 21:02:47 ID:OKiIFjTf
「まぁ!」
怒っているのが顔に良く出ている。これほど、端整な顔立ちをしていると、怒っているときでさえ、美しく見える。
怒りで少し赤くなったほおが、色白の顔に映えて、一層美しく見えるのだ。
そして、むしろ、その怒っている顔にこそ、支配したいと欲求がかき立てられる。
怒りに身を任せて、取り乱す人間の女どもとは偉い違いだ。
「ふん、たかが人間が何を言うの。」
「私は本気だよ。それにできぬことなどないと言っていたではないか。」
「本当に面白いことをいう虫けらだこと。でも、それは神に対する侮辱よ。
 妾のような、宇宙で最も美しい女神に対して、人間がそんな気持ちを抱くこと自体許せないわ。
 そなたには、永遠に苦しんでもらう。」
「下らないね。第一、貴女の使える魔力は、その所管するところの美と性愛の分野にしか働かないはずだろうに。」
私はそう言って、アフロディテを挑発した。
「人間の分際で偉そうに・・・。
 妾の力は限られようとも、幾らでも使い道には困らない。
 そなたを絶望の淵のそのまた最下層の絶望に突き落とすためには十分。」
「何をするつもりだね、アフロディテ。」
「まぁ、馴れ馴れしい。妾はそなたの恋人じゃなくてよ。
 そう、私の魔力で、そなたを私の虜にして差し上げる。
 もちろん、私の身体になんか一切触らせない。垣間見ることも許さない。
 そなたは、私のことしか考えられなくなる。たとえ、この現世から肉体が滅びるようなことがあってもね。
 知っているかしら、世間知らずの魔法使いさんは? 恋いそがれている相手に無視されるなんて、最悪の苦しみであるということを。
 人間相手の恋だったら、時間が癒してくれるかもしれないけれど、妾の魔力で与えられたこの思いは、
 肉体に与えられるような苦しみと違って、絶対に癒されることはないのだから。
 さぁ、自分の運命を呪うことね。」

私は、床に仕掛けてあったレバーをぐいっと引いた。
その瞬間、大きな音ともに、美の女神と私の間を完全にふさぐ壁が天井より降りてきた。

「そんな壁でふさいだって、無駄。人間の魔力だと壁を通り越して作用するなんて芸当はできないでしょうけど、
 女神の力をなめてかからないで欲しいわ。こんな壁、あっても、なくても同じ。妾の魔力にとっては何ともないことよ。
 そして、そなたが滅びる、それももう変えられない運命ね。
 さぁ、神を侮辱した報いを受けなさい。」

そして、アフロディテは魔法を私に向かって放った。

かかった!

722 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」3 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 21:03:29 ID:OKiIFjTf
私は、仕掛けのスイッチを切った。またけたたましい音とともに、壁は天井に収納された。
「どうしちゃったの・・・。」
アフロディテが魔法陣の中央でへたれこんでいた。
「どうしたの。妾はどうしたの!」
私は、アフロディテのもとに近づいた。
「こんにちは。女神様。」
「何なのよ、この熱さ! そして、そなたは何でそう平気でいられるの!」
「銀だ。」
「・・・えっ・・・はうっ・・・」
「銀だよ。」
そう、私はむやみに壁を落としたのではない。あの落とした壁は一見すると普通の塗り壁だが、その中には銀の板を仕込んでおいた。
そして、このラボラトリー全体の壁にも、銀の板が仕込んである。
銀はそれ自身が、特別な魔力を持っている。
銀は本来魔力を疎外する物だから、私のように、魔法を使うもののラボラトリーの設備としては相応しくない。
だが、今回のためだけに、わざとそう設計したのだ。
銀の魔力によって、魔法の力はねじ曲げられ、そして反射する。
たとえ、その魔法が汚れた物であっても、神聖なる物であったとしても。
私がアフロディテの虜となる魔法が、逆転して、アフロディテが私の虜となるという塩梅だ。

「・・・お願い・・・お願い、はぁ・・・下さ・・・」
「・・・今・・・何と?」
「・・・お願いします・・・そなたの・・・そなたの・・・下さい・・・」
「人にお願いするときは、はっきりお願いするべきだとは思わないのかい?」
「・・・お願いします、そなたの、その、そなた自身を・・・妾の・・・ここに下さい・・・」
そう言って、アフロディテは閉じていた脚を少し広げた。
「先に言ったとおり、貴女の体は私のものになる。それを拒むことは許されないし、私以外の者に与えてはならない。」
「・・・いい、いい、そなたの言うことは聞くから・・・早く・・・」
「そして、もう一つ。貴女のその魔力を。」
「・・・魔力ですって!・・・そんな・・・神の力を・・・ふぁ・・・そなたは何だと・・・」
「神の力? 名前はどうだっていい、私のために働いてもらうよ。」
「・・・そんな・・・でも・・・」
「そう。答えられないのならば、結構。貴女が、一生、私の幻影を追い求めるだけのこと。」
「・・・・・・」
彼女は口を噤んだ。その顔がそそった。そして、その美しい唇から、弱々しく声を出した。
「・・・お願い・・・約束は守ります・・・だから・・・」
彼女の目を見ると、今にも涙腺があふれそうだった。そして、それは、私の保護心をくすぐった。
「では、私の方も貴女の約束に応えるとしよう。」


