偉人伝人 伝説 歴史発見! オーパーツ 熊本城復元記念 掲示板 贈me リンク

歴史発見!

西洋版御手洗い

ヨーロッパトイレ話。

中世ヨーロッパの街、宮殿などは、トイレの汚臭でいつも臭かったのですが、トイレがないというわけではなかったようです。


日本の和式トイレ、今では公園の公衆トイレくらいでしか目にしませんが、実はこの形はヨーロッパでも使われていたのだそうです。

これが西洋式になったのは14世紀初めのころでした。


どうして腰掛のトイレに変わったかと言うと、王様が庶民と同じ格好でトイレするのを嫌がったからという、非常にバカにすんなクソったれという話ですが、そんな王様様が使っていたトイレは金・銀などの宝石を散りばめられ、ビロード使いの刺繍がしてあったトイレだったというから驚き。


そんなところでトイレできる王様ってやっぱり大物かも。


<<前項  目次  次項>>

トップページへ
このページのトップへもどる

このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2003 裏歴史学校 all rights reserved. Designed by TG