御案内処

トップだけでは足りない説明をここで。
あらすじも用意しました。

読み処・起
主に読切で、短編にて続編を予定しているものを置いています。

『愛されてるけど大嫌い!』
浦野矢那は路地裏でカツアゲられていたのを助けたディグリーに一目惚れされた。

『なちゅらる☆とらっぷ』
一年半ぶりにアメリカから帰国した近江拓。自宅に戻ると、そこには父・秋俊だけが暮らしていたはずが、何故か拓の同級生・紺野樹が同居していた。

『星も月も無い夜』
盲目の少年がサナトリウムで出会ったのは、とても暖かな手をした青年だった。
2人は閉鎖された世界で心を寄せ合うが、やがてその時間は終わりを迎えることに…
少年の目が光を取り戻す時、彼が見たものはなんだったのか。

『月の舟』
ただいま閉鎖中

『その背に向かって』
天才(?)新入社員『淳』と会社社長『涼ちゃん』のラブラブバカップル話。

『恋心』
(続編含む)
出会いは偶然。
クリスマスの夜に始まった恋人の契約は、やがて2人を本当の恋へと導いていく。
しかし、幸福な時間は長く続かなかった。
再び二つに別れた恋人達の道は、1つになることが出来るのか…
続編は、ものすごいバカップルのラブラブ話です。

読み処・承
カウンターのキリ番・ゾロ目・面白番をゲットした方からの新作リクエストがあります。

『太陽の欠片と月の雫』
ロンドンの街角で体を売って生きていた青年と、偶然出会ったサラリーマンの話。
一晩だけで終わるはずだった関係。
それが継続された時、2人の間には、別の運命の歯車が回り始めた。

『静寂の川の畔で』
(続編含む)
過酷な運命の中で、声と音を失った少年。
そして、その少年を見守り、愛する医師。
その2人が、やがて訪れる穏やかな時間の中で、お互いの思いに向き合っていく話。
現在、不定期に続編を量産中。

『if』
保健医と体の関係を続けている少年は、やがて1人の下級生に目を奪われるようになる。
何もかもを諦めて生きていた彼の瞳に、鮮やかに映る姿。
複雑な3つの愛が交差する場所を巣立つ時、それぞれが手にした道は大きく二つに別れていた。

『隣人シリーズ』
(続編継続中)
社内でのセクハラや、紆余曲折を経てラブラブになったサラリーマン2人『荵』と『陣』。
自分は絶対ホモにはならないと豪語している陣の弟と、そんな彼を熱い瞳で見つめている友人を含めての、4人の日常(?)を書いたものです。

『貴方と見る景色』
『貴方といる景色』
寿史の隣人緒方は、バスの運転手。
緒方の友人須藤と、寿史の友人の千尋を含んだ4人の、それぞれの出会いと恋愛の形。

『神楽質屋騒動記』
夏場になると更新される、賀乃屋のオカルト部門代表作。
霊が見えるちょっと間抜けな質屋の若旦那と、土産物屋の跡取り息子のお話。

『空の行方』
双子の兄弟『快』『晴』
弟の晴は、ラブラブな恋人がいるのだが、相手は先輩で男。
そんな晴の恋路に賛成していない快は、邪魔をしようとあの手この手で奮闘するが、それを邪魔する男が…
自覚なし兄カップルも含めた2つのラブ話です。

読み処・転
連載。

『それでもいいから抱きしめて』
『牧さんシリーズ』
賀乃屋的ラブコメ。
それでも〜はガテンなお兄ちゃんが、愛しの設計士をモノにしようと爆進中。
ただし、本当に狙われているのは、彼ではないかと…
牧〜は、インテリアデザイナー(外見ガテン)と女子高保健医のラブ(?)な、お話。
現在進行中。(目標・奇数月更新)

『幸せと言う名の夢』
借金取りから逃げるために息子を残して消えた両親。
その少年は、親戚の家を転々とし、やがて1人の男のもとにたどり着く。
自分には、二度と手にすることは出来ないと思っていた『家』。
そこで少年が感じたものは…
ただいま連載中(目標・偶数月更新)。

『いつかきっと』
より強く自分を愛してくれる相手へと、恋愛の対象を常に移動させていく俊明は、やがて恋人である希の弟とも付き合いだす。それが原因で、希は俊明と別れることに…
しかし俊明は、その弟とも長続きせず、弟は俊明と別れたくないあまりに兄に泣きつき、希は俊明に弟との付き合いを継続させてくれと頼みに行った。
そこで俊明から希に対して出された条件は…
愛を重要視しない『俊明』と、そんな俊明を愛した『希』の絡まった愛のお話です。