723 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」4 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 21:10:33 ID:OKiIFjTf
私は、アフロディテの絹の体を覆う布を取り払った。その下にあったのは、女神といっても、一人の女だった。
彼女の唇に、私は自分の唇を重ねた。一瞬彼女が後ろに引いたような気がした。
仕方がない。人間の男などとこんなことをしたことなんかないんだろう。
だが、私は、腕を伸ばし、彼女の体を包み込んだ。これで、もう逃がさない。
私の舌の尖端が、彼女の両唇の間を通り、白い壁にぶつかった。人間の女と同じだ。
私が舌で何回か彼女を閉ざすこの壁を突っつくと、彼女はゆっくりとその水門を上げた。
そして、彼女の体温を一番敏感なところで感じた。

「・・・ふぁ・・・そんな・・・でも・・・もっと・・・」
先ほどの自信に満ちた声が嘘のようだった。アフロディテは、か細い声で私を求めていた。
私はついに、アフロディテの秘所に私の肉棒を入れた。
・・・ん・・・・・・おかしい・・・まさか・・・これは・・・
私は重大なことに気づいた。だが、信じられなかった。
「・・・いったい、痛い・・・もっっっと、優しくしてえぇぇ・・・」
締め付けられる勢いが凄い。凄い。凄すぎる。むしろ私の一物が興奮して普段よりずっと大きくなっている?
「・・・あぁぁぁぁ・・・も・・・・お願い・・・妾の初めてを人間なんかにあげたんだから・・・
 ・・・もっと優しくぅぅぅ・・・」
「いくぞ」
私は自分の物を激しく前後に動かした。
「・・・・いいぃぃぃよぉぉ・・・妾の中、あったたかいであるぅぅ・・・・いいぃぃぃよぉぉ
 ・・・・もっとっととととぉぉおぉぉぉぉ・・・・
 ・・・そこ・・・そこがいいのぉぉぉぉ・・・お願い、お願い、逃げないでぇぇえぇぇ・・・
 ずっっっぅと妾の中にいてぇてぇぇぇぇ・・・・・・・・」
ぐいぐい締め付けてくる彼女の秘部。あまり濡れていなかったが、楽しむには十分だった。
それに、そんなことはどうでも良い。女神を犯すという背徳感に私はおぼれていた。
「・・・あふぅん・・・・・・・あふふ・・・・らめぇ・・・お願い・・・もっと・・・もっとおぉぉ・・・」
私は神との一体化を果たした。



事が終わった。
やはり、この女、初物だった。もう少し、ちゃんと味わえば良かった・・・。
だが、神聖なる血と交わることができること、それが私に与えた快楽はすさまじかった。
そして、私は、アフロディテとの約束を、幸か不幸か、すぐに果たせた。

アフロディテは相変わらず魔法陣の中で眠っている。魔法陣は彼女の処女血で清められた。
それにしても、性愛の女神が処女だというのは、詐欺ではないだろうか・・・。


726 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」5 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 22:20:18 ID:OKiIFjTf
山道を抜けると、そこには一本の大木が生えていた。
その木のたもとに、私の求める相手がいた。
一見すると、普通の女の子のようだが、大きな黒い羽が背中から生えている。
私はその子に声をかけた。
「ステラ。」
「クロン様!」
ステラは、私の使い魔だ、あんまり使い物にならんが。
だが、一応悪魔の眷属、サキュバスの血筋を引くというだけあって、夜の方はなかなか楽しい。

