【モテモテ】ハーレムな小説を書くスレ【エロエロ】7P
650 :名無しさん@ピンキー:2007/03/01(木) 14:45:36 ID:49Zoj7Wq
「隆之〜、なぁに見てんの〜?」
 私はパソコンに張り付いていた隆之に後ろから忍び寄った。
「わっ、こ、琴美?! み、見るな」
「なにこれ、えっちなゲーム!?」
 慌てふためく隆之を無視して覗き込んだ場面に映っていたものは、
複数の裸の女の子が一人の男を取り囲んでいるイラストだった。
「え〜、なになに? 『私達、もうあなたをめぐって憎みあうのをやめたわ』
『そう、これからはみんな仲良く一緒にあなたを愛することに決めたの』
『唯ったら、もうこんなに乳首たてちゃって・・・隆之におちんちん、そんなに気持ちいいの?』
『次はあたしの番だからね。ほら、お尻せめてあげる』
『ひゃうんっ!』
『うっ、唯のおまんこが締まって・・・っ!』・・・・・・ねぇ」
 隆之を恥ずかしがらせるつもりで、朗読し始めてみたのだが、
読んでいるうちに私の胸の鼓動が速度を上げていくのを感じた。

 私はいわゆる『愛人の子』だ。
 母は妻ある男性を愛し、私を生んだ。
 しかし、父は奥さんと和解してしまい、私と母とは疎遠となってしまった。
 父は私達の生活を保障してくれているが、
その奥さんはたびたびネチっこい嫌がらせを仕掛けてくる。
 母方の親戚は厳格な人達ばかりで、不倫で私生児を生んだ母を勘当した。
 父方の親戚と付き合いなどあるはずがない。
 私の類縁は完全に母一人だけであった。

 そのせいか、私はいつもたくさんの家族というものに憧れていた。
 隆之が恋人になって、自宅に招待された時、彼氏の家に招かれた嬉しさよりも、
隆之の家族と仲良くできることを期待していたのは、秘密だ。
 しかし、隆之の家族は皆、外国を忙しく飛び回っているとかで、
実質的に隆之の一人暮らしであった。これにはすごく残念な想いをさせられた。
 だが、今この時になって、隆之の一人暮らしはかえって好都合かもしれないと思った。

「ねえ、隆之・・・」
「す、すまん! だけど、言わせてくれ、二次元のエロゲキャラと実在のお前とは、
まったく別物であって、浮気とか、お前に飽きたとか・・・そういう話では・・・」
「隆之、あなたハーレムを作りなさいっ! このゲームみたいに!」
「はぁっ!?」

 そう、もし父の奥さんが父を独占することなく、このゲームのように、
母と仲良く一緒に父を愛していたならば・・・私はあんなに孤独な子供時代をすごす必要はなかった。
 一夫一妻、一人の女による男性の独占こそ、私が憎むべき相手だったのだ。
 もし、隆之のハーレムが実現すれば、それはきっと楽しいはずだ。
 たくさんの・・・その・・・えと・・・棒・・・姉妹達と一緒にお料理したり、
お喋りしたり、ショッピングに行ったり、時には喧嘩もするけど、その分仲直りして・・・。
 いずれ子供もたくさん生まれて、それはそれは賑やかな家族になることだろう。

 この日から、私と隆之のハーレム作りの日々が始まったのである。


保管庫へ戻る