『この心を優しい
その手で』
『君住む街へ』
『歩くはやさで』
『This Night』
『熱帯夜』
ペットショップに勤める青年と、アパレル系サラリーマンの話。
偶然出会った2人は、恋に落ち、過去の傷や、大人だからこそ抱える悩みを超え、ゆっくりと愛を育ててゆく。

『拘束』
電車の痴漢騒ぎで出会った男は、体の関係を強要してきた。望んではいないのに、ずるずると続けられる関係。
そして次第に、隠された真実が浮かび上がってくる。
現在不定期連載中。

『雨音』
『雨音・2』
雨の降る中、神尾伊織は帰宅途中に記憶喪失の男を拾う。雨の中電柱の影にいた彼に、伊織は「ポチ」と名付けた。

読み処・結
読切。続編を一切予定していないものを置いています。

『砂の城』
かつて心中未遂を起こした香月瑛。内科医として勤務する病院で彼が担当することになった患者は、かつて香月が愛した結城隆俊だった。

『窓の無い部屋』
人嫌いの画家『浦賀』の家には、他人を踏み込ませない窓の無い部屋があった。
偶然その部屋に隠された想いに触れた『南』は、やがて深く浦賀に関わるようになっていく…

『ウォーターゲート』
仕事や人間関係に疲れた堀池が、偶然入り込んだのは、都会の中にある水族館。
そこで出会ったのは若月という、生命力に溢れた男だった。
愛しているのは別の男だったはずなのに、次第に若月に惹かれていく堀池。
若月が都会を去ると決めた時、堀池が選んだのは…

『白き華に君を想う』
愛していない女と結婚しなくてはならなかった男。
そんな男が見つけた心の休まる場所には、色とりどりのカクテルを作り出す青年がいた。
決して愛し合ってはならない2人。
その2人を描く、愛と別れの話。
(番外が徒然庵にあります)

『逢いたくて、会いたくて』
事故で恋人を失った泰紀が出会ったのは、恋人に雰囲気の似た喫茶店のマスターだった。
その仕草は、まるで死んでしまった恋人が蘇ったかのような錯覚を泰紀に起こさせ、迷わせる。
やがて2人は関係を深めていくが…
2人の間には、見えないもう1人の存在があった。

『幼なじみ』
3人の少年が過ごした時間。
その時間の中に隠れていた誤解やすれ違いを書いたもの。
後味はあまり良くないかもしれません。

読み処『風月庵』
「現に見る夢」二組のカップルを中心とした長編。賀乃屋で最も古いオリジナルメンバー。

『現に見る夢』
『夢に見る現』
ヤクザの佐岡と高校生の直紫は、病院のロビーで出会った。
重度の心臓病を抱え、自分の未来に夢や希望を抱くことを諦めていた直紫が、佐岡と出会った事で、残されていた短い時間を大きく変えていく。

『ウインターレイン』
『on the way』
直紫の従兄である豹と、デザイナーの一帆の出会いとその後。
自分の存在に悩み続ける一帆。謎の御曹司・豹。2人の愛は、どう進展するのか…

『短編集〜風に散る月が如く〜』
読んだまんまのショートです。
本編とは、些か雰囲気が違います。豹に至っては、ギャグ度が少々高めかと…

読み処『静風庵』
「誰が為に華は咲く」探偵と医学生の話。ちょっとミステリー風味も。

『誰が為に華は咲く』
大学生編・高校生編どちらも、崖と一弥のラブを含む話です。
警察の上層部に在籍する父と兄を持つ崖は、警察組織に入ることを拒み、少々怪しい仕事をこなす探偵業をしている。一弥は、そんな崖が怪我をした時のために…と医者を目指していた。
2人の前に次々と起こる事件は、やがて一つの結末へと2人を導いて…
現在不定期連載中。
番外のショートは、主にイベント時の更新が多く、ラブ度高めです。

読み処『月光庵』
「僕は獣の夢を見る」カメラマンと大学生の話。

『僕は獣と夢を見る』
『僕は獣を夢に見る』
ビルの屋上から飛び降りようとした佳哉。
その佳哉を助けたのは、塚森宝という、カメラマンだった。
その瞬間から、佳哉の運命は大きく変化をし始めた。
  賀乃屋では人気の高いこの話ですが、最近の悩みは題名を考えること。
そろそろネタが尽きてます。
番外ショートは、佳哉と周囲のキャラとの話が多いです。
徒然庵に『宝の日常』他の掲載もあります。