「お前は私の使い魔だというのに、なぜ、私がこんな遠くまで赴かなくてはならないのだね。
 屋敷から二つも山を越して、やっとここまでたどり着いたんだからな!」
「だって、ご主人様が、ラボラトリーに銀をあんなにいっぱい使うから・・・。
 なんかの拍子に、銀に触ってしまった日には、夢魔の私は大やけどを負ってしまいますぅ・・・」
「む・・・」
「大体、ご主人様は、私に何も相談しないんですからぁ。
 今まで、何度変なことをしてきたか・・・」
「心配するな。お前が悪戯をした時用の銀の鞭はちゃんと別に用意してあるからな。」
「ぷぅ・・・でも、良かった、ご主人様がご無事で。」
「どういう意味だ、それは。」
「失敗して、結局何も得られなかったのでは? ご主人様、そういうところはドジにできているのは知ってますよ。」
「誰が失敗などするものか。ちゃんと女神の召喚に成功したし、ちゃんと一発ハメてきた。」
「・・・失敗してくれたら、ご主人様は私が独り占めできたのにぃ・・・」
「何か言ったか、ステラ?」
「いいえ・・・それで、捕まえたお姫様は?」
「一緒に連れてきた。というか、担いできた。いくら起こしても起きなかったからな。
 今はそこの裏で寝かせている」
「無理矢理寝かせて、その隙に犯したんですかぁ? ご主人様、さすがに村一番の鬼畜少年と呼ばれただけはありますねぇ。」
「お前は、自分の主人を何だと思っているんだ?」
「・・・うーん・・・ろくでもない変態さん?」
「違う! 第一、向こうから私を誘ってきたんだ!」
「へぇぇぇ・・・まぁ、信用しておきますぅ。」
こいつは絶対信用していない。やはり後で、銀の鞭を使って痛めつけてやる。

「大体、寝ている人間というか、神様というか、動かない物は、女の体であるとしても結構重いんだ。
 私みたいなひ弱な、魔法使いにとっては担ぐだけで大変なのに、それをお前は、山を二つも越えさせて・・・」
「えぇぇぇ、ご主人様、もしかして転移魔法を使わなかったのですかぁ?」
「・・・あっ・・・」
「やっぱり、おドジさんですねぇ。」
「うるさい! そう知っていたら、お前が最初から教えてくれれば良かったんだ!」
「だって、いつも、クロン様、私に相談ということをしようとしないんだから!」
「大体、ステラはたかが使い魔のくせに生意気なんだ!」
「・・・そんなぁ・・・」
「お仕置きだ!」

727 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」6 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 22:21:12 ID:OKiIFjTf
私は、ステラに手を伸ばした。ステラの体に密着した被服の上からゆっくり愛撫した。
「お前は何なんだ、ステラ。こんなに体のラインをはっきりさせる服を着ていて恥ずかしいとは思わないのか?」
「・・・ふぁぁ・・・だってご主人様がこれを着ろってぇ・・・」
「何か言ったか?」
ステラの乳首をつねった。
「・・・ふゃや・・・やめれください・・・ご主人様ぁ・・・」
「お前が、こんなハレンチな格好をしているのが悪い!」
「・・・だからご主人様がこれを・・・ふぁぁあん・・・」
ステラの胸を思い切り掴み、揉みしだいた。こいつはサキュバスだけあって、ここだけはデカい。
ただ、胸に栄養をとられて、脳に必要な養分が足りてないのが問題だ。

ステラを裸にし、自分も裸になった。
「背中の黒い羽がプルプル震えているな、尻尾をふる犬みたいだな。」
「・・・あぁぁ・・・ご主人様のぉぉ・・・クロン様のぉぉ・・・くらさい・・・」
「全く、私はお仕置きをしようとしているのに、何でお前は喜ぶんだ。」
「・・・だって・・・欲しくて・・・あふ・・・仕方がないんだもん・・・」
私は、何も言葉をかけずに、自分自身をステラの中に入れた。
淫魔は濡れるのが早い。というよりもいつもビショビショのぐしょ濡れだ。
服を着ていてよく染みにならないものだと、いつも考えてしまう。
だが、こちらにとっては都合がいい。それにしても、今日は濡れすぎのような気がする。
私のものがステラの中で動くたびにグッチャラグッチョン、音を立てる。
「いいぃぃ・・・いいぃぃですぅぅ・・・ご主人様ぁぁ・・・もっとぉぉおぉ・・・
 あっ、そこ、そこ、そこ、そこ、ぃぃぃ・・・いいぃぃですぅぅぅぅ・・・もっと・・・
 気持ちいいぃぃぃぃぃいぃぃ・・・・・・」
「いちいちうるさいぞ。淫乱娘。」
「・・・でぇも・・・それが・・・私のお仕事ぉぉ・・・」
「さぁ、私の熱いお仕置きを受けるんだな。」
「ぎょ主人様のぉ熱いのぉ・・・熱いのが・・・お仕置きでぇえ・・・はいいってきてぇぇるのぉぉぉ・・・」
「出すぞ!」
「・・・・あだぁぁあぁぁ・・・」

728 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」7 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 22:24:22 ID:OKiIFjTf
「どうしたのだ。何が起きたのだ。」
自分の精を放出しきった瞬間、後ろからアフロディテの声がした。
どうやら、ステラの間抜けな叫び声で起こしてしまったらしい。
だが、端から見ると、これは実に変な光景だ。
繋がった男女をこれまた裸の美女が後ろから見ている。何かの修羅場に巻き込まれてしまったのではないだろうか?

