偉人伝人 伝説 歴史発見! オーパーツ 熊本城復元記念 掲示板 贈me リンク

歴史発見!

ハンムラビ法典

世界最古の法典についてちょっと思ったことです。


ハンムラビ法典の最初には
「強き者が弱き者を虐げることのないように」
と素晴らしい文が載っています。


1番有名なのは
「目には目を、歯には歯を」
というものですよね。

196条には
「ある市民が他の市民の目をつぶしたならば、彼の目もつぶさなければならない」

ふんふん、なるほど。


しかし、199条には
「ある市民が奴隷の目をつぶしたならば、その価を半分を支払わねばならない」


と書いてあるんです。
身分によって罪の重さって変わるようになってるんじゃん?!

じゃあこれって「強き者が弱き者を虐げることのないように」からずいぶんかけ離れてるじゃん!


・・・・・と思いましたです。
それだけなんですけど、この文から奴隷はちゃんとした人間として 扱われていなかったってのがわかりますね。


<<前項 目次  次項>>

トップページへ
このページのトップへもどる

このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2003 裏歴史学校 all rights reserved. Designed by TG