読み処『桜華庵』
「桜、散る。」「桜、咲く。」「桜、舞う。」のメイン三部作と短編。

『桜、散る。』
ヤクザと大学生の話。
ヤクザをしていた兄の病死によって、成之は、竹島という男と暮らすことになった。
惹かれ合いながらもお互いにギリギリの距離で暮らしていた二人は、ある事件をきっかけに大きくすれ違う。
そんな2人がお互いの気持ちを素直に受け入れあったのは、皮肉にも成之の命の火が消えかけた時だった。
「涙なくては読めない」と言って頂いた、賀乃屋で一番長いお話です。

『桜、咲く』
こちらは兄・充の話です。
やはり病気で亡くなるまでのお話です。

『桜、舞う』
散る…の後。
竹島の息子が中心のお話ですが、桜三部作の最終章になります。

読み処『猫屋』
「抹茶と猫と柳と陽だまり」幼馴染もの。ストーリーはシリアスめ。でもほのぼの。

『抹茶と猫と柳と
陽だまり』
幼い時の交通事故で両親を失い、自らも後遺症を残す怪我を負った縁。
そんな縁を守り続けてきた幼馴染の蓮。
大人になるに従い、2人の間には溝ができ、すれ違うようになっていく。
純粋な気持ちで蓮が好きだと言い続ける縁と、邪な自分の愛に悩む蓮。
この2人に、ラブラブタイムは訪れるのか…
現在第二部進行中。(不定期連載)

読み処『時空庵』
ファンタジー。キーワードは「神」「天使」「転生」「流浪」「時代」。

『碧月緋陽』
時の狭間に落ちた天使は、人として輪廻転生を繰り返していた。そして、それが世界を破滅へと導く引き金となる。
その天使を探して時空を旅するのは、白と黒の二つの影。すれ違う愛と絡み合う憎しみが、最後に導かれる場所は…
現在第二部進行中(不定期連載)

読み処『徒然庵』
誠が日記帳でアップしたものを改めて展示。

『番外編』
基本的に、それぞれ別の場所に本編があるもののショートの集まりです。
時々それ以外のものも…
説明は難しいので、どれも短いですし適当に読んでみてください。

『SAKURA』
『巡る春』
『出会い』
2人の少年の出会いと別れ…そして再開まで。
現在進行中で〜愛人・迷路〜がアップ待ち状態。(徒然に掲載してあります)
続編もいずれ再開する予定。

『そして一緒に
恋をしよう!』
『そして毎日
恋をしよう!』
病院長・北条貴穂と弟の春美、貴穂の恋人・築島遥、晴美の恋人で幼稚園長・坂井透。
ドタバタ系ラブコメ。

『東崎医師の
優雅なる診察室』
趣味で書いてるお遊び一話読み切り型お笑い連載です。
東崎医師の元にこっそり(?)恋愛相談に訪れるのは、賀乃屋内のキャラたち。
イニシャルでの登場になってますが、わかる方にはまるわかりかと…
誰が相談者か、予想して楽しんでください。

『宝の日常』
上記『僕獣』のショートです。

『プライベート・
ガーデン』
神の愛し子と呼ばれる天使が、地上に見つけたのは、薔薇の華が咲き乱れる温室の中に住む、不思議な少年だった。
現在第二部アップ待ち。二部で終了しています。

『調教されたい!』
『調教したい!』
只今「誠の徒然なるままに」にて連載中。こちらへのアップはまだ先になりそうです。

『suite room』
天羽家に執事として勤める皆藤壮也。天羽家に養子として茜という名の少年が引き取られたが、一緒に近野トモエという少年が、使用人として連れてこられていた。

『月夜に花の咲く丘で』
藤江和真は月夜の丘の上で1人の少年と出会う。
名前がないというその少年に、和真は「カナン」という名を付けた。

『貴方のそばで…』
『貴方と一緒に…』

ヨロコビ展示場
他所様でキリ番ゲットして頂いたものやお祝で頂いたものを展示させて頂いてます。
「コンパニオン」もこちらにおります。

奥の院
秘宝館
いわゆる裏と言われるところの「奥の院」。過去の期間限定ものの「秘宝館」。
隠し扉がどこかに…
ヒントは「起」