アフロディテの顔が紅潮する。
「そっ、そなた・・・妾という者があっ、ありながら、何とハレンチなことを!」
「待て、アフロディテ、誤解だ!」
「ならば、そなた、その娘は何だ! 恥知らず!」
「だから、誤解だと・・・」
「ご主人様ぁ・・・もっともっと欲しいですぅ・・・」
「お前は黙っていなさい、ステラ。」
「せっかく、せっかく、初めて本当に好きになった人が見つかったと思ったのに・・・」
私はアフロディテの顔をじっと見た。彼女の涙腺が危ないことになっている。
「・・・何で、そなたは、妾のことを捨ててしまうのだ・・・」
ポタッ。彼女の目から大粒の涙が一粒落ちた。もう一粒。涙が日の光に反射して、神秘的な輝きを見せた。
アフロディテが神々しく見えた。いや、女神様だから当然と言えば当然なのだが、
私はますます彼女に惚れてしまった。
「この女たらし。」
ステラがぼそっと言った。
私は挿入したままだったから、ちょっと前後に動かしてみた。
「・・・ふぁ・・ご主人様・・・いきなり・・・そんなぁぁ・・・」
「お前が私を誘惑なんかするからこんなことになるんだ!」
「だって、一番最初に入れようとしたのは、ご主人様・・・」
「騒がしい! 後で顔にかけてやらんからな。」
そう言って、私は自らのペ○スを抜いた。

そして、泣きじゃくるアフロディテの元に近づいていった。
「アフロディテ」
私はできるだけ声を優しくした。
「ひどいわ。誰にも許さなかったものを、そなたにならと思ったのに。バカ!」
私は手を回して、アフロディテを抱きしめた。
「私は飼い猫に手を噛まれただけなんだ」
「本当に、クロン?」
アフロディテの涙が止まった。彼女は私をじっと見つめた。きれいだった。
「あそこの愚かな使い魔が私を無理矢理そうさせたのだ。」
「まぁ酷い。」
「私は優しいから、一使い魔であろうとも、その願いはきちんと応えてあげなくてはならないと常々考えていたのだ。」
「・・・・・・」
「この可哀想な使い魔を見ているといつも不憫で仕方がなかったのだ。
 もちろんアフロディテ、君への愛は絶対に変わらない。
 君がいなくては、私はおかしくなってしまう。
 だが、私は、君と同じように、私を頼ってきている者を、どんな理由があろうとも切り捨てるわけにはいかないのだ。
 なぜって、愛に飢えている者たちに愛を分け与えてあげる、それだけなんだ。
 ただ愛、それがあるだけなんだ。」
「あぁ、クロン、そなたは何と優しいのだ。
 愛を司る女神をやってきて、これほど分け隔てなく他者を愛そうとした人間は見たことがない。
 そう、分け隔てのない愛、それが妾の求めてきたものであったのだ。
 さすがだ、クロン。そなたを選んだ妾の目には間違いがなかった。」
「だから、アフロディテ、君には私を許して欲しい。そして、うちの愚かな使い魔のことを許して欲しい。」
「おぉ、クロン。妾が間違っていた。妾こそ許して欲しい。そして、妾にも愛を分けて欲しい、永遠に。」
「もちろん、私の美しい女神様。」
「嬉しい・・・・・・」
アフロディテはまた涙をこぼした。だが、その涙は先ほどのものとは異なっていた。
私は、もう一度彼女をぎゅっと抱きしめた。

729 :『太陽系ハーレム』「プロローグ」8 ◆hOaolXtUI. :2007/03/07(水) 22:25:17 ID:OKiIFjTf
まぁ、私にかかれば、女を落とすことなんかちょろいもんだ。
ステラが近づいてきた。でっかいオッパイをぶらんぶらんさせて何をしているんだ。
それに、私の演出したこのシリアスなシーンで、こいつはなんでこんなにお気楽なんだ。
「ご主人様ぁ。」
「何だ、ステラ。」
そう言って、私はステラを見つめた。何だかんだ言っても、ステラはアフロディテとは別の良さがあると思った。
色白のアフロディテに対して、褐色の肌をしたステラ、そのバランスがいい。
ステラはアフロディテと違って胸も無駄にでかいしなぁ。
うん、後で二人を並べて3Pで楽しむとしよう。そう決めた。
ステラが何か言いたいことがあるようだ。
「ステラ、どうしたんだい?」
「この女たらし。」
「・・・後で、銀の鞭の刑。」



保管庫へ戻る